マヤ暦819年周期における<地上の神7>の意味:不況対策!個人でも有効な方法



>>当サイトの管理人は、こんなモノを買ってます(管理人のamazon購入履歴)


2011年9月25日


マヤ暦819年周期における<地上の神7>の意味

当サイトでは、マヤ暦819年周期の謎について、色々、考察をしております。


マヤ暦819年周期(13×7×9=819)
  • 天の神の数=13
  • 地上の人間(神)の数=7
  • 地下世界の神の数=9

そして、マヤ暦819年周期は、地球の歴史にも大きく関わっています。
日本の場合は、819年/2/3=136.5年というリズムで、顕著に周期性が見られます。



それで上記の上記の819の数を構成する3つの数・・・
これらの13、7、9の意味は何なのか?

その説明をするために、実は、「宇宙創世シリーズ」(下記)を書いた次第です^^;
下記を①から⑩まで、全て見れば、<天の神の数13>の意味が分かります。


宇宙創世① 衝突する宇宙

宇宙創世② ティティウスボーデの法則と新惑星の発見

宇宙創世③ 冥王星と惑星X(ニビル)

宇宙創世④ 最新宇宙科学『リトルリン理論』と消えた惑星「フェイトン」

宇宙創世⑤ ノアの大洪水と謎の太陽系第11番惑星『ヤハウェ』

宇宙創世⑥ 聖書の中で見るノアの大洪水

宇宙創世⑦ ノアの大洪水と地球膨張論

宇宙創世⑧ 惑星「ヤハウェ」は何処に消えた?

宇宙創世⑨ 反地球惑星「ヤハウェ」と12の惑星

宇宙創世⑩ 終末に現れる星、惑星ケツァルコアトル


率直に言えば、<天の神の数13>については、上記シリーズ記事で述べた通り、
(消えた惑星フェイトン1+惑星12 もしくは 太陽1+惑星12)がその論拠です。

天の数13は、その名前の通り、宇宙の天体の数を示しています。


そう言えば、キリスト教の12使徒も、途中、イスカリオテのユダが裏切り、
一人抜けた後に、最後に、新しい12番目の使徒マティヤが加わっています。

そして、最終的には、イエスキリストと12使徒と言う形で完成されています。


イスラエル12支族の場合も、最初、12人兄弟だったのが、ヨセフが途中で抜け、
最後に、ヨセフの代わりにその息子のエフライムとマナセが入り13支族になります。


このように、12や13という数字には、一つの真理があると思えてなりませんし、
マヤの<天の神の数13>も、これらと符合するものです。



本文を読む前に、できれば応援クリックにご協力下さいm(__)m ⇒ 人気ブログランキング


<地上の人間の数7>について

ただ、、、マヤ暦819年周期を語る上で、これだけでは不十分です。

最終的には、マヤ暦819年周期が意味するところは、
<天の神の数13>、<地上の人間の数7>、<地下世界の神の数9>、
これら全てが邂逅する時期が819年毎にやってくる・・という事を暗示している訳です。


したがって、<天の神の数13>の謎だけ説いたとしても、何にもなりません。
まだ、<地上の人間の数7><地下世界の神の数9>が残っています。


<地下世界の神の数9>の謎については、またおいおい述べますが・・・
取りあえず、今回は、<地上の神7>について整理しておきます。


結論から言ってしまいますと、<地上の神7>というのは、
管理人が思うに、そのまんま<世界の大陸の数>を示します。

ここで、現在の大陸を下記に示してみましょう^^



<現在の7大陸の内訳>
  • ①北アメリカ大陸
  • ②南アメリカ大陸
  • ③南極大陸
  • ④アフリカ大陸
  • ⑤ヨーロッパ大陸
  • ⑥アジア大陸
  • ⑦オーストラリア大陸

このように、ピッタリ、7大陸になりましたよね^^


これが、<地上の神7>を示しています・・・と行きたいところですが、
ところがどっこい、正確に言えば、実は、これは間違った解釈です^^;


マヤ暦のベースは作られたのは、現代ではありません。
マヤの考えのベースは、どうやら古代地球をベースにしている節があります。

なぜなら、マヤ暦は20日×13サイクル=360日のサイクルが使われていますが、
この一年360日だったのは、少なくとも紀元前688年以前のことなのです。


一年が360日だったのが、365日に切り替わった理由は、
宇宙創世① 衝突する宇宙 一年360日だった原始地球」でも述べた通りです。


ちなみに、紀元前688年というのは、地球と火星が大接近した様子が、
聖書のイザヤ書に出てきますので、それで年代特定が出来ています。

ここで、地球の一年が360日→365日になったのです。


なので、マヤ暦は、少なくとも紀元前7世紀以前の考え方を、
受け継いでいると見なすことが出来るのです。


では、次の疑問として、一体、マヤ暦819年周期はいつ作られたのか?
・・・という疑問が浮かびますが、実は、その答えは明確には分かっていません。

なぜなら、マヤ人(南米インディオ)の出自として、いつ何処から来た人々なのかが、
現在のアカデミズムにおいても、明確には分かっていないからなのです。。。


ただし!それに関して、ヒントはあります。
それは南米インディオの寄生虫の存在です。


『ズビニ鉤虫』の卵が南米インディオのルーツのヒントだった!

南米インディオは、元々、アジア人と同じモンゴロイドの種族です。

それゆえ、彼らは、遠い昔、ユーラシア大陸から、ベーリング海峡を渡り、
アラスカを通って南米にたどり着いたと考えられていました。

ところが、最近になって、約3600年前の南米のインディオのミイラの体内から、
『ズビニ鉤虫』という寄生虫の卵が検出・発見されたのです!


実は、この『ズビニ鉤虫』は、もともと温・熱帯アジア原産です。

しかも、寄生している人間が摂氏五度以下の生活環境で二年以上暮すと、
その寄生虫は、死滅してしまうという性質を持っているのです。

ご存知の通り、ユーラシア大陸からベーリング海峡を渡るルートは、
とても寒さが厳しいので、通常、歩いて渡っている間に寄生虫は死んでしまうのです。


したがって、こうした陸ルートではなく、最近は、温暖な太平洋ルートで
南米へ到達したモンゴロイド集団がいたということが証明されているのです。


で、ここで、マヤ人のルーツを考えて見ると、
先ほど述べた、『ズビニ鉤虫』の卵の化石年代が鍵になります。

要するに、約3600年前には、既に南米のインディオは存在していたと言う事です!


したがって、マヤ暦819年周期の大元は、紀元前7世紀以前どころではなく、
約3600年前の紀元前16世紀以前には、マヤ暦が成立していた可能性さえあるのです。


そういった事を踏まえて、マヤ暦819年周期の成立時の、大陸の地形をどう考えるかが、
<地上の神7>を解き明かす鍵に成ると思います。

そして、同時に日本の今後の地形の謎を解き明かす鍵にもなります(謎)


パンゲアからの大陸放散と、バベルの塔

皆さんもご存知のように、古代の原始地球には、
一つの超大陸パンゲア超大洋パンサラサしかありませんでした。


※さらに古代は、テーチス海も存在しないまん丸の陸地だったと推測されています


それが、ノアの大洪水によって、どんどん地球が膨張。
パンゲアにテーチス海が出来、さらに膨張して、各大陸に分散する訳です。



ノアの大洪水が起った年代は、聖書学で調べると、紀元前2344年です。
それまでは、一つの大陸であった事は間違いありません。

そして、パンゲアから各大陸に放散した、具体的な時期ですが・・・

それの具体的な年代としては、紀元前2344年のノアの大洪水から、少し後、、、
紀元前2200年頃のバベルの塔の時期だと思われます。


その事が、聖書の創世記に、如実に示されています。


<旧約聖書 創世記 11章>

彼らはまた言った、「さあ、町と塔とを建てて、その頂を天に届かせよう。
そしてわれわれは名を上げて、全地のおもてに散るのを免れよう」。

時に主は下って、人の子たちの建てる町と塔とを見て、言われた、
「民は一つで、みな同じ言葉である。彼らはすでにこの事をしはじめた。
彼らがしようとする事は、もはや何事もとどめ得ないであろう。

さあ、われわれは下って行って、
そこで彼らの言葉を乱し、互に言葉が通じないようにしよう」。

こうして主が彼らをそこから全地のおもてに散らされたので、
彼らは町を建てるのをやめた。

これによってその町の名はバベルと呼ばれた。
主がそこで全地の言葉を乱されたからである。

主はそこから彼らを全地のおもてに散らされた。


上記のバベルの塔の記述ですが、、、

言葉が通じないようにするとか、全地の表にちらされた・・・とか、
これらは、要するに、パンゲアからの大陸放散を示していたと言うわけです^^;

まったく聖書は奥が深いです。


このバベルの塔事件は、紀元前2200年頃のことです。
そして、聖書の記述通り、これ以前は、大陸はパンゲア一つしかなかったと推察できます。


なので、マヤ暦の819年周期は、西暦2200年頃~紀元前688年頃の
思想に基づいて作成されているのではないか?と類推する事が出来るのです。


<地上の人間の数7>は古代の大陸を示す!

さて、先ほど述べたことを踏まえて、
パンゲアからの大陸放散する直前の地形図を見て下さい。




古代の7大陸の内訳>
  • ①北アメリカ大陸
  • ②南アメリカ大陸
  • ③南極大陸
  • ④アフリカ大陸
  • ⑤ユーラシア大陸
  • ⑥インド亜大陸
  • ⑦オーストラリア大陸

なんと、こちらも7大陸ですよね^^

ずばり、マヤ暦の819年周期における<地上の神7>は、
こちらの古代の7大陸の事を指している可能性が大であると申し上げておきます。

現在の7大陸の事ではありませんので、ご注意ください。
また、古代の大陸には、インド亜大陸が存在する事に注意が必要です。


この互いにバラバラに散らされた7大陸が、<地上の神7>の論拠ですが、
最後に、重要な事を述べなければいけません。


それは、最初の方で述べた通り、マヤ暦819年周期が意味するところは、
<天の神の数13>、<地上の人間の数7>、<地下世界の神の数9>、
これら全てが邂逅する時期であると言う事です。


その中には、<地上の人間の数7>が邂逅すると言う事は・・・
パンゲアから分かれた各大陸が、再び一つにまとまり始めるという意味かもしれません。

そして、それは、ノアの大洪水から膨張し続けていた地球が、
再び、収縮に向かうということの暗示であると考えます。


折しも、世界のあちこちで、地面の大穴や地割れが見られるようになっています。


▼2010年4月27日に中国迎賓市で出現した陥没穴

▼グアテマラシティーで60mの深さ陥没穴

▼ペルー南部で、急に3キロの巨大な亀裂が約100メートル幅に渡って登場


これらは、地球収縮の影響の一つの兆候ではないかと、管理人は考えています。


今まさに、動き出しつつある大地・・・
今まで支えて来てくれていた「母なる大地」に、我々は感謝しなければいけません。


<関連記事>

↓この記事が「良かった!」と思った方はクリックお願いします♪


管理人の勝手なコラム



5年保存冬眠米・無洗米
平成26年産 三重産 減農薬こしひかり
【冬眠米・無洗米】輝(かがやき) 平成26年産・三重産減農薬こしひかり 無洗米5kg×6個【備蓄米・5年長期保存】

当サイトではこれまで「備蓄王 」を推薦していましたが、産地や値段を考慮し、三重産減農薬こしひかりをオススメします。 (放射能検査済み


5年保存が効く無洗米なのは、「備蓄王」と同じですが、
お値段が、備蓄王に比べて約44%も安いです。


国民1人・1年当たりの米の消費量は約60kgです。
1年分くらいは備蓄しておいてください。


【冬眠米・無洗米】輝(かがやき)平成26年産・三重産減農薬こしひかり 無洗米5kg×6個【備蓄米・5年長期保存】

KATADYN(カタダイン) 携帯浄水器
Pocket Micro Filter ポケットマイクロフィルター
KATADYN(カタダイン) 携帯浄水器 Pocket Micro Filter ポケットマイクロフィルター 海外正規品・並行輸入

主食のお米を確保した後は、水の確保が重要です。

カタダイン・ポケットフィルターはフィルター寿命50000リットルと、他の浄水器と比べ、段違いの性能を誇ります。


人が一日に必要な飲料水は、2.3リットルなので、大家族でも、 カタダインさえあれば、多くの水需要をカバーできます。


ちなみに、アメリカ合衆国連邦緊急事態管理庁が推奨する緊急時の水の備蓄量は3日分で、 基本的に1人につき1日1ガロン(約3.8リットル)と定められています。 つまり、3日分なので1人につき約12リットルです


移動時や携帯用には「Vestergaard(ベスターガード) 」もオススメ。また、水の携行ボトルなら、「Platypus(プラティパス) 」もおすすめ。


KATADYN(カタダイン) 携帯浄水器 Pocket Micro Filter ポケットマイクロフィルター 海外正規品・並行輸入

昔塩
1人10kg(700g×14袋)程度
昔塩 5号(せんごう塩+にがり添加) 700g×14袋 0316233

お米と水の次は、”塩”です。砂糖が無くても生きていけますが、塩は生命維持に関わります!


塩分が摂取できなくなると、人はめまいやふらつきを覚え、脱力感、筋肉異常、けいれん、精神障害など様々な朔影響を及ぼします。


日本の食用塩の需要は一人年間で約10kgです。
それくらいの備蓄は必須です。

なお、昔塩は、香川県坂出市で作られているこういう特殊形状の塩です。
昔ながらの平釜で煮詰めた手作りの塩で、管理人も神棚用に毎日使っています^^; 
長期保管しても固まりにくいのも特徴です。

昔塩 5号(せんごう塩+にがり添加) 700g×14袋

※結局は、日本人がいつも神棚に祀る「お米・水・塩」の3つを確保することが、人間が生きる上で重要な訳です^^




記事に関する免責事項

当サイトの記事は、管理人の研究・調査等に基づいて作成してはおりますが、管理人の推測・予測に基づいた内容や考察中の部分も多分に含んでおり、記事内容が間違っている場合も多々あります。従いまして、記事の正確性については一切保証致しません。

当サイトの内容をどう解釈されるかは、全て読者様自身にお任せ致しますが、記事内容を、過度に信頼しすぎないようにお願い致します。万が一読者様が不利益を被ったとしても、当方は一切責任を負う事はできませんので、ご容赦願います。

管理人について

管理人:えふ。
管理人は、不況時代突入を先読みし、一早く会社を退社し脱サラ。

その後、他に先駆けネットビジネスに参入。現在は、ネットのベンチャー会社を立ち上げ、日々ビジネスに邁進しております。

管理人への連絡はこちら

このカテゴリの記事一覧
絶対読むべき本
▼聖書は読むべきです▼


▼聖書教理を正しく知る本▼


あなたを小食に導く本
▼食生活を劇的に変えた本▼


▼長寿の幸せが感じられます▼


▼科学的に食を分析してます▼


▼砂糖を摂るのをやめよう▼


▼断食をやってみよう▼


▼驚きの咀嚼の効果を知ろう▼


三大欲を自制しよう
▼接して漏らさずで有名▼


▼自慰行為を聖書学的に知る


▼ホルモンの力をしろう▼


▼性欲を抑える第六の秘儀▼


▼睡眠時間を減らそう▼


預言関係の本
▼聖書預言の本▼


▼聖徳太子の未来記▼


▼月蔵経の預言▼


神仏儒の古典を読もう!
▼十七条憲法(大成経版)▼


▼日本の歴史『古事記』▼


▼日本の歴史『日本書紀』▼



▼仏教の基本『法華経』▼


▼初学入徳の門『大学・中庸』▼


▼孔子の教え『論語』▼


▼五経の筆頭『易経』▼


管理人のオススメ!
▼聖書は読むべきです▼


記事の著作権について

当サイトの記事の著作権は、全て当方にあります。記事の引用・転載は、当サイトの引用元が分かるようにリンクをして頂ければ、基本的に許可します。ただし、「NAVERまとめ」等のキュレーションサイトへの引用・転載は不可とします。(勝手に記事をパクられて困っています)

最後に、引用・転載するにあたっても、引用元へのリスペクトを欠いた行為が見受けられる場合は、引用・転載の許可を取り消す場合がありますので、宜しくお願いします。

姉妹サイト(放射能汚染から身を守る!食の安全データベース)でも活動中です^^

サイトマップ