ソルフェジオ周波数528Hzと水との関係:不況対策!個人でも有効な方法



>>当サイトの管理人は、こんなモノを買ってます(管理人のamazon購入履歴)


2012年3月31日


ソルフェジオ周波数528Hzと水との関係

当サイトでは、ソルフェジオ周波数について、色々述べておりますが、、、
ようやく、下記の本を、全て読破出来ました^^;


読んでみて、非常に難解な内容ではでありますが・・・
管理人は、このタイミングで、この本が出てきたことに、何か運命的なものを感じます。


例えば、アニメの「マクロス」では、ヒロインのリン・ミンメイが歌を歌う事で、
敵が戦意を喪失し、本来の愛に目覚める・・・という内容がありました。


20世紀少年」なんかもそうです。

20世紀少年では、西暦が終わり世界存亡の危機となった時、主人公のケンジの歌が、
絶望に打ち拉がれた多くの人々の心をとらえ、世界の危機を救っています。

ソルフェジオ周波数はまさにコレと同じです。音楽や言葉、、、
いわば「波動(周波数)」には、人々を目覚めさせる大きな力が宿っているのです。


聖書のヨハネの福音書にも、こう書いています。


1:1初めに言があった。言は神と共にあった。言は神であった。
1:2この言は初めに神と共にあった。
1:3すべてのものは、これによってできた。
できたもののうち、一つとしてこれによらないものはなかった。
1:4この言に命があった。そしてこの命は人の光であった。
1:5光はやみの中に輝いている。そして、やみはこれに勝たなかった。

何と書いていますでしょうか?
全てのものは、言葉から出来たと、しっかり書かれています。


ですが、最初管理人は、これの言葉の意味が良く分からなかったのです。

「なんで、言葉から物質が出来るんだ?」


まぁ、こう思うのは当然です^^;

でもね。。。
最新の科学を持ってすると、この言葉の意味が分かってくるのです。


周波数が物質の変化を司る?超ひも理論とは?

実は、言葉には、特定の"波動"があって、それが物質に変化を与える事が出来ます。


科学的な事を述べれば、、、この理論は、『超ひも理論』と言います。


【画像は究極の理論「超ひも理論」を完成させるより】

現在、多くの方は、物質の最小単位として「丸い球体(点)」をイメージする方が多いですが、
最新の科学では、物質の標準モデルは、「ひも」であるという説が有力なのです。


その「超ひも理論」によれば、、、
物質というのは、全てが一本の「ひも」で出来ています。

その「ひも」が振動(言葉)により、色々な動き方をします。
そして、それによって、物質の性質までもが色々と変わってくるのです。


例えば、クオークや電子なども、一本の「紐」で出来ており、
その紐が色々な振動をすることで、「クオーク」や、「電子」になったりもするのです。


言わば、「言葉(振動、周波数)」には、"物質変換機"のような作用がある訳です。

言葉が波動であり、それが物質の性質を変える・・・という訳です。


こうして、考えれば、先ほどの聖書の言葉、、、


「すべてのものは、これ(言葉)によってできた。」

こう書かれている意味が分かるのではないでしょうか?
(聖書に書かれている事は、全て真実であり、聖書は科学書でもあるのです)


そして、大事なことなんですが・・・

まさに、このソルフェジオ周波数528Hzは、まさにそうした働きの中心を為すのです。



まぁ、突然こう言っても、訳が分からないかもしれませんので、、、

まずは段階を追って、
言葉(振動・周波数)が物質に影響を与える・・・と言う所から知って頂きましょう^^


「水は答えを知っている」

上記は、江本勝氏の本のタイトルですが、少し前に、ベストセラーになりました。

なんでも、水の「結晶を作る際に、「ありがとう」や「平和」など「よい言葉」をかけると、
下記のような美しい雪花状の結晶ができて、、、、


「ばかやろう」や「戦争」など「悪い言葉」をかけると汚い結晶ができる」という内容です。


言葉には、「言霊」というパワーがあり、水はその「言霊」に反応して、
それぞれの言葉に見合った形を形成する。。。

・・・これが、江本氏の研究成果です。


こうして見れば、言葉(振動・周波数)が
物質に影響を与えると言うのが分かるのではないでしょうか?


一部の方は、この江本氏の研究をエセ科学だと揶揄する方も居ます。
しかしながら、お米を使った実験でも、多くの一般人の方がこの事を実証しています。

「ありがとう」と「バカヤロー」と「ご飯」の実験

江本氏だけでなく、多くの一般人までが、この方法で実験を成功させています。
それの実績をみれば、どちらが正しいかは、結果が出ていると思います。


なお、江本氏の実験でなくとも、下記のような実際の人体実験の結果もあります。

<wikipedia フリードリヒ2世 (神聖ローマ皇帝)より>

フリードリヒは人体実験を多く行っており、フリードリヒを敵視する
僧侶サリンベーネが著した年代記には、彼が行った実験が記録されている。

その一例として、教育を受けていない子供が最初に話す言語を知るため、
乳母と看護師に授乳している赤子に向かって何も話さないように命じた実験がある。


しかし、育ての親から愛情を与えられなかった赤子たちは
全て死に、フリードリヒの苦労は無駄になった。


この結果を見れば、言葉の力が重要なのは明白です。
キリストが「人はパンだけで生きるのではない」というのも、うなづける結果です。

しかし、「愚鈍な家畜には、永遠に無知でバカなままで居て貰いたい・・・」
そう思っている支配者層からすれば、こうした"神学"を大衆に知られると、色々とご都合が悪いのかもしれません。


このように、言葉(波動・周波数)にはパワーがあって、
言葉によって、水の結晶が形を変えたりすることも出来るのです。

そして、そこに関わって来ているのが、528Hzの周波数だったりもします^^;


人体を構成する「水」と「思考」との関係

それで、ここで視点を変えまして、、、
人の思考」と人体を構成する「」の関係を考えて見て下さい。

「水」は、万物を構成する上での、必須不可欠なものです。
人体の約70%は「水」で構成されてもいます。

(※さらに言うならば人のDNAもが「水」で満たされています)


したがって、人体を「水の塊」として捉えて見れば、、、

人体の水が、どのような波動(振動)を受けるかどうか?によって、
人の意識や思考や考え方でさえも、、、まるっきり変わってくるのです。

先ほどの実験で、汚い言葉を受けた水の結晶は、乱れた形をとりましたよね?


まさに、それが人体の中で起こっている事だとしたら・・・?
そして、その事が、人の思考にも影響を与えているとしたら・・・?


ですので、そう言う意味で、テレビ番組や一般の音楽などは、特に気をつけて下さい。


テレビ番組や一般の音楽は、知らず知らずのうちに、
その人の思考や考え方を、左右させてしまっているケースが往々にしてあります。

音楽を聴いて、必要以上に狂乱するような事があったりしますが、、、
まさに、それが人の思考に影響を与えているという事なんですよ。


管理人は、そういう事を、知ってか知らずか、
かれこれ1年半くらい、テレビ番組をまともに見たことがありません^^;
(スポーツ番組だけは別ですけどね)


危険な平均律440Hzの罠

ちなみに、、、TVや番組の音楽で、"440Hz"という平均律が使われています。

このテレビや一般音楽につかわれている、440Hzという音の平均律には、
人の精神を不安定にさせる作用があることが分かっています。


先ほど示した、下記の本には、そのタイトル通り、
ドイツのナチスで研究開発された440Hzが、世界を裏で操る連中によって、
世界の標準音律にされた経緯等も暴かれています。

ジョン・レノンを殺した凶気の調律A=440Hz 人間をコントロールする「国際標準音」に隠された謀略() (超知ライブラリー 73)


世界には、人々を愚鈍のままにしておいて、一般人を支配したい連中が確実に存在します。
しかし、残念なことに、世の中の人は、それに気付いていない方が多過ぎます。

そして、TV等は、そうした危険な周波数を使った番組プログラムが多く存在します。
だからTVは怖いのです。


なんか話がそれましたが、、、

現代社会においては、人体の「水」を通して、人の思考や考え方も、
大きく作用されていると言う事も覚えておいて下さい。


水に関係する"言霊"って知っていますか?

先ほど、「言霊」に関して少し触れましたが・・・
実は、「水」と言霊とは、切っても切れない関係にあります。


と言うのも、日本語は、まさしく言霊で出来ており、
日本語自体が、非常に霊的な考え方に沿って、作られているからです。

多分、多くの人は、その事に気付いていません。
(と言いつつ、管理人も、こう言う事を気付き始めたのは最近ですけどねw)


ここで、一つ、面白い日本語の話をしましょう。


  • 呑む
  • 飲む
  • 舐める
  • 漏れる
  • 煮る
  • 濡れる

・・・上記は、ほとんど全てが「水に関係する語句」です。

この日本語の中に、「言霊」的な特徴を見出すことはできませんか?
(この時点で気付いた方は、かなりセンスいいです)


・・・・


・・・・


答えは、、、
水に関係する語句のほとんどに、「M音」か「N音」が使われているのです。

  • 濡れる(NUれる)
  • 漏らす(MOらす)
  • 飲む(NOむ)
  • 海(UMI)
  • 水(MIZU)
  • 波(NAMI)

などなど。。。


日本語と言うのは、実は発音の時点で、
既に、その物質の特徴を言い表していると言ってもイイのです。


M音、N音が使われていたら、水に関係する語句である!

日本語にはそういう特徴があるのです。


他には、S音については、「鋭いもの」「とがったもの」と関係する語句が多いです。
(刺す、ささる、裂く・・・など)

こんな感じで、日本語って言うのは、非常に高度な"言霊"が駆使されているのです。

そして、N音やM音が「水」を現していると言う事は、
それだけ水が重要だってことです。


なお、ソルフェジオ周波数の528Hzは、MI(ミ)の音です。


MI(ミ)の528Hzと「水を現すM音」は、実に密接な関わりがある訳です。

MI(ミ)の528Hzの周波数が、癒しの周波数と言われているように、水も"癒し"です。
キリスト教では水を用いて洗礼が行われることなども、これと無関係ではありません。


水は隠れた六芒星って知ってますか?

冒頭で述べた通り、水の結晶は、綺麗な言葉を投げかけると、
下記のような、「六角形」の形を取ります。

でもね。。。
日本語の「水という漢字」にも、これが、言い現れているんです。


ほら、、、六角形になっているじゃないですか!

古代の漢字が作られたのは、紀元前2世紀の中国は「秦」の時代です。
古代において、彼らは、水の結晶が六角形であることを知っていた訳です。


なぜ、そう言う事が言えるかと言うと、、、
他にも、「神」を示す「ネ」の漢字にも同じ事が言えるからです。

ちなみに「神」と「水」とは切っても切り離せない関係です。
創世記の二文目から既に、神と水の関係が示唆されています。


<旧約聖書 創世記1章より>

1初めに、神が天と地を創造した。
2地は形がなく、何もなかった。
やみが大いなる水の上にあり、神の霊は水の上を動いていた。

「水」=「ネ」=六芒星(六角形)

こう考えて見れば、日本語の特殊性というのが分かりませんか?

日本語は、「音(波動)」、「漢字」自体も、
それぞれが、非常に"言霊"を意識して作られているんです。


「水」と言う漢字は、「神」を示す「ネ」と同じです。
これで、「水」が如何に重要か分かって頂けたでしょうか?

※「水」や「ネ」のように「隠された文字」が他にも存在します。探してみて下さい。
<重要な余談>

日本語には、こういうパワーがあるにも関わらず、日本語を満足に知らない状態から、
幼い時代から、英語教育を施され始めようとしています。

2011年度から、小学校での外国語(英語)活動が必修に

敢えて苦言を呈しますが、これは非常に良くないです。英語文化の侵略です。

詳しくは言いませんけど、英語は、言霊的には、日本語とまるきり逆に出来ています。
(これについての詳細は、先ほどの「凶気の調律A=440Hzの本」を見れば分かります)


水は、正四面体・・・そして、19.5度


ここはちょっと余談になってしまうのですが、、、
ついでなんで、「水」に関しての、構造についても触れておきましょう。
(これも、先ほどの本の中で示されています)


水分子はH2Oで出来ています。
水素が2個と酸素が1個です。

そして、その水分子は、下記のように、分子構造的に、正四面体で結合しています。


(正四面体は、下記のように立方体の頂点を4点で結んだ三角錐です)


そして、「水」の分子構造である、正四面体を詳しく見ていきますと、、、
それを詳しく見て見ると、正四面体の中には、「中心角」と「二面角」というのがありまして、


【画像はZONEより】


それぞれが、、、

  • 中心角=109.5度
  • 二面角=70.5度

という形状をとっています。

要するに、90度の直角から±19.5度ずつを配した形が、水の構造である訳です。


では、この事を念頭に置きまして、、、
先ほど、人体を「水」に捉えましたが、今度は、「地球」=「水」で捉えて見て下さい。


地球には、海流がありますし、表面に血液循環のように水が流れています。

さらに、地球の外核の部分は超圧熱水で満たされていると考えられており、
水がトロイダル方向と、ポロイダル方向に、それぞれ流れています。


・・・すなわち、「地球=水の惑星」と言える訳です。


そこで、先ほど、「地球=水」と捉えたように、
地球=水の正四面体」と捉えて見て下さい。

すると、面白い関係が浮かび上がるのです。


地球の緯度の19.5度には、何があるかと言うと、、、
なんと、太平洋のど真ん中に、地球最大の火山「ハワイ島のマウナ・ロア」があるんです!

ほとんど、19.5度ぴったりです。


偶然だと思いますか?いいえ、、、偶然じゃあ、ないんですよ。

実は、地球以外の惑星でも、緯度19.5度付近には、
その惑星の最大火山が位置しているのです。


火星=オリンポス山

木星=大赤班

海王星=大暗班

それぞれが、見事に、惑星の19.5度付近に、最大の火山を抱えているんです。

これが、水の仕業でなくて何と言うのでしょうか?


水の19.5度は、人の生活も左右する!

ちなみに、水の19.5度という数字は、人の生活も左右します。

よく日経平均株には、19.5週サイクルと言うのがあると言われています。
これも、水の19.5度から来ています。

ちなみに、マヤ暦も、この水の19.5度と関係があります。

19.5週×7日=136.5日
136.5日×6倍=819日暦 になります。


日本の周期として、136.5年周期がある事は、以前にも言いました。


参考:マヤ暦の819年周期と日本の136.5年周期

実は、この136.5年周期というのも、「水」の周期だと言っても、過言ではないのです。
また、この周期にも、実は、ソルフェジオ周波数が関係しているのです。


・・・


・・・


とまぁ、今まで当サイトで述べている事などは、実は、こうした神の摂理に基づく内容です。

ソルフェジオ周波数も6音、水も六角形、そして19.5度・・・今回は、色々言いましたが、
神の摂理(神学)を理解するためには、管理人も、まだまだ知識不足で勉強が必要です^^;


下記の本は、そういう「神の摂理(神学)を学ぶ」という面で一助となる本です。
この終末において、人々の感性を目覚めさせる意味でも、お勧めします^^

水に隠された色々な秘密を解くことで、"人々の覚醒"に繋がると管理人は信じています。
是非、一度ご覧になってみて下さい。



↓この記事が「良かった!」と思った方はクリックお願いします♪


管理人の勝手なコラム



5年保存冬眠米・無洗米
平成26年産 三重産 減農薬こしひかり
【冬眠米・無洗米】輝(かがやき) 平成26年産・三重産減農薬こしひかり 無洗米5kg×6個【備蓄米・5年長期保存】

当サイトではこれまで「備蓄王 」を推薦していましたが、産地や値段を考慮し、三重産減農薬こしひかりをオススメします。 (放射能検査済み


5年保存が効く無洗米なのは、「備蓄王」と同じですが、
お値段が、備蓄王に比べて約44%も安いです。


国民1人・1年当たりの米の消費量は約60kgです。
1年分くらいは備蓄しておいてください。


【冬眠米・無洗米】輝(かがやき)平成26年産・三重産減農薬こしひかり 無洗米5kg×6個【備蓄米・5年長期保存】

KATADYN(カタダイン) 携帯浄水器
Pocket Micro Filter ポケットマイクロフィルター
KATADYN(カタダイン) 携帯浄水器 Pocket Micro Filter ポケットマイクロフィルター 海外正規品・並行輸入

主食のお米を確保した後は、水の確保が重要です。

カタダイン・ポケットフィルターはフィルター寿命50000リットルと、他の浄水器と比べ、段違いの性能を誇ります。


人が一日に必要な飲料水は、2.3リットルなので、大家族でも、 カタダインさえあれば、多くの水需要をカバーできます。


ちなみに、アメリカ合衆国連邦緊急事態管理庁が推奨する緊急時の水の備蓄量は3日分で、 基本的に1人につき1日1ガロン(約3.8リットル)と定められています。 つまり、3日分なので1人につき約12リットルです


移動時や携帯用には「Vestergaard(ベスターガード) 」もオススメ。また、水の携行ボトルなら、「Platypus(プラティパス) 」もおすすめ。


KATADYN(カタダイン) 携帯浄水器 Pocket Micro Filter ポケットマイクロフィルター 海外正規品・並行輸入

昔塩
1人10kg(700g×14袋)程度
昔塩 5号(せんごう塩+にがり添加) 700g×14袋 0316233

お米と水の次は、”塩”です。砂糖が無くても生きていけますが、塩は生命維持に関わります!


塩分が摂取できなくなると、人はめまいやふらつきを覚え、脱力感、筋肉異常、けいれん、精神障害など様々な朔影響を及ぼします。


日本の食用塩の需要は一人年間で約10kgです。
それくらいの備蓄は必須です。

なお、昔塩は、香川県坂出市で作られているこういう特殊形状の塩です。
昔ながらの平釜で煮詰めた手作りの塩で、管理人も神棚用に毎日使っています^^; 
長期保管しても固まりにくいのも特徴です。

昔塩 5号(せんごう塩+にがり添加) 700g×14袋

※結局は、日本人がいつも神棚に祀る「お米・水・塩」の3つを確保することが、人間が生きる上で重要な訳です^^




記事に関する免責事項

当サイトの記事は、管理人の研究・調査等に基づいて作成してはおりますが、管理人の推測・予測に基づいた内容や考察中の部分も多分に含んでおり、記事内容が間違っている場合も多々あります。従いまして、記事の正確性については一切保証致しません。

当サイトの内容をどう解釈されるかは、全て読者様自身にお任せ致しますが、記事内容を、過度に信頼しすぎないようにお願い致します。万が一読者様が不利益を被ったとしても、当方は一切責任を負う事はできませんので、ご容赦願います。

管理人について

管理人:えふ。
管理人は、不況時代突入を先読みし、一早く会社を退社し脱サラ。

その後、他に先駆けネットビジネスに参入。現在は、ネットのベンチャー会社を立ち上げ、日々ビジネスに邁進しております。

管理人への連絡はこちら

このカテゴリの記事一覧
絶対読むべき本
▼聖書は読むべきです▼


▼聖書教理を正しく知る本▼


あなたを小食に導く本
▼食生活を劇的に変えた本▼


▼長寿の幸せが感じられます▼


▼科学的に食を分析してます▼


▼砂糖を摂るのをやめよう▼


▼断食をやってみよう▼


▼驚きの咀嚼の効果を知ろう▼


三大欲を自制しよう
▼接して漏らさずで有名▼


▼自慰行為を聖書学的に知る


▼ホルモンの力をしろう▼


▼性欲を抑える第六の秘儀▼


▼睡眠時間を減らそう▼


預言関係の本
▼聖書預言の本▼


▼聖徳太子の未来記▼


▼月蔵経の預言▼


神仏儒の古典を読もう!
▼十七条憲法(大成経版)▼


▼日本の歴史『古事記』▼


▼日本の歴史『日本書紀』▼



▼仏教の基本『法華経』▼


▼初学入徳の門『大学・中庸』▼


▼孔子の教え『論語』▼


▼五経の筆頭『易経』▼


管理人のオススメ!
▼聖書は読むべきです▼


記事の著作権について

当サイトの記事の著作権は、全て当方にあります。記事の引用・転載は、当サイトの引用元が分かるようにリンクをして頂ければ、基本的に許可します。ただし、「NAVERまとめ」等のキュレーションサイトへの引用・転載は不可とします。(勝手に記事をパクられて困っています)

最後に、引用・転載するにあたっても、引用元へのリスペクトを欠いた行為が見受けられる場合は、引用・転載の許可を取り消す場合がありますので、宜しくお願いします。

姉妹サイト(放射能汚染から身を守る!食の安全データベース)でも活動中です^^

サイトマップ