3人の預言者に見る終末の徴(しるし):不況対策!個人でも有効な方法



>>当サイトの管理人は、こんなモノを買ってます(管理人のamazon購入履歴)


2012年9月10日


3人の預言者に見る終末の徴(しるし)

なんか、最近は、マヤ暦の2012年12月にもだんだんと近づいてきて、
、 世の中に色々な"終末の予兆"ではないかと、騒がれている事柄が多くなってきました。

しかし、明確にこういう現象が起きたら、終末の予兆だ!
・・・というものを多くの方は、ご存知ないと思います。


そこで、明確に、「こうなったら、終末だ!」と言う基準的なものを、
一預言研究者的な立場から、ここに記しておこうと思います^^;


終末の予兆の視点は二つある

実は、終末の徴(しるし)というのは、二つの見地から推し量ることが出来ます。

一つは、【①社会的な情勢】から、、、
そして、もう一つは、【②具体的な事象・現象】から伺う事が出来ます。

これら、二つをよく鑑みて、終末が近いのかどうかを、判断する必要があります。


ちなみに、終末かどうかの判断をする上で、聖書にはこう書かれています。


<マタイによる福音書 24章>

いちじくの木から、たとえを学びなさい。
枝が柔らかになって、葉が出て来ると、夏の近いことがわかります。

そのように、これらのことのすべてを見たら、
あなたがたは、人の子が戸口まで近づいていると知りなさい。


まぁ、要するに、イチジクの例えのように、
しっかり、世の中を観察して、終末の予兆を悟れ!ってことです。

と言う事で、、、
では、初めに、終末における、【①社会的な情勢】の方から、見ていきましょう。


終末における①社会的な情勢

終末における社会的な情勢的な事柄は、
釈迦の預言(月蔵経)とかにもよく描かれているんですが、
漢文が長くて、書ききれないので、今回、そちらは省きます(笑

興味ある方は、下記をどうぞ。

封印された釈迦の秘予言―釈迦の警告・月蔵経に隠された人類最大の危機! (ラクダブックス)


ここではその代わりに、具体的な、終末の社会情勢が
マタイの福音書の中で、明記されてますので、
そちらを見ていく事にしましょう。

終末の社会情勢としては、以下のように書かれています。
(※特に、番号を打った箇所にご注意ください。それが終末の社会情勢的な予兆です)


(マタイの福音書 24:3~)

あなたがまたおいでになる時や、世の終りには、どんな前兆がありますか」。
そこでイエスは答えて言われた、「人に惑わされないように気をつけなさい。

①多くの者がわたしの名を名のって現れ、
自分がキリストだと言って、多くの人を惑わすであろう。

②また、戦争と戦争のうわさとを聞くであろう。

注意していなさい、あわててはいけない。
それは起らねばならないが、まだ終りではない。
民は民に、国は国に敵対して立ち上がるであろう。

③またあちこちに、ききんが起り、また地震があるであろう。

しかし、すべてこれらは産みの苦しみの初めである。


そのとき人々は、あなたがたを苦しみにあわせ、また殺すであろう。
またあなたがたは、わたしの名のゆえにすべての民に憎まれるであろう。

そのとき、多くの人がつまずき、また互に裏切り、憎み合うであろう。
また多くのにせ預言者が起って、多くの人を惑わすであろう。

④また不法がはびこるので、多くの人の愛が冷えるであろう。

しかし、最後まで耐え忍ぶ者は救われる。

そしてこの御国の福音は、すべての民に対してあかしをするために、
全世界に宣べ伝えられるであろう。

そしてそれから最後が来るのである。


以上をまとめると・・・

  • ①偽キリスト(アンテキリスト)や偽預言者が多く現れる
  • ②戦争と戦争の噂が絶えず、民族対立・国家対立が増える
  • ③飢饉や地震が頻発する
  • ④不法が蔓延り、人の心が冷める

こう言う状態になってくると、いよいよ終末だと言って良いでしょう。。。


・・・

・・・

なんとなく、、、
「あれ?今がそうじゃないのか?」と思いますよね。(苦笑

飢饉や地震などは、まだこれからが本番・・・という気もしますが、
それ以外の項目は、既に、当てはまっている部分が多く見受けられる事は確かです。

ですので、、、
確実に終末というのは近づいていると見て良いのかもしれません。


取りあえず、上記が、①社会情勢的な終末の予兆です。

では、次に、【②具体的な事象・現象】について考察してみましょう。


終末における②具体的な事象・現象

管理人自身、約2年間くらい、色々な預言書を読み漁って気付いたんですが・・・
実は、多くの預言者が、まったく同じ事を述べていたりするんです。


ですので、以下に示す事柄が明確な"終末の徴"だと思って、間違いないと思います。

3人の預言者が、述べている事を、下記に書き出して見ましょう。


聖徳太子秘文『未来記』の最終14章より】

日域末世中彼三悪魔流布 雖見聞不禁断者六天魔王得便 異国蒙古為歓喜
牛馬如人言語 魚鱠生羽飛虚空 岩石現眼口 夜半見日輪 北方出月輪

<読み下し文>

日本が末世の時、かの三悪魔が世の中に知れ渡る

(※三悪魔とは一遍に類する踊念仏、日蓮に類するS価学会、親鸞に類する葬式仏教を指す)
(※上記のうちの日蓮によって、日本が決定的に滅ぶと、未来記には書かれています)

その三悪魔の教えを、見ても聞いても決してしてはいけない。
もし、それが守れないならば、第六天魔王が日本に降り立ち、
異国の蒙古は大変喜ぶ。

牛馬は人のように言葉を話し、魚のなますが羽を生やして空を飛び、
岩石には、目と口が出現し、真夜中に太陽が現れ、月が北の方角から出るだろう

(※魚のなます=ミサイル?)

まず、これが聖徳太子の未来記の最終章に書かれている、終末のしるしです。
次に、ノストラダムスの預言も見て見ましょう。


ノストラダムス予言集 百詩篇第一巻64】

De nuict soleil penseront avoir veu,
Quand le pourceau demy homme on verra:
Bruict, chant, bataille, au ciel battre aperceu:
Et bestes brutes a` parler l'on orra.


(日本語訳)
彼らは夜に太陽を見たと思うだろう、
半人の豚を目撃するであろう時に。
騒音、歌、戦闘。空に現れた戦い。
人々は野獣が話すのを耳にするだろう。


では、最後に、聖書外典 「第四エズラ書」を見て見ましょう。


旧約聖書外典(下)  第四エズラ書5章 終末とそのしるし】

では、しるしについて語ろう。
見よ、その日が来て、地上に住む人々は大いなる恐怖に捕らえられ、
真理の道は隠され、国土は信仰の不毛の地となるだろう。

そして不義が、あなた自身が見ている以上に、
また、あなたがかつて聞いた以上に増えるだろう。

また、あなたが今見ているその国は世界を支配しているが、
やがて乱れて廃虚となり、人はそこに荒れ地を見るようになる。

しかし、もしいと高き方があなたに生き残るのをお許しになるなら、
三日の後に天変地異を見るであろう。


突如として夜中に太陽が輝き、真昼に月が照る。

その上、木から血が滴り落ち、石が声を発し、
人々は恐慌を来し、星は軌道を脱するだろう。

そして、地に住む人の望まぬ人物が支配するようになり、鳥さえもみな渡り去るだろう。

ソドムの海は魚を吐き出し、夜にはえたいの知れぬ妖怪が声を発し、
すべての人がその声を耳にする。


方々で深淵が口を開き、そこから繰り返し炎が吹き上がる。
野獣はその住みかを捨てて移り歩き、月経中の女は怪物を産むだろう。

淡水に塩が混じり、友人どうしがいがみ合うようになるだろう。
分別は隠れ、知性は己の住みかに引きこもって、
多くの人がそれを捜すが見いだせない。

地上には不義と放縦がはびこる。
一つの国は隣の国に、
『だれか公正を行う人が、あなたの所を通りましたか』と尋ねる。

するとその国は『否』と答えるだろう。
その時には、人々は望んでも得られず、働いても道は整えられない。

これらのしるしを、あなたに示すことは許されている。



分かりますか。これ。。。

  • 聖徳太子 (日本: 574年生~622年没)
  • ノストラダムス (フランス: 1503年生~1566年没)
  • エズラ (バビロン~エルサレム : 紀元前6世紀の人物)

国も生きた年代も全く違う、3名の預言者が、全く同じ預言を述べているのです。


なぜ、それぞれが似たような預言をしているのか?

それは、彼らが、同じ終末のビジョンを、神から見せられたからに他ならず、
彼らはそれぞれの国の言語で国民に警告を発し、証する役目を背負っていたからです。


彼らの預言で、共通しているのは、、、


①突如として夜中に太陽が輝く現象(月が真昼に照る現象)
②野獣が突然、人のように言葉を話す

・・・と言う事です。

これほど、分かり易い終末の徴は無いと思いますが、
これが、具体的な終末の予兆です。


ちなみに、よくよく考えると、、、
ヨハネの黙示録にもこう書いてあるんです。。。


(ヨハネの黙示録 第8章)

第四の御使が、ラッパを吹き鳴らした。

すると、太陽の三分の一と、月の三分の一と、星の三分の一とが打たれて、
これらのものの三分の一は暗くなり、
昼の三分の一は明るくなくなり、夜も同じようになった。

また、わたしが見ていると、
一羽(わ)のわしが中空を飛び、大きな声でこう言うのを聞いた

「ああ、わざわいだ、わざわいだ、地に住む人々は、わざわいだ。
なお三人の御使(みつかい)がラッパを吹き鳴らそうとしている」。


上記のヨハネの黙示録で述べていることも、
聖徳太子やノストラダムス、エズラが述べていることと、全く同じな訳です。。。

以上、4つの預言詩に共通する事象、、、これが世界の終わりの徴です。


預言は、救いのために存在する

ところで、現代に生きている我々は、
彼ら預言者が、必死になって、何を訴えたかったのか?を知らなければいけません。


彼らは、単なる終末の徴(しるし)を示して、
読んだ人に、絶望を与えるためだけに、これらの文章を書いた訳ではありません。

彼らは、現代を生きる我々に対して、警告を与え、証をするとともに、
終末の救いを得るために、これらの文章を書いた訳です。

預言書には、こういう終末の預言とともに、
"本当の神の教え立ち返れ!"としっかり書かれています。

そして、それが救いの道である・・・とも書かれてます。


・石や像とかを後生大事に持って、偶像崇拝してないですか?
(なお、お金や家、その他などに執着し過ぎるのも偶像崇拝です)

・変なカルト宗教(悪魔宗教)にハマって、捻じ曲げられた教えに傾倒してませんか?

・本来の神に立ち返ることさえも忘れて、無神論者になってませんか?


こういう事をチェックして見るといいかも知れません。


ちなみに、神に立ち返らず、悔い改めをしない人が、
どういう目に遭うのかも、ヨハネの黙示録に書かれています。


(ヨハネの黙示録 第9章)

第五の御使が、ラッパを吹き鳴らした。
するとわたしは、一つの星が天から地に落ちて来るのを見た。
この星に、底知れぬ所の穴を開くかぎが与えられた。

そして、この底知れぬ所の穴が開かれた。
すると、その穴から煙が大きな炉の煙のように立ちのぼり、
その穴の煙で、太陽も空気も暗くなった。

その煙の中から、いなごが地上に出てきたが、
地のさそりが持っているような力が、彼らに与えられた。

彼らは、地の草やすべての青草、またすべての木をそこなってはならないが、
額に神の印がない人たちには害を加えてもよいと、言い渡された。

彼らは、人間を殺すことはしないで、五か月のあいだ苦しめることだけが許された。
彼らの与える苦痛は、人がさそりにさされる時のような苦痛であった。

その時には、人々は死を求めても与えられず、
死にたいと願っても、死は逃げて行くのである。


聖徳太子の未来記にも、似たようなことが書かれてます。


もしこの者たち(※日蓮や一遍の系列の宗教)に帰依する人がいて、
真の僧に対するように敬い供養するならば、その身に五病を受ける。

いわゆる、一に盲(目が見えない)、
二に聾(耳が聞こえない)、
三にいん(やまいだれに音;声が聞こえない)、
四にい(やまいだれに委;手足が萎える)、
五に瘡(できもの)。

さらに次の七禍を得る。

一にしん辱(しんは、めへんに眞;怒り汚される)、
二に打ちゃく(ちゃくは、てへんに鄭;殴られる)、
三に被縛(縛られる)、
四に閉籠(閉じ込められる)、
五に配流(流罪にされる)、
六に呵責(責めさいなまれる)、
七にし曝(しは、しかばねかんむり;屍を晒される)。

このように、現世において、
「身、口、意」の三業によって造る以下の10種の罪悪を受ける。

「殺生、偸盗(とうとう)、邪淫、妄語、綺語、悪口、両舌、貪欲、
しんい(しんはめへんに眞、いは圭のしたに心)、邪見(または愚痴)」

ましてや、来世においてはなおさらである。


預言書を色々、比較して読んでいくと、本当の神に立ち返る重要性が分かります。

日本人は、無宗教の人が多く、それが良いと信じ込んで居る人も多いのですが、
無宗教は逆に言えば、"神をも畏れない不遜の者"になる可能性もあります。

無神論者で良いと思っている方も、注意が必要かと思います。


最後に、「②具体的な事象・現象がいつ起こるのか?」ですが・・・
聖書にはこう書かれてます。

(マタイ24:36)

でも、「ただし、その日、その時がいつであるかは、だれも知りません。
天の御使いたちも子も知りません。ただ、父だけが知っておられます。」

と言う事で、誰もその現象がいつ起こるのか分からないのです。


そして、こうも書かれています。


(Ⅱペテロ3:8~13)

愛する者たちよ。
この一事を忘れてはならない。

主にあっては、一日は千年のようであり、
千年は一日のようである。ある人々がおそいと思っているように、
主は約束の実行をおそくしておられるのではない。

ただ、ひとりも滅びることがなく、すべての者が悔い改めに至ることを望み、
あなたがたに対してながく忍耐しておられるのである。

しかし、主の日は盗人のように襲ってくる。

その日には、天は大音響をたてて消え去り、天体は焼けてくずれ、
地とその上に造り出されたものも、みな焼きつくされるであろう。

このように、これらはみなくずれ落ちていくものであるから、
神の日の到来を熱心に待ち望んでいるあなたがたは、
極力、 きよく信心深い行いをしていなければならない。

その日には、天は燃えくずれ、天体は焼けうせてしまう。 しかし、わたしたちは、神の約束に従って、
義の住む新しい天と新しい地とを待ち望んでいる。


以上の通り、②の具体的な事象・現象が、いつ起こるかは、
主は盗人のように来るので、誰も、その正確な時期は知らされていません。


正確には分からないのではありますが、、、
おおよそ、これくらいの年代で起こるのではないか?というのは推測は可能です。

ヒントは、徴(しるし)には、
ちょうど中間点が存在する」ってことと、「ローマ人ペテロ」です。

ローマ人ペテロと言えば、アレ・・・ですよね。


神様は、親切に、おおよそのタイミングまで、教えてくれてるんですが、、、分かるかな?


↓この記事が「良かった!」と思った方はクリックお願いします♪


管理人の勝手なコラム



5年保存冬眠米・無洗米
平成26年産 三重産 減農薬こしひかり
【冬眠米・無洗米】輝(かがやき) 平成26年産・三重産減農薬こしひかり 無洗米5kg×6個【備蓄米・5年長期保存】

当サイトではこれまで「備蓄王 」を推薦していましたが、産地や値段を考慮し、三重産減農薬こしひかりをオススメします。 (放射能検査済み


5年保存が効く無洗米なのは、「備蓄王」と同じですが、
お値段が、備蓄王に比べて約44%も安いです。


国民1人・1年当たりの米の消費量は約60kgです。
1年分くらいは備蓄しておいてください。


【冬眠米・無洗米】輝(かがやき)平成26年産・三重産減農薬こしひかり 無洗米5kg×6個【備蓄米・5年長期保存】

KATADYN(カタダイン) 携帯浄水器
Pocket Micro Filter ポケットマイクロフィルター
KATADYN(カタダイン) 携帯浄水器 Pocket Micro Filter ポケットマイクロフィルター 海外正規品・並行輸入

主食のお米を確保した後は、水の確保が重要です。

カタダイン・ポケットフィルターはフィルター寿命50000リットルと、他の浄水器と比べ、段違いの性能を誇ります。


人が一日に必要な飲料水は、2.3リットルなので、大家族でも、 カタダインさえあれば、多くの水需要をカバーできます。


ちなみに、アメリカ合衆国連邦緊急事態管理庁が推奨する緊急時の水の備蓄量は3日分で、 基本的に1人につき1日1ガロン(約3.8リットル)と定められています。 つまり、3日分なので1人につき約12リットルです


移動時や携帯用には「Vestergaard(ベスターガード) 」もオススメ。また、水の携行ボトルなら、「Platypus(プラティパス) 」もおすすめ。


KATADYN(カタダイン) 携帯浄水器 Pocket Micro Filter ポケットマイクロフィルター 海外正規品・並行輸入

昔塩
1人10kg(700g×14袋)程度
昔塩 5号(せんごう塩+にがり添加) 700g×14袋 0316233

お米と水の次は、”塩”です。砂糖が無くても生きていけますが、塩は生命維持に関わります!


塩分が摂取できなくなると、人はめまいやふらつきを覚え、脱力感、筋肉異常、けいれん、精神障害など様々な朔影響を及ぼします。


日本の食用塩の需要は一人年間で約10kgです。
それくらいの備蓄は必須です。

なお、昔塩は、香川県坂出市で作られているこういう特殊形状の塩です。
昔ながらの平釜で煮詰めた手作りの塩で、管理人も神棚用に毎日使っています^^; 
長期保管しても固まりにくいのも特徴です。

昔塩 5号(せんごう塩+にがり添加) 700g×14袋

※結局は、日本人がいつも神棚に祀る「お米・水・塩」の3つを確保することが、人間が生きる上で重要な訳です^^




記事に関する免責事項

当サイトの記事は、管理人の研究・調査等に基づいて作成してはおりますが、管理人の推測・予測に基づいた内容や考察中の部分も多分に含んでおり、記事内容が間違っている場合も多々あります。従いまして、記事の正確性については一切保証致しません。

当サイトの内容をどう解釈されるかは、全て読者様自身にお任せ致しますが、記事内容を、過度に信頼しすぎないようにお願い致します。万が一読者様が不利益を被ったとしても、当方は一切責任を負う事はできませんので、ご容赦願います。

管理人について

管理人:えふ。
管理人は、不況時代突入を先読みし、一早く会社を退社し脱サラ。

その後、他に先駆けネットビジネスに参入。現在は、ネットのベンチャー会社を立ち上げ、日々ビジネスに邁進しております。

管理人への連絡はこちら

このカテゴリの記事一覧
絶対読むべき本
▼聖書は読むべきです▼


▼聖書教理を正しく知る本▼


あなたを小食に導く本
▼食生活を劇的に変えた本▼


▼長寿の幸せが感じられます▼


▼科学的に食を分析してます▼


▼砂糖を摂るのをやめよう▼


▼断食をやってみよう▼


▼驚きの咀嚼の効果を知ろう▼


三大欲を自制しよう
▼接して漏らさずで有名▼


▼自慰行為を聖書学的に知る


▼ホルモンの力をしろう▼


▼性欲を抑える第六の秘儀▼


▼睡眠時間を減らそう▼


預言関係の本
▼聖書預言の本▼


▼聖徳太子の未来記▼


▼月蔵経の預言▼


神仏儒の古典を読もう!
▼十七条憲法(大成経版)▼


▼日本の歴史『古事記』▼


▼日本の歴史『日本書紀』▼



▼仏教の基本『法華経』▼


▼初学入徳の門『大学・中庸』▼


▼孔子の教え『論語』▼


▼五経の筆頭『易経』▼


管理人のオススメ!
▼聖書は読むべきです▼


記事の著作権について

当サイトの記事の著作権は、全て当方にあります。記事の引用・転載は、当サイトの引用元が分かるようにリンクをして頂ければ、基本的に許可します。ただし、「NAVERまとめ」等のキュレーションサイトへの引用・転載は不可とします。(勝手に記事をパクられて困っています)

最後に、引用・転載するにあたっても、引用元へのリスペクトを欠いた行為が見受けられる場合は、引用・転載の許可を取り消す場合がありますので、宜しくお願いします。

姉妹サイト(放射能汚染から身を守る!食の安全データベース)でも活動中です^^

サイトマップ