天皇の系譜と糸:不況対策!個人でも有効な方法



>>当サイトの管理人は、こんなモノを買ってます(管理人のamazon購入履歴)


2013年7月13日


天皇の系譜と糸

前回、136.5年サイクルの終焉に、天皇が関わっている事を示しましたが・・・
今回は、天皇の系譜と「西暦375年の」についての話をします。


先日、「七夕と笹の由来③~五色の短冊と浦島太郎の真相~」の記事の中で、
昔の七夕は、「五色の短冊」ではなく、「五色の糸」だったと述べましたが・・・

管理人が思うに、、、
七夕に(古代に飾った)"五色の糸"には、天皇の系譜が仮託されているように思います。


と言うのも、糸には、凄く重要な意味を持っていまして、、、

神武天皇から元正天皇までの漢風諡号を一括撰進した人物に、「淡海三船」が居ますが、
彼は、少なくとも、古代からの天皇の系譜を、一本の糸として捉えています。


▼淡海三船(大友皇子の曽孫で奈良時代後期の文人)


淡海三船は、袁本杼命(をほどのみこと)の事を、継体(継体天皇)と名付け、
鵜野讚良(うののさらら)皇女の事を、持統(持統天皇)と名付けました。


継体持統とは、(中国の古代の)四字熟語が元になっており、その意味を推察すると、

継体とは、「(一度切れた糸を)糸をもって継ぐこと」であり、
持統とは、「(系統を正し、一統を立てて)一本の糸に統一すること」と考えられます。


要するに、天皇に、継体・持統と名付けた淡海三船は、
天皇の系譜を、一本の糸に見立てていたような節が見られるのです。


サイクル起点西暦375年はどの天皇か?

では、「天皇の系譜を糸として捉える」と言う事を考慮しつつ、
819年周期のサイクルの起点になっている375年に何があったかを調べてみましょう。


この西暦375年の時代は、記紀や朝鮮の古史である「三国史記」を紐といていくと、
神功皇后の時代(もしくは応神天皇)に比定できます。


<日本書紀の神功皇后摂政55年条より>

(神功皇后の)五十五年に、百済の肖古王みまかりぬ

上記の通り書かれているのですが、
肖古王が亡くなったのは、三国史記によると、西暦375年11月です。

上記のとおり、西暦375年は神功皇后55年に比定できます。
しかし、記紀の年代は、そう簡単に信じてはいけません。

その証拠に、日本書紀の神功皇后摂政39年条には、どう書かれていると言うと・・・
下記のように書かれてあります。


<日本書紀の神功皇后摂政39年条より>

三十九年。太歳己未。魏書に云はく、明帝の景初三年の六月
倭の女王、大夫難斗米等を遣して、郡に詣りて、
天子に詣らむことを求めて朝献す。
太守鄧夏、吏を遣して将て送りて、京都に詣らしむ。」


実は、上記の日本書紀の文章は、中国の
「魏志倭人伝 巻30東夷伝・倭人」の中に、全く同じ記述があります。
(またここでは、卑弥呼の使者が明帝に朝献したことになっています)


そして、そこに書かれた明帝の景初三年の記述は、西暦239年に該当します。


ここで、あれ?と思いますよね。年代が合わない・・・のです。
少し、年代を整理してみましょう。


  • ①神功皇后摂政55年・・・西暦375(肖古王が亡くなった=三国史記)
  • ②神功皇后摂政39年・・・西暦239(景初三年に朝貢=魏志倭人伝)
    ※ただし、②は実際は、卑弥呼の使者が朝貢したと考えられる

ご覧の通り、神功摂政55年と39年で、16年しか差が無いにも関わらず、
実際の出来事としては、375-239=136年もの差があります。
※136年=(120年+16年)

これは、研究者の指摘によると、干支を使った暦法が、60年で一周するのですが、
ちょうど2周分(120年)年代がずれていると指摘されています。


記事内容からすると、②の神功皇后摂政39年の出来事の方が間違った記載です。

②は、明らかに神功皇后の時代より、120年前の卑弥呼の時代に起こった出来事で、
ちょうど120年前の話が、神功皇后にのストーリーに組み込まれたのには、、、

元々、神功皇后=卑弥呼に見立てよう!
・・・という記紀編纂者の意図・思惑が働いているように思います。


西暦375年での血統的断裂

また、こうした記紀の記述の年代のズレを考慮すると、、、

元々、神功皇后は、仲哀天皇時代と応神天皇時代との
時代のスキマを埋めるために、意図的に組み込まれた存在だと考えられます。


神功皇后のストーリーを考えてみれば、神功皇后のお腹の中に応神天皇を宿したまま、
三韓征伐をする話などは、いかにも、不自然な"作られたストーリー"です。


神功皇后は100歳まで生きた長寿という事になっていますが、
仲哀天皇が亡くなってから69年間も、天皇の皇后が政務を司っているのも不自然です。

応神天皇も神功皇后が長寿だったため、71歳で即位したことになっているのですが、
本来の天皇家血筋なら、応神が成人した時点で、天皇に皇位を譲るはずです。

しかし、敢えてそうして無いのには、仲哀天皇と応神天皇の間で、
血統的断裂があったためと思われます。



恐らく、血統的断裂のある仲哀天皇と応神天皇を、万世一系に当てはめようとして、
その繋ぎ役として、無理やり神功皇后が入れたために、
年代や年齢が、実際の世情と合わない部分がでているのでしょう。



この血統的な断裂ですが、、、
天皇の名前を見ても、血統的断裂がある事が示唆されています。


<歴代天皇の古事記での名前>

  • 12.景行天皇=大帯日子淤斯呂和氣天皇(おほたらしひこおしろわけのみこと)
  • 13.成務天皇=若帯日子天皇(わかたらしひこのみこと)
  • 14.仲哀天皇=帯中日子天皇(たらしなかつひこのみこと)
  • 繋ぎ役:神功皇后=息長帯比売命(おきながたらしひめのみこと)

(血統的断裂)
  • 15.応神天皇=品陀和氣命(ほむだわけのみこと)
  • 16.仁徳天皇=大雀命(おほさざきのみこと)
  • 17.履中天皇=大江之伊邪本和気命(おおえのいざほわけのみこと)
  • 18.反正天皇=水歯別命(みずはわけのみこと)

神功皇后以前の王朝は、「タラシ・タリ王朝」であって、
応神天皇以降は、「ワケ王朝」になっている事が良く分かります。

血統的な断裂があったからこそ、名前がここで代わっているのです。


そして、この応神の「ワケ王朝」は、北九州を中心とした勢力だったと思われます。

この神功皇后の初期の時代(仲哀天皇時代)からは、
(それ以前は近畿に宮があったのに)一気に北九州方面にまで天皇の住む宮が移動します。


<仲哀天皇の宮>
  • 穴門豊浦宮(あなとのとゆらのみや、山口県下関市長府宮の内町の忌宮神社が伝承地)
  • 筑紫橿日宮(つくしのかしいのみや、福岡県福岡市東区香椎の香椎宮が伝承地)
※仲哀天皇の前の成務天皇の宮は、近つ淡海の志賀の高穴穂宮にあった

上記の宮の移動についても、(熊襲討伐のためと言われていますが)
仲哀天皇から応神への時代に掛けて、九州方面に、別の勢力が居た事が示唆されています。


と言う事で、この神功皇后の時代(西暦375年前後)には、
北九州方面に、それまでと別勢力(ワケ王朝)が居て、
その王朝が日本を席巻したのではないでしょうか。

神功皇后は、万世一系に見せかけるために、それまでのタラシ王朝と


ワケ王朝とをつなぐ役割を持っていたのだと思われます。


糸=伊都=怡土

冒頭で、天皇の系譜は、糸が仮託されているといった理由に、
応神天皇の生まれた場所が、関係すると思われます。

仲哀天皇が亡くなった後、神功皇后のお腹に居た子(応神天皇=品陀和気)は、
宇瀰(うみ、福岡県糟屋郡宇美町)で生まれています。


ですので、この付近が、「ワケ王朝」の最初の国内拠点だったと思われます。


さらに、筑前国の風土記逸文の、
児饗(こふ)の石」には、下記のように書いてあります。


怡土の郡(イトの郡)児饗(コフ)の野に二個の石がある。
昔、息長足姫尊(神功皇后)が新羅に遠征しようとしてこの村においでになった。

神功皇后は妊娠していたが、産まれそうになったので、
この二個の石をとって腰に挟み、祈って仰せられるには、

『私は、西の国境を定めようとしてこの野に着いた。
孕んだ皇子が本当に神の子ならば、凱旋した後で誕生なされるとよいだろうに』と。

ついに西の境界を定め、還ってからお産みになった。
いわゆる誉田の天皇(応神天皇)がこれである。

当時の人は、その石を名づけて"皇子産(ミコウミ)の石"といった。
今は訛って"児饗の石"という。


伝承も重要ですが、何より、この場所が、「恰土の郡」(福岡県糸島市)だったことが重要です。
怡土郡(いとぐん)は、魏志倭人伝で伊都国(イト)があったと比定されている場所です。

ですので、恐らく、管理人が思うに、応神天皇以降の天皇の系譜は、
九州の伊都国を起点にしているのではないかと推測します。

だからこそ、天皇の系譜が""で例えられていたのではないか?と思うのです。


ちなみに、伊都国のあった糸島市は、
昔は、怡土郡(いとぐん)で、その隣には、志摩郡もありました。
現在の糸島は、怡土志摩が一緒になって、糸島になったそうです。

そう言えば、伊勢志摩と言うように、伊勢と志摩はセットですが、
伊勢志摩と怡土志摩(糸島)というのは、何となく似ていますね^^;


管理人は、伊勢志摩の"志摩"の語源は、ここ志摩郡にあるように思っています。

また、伊勢の語源となっている伊勢津彦の国も、周防~北九州周辺にあったと考えられます。

また、筑前国の風土記逸文の、「怡土の郡」には、
現在で言う三種の神器も出てくる場面もあります。
こちらも、伊勢神宮の祭祀との関係を思わせる記述です。


筑前の國の風土記に曰はく、怡土の郡。

昔者、穴戸の豐浦の宮に御宇(あめのしたしろ)しめしし
足仲彦(たらしなかつひこ)の天皇(仲哀天皇)、
球磨噌唹(くまそ)を討たむとして筑紫に幸しし時、
怡土の縣主等が祖(おや)、五十跡手(いとて)、天皇幸しぬと聞きて、

五百枝(いほえ)の賢木(さかき)を抜取(こぢと)りて船の舳艫(へとも)に立て、
上枝(ほつえ)に八尺瓊(やさかに)を挂(か)け、
中枝(なかつえ)に白銅鏡(ますみのかがみ)を挂け、
下枝(しづえ)に十握劔(とつかのつるぎ)を挂けて、

穴門の引嶋(下関市彦島)に參迎(まゐむか)へて獻(たてまつ)りき。

天皇、勅して、「阿誰(たれ)人ぞ」と問ひたまへば、
五十跡手奏(まを)ししく、「高麗の國の意呂山(おろやま・蔚山)に、
天より降り來し日桙(ひぼこ)の苗裔(すゑ)、五十跡手是なり」とまをしき。

天皇、ここに五十跡手を譽めて曰りたまひしく、
「恪(いそ)しきかも伊蘇志(いそし)と謂ふ。
五十跡手が本土(もとつくに)は恪勤(いそ)の國と謂ふべし」とのりたまひき。
今、怡土の郡と謂ふは訛れるなり。


以上のように、この北九州(伊都国)周辺に、
現在の伊勢志摩を形作る、要素が含まれているようです。


ただし、伊勢の祭祀については『古事記』には崇神天皇記と垂仁天皇記の分注に
「伊勢大神の宮を祀った」とあるので、応神天皇以前から、伊勢はあったようです

また、この伊都国地域で、西暦375年前後での糸の発端となる応神天皇が生まれ、
それが、現代天皇の系譜に繋がっていく事が分かります。


なお、先日、136.5年周期のサイクルの最後で、天皇の系譜の"糸が切れる"事を予測したのは、
前述のように、西暦375年のサイクル起点で、糸が始まりが意識されているからでもあります。


日本は、天皇を象徴とした国ですが、その天皇を失った場合、
日本の国体は、どう変わっていくのでしょうね。。。


↓この記事が「良かった!」と思った方はクリックお願いします♪


管理人の勝手なコラム



5年保存冬眠米・無洗米
平成26年産 三重産 減農薬こしひかり
【冬眠米・無洗米】輝(かがやき) 平成26年産・三重産減農薬こしひかり 無洗米5kg×6個【備蓄米・5年長期保存】

当サイトではこれまで「備蓄王 」を推薦していましたが、産地や値段を考慮し、三重産減農薬こしひかりをオススメします。 (放射能検査済み


5年保存が効く無洗米なのは、「備蓄王」と同じですが、
お値段が、備蓄王に比べて約44%も安いです。


国民1人・1年当たりの米の消費量は約60kgです。
1年分くらいは備蓄しておいてください。


【冬眠米・無洗米】輝(かがやき)平成26年産・三重産減農薬こしひかり 無洗米5kg×6個【備蓄米・5年長期保存】

KATADYN(カタダイン) 携帯浄水器
Pocket Micro Filter ポケットマイクロフィルター
KATADYN(カタダイン) 携帯浄水器 Pocket Micro Filter ポケットマイクロフィルター 海外正規品・並行輸入

主食のお米を確保した後は、水の確保が重要です。

カタダイン・ポケットフィルターはフィルター寿命50000リットルと、他の浄水器と比べ、段違いの性能を誇ります。


人が一日に必要な飲料水は、2.3リットルなので、大家族でも、 カタダインさえあれば、多くの水需要をカバーできます。


ちなみに、アメリカ合衆国連邦緊急事態管理庁が推奨する緊急時の水の備蓄量は3日分で、 基本的に1人につき1日1ガロン(約3.8リットル)と定められています。 つまり、3日分なので1人につき約12リットルです


移動時や携帯用には「Vestergaard(ベスターガード) 」もオススメ。また、水の携行ボトルなら、「Platypus(プラティパス) 」もおすすめ。


KATADYN(カタダイン) 携帯浄水器 Pocket Micro Filter ポケットマイクロフィルター 海外正規品・並行輸入

昔塩
1人10kg(700g×14袋)程度
昔塩 5号(せんごう塩+にがり添加) 700g×14袋 0316233

お米と水の次は、”塩”です。砂糖が無くても生きていけますが、塩は生命維持に関わります!


塩分が摂取できなくなると、人はめまいやふらつきを覚え、脱力感、筋肉異常、けいれん、精神障害など様々な朔影響を及ぼします。


日本の食用塩の需要は一人年間で約10kgです。
それくらいの備蓄は必須です。

なお、昔塩は、香川県坂出市で作られているこういう特殊形状の塩です。
昔ながらの平釜で煮詰めた手作りの塩で、管理人も神棚用に毎日使っています^^; 
長期保管しても固まりにくいのも特徴です。

昔塩 5号(せんごう塩+にがり添加) 700g×14袋

※結局は、日本人がいつも神棚に祀る「お米・水・塩」の3つを確保することが、人間が生きる上で重要な訳です^^




記事に関する免責事項

当サイトの記事は、管理人の研究・調査等に基づいて作成してはおりますが、管理人の推測・予測に基づいた内容や考察中の部分も多分に含んでおり、記事内容が間違っている場合も多々あります。従いまして、記事の正確性については一切保証致しません。

当サイトの内容をどう解釈されるかは、全て読者様自身にお任せ致しますが、記事内容を、過度に信頼しすぎないようにお願い致します。万が一読者様が不利益を被ったとしても、当方は一切責任を負う事はできませんので、ご容赦願います。

管理人について

管理人:えふ。
管理人は、不況時代突入を先読みし、一早く会社を退社し脱サラ。

その後、他に先駆けネットビジネスに参入。現在は、ネットのベンチャー会社を立ち上げ、日々ビジネスに邁進しております。

管理人への連絡はこちら

このカテゴリの記事一覧
絶対読むべき本
▼聖書は読むべきです▼


▼聖書教理を正しく知る本▼


あなたを小食に導く本
▼食生活を劇的に変えた本▼


▼長寿の幸せが感じられます▼


▼科学的に食を分析してます▼


▼砂糖を摂るのをやめよう▼


▼断食をやってみよう▼


▼驚きの咀嚼の効果を知ろう▼


三大欲を自制しよう
▼接して漏らさずで有名▼


▼自慰行為を聖書学的に知る


▼ホルモンの力をしろう▼


▼性欲を抑える第六の秘儀▼


▼睡眠時間を減らそう▼


預言関係の本
▼聖書預言の本▼


▼聖徳太子の未来記▼


▼月蔵経の預言▼


神仏儒の古典を読もう!
▼十七条憲法(大成経版)▼


▼日本の歴史『古事記』▼


▼日本の歴史『日本書紀』▼



▼仏教の基本『法華経』▼


▼初学入徳の門『大学・中庸』▼


▼孔子の教え『論語』▼


▼五経の筆頭『易経』▼


管理人のオススメ!
▼聖書は読むべきです▼


記事の著作権について

当サイトの記事の著作権は、全て当方にあります。記事の引用・転載は、当サイトの引用元が分かるようにリンクをして頂ければ、基本的に許可します。ただし、「NAVERまとめ」等のキュレーションサイトへの引用・転載は不可とします。(勝手に記事をパクられて困っています)

最後に、引用・転載するにあたっても、引用元へのリスペクトを欠いた行為が見受けられる場合は、引用・転載の許可を取り消す場合がありますので、宜しくお願いします。

姉妹サイト(放射能汚染から身を守る!食の安全データベース)でも活動中です^^

サイトマップ