坂田金時の謎(中編)~金太郎の本名は下毛野公時だった!~:不況対策!個人でも有効な方法



>>当サイトの管理人は、こんなモノを買ってます(管理人のamazon購入履歴)


2013年4月19日


坂田金時の謎(中編)~金太郎の本名は下毛野公時だった!~

※この話も、ゆくゆく七夕に関係してくるのですが、それは後のお話・・・


さて、前回の「坂田金時の謎(前編)~足柄山の金太郎は嘘だった!~」では、
以下のような事を述べました。


  • ①金太郎のストーリーの「母の八重桐」は江戸時代の浄瑠璃が由来である
  • ②「山姥伝説」や「足柄山生まれ」が、後世の江戸時代辺りで付加されている
  • ③「御堂関白記」に公時という人物は実在するが、下毛野公時として出てくる

それで、上記の①、②は、江戸時代の浄瑠璃や歌舞伎の物語の影響なのですが、
③だけは、「坂田金時」と同時代を生きた藤原道長の証言によるものです。

下記のように、坂田金時ではなく、下毛野公時で出てきます。


御堂関白記』より

寛弘六年(1009年)八月十七日条「宮御馬口付近衛下毛野公時



▼藤原道長


したがって、「坂田金時」「金太郎」は、元々、下毛野公時(しもつけのきんとき)だった!
・・・と考えるのが、最も、妥当な結論です。


しかし、一方で、下毛野公時と同時代を生きた藤原道長から少し時が降ると、、、
とたんに、下毛野公時は、坂田公時(金時)に変わっていってしまうのです。

今昔物語集や古今著聞集では、坂田公時(金時)になっています。


今昔物語集 巻二十八第二 (1120年代以降の成立)
今は昔、摂津守源頼光朝臣の郎等に、平貞道・平季武・坂田公時という三人の兵があった。

(参考サイト:頼光の郎等共、紫野に物見たる語
古今著聞集 巻第九 武勇十二 (1254年頃に一旦成立し、後年増補)
《源頼光、鬼同丸を誅する事》
源頼光朝臣、寒夜に物へありきて帰りけるに、源頼信の家近くよりたれば、
坂田金時を使にて「只今こそ罷り過ぎ侍れ。この寒さこそはしたなけれ。美酒侍りや」
といひやりたりければ・・・

(参考サイト:古今著聞集の渡辺綱
古事談 巻六(1212年~1215年の間に成立)

(六七 道長の競馬を実資見物の事)
御堂、早旦に、人々に私に法興院の馬場にて、公時に競馬を乗らせ玉ひけるに、
小野宮右府、古車に乗り馬場の末に於て密かに見物す。

公時勝ちたりけるに、車より纏頭すと云々。
神妙なる紅の打衣を肩に掛けて、あげて参りたりければ、
御堂「あれはいかに」と驚き問はしめ給うに、公時申して云く
「方の大将の、馬場のすゑにて給ひ候ふなり」と云々。

(参考文献:新注 古事談
御伽草子 酒呑童子(鎌倉時代末から江戸時代にかけて成立)
頼光と保昌は、八幡に社参ありければ、綱、公時は住吉へ、
定光と末武は熊野へ参籠仕り、さまざまのご立願、
もとより仏法神国にて、神も納受ましまして、いづれもあらたに御利生あり。

(参考文献:御伽草子 酒呑童子

『今昔物語集』や『古今著聞集』には、坂田公時・坂田金時の名前が出てきますので、
少なくとも、下毛野公時が死んだ1017年から200年と経たないうちに、
坂田公時・坂田金時へと変遷していった事が伺えます。


なぜ、下毛野公時は、坂田公時(金時)に変わってしまったのか?


これも、金太郎伝説における、大きな謎の一つですが、
今回は、そうした所を、一つ一つ紐解いて、謎解きしていこうと思います^^


下毛野公時とは誰なのか?

金太郎(坂田金時)の物語は、広く一般に知れ渡っていますが、
多くの方は、金太郎の元祖が下毛野公時(しもつけのきんとき)である事を知りません。


ですが、そもそも、下家野氏って、、、何者なのでしょうか?
その辺を、詳しく見ていくと、意外な事実が浮かび上がります。


下家野氏族の系譜については、管理人も詳しく分からない事も多いので、
専門サイトから、引用(管理人の方で関係箇所を要約)して説明します。


『以下は毛野氏考(上毛野氏/下毛野氏)より引用し、関係箇所を要約』

<下家野(しもつけぬ)氏について>

毛野(けの、けぬ)氏は、毛野国(群馬県・栃木県)を本拠地とした古代豪族である。
10崇神天皇の第1皇子の豊城入彦(とよきいるひこ)命を元祖とする皇別氏族とされる。

毛野国は後に、上毛野国(現在の群馬県)と下毛野国(現在の栃木県)に分国された。
(さらに後年(713年)になって上野国・下野国と呼称が変化した)

それぞれの国の国造家が上毛野(かみつけぬ)氏・下毛野(しもつけぬ)氏である。


下毛野氏の末裔とされる一族が長岡京市に現存する。「調子氏」である。
調子氏古文書として多くの貴重な文書が残されている。系図の一部も確認されている。
これは毛野氏を論じる上で非常に興味有る史料である。


<下毛野氏流 調子氏について>
現在の京都府長岡京市調子、旧山城国乙訓郡調子村に、
元々下毛野氏を名乗っていた調子氏が現存している。

下毛野氏系図は「敦実」から始まっている。この「敦実」なる人物は全く事績不明。
「敦行」は今昔物語にも登場する人物で、9世紀後半に京都に住み、
下毛野氏の近衛官人としての地位を確立した人物とされている。



この敦行の曾孫に下毛野公時という藤原道長・頼通の随身がいた。
この人物をモデルとして、源頼光の四天王の一人「坂田金時」話が出来たともされている。

下毛野氏は、10世紀以降、馬芸・鷹飼などを専門職とする
下級官人・舎人・摂関家随身などを世襲したようである。


参考:下毛野氏の鷹術伝承


取りあえず、上記の通り、下毛野氏系図(調子氏系図)を調べますと、、、
下毛野公時は、京都府長岡京市調子(旧山城国乙訓郡調子村)出身である
・・・と見て、ほぼ間違いないと思います。



と言う事で・・・
金太郎の生誕地は、長岡京市調子である!』というのが、管理人の結論です。

また同時に、上記以外の日本全国の金太郎生誕伝説は、
後世の浄瑠璃・歌舞伎などの影響によるものと見て良いと思います。


下毛野公時が、なぜ、『坂田金時』になったのか?

ただし、ここまでは、あくまで下毛野公時(しもつけのきんとき)の生誕話であって、
下毛野公時が、なぜ、坂田金時になったのか?」という理由は、未だ謎のままです。


▼クマと相撲をしたりマサカリを担ぐ金太郎 (このイメージは何処から来たのか?)


「下毛野公時が、なぜ、坂田金時になったのか?」
この謎を解いた人は、多分、誰一人として居ないんじゃないかと思いますが・・・
管理人が、ここで初めて、坂田金時の謎を解き明かしをしたいと思います^^


実は、「下毛野公時が坂田金時になった理由」は、下記の伝承が鍵になっています。
摂政・藤原道長の日記『御堂関白記』の1017年8月24日分にこう書いてあります。


『帥(太宰府の長官)のもとより書を送らる。
書を開き見るに曰く。相撲使公時死去の由なり。』

※相撲使・・・力士をスカウトする役といわれる

そうです。
実は、金太郎のモデルになっている下毛野公時は、『相撲使』だったのです。

下毛野氏は、元々、馬芸・鷹飼など、武芸に秀でた氏族です。
その中でも、特に、下毛野公時は『相撲』に大きく関わっていた人物なのです。

ここに、下毛野公時が坂田金時(坂田公時)になった深い理由が隠されています。


そして、この謎を解くとで、、、
初めて、金太郎が、なぜ、鉞(マサカリ)がトレードマークなのか?といったことや、
足柄山の伝承が付加された理由、熊と相撲で戦ったと伝わる理由なども見えてくるのです。

▼鉞(マサカリ)
恐怖の鉞(マサカリ)


さらに、金太郎のストーリーの背景には、相撲が国技たる理由までが隠されています。
日本の謎を解く上で、金太郎の話は、大きな鍵を握っているのです。


さらに謎が謎を呼びますが、、、
続きは次回「坂田金時の謎(後編)」にて^^;



↓この記事が「良かった!」と思った方はクリックお願いします♪


管理人の勝手なコラム



5年保存冬眠米・無洗米
平成26年産 三重産 減農薬こしひかり
【冬眠米・無洗米】輝(かがやき) 平成26年産・三重産減農薬こしひかり 無洗米5kg×6個【備蓄米・5年長期保存】

当サイトではこれまで「備蓄王 」を推薦していましたが、産地や値段を考慮し、三重産減農薬こしひかりをオススメします。 (放射能検査済み


5年保存が効く無洗米なのは、「備蓄王」と同じですが、
お値段が、備蓄王に比べて約44%も安いです。


国民1人・1年当たりの米の消費量は約60kgです。
1年分くらいは備蓄しておいてください。


【冬眠米・無洗米】輝(かがやき)平成26年産・三重産減農薬こしひかり 無洗米5kg×6個【備蓄米・5年長期保存】

KATADYN(カタダイン) 携帯浄水器
Pocket Micro Filter ポケットマイクロフィルター
KATADYN(カタダイン) 携帯浄水器 Pocket Micro Filter ポケットマイクロフィルター 海外正規品・並行輸入

主食のお米を確保した後は、水の確保が重要です。

カタダイン・ポケットフィルターはフィルター寿命50000リットルと、他の浄水器と比べ、段違いの性能を誇ります。


人が一日に必要な飲料水は、2.3リットルなので、大家族でも、 カタダインさえあれば、多くの水需要をカバーできます。


ちなみに、アメリカ合衆国連邦緊急事態管理庁が推奨する緊急時の水の備蓄量は3日分で、 基本的に1人につき1日1ガロン(約3.8リットル)と定められています。 つまり、3日分なので1人につき約12リットルです


移動時や携帯用には「Vestergaard(ベスターガード) 」もオススメ。また、水の携行ボトルなら、「Platypus(プラティパス) 」もおすすめ。


KATADYN(カタダイン) 携帯浄水器 Pocket Micro Filter ポケットマイクロフィルター 海外正規品・並行輸入

昔塩
1人10kg(700g×14袋)程度
昔塩 5号(せんごう塩+にがり添加) 700g×14袋 0316233

お米と水の次は、”塩”です。砂糖が無くても生きていけますが、塩は生命維持に関わります!


塩分が摂取できなくなると、人はめまいやふらつきを覚え、脱力感、筋肉異常、けいれん、精神障害など様々な朔影響を及ぼします。


日本の食用塩の需要は一人年間で約10kgです。
それくらいの備蓄は必須です。

なお、昔塩は、香川県坂出市で作られているこういう特殊形状の塩です。
昔ながらの平釜で煮詰めた手作りの塩で、管理人も神棚用に毎日使っています^^; 
長期保管しても固まりにくいのも特徴です。

昔塩 5号(せんごう塩+にがり添加) 700g×14袋

※結局は、日本人がいつも神棚に祀る「お米・水・塩」の3つを確保することが、人間が生きる上で重要な訳です^^




記事に関する免責事項

当サイトの記事は、管理人の研究・調査等に基づいて作成してはおりますが、管理人の推測・予測に基づいた内容や考察中の部分も多分に含んでおり、記事内容が間違っている場合も多々あります。従いまして、記事の正確性については一切保証致しません。

当サイトの内容をどう解釈されるかは、全て読者様自身にお任せ致しますが、記事内容を、過度に信頼しすぎないようにお願い致します。万が一読者様が不利益を被ったとしても、当方は一切責任を負う事はできませんので、ご容赦願います。

管理人について

管理人:えふ。
管理人は、不況時代突入を先読みし、一早く会社を退社し脱サラ。

その後、他に先駆けネットビジネスに参入。現在は、ネットのベンチャー会社を立ち上げ、日々ビジネスに邁進しております。

管理人への連絡はこちら

このカテゴリの記事一覧
絶対読むべき本
▼聖書は読むべきです▼


▼聖書教理を正しく知る本▼


あなたを小食に導く本
▼食生活を劇的に変えた本▼


▼長寿の幸せが感じられます▼


▼科学的に食を分析してます▼


▼砂糖を摂るのをやめよう▼


▼断食をやってみよう▼


▼驚きの咀嚼の効果を知ろう▼


三大欲を自制しよう
▼接して漏らさずで有名▼


▼自慰行為を聖書学的に知る


▼ホルモンの力をしろう▼


▼性欲を抑える第六の秘儀▼


▼睡眠時間を減らそう▼


預言関係の本
▼聖書預言の本▼


▼聖徳太子の未来記▼


▼月蔵経の預言▼


神仏儒の古典を読もう!
▼十七条憲法(大成経版)▼


▼日本の歴史『古事記』▼


▼日本の歴史『日本書紀』▼



▼仏教の基本『法華経』▼


▼初学入徳の門『大学・中庸』▼


▼孔子の教え『論語』▼


▼五経の筆頭『易経』▼


管理人のオススメ!
▼聖書は読むべきです▼


記事の著作権について

当サイトの記事の著作権は、全て当方にあります。記事の引用・転載は、当サイトの引用元が分かるようにリンクをして頂ければ、基本的に許可します。ただし、「NAVERまとめ」等のキュレーションサイトへの引用・転載は不可とします。(勝手に記事をパクられて困っています)

最後に、引用・転載するにあたっても、引用元へのリスペクトを欠いた行為が見受けられる場合は、引用・転載の許可を取り消す場合がありますので、宜しくお願いします。

姉妹サイト(放射能汚染から身を守る!食の安全データベース)でも活動中です^^

サイトマップ