世界の終末のビジョンと大地震との関係:不況対策!個人でも有効な方法



>>当サイトの管理人は、こんなモノを買ってます(管理人のamazon購入履歴)


2011年11月18日


世界の終末のビジョンと大地震との関係

今回の記事は、ちょっと書くかどうか迷ったんですが・・・
まぁ、今後の参考程度に、頭の片隅に留める程度に聞いて下さい。


石・・・太古の時代において、記録を残す手段は石に書き残すことでした。
そして、そのような石は、現代の私たちに色々な示唆を、与えてくれます。

下記は、マヤ文明の後を引き継いだと言われている、 アステカ文明の「太陽の石」です。
この太陽の石も、多くの事を我々に伝えてくれています。



本文を読む前に、できれば応援クリックにご協力下さいm(__)m ⇒ 人気ブログランキング



実は、太陽の石の中央の○を囲むように配置された四角形の図形・・・
これは、過去の4つの世界の事を伝えていると言われています。

そして、アステカの伝説によると、現代は、その4つの世界を経た後の、
5つ目の太陽の時代」に当たるのだそうです。


アステカの伝説によると、過去の4つの世界は、下記のように滅んだと言われています。


  • 一つ目の太陽の時代は、ジャガー(闇の神テスカトリポカの化身)によって滅び・・・
  • 二つ目の太陽の時代は、大嵐によって滅んだ。。。
  • 三つ目の太陽の時代は、火によって滅び・・・
  • 四つ目の太陽の時代は、大洪水によって滅んだ。

このように、過去の4つの時代は、それぞれ異なった要因で滅んでいます。


ここで、管理人が気になったのは、人類が過去に経験した未曾有の大災害と言えば、
一番にノアの大洪水を思い出す訳です。

ノアの大洪水は、多くの方が伝説だと思っているかもしれませんが、
これは紀元前2344年に、実際に起った史実です。

(※その証拠に、下記のように、アララト山から実際にノアの箱舟も見つかっています)

ノアの大洪水で、人類はノアの家族のみ、わずか8名にまで減らされますが、
そこから、地に多くの人が増え、現在の新しい世界が構築されています。


それで、アステカの太陽の石を見ますと、大洪水の時代は何処か?と言えば・・・
ずばり四つ目の太陽の時代に、大洪水という記述がある訳です。

ちなみに、一つ目の太陽の時代で、闇の神によって滅びる部分は、
聖書で言えば、人類が生まれる前、神に対抗した悪魔(ルシフェル)との戦いに対応します。

それ以外の二つ目と三つ目に関しては、アダムの生まれる前かもしれませんし、
アダムが生まれた後~ノアの箱舟の間に起きたことなのかもしれません。
(これについては、はっきり分からない部分があります)


まぁ、大まかに見ていくと、聖書の記載の史実と似ているような気もしますが、
これは偶然なのでしょうか?

管理人は、、、どうも偶然ではなく、必然のような気がするのです。


そして、大事なことですが、アステカの太陽の石には・・・

現在の五つ目の太陽の時代は、『大地震』によって滅びる・・・

とも言われているのです。。。


陰陽五行説と5つの世界との関係

「地震で滅びる」と言っても、単にこう言うだけでは、妄想と代わりありませんね^^;


なので、ちょっと寄り道させて貰いますが、この記事を描いている途中に、
管理人は、ふとアステカ文明の「太陽の石」の法則性に気がつきました。

この法則性を見ると、どうも次の災害は地震がキーワードではないかと思えてくるのです。


法則性、、、それは、陰陽道の陰陽五行説です。


ご存知のように、陰陽五行説とは「木火土金水(もっかどごんずい)」で示され、
隣り合うエレメントは相生を示し、一個置きに星型のように辿れば相克を示します。


ここで、五行の生成とその順序は、下記の通りであると言われています。

  • 太極が陰陽に分離し、陰の中で特に冷たい部分が北に移動して水行を生じ、
  • 次いで陽の中で特に熱い部分が南へ移動して火行を生じた。
  • さらに残った陽気は東に移動しとなって散って木行を生じ、
  • 残った陰気が西に移動して金行を生じた。
  • そして四方の各行から余った気が中央に集まって土行が生じた。

陰陽五行説は、このように生成されると考えられているのですが、
これと先ほどの、アステカの伝承とを比べて見るとどうでしょうか?


  • 一つ目の太陽の時代は、闇の神テスカトリポカの化身(金行)によって滅んだ。
  • 二つ目の太陽の時代は、大嵐(木行)によって滅んだ。
  • 三つ目の太陽の時代は、火(火行)によって滅んだ。
  • 四つ目の太陽の時代は、大洪水(水行)によって滅んだ。
  • 五つ目の太陽の時代は、大地震(土行)によって滅ぶ・・・予定。

いかがでしょうか?
実は、非常に、似通った関係になっているのが分かります。


どうやら、アステカの伝承も陰陽五行説も、
双方ともに、この世の成り立ちに密接に関係がありそうです。

そして、やはり、『地震(土行)』という部分が、
現代の5つ目の時代の鍵を握る、重要なキーワードになってきているように思えます。


ちなみに、下記は陰陽五行説に基づいた四神配置図です。
四方に玄武・青龍・朱雀・白虎が居て、中央には黄龍(麒麟)が配置されます。


こうして見ると、順番的にも、最後が中央の⑤土行になっているのも、
何か、因縁めいたものがあるとは思えませんか?


下記は、管理人の単なる思い過ごしであれば、良いのですが。
  • 北の水行・・・大震災による津波被害、新潟の水害
  • 南の火行・・・九州(桜島など)の火山噴火
  • 東の木行・・・東から来る台風
  • 西の金行・・・韓国の経済混乱から来る動乱の闇
  • 中央の土行・・・何処かで起こる地震???
まぁ、なまじっか、日本列島は世界の縮図とも言われていますので、災害の起きた方位にも気をつけて見ると、何か法則が見えるかもしれません。

聖書の黙示録における地震

では、今度は、聖書的な観点から、地震と世界の終末に何か関係があるか?
これを、探っていきたいと思います。


聖書というのは、ただの宗教書ではなく、歴史書でもあり、
そして、未来を見通すための預言書でもあります。

そして、その預言書として、異彩を放っているのが、ヨハネの黙示録です。


ヨハネの黙示録において、「大地震」と思われる箇所の記述は次の通り。


<ヨハネの黙示録第6章>

小羊が第六の封印を解いた時、わたしが見ていると、大地震が起って、
太陽は毛織の荒布のように黒くなり、月は全面、血のようになり、
天の星は、いちじくのまだ青い実が大風に揺られて振り落されるように、地に落ちた。

天は巻物が巻かれるように消えていき、すべての山と島とはその場所から移されてしまった。

地の王たち、高官、千卒長、富める者、勇者、奴隷、自由人らは
みな、ほら穴や山の岩かげに、身をかくした。

そして、山と岩とにむかって言った、

「さあ、われわれをおおって、御座にいますかたの
御顔と小羊の怒りとから、かくまってくれ。
御怒りの大いなる日が、すでにきたのだ。
だれが、その前に立つことができようか」。


どうも、大地震が起こる時には、太陽が黒くなり、月は真っ赤にそまり、
天の星も、流れるように動くことが、この記述から分かります。

そして、最後には、すべての山と島とはその場所から移されてしまう訳です。

この記述を見れば、ただの大陸移動ではなく、
大陸の高速移動とも呼べるくらい、早く動くさまを指しているのだと推測できます。


まぁ、未だかつて人類が経験したことのない地震なのかもしれませんが、
もし、こうした地震が起きれば、日本も、只事では済まないだろうと思います。


そう言えば、以前、奈良の亀石の伝説を紹介しましたが・・・



その亀石には、少々気になる伝説が残っています。


亀石は、以前は北を向き、次に東を向いたと言う。

そして、今は南西を向いているが、西に向き、当麻のほうを睨みつけると、
奈良盆地は一円泥の海と化す、と伝えられている。

アステカの太陽の石のように、この亀石も来るべき大地震の暗示を示している・・・
何かそんな気がしてならないのは、管理人だけでしょうか?


PS.

まぁ、大地震という危機を煽るだけの記事としてあんまりなので、一言だけ言うと、

人として正しい行いをしている人には、
聖書にも、救われるという記述が書かれてあります。

なので、そういった日がいつ来ても良いように、
品行方正、不正な事はしないなど、身を綺麗にしておくことをオススメします。


(マタイによる福音書 第24章)

このことをわきまえていなさい。

家の主人は、泥棒が夜のいつごろやって来るかを知っていたら、
目を覚ましていて、みすみす自分の家に押し入らせはしないだろう。

だから、あなたがたも用意していなさい。
人の子は思いがけない時に来るからである。

※人の子=御子であるイエス・キリストです


↓この記事が「良かった!」と思った方はクリックお願いします♪


管理人の勝手なコラム



5年保存冬眠米・無洗米
平成26年産 三重産 減農薬こしひかり
【冬眠米・無洗米】輝(かがやき) 平成26年産・三重産減農薬こしひかり 無洗米5kg×6個【備蓄米・5年長期保存】

当サイトではこれまで「備蓄王 」を推薦していましたが、産地や値段を考慮し、三重産減農薬こしひかりをオススメします。 (放射能検査済み


5年保存が効く無洗米なのは、「備蓄王」と同じですが、
お値段が、備蓄王に比べて約44%も安いです。


国民1人・1年当たりの米の消費量は約60kgです。
1年分くらいは備蓄しておいてください。


【冬眠米・無洗米】輝(かがやき)平成26年産・三重産減農薬こしひかり 無洗米5kg×6個【備蓄米・5年長期保存】

KATADYN(カタダイン) 携帯浄水器
Pocket Micro Filter ポケットマイクロフィルター
KATADYN(カタダイン) 携帯浄水器 Pocket Micro Filter ポケットマイクロフィルター 海外正規品・並行輸入

主食のお米を確保した後は、水の確保が重要です。

カタダイン・ポケットフィルターはフィルター寿命50000リットルと、他の浄水器と比べ、段違いの性能を誇ります。


人が一日に必要な飲料水は、2.3リットルなので、大家族でも、 カタダインさえあれば、多くの水需要をカバーできます。


ちなみに、アメリカ合衆国連邦緊急事態管理庁が推奨する緊急時の水の備蓄量は3日分で、 基本的に1人につき1日1ガロン(約3.8リットル)と定められています。 つまり、3日分なので1人につき約12リットルです


移動時や携帯用には「Vestergaard(ベスターガード) 」もオススメ。また、水の携行ボトルなら、「Platypus(プラティパス) 」もおすすめ。


KATADYN(カタダイン) 携帯浄水器 Pocket Micro Filter ポケットマイクロフィルター 海外正規品・並行輸入

昔塩
1人10kg(700g×14袋)程度
昔塩 5号(せんごう塩+にがり添加) 700g×14袋 0316233

お米と水の次は、”塩”です。砂糖が無くても生きていけますが、塩は生命維持に関わります!


塩分が摂取できなくなると、人はめまいやふらつきを覚え、脱力感、筋肉異常、けいれん、精神障害など様々な朔影響を及ぼします。


日本の食用塩の需要は一人年間で約10kgです。
それくらいの備蓄は必須です。

なお、昔塩は、香川県坂出市で作られているこういう特殊形状の塩です。
昔ながらの平釜で煮詰めた手作りの塩で、管理人も神棚用に毎日使っています^^; 
長期保管しても固まりにくいのも特徴です。

昔塩 5号(せんごう塩+にがり添加) 700g×14袋

※結局は、日本人がいつも神棚に祀る「お米・水・塩」の3つを確保することが、人間が生きる上で重要な訳です^^




記事に関する免責事項

当サイトの記事は、管理人の研究・調査等に基づいて作成してはおりますが、管理人の推測・予測に基づいた内容や考察中の部分も多分に含んでおり、記事内容が間違っている場合も多々あります。従いまして、記事の正確性については一切保証致しません。

当サイトの内容をどう解釈されるかは、全て読者様自身にお任せ致しますが、記事内容を、過度に信頼しすぎないようにお願い致します。万が一読者様が不利益を被ったとしても、当方は一切責任を負う事はできませんので、ご容赦願います。

管理人について

管理人:えふ。
管理人は、不況時代突入を先読みし、一早く会社を退社し脱サラ。

その後、他に先駆けネットビジネスに参入。現在は、ネットのベンチャー会社を立ち上げ、日々ビジネスに邁進しております。

管理人への連絡はこちら

このカテゴリの記事一覧
絶対読むべき本
▼聖書は読むべきです▼


▼聖書教理を正しく知る本▼


あなたを小食に導く本
▼食生活を劇的に変えた本▼


▼長寿の幸せが感じられます▼


▼科学的に食を分析してます▼


▼砂糖を摂るのをやめよう▼


▼断食をやってみよう▼


▼驚きの咀嚼の効果を知ろう▼


三大欲を自制しよう
▼接して漏らさずで有名▼


▼自慰行為を聖書学的に知る


▼ホルモンの力をしろう▼


▼性欲を抑える第六の秘儀▼


▼睡眠時間を減らそう▼


預言関係の本
▼聖書預言の本▼


▼聖徳太子の未来記▼


▼月蔵経の預言▼


神仏儒の古典を読もう!
▼十七条憲法(大成経版)▼


▼日本の歴史『古事記』▼


▼日本の歴史『日本書紀』▼



▼仏教の基本『法華経』▼


▼初学入徳の門『大学・中庸』▼


▼孔子の教え『論語』▼


▼五経の筆頭『易経』▼


管理人のオススメ!
▼聖書は読むべきです▼


記事の著作権について

当サイトの記事の著作権は、全て当方にあります。記事の引用・転載は、当サイトの引用元が分かるようにリンクをして頂ければ、基本的に許可します。ただし、「NAVERまとめ」等のキュレーションサイトへの引用・転載は不可とします。(勝手に記事をパクられて困っています)

最後に、引用・転載するにあたっても、引用元へのリスペクトを欠いた行為が見受けられる場合は、引用・転載の許可を取り消す場合がありますので、宜しくお願いします。

姉妹サイト(放射能汚染から身を守る!食の安全データベース)でも活動中です^^

サイトマップ