不況対策!個人でも有効な方法



>>Amazonでコレ買いました!(管理人のamazon購入履歴)


2017年9月23日


蜘蛛の預言⑧~『野馬台詩』の文章を読み解く!(後半4)~

    

先日、下記の様なニュースが出て来ました。

退位時期、年内に決定...改元は19年1月か4月

このニュースの通りであれば、天皇が退位されるまで残された時間は、わずか1年弱です。


先日、「蜘蛛の預言⑦」で述べた通り、今上天皇は、継体天皇から数えて百代目です。


天皇家の血筋を厳密に考慮すれば、(継体天皇は応神五世孫とは言われてるものの)
継体王朝前とその後の皇統では、天皇家の血統が全く異なります!

つまり、今の天皇家の血筋は継体天皇が始祖であり、
その流れを考慮すれば、、、今上天皇は、ちょうど百代目となるのです。


この百代目の今上天皇の退位議論がなぜ重要かと言えば、、
、 それは『野馬台詩』預言の、百王の流れが終わり尽く時期が迫っているからです。

『野馬台詩』預言について詳しく知らない方は、↓下記をご参考に。



応援クリックして頂けると、、、多分、更新スピードがあがりますm(__)m
人気ブログランキング


『百王の流れはついに尽きて、猿や犬が英雄を称した。』の意味

『野馬台詩』預言の読み解きも、いよいよ佳境に迫って来ました。

今上天皇が、百王思想の最後の天皇であるならば、、、
いよいよ『野馬台詩』預言の"最後の1/4"(赤枠で囲まれてない部分)が、 現実になる頃合いです。


そこにはどうか書かれているか?と言うと、、、


百王流畢竭(百王の流れ畢(おわ)り竭(尽)き)
猿犬稱英雄(猿犬英雄を称す)

星流飛野外(星流れて野外に飛び)
鐘鼓喧國中(鐘鼓国中に喧し)
靑丘與赤土(青丘と赤土と)
茫茫遂爲空(茫茫として遂に空と為らん)


百王の流れはついに尽きて、
猿や犬が英雄を称した。

流星が野外に飛び、
(戦いを告げる)鐘や鼓が国中に響いた。
大地は荒れ果て、
果てしない世界は無に帰した。

上記のように、百王の流れが終わったら、犬猿の時代になると書かれています。

猿や犬が英雄を称し、流星が野外に飛び、(戦いを告げる)鐘や鼓が国中に響く。

上記の預言の意味、、、あなたは解読できますでしょうか?

上記の部分は、まだ未来の部分ではありますが、、、
時代も差し迫っているため、勘の鋭い人なら、既に、その概要は分かりかけてきたはずです。


まず、『流星が野外に飛び・・・』の部分ですが、
これは、今の情勢に照らし合わせるならば、北朝鮮のミサイルである可能性が高いです。


そして、それを考慮すると、、、
(戦いを告げる)鐘や鼓が国中に響く。』の部分は、 ミサイル空襲警報音である、「Jアラート」が、まさに鐘や鼓に該当します。

▼ミサイル警報音(非常に不気味な音なので注意!)


とまぁ、ここまで予測できる訳ですが、、、
果たして、管理人の預言解釈は当たっているのか?という疑問も持つ訳です。

なので、こう言う場合は、預言を複数横断的に見ることが大事なんですね^^;


そう言った検証の意味で、別の預言も見てみます。
下記は、聖徳太子の未来記の最終章の部分です。

さて、何と書いてあるでしょうか?


聖徳太子秘文『未来記』の最終14章より】

日域末世中彼三悪魔流布 雖見聞不禁断者六天魔王得便 異国蒙古為歓喜
牛馬如人言語 魚鱠生羽飛虚空 岩石現眼口 夜半見日輪 北方出月輪

<読み下し文>

日本が末世の時、かの三悪魔が世の中に知れ渡る

その三悪魔の教えを、見ても聞いても決してしてはいけない。
もし、それが守れないならば、第六天魔王が日本に降り立ち、異国の蒙古は大変喜ぶ。

牛馬は人のように言葉を話し、魚のなますが羽を生やして空を飛び、
岩石には、目と口が出現し、真夜中に太陽が現れ、月が北の方角から出るだろう


実は、聖徳太子の未来記にも、見逃せない一文がありまして、、、
『魚の鱠(なます)が羽を生やして空を飛び、、、』の一文があります。
この記述は、まさに、ミサイルと思えます。

また、その前文の『異国の蒙古は大変喜ぶ。』という記述も見逃せません。

・・・

・・・

『野馬台詩』の「流星が野外に飛び・・・
『未来記』の「魚の鱠(なます)が羽を生やして空を飛び、、、」

双方の預言で暗示されているミサイル問題、、、
まさに、日本が、末世に入った証拠であるのかもしれません。


『猿や犬が英雄を称した。』の猿と犬は誰だ?

『野馬台詩』預言では、百王の流れが終わったら、犬猿の時代になると書かれています。


百王流畢竭(百王の流れ畢(おわ)り竭(尽)き)
猿犬稱英雄(猿犬英雄を称す)

星流飛野外(星流れて野外に飛び)
鐘鼓喧國中(鐘鼓国中に喧し)
靑丘與赤土(青丘と赤土と)
茫茫遂爲空(茫茫として遂に空と為らん)


百王の流れはついに尽きて、
猿や犬が英雄を称した。

流星が野外に飛び、
(戦いを告げる)鐘や鼓が国中に響いた。
大地は荒れ果て、
果てしない世界は無に帰した。

もう、賢明な読者の方なら、ここまで北朝鮮のミサイル問題が関連するとなれば、
猿や犬が英雄を称した」が誰か想像つくのではないでしょうか?


管理人の予測では、、、
下記の人物が、猿と犬に例えられる人物ではないでしょうか?

▼猿(安倍首相?)


ネット画像やツイッター等を見ると、、、
安倍首相が猿に例えられる例が非常に多いのが気にかかりますねぇ^^;


そして、もう一方の犬なる人物ですが、、、
恐らく、マッカーサーの再来・狂犬とも言われる、この人物ではないでしょうか?

▼犬(マティス国防長官?)


ジェイムズ・マティス退役大将は、「狂犬」のあだ名のある人物です。
したがって、犬と呼ばれる人物がいるとすれば、この人物の可能性が高いです。


まぁ、考えてみれば分かる事ですが、、、

北朝鮮のミサイル問題が、今後、日本に落されるなど、戦時体制になった場合、
日本の自衛隊の指揮権は(日米密約により)、米軍トップのマティス国防長官が握ります。

したがって、『野馬台詩』預言をそのまま参考にするならば、、、

現在の天皇陛下が退位為された後、北朝鮮のミサイルが実際に飛来する事態となり、
安倍首相とマティス国防長官の二頭体制となって、日本は軍国化する可能性が高い!

・・・管理人はこう予測しております。


・・・

・・・

しかしながら、残念ながら、この戦いの結末は、、、
恐らく、その次の一文に集約されることとなるでしょう。。。


靑丘與赤土(青丘と赤土と)
茫茫遂爲空(茫茫として遂に空と為らん)

(現代語訳)
大地は荒れ果て、
果てしない世界は無に帰した。

日本が辿る、亡国の道。。。
まったく、悲しいですね。。。


『野馬台詩』から読み解く、、、日本の最後の希望?

ですが、、、希望はあります。
よーく、下記の『野馬台詩』をご覧ください。

▼野馬台詩の読み方(東から読んでみよう!)


この文章、、、
わざわざ、始点と終点とが隣り合わせになるように出来ているのです。

なぜ、このようなややこしい表現をしているのか?
そこが問題です。

単なる絶望だけの未来ならば、預言なんてものは意味を為さない。
何かしらの希望があるからこそ、預言の意味があると管理人は思います。

ここからの数年で、日本は、どん底まで行きつくかも知れませんが、、、
希望はあるんだということを望みを託して、強く生きて頂けたらと思います。


なお、この『野馬台詩』の預言、、、
まだ、ここまでで、管理人も述べてない秘密が、(二、三個ほど)隠されております。

その辺も併せて、今後、(時が来れば)分析の結果を披露したいと思います^^


↓この記事が「良かった!」と思った方はクリックお願いします♪



蜘蛛の預言



5年保存冬眠米・無洗米
平成25年産 三重産 減農薬こしひかり
【冬眠米・無洗米】輝(かがやき) 平成25年産三重産減農薬こしひかり 無洗米5kg×6個【備蓄米・5年長期保存】

当サイトではこれまで「備蓄王 」を推薦していましたが、産地や値段を考慮し、三重産減農薬こしひかりをオススメします。 (放射能検査済み


5年保存が効く無洗米なのは、「備蓄王」と同じですが、
お値段が、備蓄王に比べて約44%も安いです。


国民1人・1年当たりの米の消費量は約60kgです。
1年分くらいは備蓄しておいてください。


【冬眠米・無洗米】輝(かがやき)平成25年産三重産減農薬こしひかり 無洗米5kg×6個【備蓄米・5年長期保存】

KATADYN(カタダイン) 携帯浄水器
Pocket Micro Filter ポケットマイクロフィルター
KATADYN(カタダイン) 携帯浄水器 Pocket Micro Filter ポケットマイクロフィルター 海外正規品・並行輸入

主食のお米を確保した後は、水の確保が重要です。

カタダイン・ポケットフィルターはフィルター寿命50000リットルと、他の浄水器と比べ、段違いの性能を誇ります。


人が一日に必要な飲料水は、2.3リットルなので、大家族でも、 カタダインさえあれば、多くの水需要をカバーできます。


ちなみに、アメリカ合衆国連邦緊急事態管理庁が推奨する緊急時の水の備蓄量は3日分で、 基本的に1人につき1日1ガロン(約3.8リットル)と定められています。 つまり、3日分なので1人につき約12リットルです


移動時や携帯用には「Vestergaard(ベスターガード) 」もオススメ。また、水の携行ボトルなら、「Platypus(プラティパス) 」もおすすめ。


KATADYN(カタダイン) 携帯浄水器 Pocket Micro Filter ポケットマイクロフィルター 海外正規品・並行輸入

昔塩
1人10kg(700g×14袋)程度
昔塩 5号(せんごう塩+にがり添加) 700g×14袋 0316233

お米と水の次は、”塩”です。砂糖が無くても生きていけますが、塩は生命維持に関わります!


塩分が摂取できなくなると、人はめまいやふらつきを覚え、脱力感、筋肉異常、けいれん、精神障害など様々な朔影響を及ぼします。


日本の食用塩の需要は一人年間で約10kgです。
それくらいの備蓄は必須です。


なお、昔塩は、香川県坂出市で作られているこういう特殊形状の塩です。

昔ながらの平釜で煮詰めた手作りの塩で、管理人も神棚用に毎日使っています。 長期保管しても固まりにくいのも特徴です。

昔塩 5号(せんごう塩+にがり添加) 700g×14袋

※結局は、日本人がいつも神棚に祀る「お米・水・塩」の3つを確保することが、人間が生きる上で重要な訳です^^



記事に関する免責事項

当サイトの記事は、管理人の研究・調査等に基づいて作成してはおりますが、管理人の推測・予測に基づいた内容や考察中の部分も多分に含んでおり、記事内容が間違っている場合も多々あります。従いまして、記事の正確性については一切保証致しません。

当サイトの内容をどう解釈されるかは、全て読者様自身にお任せ致しますが、記事内容を、過度に信頼しすぎないようにお願い致します。万が一読者様が不利益を被ったとしても、当方は一切責任を負う事はできませんので、ご容赦願います。

管理人について

管理人:天一(旧名:えふ。)
管理人は、不況時代突入を先読みし、一早く会社を退社し脱サラ。

その後、他に先駆けネットビジネスに参入。現在は、ネットのベンチャー会社を立ち上げ、日々ビジネスに邁進しております。

管理人への連絡はこちら

絶対読むべき本
▼聖書は読むべきです▼


▼聖書教理を正しく知る本▼


あなたを小食に導く本
▼食生活を劇的に変えた本▼


▼長寿の幸せが感じられます▼


▼科学的に食を分析してます▼


▼砂糖を摂るのをやめよう▼


▼断食をやってみよう▼


▼驚きの咀嚼の効果を知ろう▼


三大欲を自制しよう
▼接して漏らさずで有名▼


▼自慰行為を聖書学的に知る


▼ホルモンの力をしろう▼


▼性欲を抑える第六の秘儀▼


▼睡眠時間を減らそう▼


預言関係の本
▼聖書預言の本▼


▼聖徳太子の未来記▼


▼月蔵経の預言▼


神仏儒の古典を読もう!
▼十七条憲法(大成経版)▼


▼日本の歴史『古事記』▼


▼日本の歴史『日本書紀』▼



▼仏教の基本『法華経』▼


▼初学入徳の門『大学・中庸』▼


▼孔子の教え『論語』▼


▼五経の筆頭『易経』▼


管理人のオススメ!
▼聖書は読むべきです▼


記事の著作権について

当サイトの記事の著作権は、全て当方にあります。記事の引用・転載は、当サイトの引用元が分かるようにリンクをして頂ければ、基本的に許可します。ただし、「NAVERまとめ」等のキュレーションサイトへの引用・転載は不可とします。(勝手に記事をパクられて困っています)

最後に、引用・転載するにあたっても、引用元へのリスペクトを欠いた行為が見受けられる場合は、引用・転載の許可を取り消す場合がありますので、宜しくお願いします。

ウェブページコンテンツ

サイトマップ