聖マラキ預言に隠された終末の徴のタイミング(解答編):不況対策!個人でも有効な方法



>>当サイトの管理人は、こんなモノを買ってます(管理人のamazon購入履歴)


2012年9月18日


聖マラキ預言に隠された終末の徴のタイミング(解答編)

前回の続きです。
前回をご覧になって無い方は、下記をご覧ください。

聖マラキ預言に隠された終末の徴(しるし)のタイミング


さて、前回、聖マラキ預言に隠された、終末の徴のタイミングについて、、、
具体的な計算方法を解説していきたいと思います。

また、それと同時に、ノストラダムスの預言やマヤ暦との関連についても、
一緒に、迫って行きたいと思います^^


聖マラキ預言の"徴の中央の心棒"の具体的な計算方法

前回もご紹介した、シクストゥス5世、、、またの名を"徴の中央の心棒"、、、
この方が、週末の徴の鍵の一つを握っています。

"徴の中央の心棒"と言うように、この教皇が、【中央】な訳です。


(シクストゥス5世)

教皇就任 1585年4月24日  教皇離任 1590年8月27日
出生 1520年12月13日~1590年8月27日


それで、この方が、徴の【中央】だとするならば、、、
当然、【始点】【終点】もあるはずです。


【終点】は、最終的に計算で、はじき出す徴の年代になる訳ですが、
【始点】はどのように考えれば良いのでしょうか?


実は、聖マラキ預言の場合、その徴の【始点】は、
"マラキ預言の最初の教皇"である、ケレスティヌス2世を考慮します。


1.ティベリウス川の城より Ex castro Tyberis- ケレスティヌス2世(1143-1144)
第165代ローマ教皇(在位:1143年9月25日 - 1144年3月8日)

彼はテヴェレ川(ティベリウス川)沿いの
チッタ・ディ・カステッロ(Citta` di Castello, 城の都市の意)の出身だった。

彼は教皇に選出されてわずか5ヶ月と13日後の1144年3月8日に亡くなり、
ラテランの墓地に葬られた。


このケレスティヌス2世の就任が、1143年になります。
したがって、【始点】は1143年になる訳です。

以上の条件から、
この【始点】~【中央 (シクストゥス5世の"就任"年)】までの間隔を計算すると・・・

1585年-1143年=442年  となります。


次に、この442年を
今度は、【中央 (シクストゥス5世の"離任"年)】から足してあげます。

シクストゥス5世は在位5年なので、その終わりの1590年から足してやります。


すると・・・


徴の【終点】=1590年+442年=2032年

・・・と言う事で、終末の徴は、2032年前後の可能性が高いというのが、結論です。



※ただし、"教皇の死(シクストゥス5世の死)"をもって、中間点を考慮されている可能性もあります。

その場合、、、
徴の【終点】=1590年+(1590年-1143年)=2037年
・・・となります


ということで、、、
この世界の終末の徴が現れるのは、20年くらい先になるかもしれません^^;

あ、あれ?
・・・あまりに遠い将来過ぎて、拍子抜けしましたか?(苦笑

でも、後述しますが、、、この2012年も、大きな節目になる可能性もあるのです。


ノストラダムス+キリスト=マヤ暦+ヨハネの黙示録?

さて、前述の2032年説ですが、、、
少し、奇妙な一致を見れる所もあるので、それも補足説明しておきましょう。

この2032年前後は、単なる辻褄合わせの数字では無いんです。


まず、多くの方がご存知のように、ノストラダムスの有名な預言があります。


『諸世紀』第10巻72
1999年第7番目の月
天から地に落とされし驚愕の大王
アンゴルモアの大王を甦らさんと
その前後にマルスは平和を盾に支配に乗り出す

上記のノストラダムスの預言の本当の意味は、以前、下記の記事で説明しました。

ノストラダムスの預言の本当の意味(後編)

この記事で、管理人は下記のように述べました。

1999年7の月の前後に、全ての人類は、グランドクロスという
天の十字架に架けられ、この運命からは、のがれる事は出来ない・・・。

▼1999年7の月前後に現れた天の十字架(メルカバー)

そして、天の十字架に架けられるのは、全人類ですが、
元々の十字架に架けられた元のモデルは、イエスキリストです。

そして、彼は、33歳6ヶ月の年齢の時に、磔刑で亡くなっています。


と言う事で、ノストラダムスの1999年7月から、キリストの年齢を足してみましょう。
すると、どうでしょうか。

1999年7月+33年6ヶ月=2033年1月

ノストラダムスの預言は、あくまで、"1999年7~8月の前後"ですので、
今回の計算で算出された2032年と、ほぼ近似値になります。


さらに、もう一つ、面白い事に、もう一つの節目として、
今年マヤ暦の2012年12月21~23日が世間で注目されていますが、、、

このマヤ暦も、2032年とも関わってくる可能性があります。


と言うのも、ヨハネの黙示録には、こうも書いているからです。


(ヨハネの黙示録 第6章~8章)

小羊が第六の封印を解いた時、わたしが見ていると、
大地震が起って、太陽は毛織の荒布のように黒くなり、月は全面、血のようになり、
天の星は、いちじくのまだ青い実が大風に揺られて振り落されるように、地に落ちた。

天は巻物が巻かれるように消えていき、
すべての山と島とはその場所から移されてしまった。

(中略)

小羊が第七の封印を解いた時、半時間ばかり天に静けさがあった。

それからわたしは、神のみまえに立っている七人の御使を見た。
そして、七つのラッパが彼らに与えられた。


上記の赤傍線部分に、ちょっと注目して貰いたんですが、、、
黙示録には第6の封印の後、第7の封印も連続して起こるような記述が見られます。

ただ、このうち、第7の封印の時は、封印が解かれてから、
半時間ばかり、天に静けさがあった」・・・と書かれています。


この半時間、、、
もしかすると、人間にとっての半時間ではなく、"神の時間"である可能性があります。

神の時間とは、何でしょうか?
聖書にはこう書かれています。


(Ⅱペテロ3:8)
'愛する皆さん。このことを忘れないでほしい。
 主にとっては、一日は千年のようであり、千年は一日のようである'

上記の通り、神にとっての一日が1000年だとすると、、、

神にとっての1時間は、1000年/24時間=41.67年
神にとっての半時間は、41.67年/2=20.83年

・・・となります。


仮に、マヤ暦の2012年12月21~23日が、第六の封印の終わりだと計算して、
そこから、第七の封印が解かれてから、"神の半時間"を足して見て下さい。

すると、、、

2012年12月+20.83年=2033年10月

実は、こちらも、2032年~33年くらいの間に、その範囲が収まるのです。


第7の封印が、2032年だとするならば、
第6の封印が、2012年の前後に起こってもおかしくは無いわけです。

と言う事で、一応、2012年が第六の封印の節目で、
2032年が、第七の封印の後の、七つのラッパの時代になる可能性もあります。

あくまで、上記は可能性として、、、ですが、
念のため、留意しておいて欲しいと思います。


(※反証)

ですが、ここで敢えて、上記の反証をします。

聖書のヨハネの黙示録の一連の流れを見ると、第六の封印から、第七の封印までは、
人間時間的な"半時間"の可能性の方が強いです。

なぜなら、第六の封印の時に、"天の星が地に落ちた"と書かれており、
第七の封印の7つのラッパの災いは、この星の落下と無関係ではないと思われるからです。

なので、自分で言っておいて何ですが、
2012年-2032年の二つの節目説は、間違っている可能性も高いです


ちなみに、この2032年ですが、
ロシアの科学者いわく、「アポフィス彗星が衝突する」・・・という話もあります。

ロシア宇宙庁「2032年に小惑星が地球に衝突」

管理人は、衝突するなら別の星だと思いますが・・・
はてさて、どうなりますやら。。。


終末の日は、縮められる可能性もある?

以上、大まかな計算方法や、付属根拠などを説明した訳ですが・・・
実は、2032年よりも、もっと早く、終末の日が来る可能性もあります。

それは、何故かと言うと、聖書には、下記の記述があるからです。


(マタイの福音書24章)

そのときには、世界の初めから今までなく、
今後も決してないほどの大きな苦難が来るからである。

神がその期間を縮めてくださらなければ、だれ一人救われない。
しかし、神は選ばれた人たちのために、その期間を縮めてくださるであろう。


上記のように、"苦難の期間を縮める"という記述もありますので、
もしかすると、終末の苦難の日が縮められ、主の日が早く来る可能性もあります。

ですので、あくまで2032年というのは目安・・・程度に思っておいてください^^;


取りあえず、以上が、終末の日の大まかな計算方法でした。


余談(アンリ2世の手紙に見られる要注意時期)

ついでに言っときますと、、、終末の徴とは関係ないのかも知れませんが、、、
地球規模での大地震は、"10月"が最も、要注意の時期になります。


ノストラダムスのアンリ2世の手紙には、こう書かれています。


アンテクリストは、イエス・キリストの偉大なる代理者である王族、
およびその教会と王国に対して「一時の間、時の終わりに」戦います。

そして、その前に、天地創造からイエス・キリストの死と受難の時までに
起こった中で最も暗い日食が先行するでしょう。

(上記の日蝕は)その(イエスの受難の)時から今まででも(最も暗いもの)です。

そして10月に何らかの大きな移転が行われ、
その結果、人々はどっしりとした大地がその自然の動きを喪失し、
永遠の闇に沈んだと思う事でしょう。

春分の時期にはその前触れが起こり、
そして後には極度の変化、治世の交替などが続くでしょう。

それらは大地震によるもので、第一のホロコーストの嫌悪によって増大させられた
哀れな娘である新しいバビロンの急伸を伴います。


昨年の3.11に大きな地震があり、、、
今年の5.21には、日蝕がありました。

そして、今年2012年は、世界中で政権交代が行われているのはご存知の通りです。

なんか気になる符号が多いので・・・
念のため、今年10月、来年10月あたりは地震に警戒しておいて下さい。。。


まぁ、地震の備えなどの物的準備もさることながら、
今のうちに、↓精神的な準備もされておくと、良いかもしれません。

聖書を理解するうえでのお勧め副読本の一覧


↓この記事が「良かった!」と思った方はクリックお願いします♪


管理人の勝手なコラム



5年保存冬眠米・無洗米
平成26年産 三重産 減農薬こしひかり
【冬眠米・無洗米】輝(かがやき) 平成26年産・三重産減農薬こしひかり 無洗米5kg×6個【備蓄米・5年長期保存】

当サイトではこれまで「備蓄王 」を推薦していましたが、産地や値段を考慮し、三重産減農薬こしひかりをオススメします。 (放射能検査済み


5年保存が効く無洗米なのは、「備蓄王」と同じですが、
お値段が、備蓄王に比べて約44%も安いです。


国民1人・1年当たりの米の消費量は約60kgです。
1年分くらいは備蓄しておいてください。


【冬眠米・無洗米】輝(かがやき)平成26年産・三重産減農薬こしひかり 無洗米5kg×6個【備蓄米・5年長期保存】

KATADYN(カタダイン) 携帯浄水器
Pocket Micro Filter ポケットマイクロフィルター
KATADYN(カタダイン) 携帯浄水器 Pocket Micro Filter ポケットマイクロフィルター 海外正規品・並行輸入

主食のお米を確保した後は、水の確保が重要です。

カタダイン・ポケットフィルターはフィルター寿命50000リットルと、他の浄水器と比べ、段違いの性能を誇ります。


人が一日に必要な飲料水は、2.3リットルなので、大家族でも、 カタダインさえあれば、多くの水需要をカバーできます。


ちなみに、アメリカ合衆国連邦緊急事態管理庁が推奨する緊急時の水の備蓄量は3日分で、 基本的に1人につき1日1ガロン(約3.8リットル)と定められています。 つまり、3日分なので1人につき約12リットルです


移動時や携帯用には「Vestergaard(ベスターガード) 」もオススメ。また、水の携行ボトルなら、「Platypus(プラティパス) 」もおすすめ。


KATADYN(カタダイン) 携帯浄水器 Pocket Micro Filter ポケットマイクロフィルター 海外正規品・並行輸入

昔塩
1人10kg(700g×14袋)程度
昔塩 5号(せんごう塩+にがり添加) 700g×14袋 0316233

お米と水の次は、”塩”です。砂糖が無くても生きていけますが、塩は生命維持に関わります!


塩分が摂取できなくなると、人はめまいやふらつきを覚え、脱力感、筋肉異常、けいれん、精神障害など様々な朔影響を及ぼします。


日本の食用塩の需要は一人年間で約10kgです。
それくらいの備蓄は必須です。

なお、昔塩は、香川県坂出市で作られているこういう特殊形状の塩です。
昔ながらの平釜で煮詰めた手作りの塩で、管理人も神棚用に毎日使っています^^; 
長期保管しても固まりにくいのも特徴です。

昔塩 5号(せんごう塩+にがり添加) 700g×14袋

※結局は、日本人がいつも神棚に祀る「お米・水・塩」の3つを確保することが、人間が生きる上で重要な訳です^^




記事に関する免責事項

当サイトの記事は、管理人の研究・調査等に基づいて作成してはおりますが、管理人の推測・予測に基づいた内容や考察中の部分も多分に含んでおり、記事内容が間違っている場合も多々あります。従いまして、記事の正確性については一切保証致しません。

当サイトの内容をどう解釈されるかは、全て読者様自身にお任せ致しますが、記事内容を、過度に信頼しすぎないようにお願い致します。万が一読者様が不利益を被ったとしても、当方は一切責任を負う事はできませんので、ご容赦願います。

管理人について

管理人:えふ。
管理人は、不況時代突入を先読みし、一早く会社を退社し脱サラ。

その後、他に先駆けネットビジネスに参入。現在は、ネットのベンチャー会社を立ち上げ、日々ビジネスに邁進しております。

管理人への連絡はこちら

このカテゴリの記事一覧
絶対読むべき本
▼聖書は読むべきです▼


▼聖書教理を正しく知る本▼


あなたを小食に導く本
▼食生活を劇的に変えた本▼


▼長寿の幸せが感じられます▼


▼科学的に食を分析してます▼


▼砂糖を摂るのをやめよう▼


▼断食をやってみよう▼


▼驚きの咀嚼の効果を知ろう▼


三大欲を自制しよう
▼接して漏らさずで有名▼


▼自慰行為を聖書学的に知る


▼ホルモンの力をしろう▼


▼性欲を抑える第六の秘儀▼


▼睡眠時間を減らそう▼


預言関係の本
▼聖書預言の本▼


▼聖徳太子の未来記▼


▼月蔵経の預言▼


神仏儒の古典を読もう!
▼十七条憲法(大成経版)▼


▼日本の歴史『古事記』▼


▼日本の歴史『日本書紀』▼



▼仏教の基本『法華経』▼


▼初学入徳の門『大学・中庸』▼


▼孔子の教え『論語』▼


▼五経の筆頭『易経』▼


管理人のオススメ!
▼聖書は読むべきです▼


記事の著作権について

当サイトの記事の著作権は、全て当方にあります。記事の引用・転載は、当サイトの引用元が分かるようにリンクをして頂ければ、基本的に許可します。ただし、「NAVERまとめ」等のキュレーションサイトへの引用・転載は不可とします。(勝手に記事をパクられて困っています)

最後に、引用・転載するにあたっても、引用元へのリスペクトを欠いた行為が見受けられる場合は、引用・転載の許可を取り消す場合がありますので、宜しくお願いします。

姉妹サイト(放射能汚染から身を守る!食の安全データベース)でも活動中です^^

サイトマップ