七夕と笹の由来⑤~神道の七五三の由来と亀~:不況対策!個人でも有効な方法



>>当サイトの管理人は、こんなモノを買ってます(管理人のamazon購入履歴)


2013年7月17日


七夕と笹の由来⑤~神道の七五三の由来と亀~

神道では七五三を最重要視しています。

神社の注連縄(しめなわ)の事を、七五三縄と言ったり、
端午の節句で、雛祭り3/3・端午の節句5/5・七夕7/7に重要な節句があったり、
三歳・五歳・七歳の節目には、子供の成長を祝ったりもします。


▼神道をよく知らない方は下記をどうぞ(解説本の中では最良です)


しかし、「この七五三の由来は何なのか?」と聞かれると、多くの人はそれを知りません。

記紀においての七五三は、天照とスサノオの誓約の時に産まれた三柱の女神、五柱の男神、
さらに、神代七夜において、天地を創造した七組の天神を指します。

ですが、残念ながら、それも神道の七五三の直接の由来では無いと思われます。


日本の神道は、(古来の自然崇拝のアミニズムも別に古神道として存在しますが)
の理を教を用いて読み解くもので、
紀元前5世紀の老子による道教の影響を受けています。神仙道=神道とも言えます。


そして、実は、七五三も、この古代中国の道教思想から来ているのです。


洛書の亀

浦島太郎も、典型的な道教思想が反映された物語です。

浦島太郎のお姫様は、一般的には、乙姫で知られていますが、
丹後の国風土記では、亀比売(かめひめ)とされています。

浦島太郎が海で獲った五色の亀がそのまま、亀比売(かめひめ)という女性になるなど、
現代で知られている浦島太郎のと原文のストーリーとでは、少々差異があります。



この、亀比売(かめひめ)となった五色の亀にも、道教思想が含まれていて、
五色亀の五色とは、(七夕の五色の短冊と同様に)五行思想を表しています。


五行思想とは、木火土金水で表される相生・相克の考え方ですが、
十干(じっかん)の、甲乙丙丁戊己庚辛壬癸にも五行思想が含まれています。


前回の記事」で述べた通り、浦島太郎の正式名である瑞江浦島子の"瑞江"とは、
五行思想の壬(みずのえ)=水の兄から来ています。


また、それと同時に、五色の亀というように、なぜ、亀が充てられているかと言えば、
亀は、七五三の発祥でもあるからなのです。


七五三の起源は、古代中国の『易経(えききょう)』にある河図洛書のうち、洛書から来ています。


中国の古代王朝の夏(紀元前2070年頃 - 紀元前1600年頃)の禹王(うおう)の時代、
禹王は、洛水(洛河)が9年連続で氾濫したしたので、洪水を治めるため治水工事をしました。

▼洛水は、黄河の支流で豫州の洛陽のすぐ南を流れる河


その治水工事の際、洛水から一匹の亀が現れます。
不思議な亀で、背中の甲羅には、不思議な図形が書いてありました。


その図形のことを、洛書と言います。
そして、下記が、その洛書の図形です。

▼洛書

ご覧のように、中央の白い○が、右から順に、7、5、3、、、と続いているのが分かります。
これこそ、七五三の原型の図形です。


その図形は、のちに九数図としてまとめられます。
これは、3×3の魔法陣とも言われているものです。

▼九数図


神道では、注連縄を七五三縄と書きますが、
吉田神道の注連縄では、ワラを右から順に、7本、5本、3本と垂らすのが、正式な注連縄です。

このように、神道の七五三は、古代中国の洛書の亀がルーツにある訳です。


こう言う事を知っていると、7月7日に瑞江浦島子が海で獲った「五色の亀」とは、
五行説に基づく五色と、七五三の洛書の亀がモデルなのだな・・・と気付く訳です。


浦島太郎が作られた背景を考える

もちろん、亀がモチーフとされている理由は他にもあります。


管理人が思うに、浦島太郎は、七夕説話以外に、
海部氏とも関係のある下記の三つの事柄を組み合わせて作られていると思います。


  • ①竹で編んだ籠船に乗って、龍神に玉依姫(玉)を貰い受ける、海幸山幸の神話
  • ②神武天皇の東征時に、速吸門(明石海峡)で亀の甲に乗って現れた倭宿禰の伝説
  • ③雄略天皇の時代に起きた市部押磐皇子殺害事件(※詳細は、後日、別途書きます)

このうち、浦島太郎で亀が出てくる理由については、②の倭宿禰命の影響だろうと思います。

▼倭宿禰命(ヤマトスクネノミコト)


管理人が思うに、丹後国の国司として赴任した伊予部馬飼(いよべのうまかい)は、
海幸山幸の神話(目無し籠の船)や、海部氏の先祖である亀の甲に乗った倭宿禰をモデルに、
雄略紀に起きた事件になぞらえて、瑞江浦嶋子の物語を創作した可能性が高いです。


その瑞江浦島子伝説が、なぜ作られる必要があったのか?
そして、なぜ、日本書紀の雄略紀の中で、
物語の全部は語らず、一言だけ言及されているのか?と言うと、、、


恐らく、記紀の中で、まともに話すとマズイ事柄があったのだと思います。


だからこそ、日本書紀という正史では浦島伝説を扱わず、
伝説をまとめた風土記の方に、敢えて"物語"という形で真相を封印した。


・・・というのが、浦島太郎の真実だと思います。


そして、その浦島太郎の真相を解くヒントが、七夕説話であり、
丹後と近江、葛城にそれぞれ残る朝妻の地名なのだろうと思います。


▼朝妻の地名を解くヒントは、下記の本にあり・・・


続き:⇒七夕と笹の由来⑥~古事記の大后の称号に隠された謎~

↓この記事が「良かった!」と思った方はクリックお願いします♪


管理人の勝手なコラム



5年保存冬眠米・無洗米
平成26年産 三重産 減農薬こしひかり
【冬眠米・無洗米】輝(かがやき) 平成26年産・三重産減農薬こしひかり 無洗米5kg×6個【備蓄米・5年長期保存】

当サイトではこれまで「備蓄王 」を推薦していましたが、産地や値段を考慮し、三重産減農薬こしひかりをオススメします。 (放射能検査済み


5年保存が効く無洗米なのは、「備蓄王」と同じですが、
お値段が、備蓄王に比べて約44%も安いです。


国民1人・1年当たりの米の消費量は約60kgです。
1年分くらいは備蓄しておいてください。


【冬眠米・無洗米】輝(かがやき)平成26年産・三重産減農薬こしひかり 無洗米5kg×6個【備蓄米・5年長期保存】

KATADYN(カタダイン) 携帯浄水器
Pocket Micro Filter ポケットマイクロフィルター
KATADYN(カタダイン) 携帯浄水器 Pocket Micro Filter ポケットマイクロフィルター 海外正規品・並行輸入

主食のお米を確保した後は、水の確保が重要です。

カタダイン・ポケットフィルターはフィルター寿命50000リットルと、他の浄水器と比べ、段違いの性能を誇ります。


人が一日に必要な飲料水は、2.3リットルなので、大家族でも、 カタダインさえあれば、多くの水需要をカバーできます。


ちなみに、アメリカ合衆国連邦緊急事態管理庁が推奨する緊急時の水の備蓄量は3日分で、 基本的に1人につき1日1ガロン(約3.8リットル)と定められています。 つまり、3日分なので1人につき約12リットルです


移動時や携帯用には「Vestergaard(ベスターガード) 」もオススメ。また、水の携行ボトルなら、「Platypus(プラティパス) 」もおすすめ。


KATADYN(カタダイン) 携帯浄水器 Pocket Micro Filter ポケットマイクロフィルター 海外正規品・並行輸入

昔塩
1人10kg(700g×14袋)程度
昔塩 5号(せんごう塩+にがり添加) 700g×14袋 0316233

お米と水の次は、”塩”です。砂糖が無くても生きていけますが、塩は生命維持に関わります!


塩分が摂取できなくなると、人はめまいやふらつきを覚え、脱力感、筋肉異常、けいれん、精神障害など様々な朔影響を及ぼします。


日本の食用塩の需要は一人年間で約10kgです。
それくらいの備蓄は必須です。

なお、昔塩は、香川県坂出市で作られているこういう特殊形状の塩です。
昔ながらの平釜で煮詰めた手作りの塩で、管理人も神棚用に毎日使っています^^; 
長期保管しても固まりにくいのも特徴です。

昔塩 5号(せんごう塩+にがり添加) 700g×14袋

※結局は、日本人がいつも神棚に祀る「お米・水・塩」の3つを確保することが、人間が生きる上で重要な訳です^^




記事に関する免責事項

当サイトの記事は、管理人の研究・調査等に基づいて作成してはおりますが、管理人の推測・予測に基づいた内容や考察中の部分も多分に含んでおり、記事内容が間違っている場合も多々あります。従いまして、記事の正確性については一切保証致しません。

当サイトの内容をどう解釈されるかは、全て読者様自身にお任せ致しますが、記事内容を、過度に信頼しすぎないようにお願い致します。万が一読者様が不利益を被ったとしても、当方は一切責任を負う事はできませんので、ご容赦願います。

管理人について

管理人:えふ。
管理人は、不況時代突入を先読みし、一早く会社を退社し脱サラ。

その後、他に先駆けネットビジネスに参入。現在は、ネットのベンチャー会社を立ち上げ、日々ビジネスに邁進しております。

管理人への連絡はこちら

このカテゴリの記事一覧
絶対読むべき本
▼聖書は読むべきです▼


▼聖書教理を正しく知る本▼


あなたを小食に導く本
▼食生活を劇的に変えた本▼


▼長寿の幸せが感じられます▼


▼科学的に食を分析してます▼


▼砂糖を摂るのをやめよう▼


▼断食をやってみよう▼


▼驚きの咀嚼の効果を知ろう▼


三大欲を自制しよう
▼接して漏らさずで有名▼


▼自慰行為を聖書学的に知る


▼ホルモンの力をしろう▼


▼性欲を抑える第六の秘儀▼


▼睡眠時間を減らそう▼


預言関係の本
▼聖書預言の本▼


▼聖徳太子の未来記▼


▼月蔵経の預言▼


神仏儒の古典を読もう!
▼十七条憲法(大成経版)▼


▼日本の歴史『古事記』▼


▼日本の歴史『日本書紀』▼



▼仏教の基本『法華経』▼


▼初学入徳の門『大学・中庸』▼


▼孔子の教え『論語』▼


▼五経の筆頭『易経』▼


管理人のオススメ!
▼聖書は読むべきです▼


記事の著作権について

当サイトの記事の著作権は、全て当方にあります。記事の引用・転載は、当サイトの引用元が分かるようにリンクをして頂ければ、基本的に許可します。ただし、「NAVERまとめ」等のキュレーションサイトへの引用・転載は不可とします。(勝手に記事をパクられて困っています)

最後に、引用・転載するにあたっても、引用元へのリスペクトを欠いた行為が見受けられる場合は、引用・転載の許可を取り消す場合がありますので、宜しくお願いします。

姉妹サイト(放射能汚染から身を守る!食の安全データベース)でも活動中です^^

サイトマップ