古今伝授の奥義書を読み解く①~悟りの意味と「心の絵」~:不況対策!個人でも有効な方法



>>当サイトの管理人は、こんなモノを買ってます(管理人のamazon購入履歴)


2014年3月18日


古今伝授の奥義書を読み解く①~悟りの意味と「心の絵」~

本文を読む前に、できれば応援クリックにご協力下さいm(__)m ⇒ 人気ブログランキング


管理人は、以前に下記の記事を書きました。



▼666の謎が隠されている沖縄の守礼門


もしかしたら、上記の記事の続きを、期待されている方が居るかもしれませんが・・・
記事が中途半端になってしまっていて、すいませんm()m


実は、管理人自身、有る程度は謎は解けているのではありますが・・・

残念ですが、管理人には、謎は解けても、
その全貌を、皆さんに明らかにする事は出来ないのかもしれません。。。


それは、マタイの福音書などに、下記のように書いているからです。
(少し長い引用ですが、これにはちゃんと意味がありますので読んで下さい)


マタイによる福音書13章

イエスは譬(たとえ)で多くの事を語り、こう言われた、

「見よ、種まきが種をまきに出て行った。
まいているうちに、道ばたに落ちた種があった。
すると、鳥がきて食べてしまった。

ほかの種は土の薄い石地に落ちた。
そこは土が深くないので、すぐ芽を出したが、
日が上ると焼けて、根がないために枯れてしまった。

ほかの種はいばらの地に落ちた。すると、いばらが伸びて、ふさいでしまった。

ほかの種は良い地に落ちて実を結び、
あるものは百倍、あるものは六十倍、あるものは三十倍にもなった。
耳のある者は聞くがよい」。

それから、弟子たちがイエスに近寄ってきて言った、
「なぜ、彼らに譬(たとえ)でお話しになるのですか」。

そこでイエスは答えて言われた、
「あなたがたには、天国の奥義を知ることが許されているが、彼らには許されていない。

おおよそ、持っている人は与えられて、いよいよ豊かになるが、
持っていない人は、持っているものまでも取り上げられるであろう。

だから、彼らには譬(たとえ)で語るのである。
それは彼らが、見ても見ず、聞いても聞かず、また悟らないからである。


こうしてイザヤの言った預言が、彼らの上に成就したのである。

『あなたがたは聞くには聞くが、決して悟らない。
見るには見るが、決して認めない。

この民の心は鈍くなり、その耳は聞えにくく、その目は閉じている。
それは、彼らが目で見ず、耳で聞かず、心で悟らず、
悔い改めていやされることがないためである』。


しかし、あなたがたの目は見ており、耳は聞いているから、さいわいである。

あなたがたによく言っておく。
多くの預言者や義人は、あなたがたの見ていることを見ようと熱心に願ったが、
見ることができず、またあなたがたの聞いていることを聞こうとしたが、聞けなかったのである。

そこで、種まきの譬を聞きなさい。

だれでも御国の言を聞いて悟らないならば、
悪い者がきて、その人の心にまかれたものを奪いとって行く。
道ばたにまかれたものというのは、そういう人のことである。

石地にまかれたものというのは、御言を聞くと、すぐに喜んで受ける人のことである。

その中に根がないので、しばらく続くだけであって、
御言のために困難や迫害が起ってくると、すぐつまずいてしまう。

また、いばらの中にまかれたものとは、御言を聞くが、
世の心づかいと富の惑わしとが御言をふさぐので、実を結ばなくなる人のことである。

また、良い地にまかれたものとは、御言を聞いて悟る人のことであって、
そういう人が実を結び、百倍、あるいは六十倍、あるいは三十倍にもなるのである」。


また、ほかの譬を彼らに示して言われた、
「天国は、良い種を自分の畑にまいておいた人のようなものである。

人々が眠っている間に敵がきて、麦の中に毒麦をまいて立ち去った。
芽がはえ出て実を結ぶと、同時に毒麦もあらわれてきた。

僕たちがきて、家の主人に言った、
『ご主人様、畑におまきになったのは、良い種ではありませんでしたか。
どうして毒麦がはえてきたのですか』。

主人は言った、『それは敵のしわざだ』。
すると僕たちが言った『では行って、それを抜き集めましょうか』。

彼は言った、『いや、毒麦を集めようとして、麦も一緒に抜くかも知れない。
収穫まで、両方とも育つままにしておけ。
収穫の時になったら、刈る者に、まず毒麦を集めて束にして焼き、
麦の方は集めて倉に入れてくれ、と言いつけよう』」。


また、ほかの譬を彼らに示して言われた、

「天国は、一粒のからし種のようなものである。
ある人がそれをとって畑にまくと、それはどんな種よりも小さいが、成長すると、
野菜の中でいちばん大きくなり、空の鳥がきて、その枝に宿るほどの木になる」。

またほかの譬を彼らに語られた、「天国は、パン種のようなものである。
女がそれを取って三斗の粉の中に混ぜると、全体がふくらんでくる」。

イエスはこれらのことをすべて、譬で群衆に語られた。
譬によらないでは何事も彼らに語られなかった。

これは預言者によって言われたことが、成就するためである、

(中略)

耳のある者は聞くがよい。

天国は、畑に隠してある宝のようなものである。
人がそれを見つけると隠しておき、喜びのあまり、
行って持ち物をみな売りはらい、そしてその畑を買うのである。


実は、上記の部分は、今の時代に、非常に大事なことが述べられています。
何が述べられているかと言うと、、、これは、"悟りの本質"です。


もう一度、良く下記の文章をご覧ください。


あなたがたには、天国の奥義を知ることが許されているが、彼らには許されていない。

持っている人は与えられて、いよいよ豊かになるが、
持っていない人は、持っているものまでも取り上げられる。
だから、彼らには譬(たとえ)で語る。

それは彼らが、見ても見ず、聞いても聞かず、また悟らないからである。

このような理由から、敢えて、神は、天国を例え(たとえ)を使って、述べている訳です。


では今度は逆に、「神が、例えを使って述べる必要がない状態」を考えてみましょう。
先ほどの文章を、180度、真逆の立場から書けば、それが分かります。


持っている人は(持っていない人に)分け与え、いよいよ貧乏になるが、
持っていない人は、(持っている人から)持っていないものまで分け与えられる。
だから、彼らには譬(たとえ)で語る必要はない。

それは彼らが、見て見ないふりを止め、聞いても聞かなかった事にするのを止め、
また、悟ったからである。

だから、あなたがたには、天国の奥義を知ることが許されている。


悟りの本質は、このようなものだと管理人は思います。
言わば、悟りとは、上記で述べられているような"差取り"なんですね。

貧しい者を虐げるのではなく、持っている者が支えてあげる社会、、、
皆が平等という考えが、悟りを開く上で大事だと、管理人は考えます。

(多分、平成の年号の意味も、そういう所から来てると思うんですが)


▼平等院鳳凰堂の10円玉
※10円玉や1万円幣などには、"平等"の思想が見て取れる

どうでも良い余談ですが、Wikipediaに挙げられている日本硬貨の画像は、
全て平成18年(6+6+6)という年号になっています。
誰がやっているんでしょうねぇ。。。

まぁ、管理人は、このように考えていますので・・・
インターネットという不特定多数の人が閲覧する媒体では、
(聖書に関わる秘密は)その核心までは語ることはしないでおこう
・・・と考えています。

それを語ってしまうと、持ってない人がもっと取り上げられてしまいますからね。。。


なので、管理人は、今後の記事も含めて、、、
謎解きをする上でのヒントや核心に近い部分ところまでは、今まで通りご案内します。

ただし、最後の核心部分までは触れませんので、貴方自身で、その謎を解いて下さいませ^^;
(悟りを開けば、きっと"霊"が、あらゆる物事の理解を助けてくれるはずです)


▼聖書では、霊は鳩のように表される



ちなみに、実は、昨日の記事で取り上げた、古今伝授の奥義書にも、
この""の存在がしっかり書かれてます。

常住不滅の神霊なり」ってね。


と言う事で、かなり前置きが長くなりましたが、、、
今回は、上記の"古今伝授の奥義書"の謎解きにチャンレンジします。

(管理人は歌道に関しては素人同然なんですが、、、果たして解けるでしょうか?)


「古今集伝授切紙」の謎の『心の絵』を解読する!

昨日の記事でも紹介しましたが、古今伝授の里フィールドミュージアムで、
ひと際、異彩を放っているのが、「古今集伝授切紙」に書かれた"謎の絵"です。


▼古今伝授 三巻
①古今伝授の巻 「古今集伝授切紙」
②伝授の巻 「東家歌道血脈伝」「東家歌道血脈」
③東家二条家古今伝授の系図


』という文字が、何か意味ありげにデカデカと書かれているのですが、
これは、一体、何を表しているのでしょうか?


▼「古今集伝授切紙」に書かれた「心」の図形


ちなみに、上記の図の漢字などを、解読していくと次の通りです。
※左2行目、3行目は、漢字が読み辛く、正確ではない事をお断りしておきます


▼心が書かれた部分の文章


まず簡単に分かるのが、「」の文字に書かれた「」と「」です。
その間には、何か意味ありげな、黒く塗りつぶした点があり、その中に白い小さな丸があります。


そして、陰と陽の下には、対応するかのように、
「陽」―「天照大神」「陰」―「素戔嗚尊」が書かれてます。


こういう所から考えると、、、
黒く塗りつぶした点」は、"陰中の陽"を示しているように思います。

そして、陰中の陽は、太極図で考えますと、
あと、もう少し陰が極まるようになれば、今度は一気に陽に切り替わる状態です。


▼太極図


要するに、この「心の絵」は、一日で考えれば、
夜明け前の、一番暗い真っ暗な状態の時を示している訳なんです。


ちなみに、管理人が以前から述べている136.5年周期の図も、、、
ある意味、これは太極図と似たようなものです。

そう考えると、この古今伝授の「心の図形」は、
今まさに、この現代の時代のために書き遺された図であるように思います。


では、続いて、なぜ、『心』なのか?と言う事を考えてみたいと思いますが・・・
説明が、長くなりそうなので、この辺で、一旦切りたいと思います^^;

続きはまた次回。


続き:⇒古今伝授の奥義書を読み解く②~人の心は"種"である~



▼福島県の支援先

「福島の現実ー福岡百子の声」「有り得ないことが平然と行われています」
※福岡さんは、一人で大人数をフォローされていますので、応援してあげて下さい

ご協力のお願い|未来の福島こども基金

佐渡保養「へっついの家」を助けてくんなしょ!!


↓この記事が「良かった!」と思った方はクリックお願いします♪


管理人の勝手なコラム



5年保存冬眠米・無洗米
平成26年産 三重産 減農薬こしひかり
【冬眠米・無洗米】輝(かがやき) 平成26年産・三重産減農薬こしひかり 無洗米5kg×6個【備蓄米・5年長期保存】

当サイトではこれまで「備蓄王 」を推薦していましたが、産地や値段を考慮し、三重産減農薬こしひかりをオススメします。 (放射能検査済み


5年保存が効く無洗米なのは、「備蓄王」と同じですが、
お値段が、備蓄王に比べて約44%も安いです。


国民1人・1年当たりの米の消費量は約60kgです。
1年分くらいは備蓄しておいてください。


【冬眠米・無洗米】輝(かがやき)平成26年産・三重産減農薬こしひかり 無洗米5kg×6個【備蓄米・5年長期保存】

KATADYN(カタダイン) 携帯浄水器
Pocket Micro Filter ポケットマイクロフィルター
KATADYN(カタダイン) 携帯浄水器 Pocket Micro Filter ポケットマイクロフィルター 海外正規品・並行輸入

主食のお米を確保した後は、水の確保が重要です。

カタダイン・ポケットフィルターはフィルター寿命50000リットルと、他の浄水器と比べ、段違いの性能を誇ります。


人が一日に必要な飲料水は、2.3リットルなので、大家族でも、 カタダインさえあれば、多くの水需要をカバーできます。


ちなみに、アメリカ合衆国連邦緊急事態管理庁が推奨する緊急時の水の備蓄量は3日分で、 基本的に1人につき1日1ガロン(約3.8リットル)と定められています。 つまり、3日分なので1人につき約12リットルです


移動時や携帯用には「Vestergaard(ベスターガード) 」もオススメ。また、水の携行ボトルなら、「Platypus(プラティパス) 」もおすすめ。


KATADYN(カタダイン) 携帯浄水器 Pocket Micro Filter ポケットマイクロフィルター 海外正規品・並行輸入

昔塩
1人10kg(700g×14袋)程度
昔塩 5号(せんごう塩+にがり添加) 700g×14袋 0316233

お米と水の次は、”塩”です。砂糖が無くても生きていけますが、塩は生命維持に関わります!


塩分が摂取できなくなると、人はめまいやふらつきを覚え、脱力感、筋肉異常、けいれん、精神障害など様々な朔影響を及ぼします。


日本の食用塩の需要は一人年間で約10kgです。
それくらいの備蓄は必須です。

なお、昔塩は、香川県坂出市で作られているこういう特殊形状の塩です。
昔ながらの平釜で煮詰めた手作りの塩で、管理人も神棚用に毎日使っています^^; 
長期保管しても固まりにくいのも特徴です。

昔塩 5号(せんごう塩+にがり添加) 700g×14袋

※結局は、日本人がいつも神棚に祀る「お米・水・塩」の3つを確保することが、人間が生きる上で重要な訳です^^




記事に関する免責事項

当サイトの記事は、管理人の研究・調査等に基づいて作成してはおりますが、管理人の推測・予測に基づいた内容や考察中の部分も多分に含んでおり、記事内容が間違っている場合も多々あります。従いまして、記事の正確性については一切保証致しません。

当サイトの内容をどう解釈されるかは、全て読者様自身にお任せ致しますが、記事内容を、過度に信頼しすぎないようにお願い致します。万が一読者様が不利益を被ったとしても、当方は一切責任を負う事はできませんので、ご容赦願います。

管理人について

管理人:えふ。
管理人は、不況時代突入を先読みし、一早く会社を退社し脱サラ。

その後、他に先駆けネットビジネスに参入。現在は、ネットのベンチャー会社を立ち上げ、日々ビジネスに邁進しております。

管理人への連絡はこちら

このカテゴリの記事一覧
絶対読むべき本
▼聖書は読むべきです▼


▼聖書教理を正しく知る本▼


あなたを小食に導く本
▼食生活を劇的に変えた本▼


▼長寿の幸せが感じられます▼


▼科学的に食を分析してます▼


▼砂糖を摂るのをやめよう▼


▼断食をやってみよう▼


▼驚きの咀嚼の効果を知ろう▼


三大欲を自制しよう
▼接して漏らさずで有名▼


▼自慰行為を聖書学的に知る


▼ホルモンの力をしろう▼


▼性欲を抑える第六の秘儀▼


▼睡眠時間を減らそう▼


預言関係の本
▼聖書預言の本▼


▼聖徳太子の未来記▼


▼月蔵経の預言▼


神仏儒の古典を読もう!
▼十七条憲法(大成経版)▼


▼日本の歴史『古事記』▼


▼日本の歴史『日本書紀』▼



▼仏教の基本『法華経』▼


▼初学入徳の門『大学・中庸』▼


▼孔子の教え『論語』▼


▼五経の筆頭『易経』▼


管理人のオススメ!
▼聖書は読むべきです▼


記事の著作権について

当サイトの記事の著作権は、全て当方にあります。記事の引用・転載は、当サイトの引用元が分かるようにリンクをして頂ければ、基本的に許可します。ただし、「NAVERまとめ」等のキュレーションサイトへの引用・転載は不可とします。(勝手に記事をパクられて困っています)

最後に、引用・転載するにあたっても、引用元へのリスペクトを欠いた行為が見受けられる場合は、引用・転載の許可を取り消す場合がありますので、宜しくお願いします。

姉妹サイト(放射能汚染から身を守る!食の安全データベース)でも活動中です^^

サイトマップ