日本国の滅亡と未来記における第六天魔王の正体:不況対策!個人でも有効な方法



>>当サイトの管理人は、こんなモノを買ってます(管理人のamazon購入履歴)


2013年1月24日


日本国の滅亡と未来記における第六天魔王の正体

先日、下記の記事を書きました。

日本で戦争は起こらない?聖書に記された西洋と東洋の運命

それで、少々誤解を受けそうなタイトルでもあったので、少し補足すると、
日本は、"直接、戦争が原因で"滅びるのでは無いと思います。


正しく言えば、日本に攻めてくる敵は居ます。

例えば、聖書の中でのエレミヤ書などでは、
さかんに『北からの敵』に関する預言があったりします。


エレミヤ書4章

4:6
シオンの方を示す旗を立てよ。
避難せよ、とどまってはならない、わたしが北から災と大いなる破滅をこさせるからだ。

4:7
ししはその森から出てのぼり、国々を滅ぼす者は進んできた。
彼はあなたの国を荒そうとして、すでにその所から出てきた。
あなたの町々は滅ぼされて、住む者もなくなる。


(日月神事は預言書的に、私は何とも言えないんですが)日月神事にも、
『おロシアが北からくるぞ』という預言があるのは、有名です。


地球寒冷化が起こると、必然的に高緯度地域では食糧が、大幅に激減します。
そのため、北に住む民族は、南下して周辺国から食糧を略奪する以外にありません。

そう言う意味で、日本は北から来る敵には、要注意です。


ま、それはそれとして、日本が直接戦争が原因で滅びるのではないと言ったのは、
聖徳太子の未来記において、【第六天魔王によって滅ぶ】との暗示があるからです。




日本は第六天魔王によって滅びる!

日本は、戦争が原因で滅ぶというのではありません。
しかしながら、、、日本は、第六天魔王によって滅ぼされます。

こう書くと、、、「はぁ?」って思うでしょうけど、実際にそう書かれてます。


日本の未来の予言が記された聖徳太子の未来記の最終14章には、
下記のように預言されています。



聖徳太子秘文『未来記』の最終14章より】

日域末世中彼三悪魔流布 雖見聞不禁断者六天魔王得便 異国蒙古為歓喜
牛馬如人言語 魚鱠生羽飛虚空 岩石現眼口 夜半見日輪 北方出月輪

<読み下し文>

日本が末世の時、かの三悪魔が世の中に知れ渡る

(※三悪魔とは一遍に類する踊念仏、日蓮に類するS価学会、親鸞に類する葬式仏教を指す)
(※上記のうちの日蓮によって、日本が決定的に滅ぶと、未来記には書かれています)

その三悪魔の教えを、見ても聞いても決してしてはいけない。
もし、それが守れないならば、第六天魔王が日本に降り立ち、
異国の蒙古は大変喜ぶ。

牛馬は人のように言葉を話し、魚のなますが羽を生やして空を飛び、
岩石には、目と口が出現し、真夜中に太陽が現れ、月が北の方角から出るだろう


日本の降り立つ第六天魔王とは、「神楽の八幡」にも見られる"異国の悪鬼"です。


▼石見神楽 『八幡』


登場人物=八幡麻呂(やはたまろ)・大六天(だいろくてん)の悪魔王(あくまおう)

武勇の神、八幡宮の祭神である八幡麻呂を讃える神楽。
九州宇佐八幡宮に祀られている八幡麻呂という神様が、異国から飛来した
大六天の悪魔王が人々を殺害しているのを聞き、神通の弓、方便の矢をもって退治する。

正義(神)対、悪(鬼)と言う石見神楽の代表的な展開の神楽である。
「弓矢とる人を守りの八幡山 誓いは深き石清水かな」

【上記説明文は、神楽の八幡より】


日本に降り立つ第六天魔王は、日本をズタズタに引き裂く"異国の悪魔"です。


"異国の"と書かれている通り、異国の教え、、、
とりわけ統一教会と繋がりのある○価学会の教えが、日本に流布し、
日本人々が正道を外れ、異教の教えに傾く時、神罰として日本に大地震が下ります。


聖書を一度でもお読みになった方なら、ご存知でしょうが、、、

イスラエルの民は、バアル神など異教の神を拝み、本来の神をないがしろにし、
度々その背教の罪によって、神に罰せられています。
(南北イスラエルの分裂・アッシリアとバビロンの捕囚など)

現代の日本でも、もしかすると、それと同様なことが起きるのかもしれません。
その神罰の大地震によって、日本は滅びる、、、と言うのは十分あり得ると思います。


以前に、「世界の終末のビジョンと大地震との関係」でも示しましたが、
アステカの太陽の石には、この第五の太陽の時代は地震で滅びると預言されています。

  • 一つ目の太陽の時代は、ジャガー(闇の神テスカトリポカの化身)によって滅び、
  • 二つ目の太陽の時代は、大嵐によって滅んだ。
  • 三つ目の太陽の時代は、火によって滅び、
  • 四つ目の太陽の時代は、大洪水によって滅んだ。
  • そして、現在の五つ目の太陽の時代は、『大地震』によって滅びる・・・

管理人は最近思っているのですが、アステカの太陽の石の預言は、
日本の地震のことを暗示しているのではないか?」と思います。


なぜなら、「日本=日+大+十」ですので、
日本の国名自体が、太陽神が十字架に、磔刑で張り付けられた様を示してます。


※日本最古の硬貨「富本銭」の本は、本=大+十になっています


「太陽の時代が終わる」とは、太陽で象徴される国(日本)が終わる
、、、とも受け取れます。

そう考えると、日本は、戦争よりも「大地震」の方を、注意すべきだとは思いませんか。


第六天魔王(他化自在天)とはどんな存在なのか?

ところで、、、聖徳太子の未来記にある第六天魔王の"第六天"とは、
仏教では、他化自在天(たけじざいてん)として描かれています。

※他家自在天とは、第六天魔王のことを指すと同時に、その住処の事も指す

▼他化自在天 (第六天)


【画像は「天部の神々の神将像の塗り絵」より】

第六天魔王が治める、他化自在天の世界とはどういうものでしょうか?
そして、その他化自在天が、人間とどう関わっているのでしょうか。

それを、下記に示します。


以下からの説明は「第六天魔王」を参考に説明します

仏教の世界観においては、この世は、三界で成り立っています。
三界は、欲界、色界、無色界の三つの世界で構成されています。

人間が所属しているのは欲界で、その最高位にあるのが他化自在天で、
欲界全体を支配しているのが第六天魔王(別名 他化自在天主)です。
※他化自在天は、6番目の天界なので第六天とも称される

それで、他化自在天がどんな世界かと言えば・・・
望む事はすべてかなえられ、望みうる最高の快楽が、
自由自在に得られる世界なのだそうです。

そして、他化自在天の住人は、「他人が楽しむ事を自ら楽しむ」
つまり、周囲の人々を幸せにすることを楽しむ世界です。

それで、この天界の主である他化自在天王は、天界・人間界はおろか、
地獄界までを含めた欲界全体にわたって、自由自在に楽しみを与え、
欲界の衆生が楽しむ事を楽しむという趣味を持っているらしい。



六欲天の天界人の楽しみ方一覧表

  • 他化自在天(たけじざいてん)・・・他人を楽しませる事を楽しむ
  • 楽変化天(らくへんげてん)・・・自分で楽しみを作り出す
  • 兜率天(とそつてん)・・・宇宙の法則を楽しむ
  • 夜摩天(やまてん)・・・自然を楽しむ
  • 刀利天(とうりてん)・・・秩序を維持する事を楽しむ
  • 四大王衆天(しだいおうしゅてん)・・・敵と戦って世界を守る事を楽しむ

<なぜ魔王と呼ばれるのか>

一見、他化自在天王は、欲界の衆生を自由自在に楽しませる事を楽しむ、
すごく人間にとって、良い存在のように思えます。

しかし、なぜ、仏教で、他化自在天が第六天魔王と呼ばれるのでしょうか?


それは、(仏教の教えによって)人々から欲望が無くなると、
楽しませるべき欲界の人が、色界や無色界に移り、
なかなか欲界に戻ってこなくなります。

更にすすんで全ての人々が悟りを開いてしまうと、欲界から人がいなくなり、
人が楽しむ事を楽しむ他化自在天は、自らが楽しむ事が出来なくなります。

そのため、他化自在天は、常に人々の欲望をかきたるとともに、
六道の苦しみから逃れる根本的な解決策である「悟りを開く道」を、
人々から遠ざけ、邪魔をしているということです。


こうして見ると、先日、「食糧危機時代における次世代ビジョン」の記事で、
今後の時代は、「物的欲求から、知的・精神的な欲求に転化させるべきだ」と述べましたが、、、

まさに、上記の仏教の教えは、人間は他化自在天という俗世的な欲望に捉われる事なく、
悟りを開く道を選ぶべきだという事を示しているように思います。



仏教以外でも、聖書の中でも同様な類似は「荒野の誘惑」として、キリストが悟りを開く前に、
悪魔に誘惑されるエピソードがあります。


(ルカによる福音書 第4章)

さて、イエスは聖霊に満ちてヨルダン川から帰り、
荒野を四十日のあいだ御霊(みたま)にひきまわされて、悪魔の試みにあわれた。

そのあいだ何も食べず、その日数がつきると、空腹になられた。
そこで悪魔が言った、
「もしあなたが神の子であるなら、この石に、パンになれと命じてごらんなさい」。

イエスは答えて言われた、「『人はパンだけで生きるものではない』と書いてある」。


それから、悪魔はイエスを高い所へ連れて行き、
またたくまに世界のすべての国々を見せて言った、

「これらの国々の権威と栄華とをみんな、あなたにあげましょう。
それらはわたしに任せられていて、だれでも好きな人にあげてよいのですから。
それで、もしあなたがわたしの前にひざまずくなら、
これを全部あなたのものにしてあげましょう」。

イエスは答えて言われた、
「『主なるあなたの神を拝し、ただ神にのみ仕えよ』と書いてある」。

それから悪魔はイエスをエルサレムに連れて行き、宮の頂上に立たせて言った、
「もしあなたが神の子であるなら、ここから下へ飛びおりてごらんなさい。

『神はあなたのために、御使たちに命じてあなたを守らせるであろう』とあり、
また、『あなたの足が石に打ちつけられないように、
彼らはあなたを手でささえるであろう』とも書いてあります」。

イエスは答えて言われた、
「『主なるあなたの神を試みてはならない』と言われている」。

悪魔はあらゆる試みをしつくして、一時イエスを離れた。
それからイエスは御霊(みたま)の力に満ちあふれてガリラヤへ帰られると、
そのうわさがその地方全体にひろまった。


見方によっては、キリストを試した悪魔が、第六天魔王(他化自在天)にも見えます。

管理人は仏教も、元々、イスラエルの教えをベースにしていると思っていますので、
同じような教えがあるのは、当然かもしれません。


さて、第六天魔王について、ざっと説明し終えた所で、いよいよ本題に入りましょう。


聖徳太子の未来記の最後の文章は、何を表すのか?

聖徳太子の未来記における、最終章の最後の預言は、何を意味しているのか?
その意味を、じっくり考える事が必要です。


日本が末世の時、かの三悪魔が世の中に知れ渡る
その三悪魔の教えを、見ても聞いても決してしてはいけない。
もし、それが守れないならば、第六天魔王が日本に降り立ち、
異国の蒙古は大変喜ぶ。

牛馬は人のように言葉を話し、魚のなますが羽を生やして空を飛び、
岩石には、目と口が出現し、真夜中に太陽が現れ、月が北の方角から出るだろう


第六天魔王が日本に降り立ち、「異国の蒙古が喜ぶ」と書いてあるのは、
その時点で、日本が、まだ他国に侵略されて無い状態だからこそ、蒙古が喜ぶ訳です。

だからこそ、日本に限って言えば、戦争よりも先に地震が訪れます。
先日の記事で、"東洋は戦争の噂"と言った意味も、ココにあります。


それで、その次の文章が、大変問題なんです。


牛馬は人のように言葉を話し、魚のなますが羽を生やして空を飛び、
岩石には、目と口が出現し、真夜中に太陽が現れ、月が北の方角から出るだろう

得体のしれない文章ですが、この文章は、物凄く重大です。
なぜなら、「3人の預言者に見る終末の徴(しるし)」で述べた通り、
聖徳太子・ノストラダムス・エズラが、3人とも同じ預言をしているからです。


非常に意味が分かりづらい文章ですが、
飛鳥昭雄氏は、上記の聖徳太子の預言を、下記のように読み解いています。




「牛馬は人のように言葉を話し」
⇒「午(ウマ)」の方位の南を示す。陰陽五行の火。四天王の増長天。

「魚のなますが羽を生やして空を飛び」
⇒羽で空を飛ぶ鳥「酉(トリ)」の方位の西を示す。陰陽五行の金。四天王の広目天。

「岩石には、目と口が出現し」
⇒岩石で「中央」を示す。陰陽五行の土。中心に居るのは四天王に囲まれた人間。

「真夜中に太陽が現れ」
⇒真夜中(卯の刻)「卯(ウ)」で、太陽の出る東を示す。陰陽五行の木。四天王の持国天。

「月が北の方角から出るだろう」
⇒北と書いているので「子(ネ)」の方位の北を示す。陰陽五行の水。四天王の多聞天。



いかがでしょうか。
聖徳太子の預言の最終文章は、見事に、4つの方位を暗示しているとともに、
「言葉を話し」や「目と口が出現」など、中央に人間が居ることを匂わせています。


いわば、「人間が、4方を四天王に囲まれた状態」を示している訳です。


四天王に込められた意味

ところで、なぜ、「四天王」をこれほど強調するかと言えば、、、

先ほどの仏教の三界のうち、第六天魔王の統治する欲界において、
一番下層で、人間に近い位置に存在しているのが、四天王だからです。

人間に罰を下すなら、人間界に一番近い部分でその罰が下されます。


さらに、もう一つ重要な事を述べますと・・・
この聖徳太子の「未来記」の出どころが、大阪の「四天王寺の宝物庫」なんです。


文献のタイトルや預言書の置き場所に、重要な意味合いを込めるのは当然です。
だからこそ、仏教で言うところの、四天王が重要な鍵にもなっているんです。


▼四天王寺 金堂

▼四天王寺 鳥居

※四天王寺は、元々は聖徳太子が建立した"神社"であり、その証拠として鳥居が建ってます


ところで、四天王と言えば、仏教と考えがちなんですが・・・

聖徳太子には、厩戸皇子の名で示されるように、
原始キリスト教の預言者のモデルが仮託されています。

そういう意味で、"四人の裁き"を考慮すると、、、聖書では以下のように書いています。


<ヨハネの黙示録 第9章>

第六の御使(みつかい)が、ラッパを吹き鳴らした。
すると、一つの声が、神のみまえにある金の祭壇の四つの角から出て、
ラッパを持っている第六の御使にこう呼びかけるのを、わたしは聞いた。

「大ユウフラテ川のほとりにつながれている四人の御使を、解いてやれ」。

すると、その時、その日、その月、その年に備えておかれた四人の御使が、
人間の三分の一を殺すために、解き放たれた。


聖書でも未来記と同様に、4人の天使が、人々に神罰を下しています。
だからこそ、四天王が意味する所は、とても重大です。


日本を守護する四天王と四大陸

四天王・(四大王衆天)は、欲界の六欲天の中、初天に住む仏教における4人の守護神で、
これら四天王は、須弥山(しゆみせん)を取り巻く四洲を守護しています。


<須弥山を取り巻く四洲>

  • 東勝神洲(とうしょうしんしゅう)※勝身州とも
  • 西牛貨洲(さいごけしゅう)
  • 南瞻部洲(なんせんぶしゅう)※閻浮提(えんぶだい)とも
  • 北倶廬洲(ほっくるしゅう)

参考「ファンタジーな地名辞典


四洲とは、須弥山を取り巻く九山八海(くせんはつかい)の最も外側にある四大陸で、
東勝身洲・西牛貨洲・南瞻部洲・北倶盧洲の四つの大陸です。

これらの、4大陸を四天王が守護しているのですが、、、ここに凄く大きな意味合いがあります。


ひるがえって、今度は、日本の大陸を見て下さい。


【画像は「天神様と東日本大震災」より】

はい。どう見ても、日本は、4つの大きな大陸で成り立っています。

  • 太平洋プレート=東勝神洲?
  • ユーラシアプレート=西牛貨洲?
  • フィリピン海プレート=南瞻部洲?
  • 北米プレート=北倶廬洲?

このように、まさに、四天王によって守護されている国が日本だと言えます。
そして、こう考えると・・・

聖徳太子の未来記の最終章における四天王の暗示は、
終末において、これら4つの大陸が動く事が示唆されているからだとは思いませんか。


管理人が、「日本は戦争で滅びるのではなく、地震で滅びる
・・・と述べたのは、このような理由からです。

なお、仏教の四大陸の名前を、よーく眺めていると、
何か別の事も見えてきそうなんですが、それについては、またおいおい・・・(謎)


↓この記事が「良かった!」と思った方はクリックお願いします♪


管理人の勝手なコラム



5年保存冬眠米・無洗米
平成26年産 三重産 減農薬こしひかり
【冬眠米・無洗米】輝(かがやき) 平成26年産・三重産減農薬こしひかり 無洗米5kg×6個【備蓄米・5年長期保存】

当サイトではこれまで「備蓄王 」を推薦していましたが、産地や値段を考慮し、三重産減農薬こしひかりをオススメします。 (放射能検査済み


5年保存が効く無洗米なのは、「備蓄王」と同じですが、
お値段が、備蓄王に比べて約44%も安いです。


国民1人・1年当たりの米の消費量は約60kgです。
1年分くらいは備蓄しておいてください。


【冬眠米・無洗米】輝(かがやき)平成26年産・三重産減農薬こしひかり 無洗米5kg×6個【備蓄米・5年長期保存】

KATADYN(カタダイン) 携帯浄水器
Pocket Micro Filter ポケットマイクロフィルター
KATADYN(カタダイン) 携帯浄水器 Pocket Micro Filter ポケットマイクロフィルター 海外正規品・並行輸入

主食のお米を確保した後は、水の確保が重要です。

カタダイン・ポケットフィルターはフィルター寿命50000リットルと、他の浄水器と比べ、段違いの性能を誇ります。


人が一日に必要な飲料水は、2.3リットルなので、大家族でも、 カタダインさえあれば、多くの水需要をカバーできます。


ちなみに、アメリカ合衆国連邦緊急事態管理庁が推奨する緊急時の水の備蓄量は3日分で、 基本的に1人につき1日1ガロン(約3.8リットル)と定められています。 つまり、3日分なので1人につき約12リットルです


移動時や携帯用には「Vestergaard(ベスターガード) 」もオススメ。また、水の携行ボトルなら、「Platypus(プラティパス) 」もおすすめ。


KATADYN(カタダイン) 携帯浄水器 Pocket Micro Filter ポケットマイクロフィルター 海外正規品・並行輸入

昔塩
1人10kg(700g×14袋)程度
昔塩 5号(せんごう塩+にがり添加) 700g×14袋 0316233

お米と水の次は、”塩”です。砂糖が無くても生きていけますが、塩は生命維持に関わります!


塩分が摂取できなくなると、人はめまいやふらつきを覚え、脱力感、筋肉異常、けいれん、精神障害など様々な朔影響を及ぼします。


日本の食用塩の需要は一人年間で約10kgです。
それくらいの備蓄は必須です。

なお、昔塩は、香川県坂出市で作られているこういう特殊形状の塩です。
昔ながらの平釜で煮詰めた手作りの塩で、管理人も神棚用に毎日使っています^^; 
長期保管しても固まりにくいのも特徴です。

昔塩 5号(せんごう塩+にがり添加) 700g×14袋

※結局は、日本人がいつも神棚に祀る「お米・水・塩」の3つを確保することが、人間が生きる上で重要な訳です^^




記事に関する免責事項

当サイトの記事は、管理人の研究・調査等に基づいて作成してはおりますが、管理人の推測・予測に基づいた内容や考察中の部分も多分に含んでおり、記事内容が間違っている場合も多々あります。従いまして、記事の正確性については一切保証致しません。

当サイトの内容をどう解釈されるかは、全て読者様自身にお任せ致しますが、記事内容を、過度に信頼しすぎないようにお願い致します。万が一読者様が不利益を被ったとしても、当方は一切責任を負う事はできませんので、ご容赦願います。

管理人について

管理人:えふ。
管理人は、不況時代突入を先読みし、一早く会社を退社し脱サラ。

その後、他に先駆けネットビジネスに参入。現在は、ネットのベンチャー会社を立ち上げ、日々ビジネスに邁進しております。

管理人への連絡はこちら

このカテゴリの記事一覧
絶対読むべき本
▼聖書は読むべきです▼


▼聖書教理を正しく知る本▼


あなたを小食に導く本
▼食生活を劇的に変えた本▼


▼長寿の幸せが感じられます▼


▼科学的に食を分析してます▼


▼砂糖を摂るのをやめよう▼


▼断食をやってみよう▼


▼驚きの咀嚼の効果を知ろう▼


三大欲を自制しよう
▼接して漏らさずで有名▼


▼自慰行為を聖書学的に知る


▼ホルモンの力をしろう▼


▼性欲を抑える第六の秘儀▼


▼睡眠時間を減らそう▼


預言関係の本
▼聖書預言の本▼


▼聖徳太子の未来記▼


▼月蔵経の預言▼


神仏儒の古典を読もう!
▼十七条憲法(大成経版)▼


▼日本の歴史『古事記』▼


▼日本の歴史『日本書紀』▼



▼仏教の基本『法華経』▼


▼初学入徳の門『大学・中庸』▼


▼孔子の教え『論語』▼


▼五経の筆頭『易経』▼


管理人のオススメ!
▼聖書は読むべきです▼


記事の著作権について

当サイトの記事の著作権は、全て当方にあります。記事の引用・転載は、当サイトの引用元が分かるようにリンクをして頂ければ、基本的に許可します。ただし、「NAVERまとめ」等のキュレーションサイトへの引用・転載は不可とします。(勝手に記事をパクられて困っています)

最後に、引用・転載するにあたっても、引用元へのリスペクトを欠いた行為が見受けられる場合は、引用・転載の許可を取り消す場合がありますので、宜しくお願いします。

姉妹サイト(放射能汚染から身を守る!食の安全データベース)でも活動中です^^

サイトマップ