マタギが警告する「日本の山に生じている大異変」:不況対策!個人でも有効な方法



>>当サイトの管理人は、こんなモノを買ってます(管理人のamazon購入履歴)


2014年9月24日


マタギが警告する「日本の山に生じている大異変」

日頃から、管理人は、今後の災害やサバイバル環境なども考慮して、
アウトドアのグッズ等を揃えて、山歩きなどもしたりして訓練しているのですが・・・

最近、特に、日本の山に関して、非常に気になっている事があります。



本文を読む前に、1クリックお願いしますm(__)m ⇒ 人気ブログランキング


それは、、、熊が非常に多く出没している!と言う事です。


▼本州の熊=ツキノワグマ


一昔前までは、日本の熊(本州のツキノワグマ)は、絶滅寸前と言われてましたが・・・
(まぁ、現在も多くの学者がそう言っていますが)

写真家の宮崎学氏の本によると、(少なくとも、長野県中央アルプスでは)
ここ20年ほどは、実は、熊は増加しているらしいのです。



長年、実地で熊の写真を撮り続けている方の意見ですから、、、熊は増えているのでしょう。


宮崎学氏の指摘以外でも、兵庫県での森林動物研究センターのまとめによりますと、
年々、熊が増加傾向にあると考えられているのが分かります。


このような傾向を見ると、、、
恐らく、全国的に、熊の個体数は増えているんじゃないか?と思われるのです。


日本各地で近年増加しつつある、熊の被害

熊の個体数としては、前述のような状況ですが、、、
熊による被害の件数も、近年になって、急激に増えつつあります。。。

下記は、熊による、森林被害・捕獲数・負傷者数の推移ですが・・・
1984年辺りを底にして、一気に熊による被害が増加しつつあるのが見て取れます。


▼熊の森林被害面積の推移

▼熊の捕獲数の推移

▼熊による負傷者数の推移


このように、熊の被害も、無視できない状況になっています。


これらの被害が、熊の個体数増加が起因するなら話は単純ですが・・・
実際は、『(熊が棲む)山の生活環境の悪化』も、熊の被害増加に拍車をかけています。


昔は、石油が無く、日本で燃料と言えば『木炭』がメインで、
炭焼きのために、それだけ山から、木が切り出されていました。


この『木の切り出し』によって、山の下草にまで太陽光が当たりることで、
適度に、動物達にとっても餌も豊富な住み易い山の環境が整えられていました。


そして、里山によって、山の動物が住むゾーンと、人の住むゾーンとが上手く区分され、
動物と人とが共生ができる環境にあった訳ですね。

▼里山(人間の影響を受けた生態系が存在する山)


ところが、昨今は、石油燃料に頼りきりで、山の木の切り出しも行われなくなったため、
山の餌が不足し、動物が住みづらい山と化していきました。

そして、手入れの為されなくなった山では、動物の餌が不足することとなり、
その結果、餌を求めて、動物は里山に多く降りてくるようになった訳です。


近年の、熊の目撃件数の増加や人的被害は、こうした理由がある訳ですね。


今年2014年の熊の被害は、特別に要警戒!

そして、今年も、熊がよく出没する秋のシーズンになりました。
(秋は、冬眠前の熊が木の実を求めて、里山まで降りてきます)


それで、、、今年、管理人が特に感じていることなんですが・・・
今年は、例年になく作物の大不作の年です。(特に西日本は)


管理人の家の近く農家に聞いてみても、今年の米の収量は、例年の15-30%減だそうです。
(にも関わらず、米価格は近年で最安値なので、おかしい話ですが)

米だけならまだ良いのですが、、、恐らく、今年は作物全般的に不作だと思います。
そして、それは、熊の餌となる山の木の実なども、例外ではないと思われます。


なぜなら、近くの川で釣りをしても、今年の鮎は、非常にサイズが小さいからです。
(※鮎は、魚編に占うと書き、作物の出来栄えを占う魚でもある)


念の為、この川で毎年、魚網で鮎を獲っている方にも確認したのですが、、、
今年の鮎のサイズは、ここ5-6年の中でも最も小さいそうです。


この川魚が小さい原因として、山から川に流れ出る栄養分が少ない事が考えられます。

そして、その山の栄養は、落葉樹が形成する腐葉土によって作られていますので、
今年は、落葉樹の生育も良くないのではないか?と考えられます。


熊の主食となる餌は、、、その落葉樹である楢の木のドングリです。


※ナラ(楢)は、ブナ科コナラ亜科コナラ属コナラ亜属のうち、落葉性の広葉樹の総称。


この落葉樹(楢の木)の生育状況が悪いとなれば、、、
熊が餌を求めて、山から里に降りてくるのは道理ではないでしょうか。。。

とまぁ、ここまで書いて、実際に熊の被害を確認すると・・・
やはり、今年は、かなり、熊の出没が懸念される年であるようです。。。



秋になると、木の実やキノコなどを求めて、山に入られる方が多くなりますが、
今年の秋は、特に、熊に注意して頂ければ・・・と思います。

管理人も持ってますが、クマよけのベルなどは、絶対に持っていくべきでしょうね。



ちなみに、管理人クマよけのベル以外にも、万が一のために催涙スプレーを用意してます^^;


マタギが警告する、4-5年内の楢の木の大量枯死

あと、こちらは、余談ついでに見て頂ければ・・・と思うのですが、

あまり一般に知られてない山の異変として、
近年、『ナラ枯れ(菌による病気)』の現象が、全国的に起こりつつあります。


管理人は、下記のマタギの動画(3:00以降~)を見て、初めて認識したのですが、、、



そのマタギが警告して言う事に、、、
あと、4-5年以内に、ナラ枯れによって、多くの楢の木が赤く変色し枯れて死んでしまう

・・・と警告しています。


▼ナラ枯れによって、赤くなった木々

【林野庁HPより引用】



楢の木のドングリは、熊の主食であり、今後、作物の不作とともに、
このナラ枯れによって、熊が大量に人間の居住地域に降りてくることが考えられます。


日頃から、経済問題や自然災害の問題などは、ニュースなどで多く人目に触れますが、
こうした自然環境等の変化は、多くの人が気づかず見過ごされている部分です。

今、様々な面で、臨界点を迎えつつあるように思いますし、
これからの世界は、想像以上にカオスなモノとなるのかもしれません。。。


▼熊用の催涙スプレーです

↓この記事が「良かった!」と思った方はクリックお願いします♪


管理人の勝手なコラム



5年保存冬眠米・無洗米
平成26年産 三重産 減農薬こしひかり
【冬眠米・無洗米】輝(かがやき) 平成26年産・三重産減農薬こしひかり 無洗米5kg×6個【備蓄米・5年長期保存】

当サイトではこれまで「備蓄王 」を推薦していましたが、産地や値段を考慮し、三重産減農薬こしひかりをオススメします。 (放射能検査済み


5年保存が効く無洗米なのは、「備蓄王」と同じですが、
お値段が、備蓄王に比べて約44%も安いです。


国民1人・1年当たりの米の消費量は約60kgです。
1年分くらいは備蓄しておいてください。


【冬眠米・無洗米】輝(かがやき)平成26年産・三重産減農薬こしひかり 無洗米5kg×6個【備蓄米・5年長期保存】

KATADYN(カタダイン) 携帯浄水器
Pocket Micro Filter ポケットマイクロフィルター
KATADYN(カタダイン) 携帯浄水器 Pocket Micro Filter ポケットマイクロフィルター 海外正規品・並行輸入

主食のお米を確保した後は、水の確保が重要です。

カタダイン・ポケットフィルターはフィルター寿命50000リットルと、他の浄水器と比べ、段違いの性能を誇ります。


人が一日に必要な飲料水は、2.3リットルなので、大家族でも、 カタダインさえあれば、多くの水需要をカバーできます。


ちなみに、アメリカ合衆国連邦緊急事態管理庁が推奨する緊急時の水の備蓄量は3日分で、 基本的に1人につき1日1ガロン(約3.8リットル)と定められています。 つまり、3日分なので1人につき約12リットルです


移動時や携帯用には「Vestergaard(ベスターガード) 」もオススメ。また、水の携行ボトルなら、「Platypus(プラティパス) 」もおすすめ。


KATADYN(カタダイン) 携帯浄水器 Pocket Micro Filter ポケットマイクロフィルター 海外正規品・並行輸入

昔塩
1人10kg(700g×14袋)程度
昔塩 5号(せんごう塩+にがり添加) 700g×14袋 0316233

お米と水の次は、”塩”です。砂糖が無くても生きていけますが、塩は生命維持に関わります!


塩分が摂取できなくなると、人はめまいやふらつきを覚え、脱力感、筋肉異常、けいれん、精神障害など様々な朔影響を及ぼします。


日本の食用塩の需要は一人年間で約10kgです。
それくらいの備蓄は必須です。

なお、昔塩は、香川県坂出市で作られているこういう特殊形状の塩です。
昔ながらの平釜で煮詰めた手作りの塩で、管理人も神棚用に毎日使っています^^; 
長期保管しても固まりにくいのも特徴です。

昔塩 5号(せんごう塩+にがり添加) 700g×14袋

※結局は、日本人がいつも神棚に祀る「お米・水・塩」の3つを確保することが、人間が生きる上で重要な訳です^^




記事に関する免責事項

当サイトの記事は、管理人の研究・調査等に基づいて作成してはおりますが、管理人の推測・予測に基づいた内容や考察中の部分も多分に含んでおり、記事内容が間違っている場合も多々あります。従いまして、記事の正確性については一切保証致しません。

当サイトの内容をどう解釈されるかは、全て読者様自身にお任せ致しますが、記事内容を、過度に信頼しすぎないようにお願い致します。万が一読者様が不利益を被ったとしても、当方は一切責任を負う事はできませんので、ご容赦願います。

管理人について

管理人:えふ。
管理人は、不況時代突入を先読みし、一早く会社を退社し脱サラ。

その後、他に先駆けネットビジネスに参入。現在は、ネットのベンチャー会社を立ち上げ、日々ビジネスに邁進しております。

管理人への連絡はこちら

このカテゴリの記事一覧
絶対読むべき本
▼聖書は読むべきです▼


▼聖書教理を正しく知る本▼


あなたを小食に導く本
▼食生活を劇的に変えた本▼


▼長寿の幸せが感じられます▼


▼科学的に食を分析してます▼


▼砂糖を摂るのをやめよう▼


▼断食をやってみよう▼


▼驚きの咀嚼の効果を知ろう▼


三大欲を自制しよう
▼接して漏らさずで有名▼


▼自慰行為を聖書学的に知る


▼ホルモンの力をしろう▼


▼性欲を抑える第六の秘儀▼


▼睡眠時間を減らそう▼


預言関係の本
▼聖書預言の本▼


▼聖徳太子の未来記▼


▼月蔵経の預言▼


神仏儒の古典を読もう!
▼十七条憲法(大成経版)▼


▼日本の歴史『古事記』▼


▼日本の歴史『日本書紀』▼



▼仏教の基本『法華経』▼


▼初学入徳の門『大学・中庸』▼


▼孔子の教え『論語』▼


▼五経の筆頭『易経』▼


管理人のオススメ!
▼聖書は読むべきです▼


記事の著作権について

当サイトの記事の著作権は、全て当方にあります。記事の引用・転載は、当サイトの引用元が分かるようにリンクをして頂ければ、基本的に許可します。ただし、「NAVERまとめ」等のキュレーションサイトへの引用・転載は不可とします。(勝手に記事をパクられて困っています)

最後に、引用・転載するにあたっても、引用元へのリスペクトを欠いた行為が見受けられる場合は、引用・転載の許可を取り消す場合がありますので、宜しくお願いします。

姉妹サイト(放射能汚染から身を守る!食の安全データベース)でも活動中です^^

サイトマップ