二千円札に隠された知恵① ~守礼門の意味~:不況対策!個人でも有効な方法



>>当サイトの管理人は、こんなモノを買ってます(管理人のamazon購入履歴)


2014年2月18日


二千円札に隠された知恵① ~守礼門の意味~

当記事は、あくまで管理人の妄想に過ぎませんので悪しからず


前回、「聖書の黙示録の「獣の数字=666」の謎を解く!」では、
日本のお金が通貨・お札ともに666で構成されている事を述べました。



『1+5+10+50+100+500=666円』


『1000+2000+5000+10000=(6+6+6)×1000円』


そして、その中でも、最も重視すべきお金は、、、
今は、ほとんど見かけなくなった二千円札であるとも述べました。

ここに、知恵が必要である。思慮のある者は、獣の数字を解くがよい。
その数字とは、人間をさすものである。そして、その数字は六百六十六である。


ゲマトリアで人間を示す数は「」です。
実は、硬貨・紙幣を含め、人間が3人描かれ、666を示すのは二千円札だけなのです。


日本の諺で、「三人寄れば、文殊の"知恵"」と言いますが・・・
まさに、二千円札は「3人が寄り添って、文殊の知恵」を示しているのです。

そういう意味で、
「二千円札を解けば、666の謎に迫る事ができる!」・・・と管理人は考えます。


と言う事で、今回から、二千円札の謎解きをしていきたいと思います。
(本当は、ご自分で考えて頂くのが良いのですが、核心に近づけるようご案内します)


二千円札の表面にデザインされている守礼門

さて、まずは、二千円札のデザインの表面をよく確認して見て下さい。
(二千円札を持ってない方は、今のうちに郵便局で確保しておいて下さい)


二千円札の表面は、沖縄の守礼門です。
2000年7月21日~23日に開催された沖縄サミットに因んだ沖縄県の建造物です。

他の紙幣と比べれば分かりますが、表面に人物がないのは二千円だけです。


▼表側は沖縄の守礼門

※裏面の源氏物語と比べ、裏表がかなりミスマッチなデザインであることにも注意

Wikipedia 守礼門 より引用>

守礼門は、沖縄県那覇市首里にある首里城歓会門の外、首里を東西に貫く
大通りである「綾門大道」の東側に位置する牌楼型の門(楼門)である。
日本城郭でいう首里城の大手門に値する。

第二尚氏王朝の時代、中国からの冊封使が琉球に来た際には、
国王以下の高官らが守礼門まで出迎え三跪九叩頭の礼をとっていた。

「しゅれいもん」は、そこに掲げられた扁額の「守禮之邦」からきている俗称で、
本来は「上の綾門(ウィーヌアイジョウ)」という。

創建年代の確定はできていないが、琉球王国第二尚氏王朝4代目の
尚清王(在位1527~1555)の時に建てられていることは分かっている。

またその頃は現在のような瓦葺きではなく板葺きであって、扁額は「待賢」であった。
後に「首里」の扁額が掲げられるようになり、
その後6代尚永王(在位1573~1588)の時に「守禮之邦」の扁額が作られた。

それからは、中国から冊封使が来ている間は「守禮之邦」の扁額を掲げ、
それ以外の期間は「首里」の扁額を掲げるということとなった。

しかし9代尚質王(在位1648~1668)の時には
「守禮之邦」の扁額を常掲するようになり、これが現在に至っている。


扁額の「守禮之邦」は、右から読んで「守禮之邦(しゅれいのくに)」が正しい読み方です。
守禮之邦」の意味は、「琉球は礼を重んずる国である」という意味だそうです。


この扁額は、中国から冊封使が来た時だけ掲げられていたものですが、
これで、「当時の琉球王国の立場がどういうものだったのか?」が良く分かります。

つまり、、、(日本人は少し憤慨するかもしれませんが・・・)
「守禮之邦の扁額は、元々、琉球王国が中国皇帝に忠誠を誓うしるし」だった訳です。

(参考:つれづれの記


琉球国は、1609年に日本の薩摩藩の侵攻を受けて以後は、
薩摩藩による実質的な支配下に入ってはいますが、元々は独立国です。

しかし、その琉球国の独立を保つためには、どうしても大国の庇護と承認が必要で、
それが、大国中国による東アジアの秩序だった訳ですね。

いわゆる中国による冊封体制の中に、琉球王国は組み込まれて居た訳です。

(参考:冊封体制 さっぽうたいせい



さて、、、

なぜ、守礼門について詳しく話をするか?というと、、、
これには、それなりの理由があるんです。


守礼門がデザインされている意味

最初の疑問として、皆さんに考えて頂きたいのは・・・

前述の通り、二千円札の守礼門は、中国の冊封体制の色合いが強い建造物です。
それなのに、なぜ、日本銀行の銀行券にデザインされているのでしょうか?


・・・ここに、少し違和感を感じませんか。


幾ら、二千円札が、沖縄サミットの記念紙幣だからと言っても、、、

もし、管理人が日本の国益を重んじる考えに立って紙幣をデザインするならば、、、
守礼門よりも、むしろ首里城をデザインに選びますね。

▼首里城


なぜなら、その方が、中国の冊封体制の色合いが少ないからです。


それで、もう一つ皆さんに考えて頂きたいのですが、、、

不思議な事に、ここ十数年、二千円札だけ、急速に日本国内で見られなくなりました。
それと同時に、中国による尖閣諸島周辺のイザコザも政治的な大問題になりました。


・・・これらは、偶然だと思いますか?


管理人は、これは偶然ではないような気がするんです。
日本銀行は、何かしらの意図があって、わざと守礼門をデザインしているのです。


その詳しい意味は、また後述していきたいと思いますが、
一つ予測(※あくまで管理人の勝手な予測です)しておくと・・・

このままいくと、多分、近い将来、「沖縄県は、日本から離れて独立する」と思います。

二千円札が、日本国内から消えつつあるのは、
"日本国の本来の支え"を、失いつつある証拠です。


なお、上記予測で勘違いして頂きたくないのですが、、、

戦争によって、沖縄が中国に攻め取られるのではなく、
むしろ日本が勝手に自滅し、その日本の自滅に巻き込まれないために、
自衛のために、やむなく沖縄は日本に離縁状を叩きつけて、独立国となる

・・・と言う意味です。

▼沖縄県旗日の丸の中に、なぜか、もう一つ日の丸がある

(沖縄には米軍基地が有るので、沖縄は米軍の力を借りて単独独立可能です)


そして、仮に、沖縄県が独立国になれば、、、
その時には、守礼門がデザインされている二千円札も、使われなくなります。


「この事が何を意味するか?」というと・・・

すなわち、二千円札の裏面に暗示されている「知恵が隠れる」ことをも意味します。


▼666の要である二千円札の裏面
(光源氏、冷泉院、紫式部に暗示される「三人寄れば文殊の知恵」)


知恵ある人が沈黙する「悪い時代」が到来する・・・

管理人は、以前「雉の鳴女」の記事で、
"北イスラエル"が迎えるであろう終末預言として、「アモス書8章」を紹介しました。

この部分の、特に最後の部分の言葉に注目して下さい。


<アモス書8章>

主なる神はこのようにわたしに示された。
見よ、一籠の夏の果物(カイツ)があった。

主は言われた。 「アモスよ、何が見えるか。」
わたしは答えた。「一籠の夏の果物です。」

主はわたしに言われた。
「わが民イスラエルに最後(ケーツ)が来た。
もはや、見過ごしにすることはできない。


その日には、必ず宮殿の歌い女は泣きわめくと主なる神は言われる。
しかばねはおびただしく至るところに投げ捨てられる。声を出すな。


上記の最後の部分で、「声を出すな。」と書かれています。
なぜ、声を出してはいけないのでしょうか?

それは、「しかばねはおびただしく至るところに投げ捨てられる。」
と言う部分に暗示されているように、、、

正義や真実を叫ぶと殺される時代になるからです。


「アモス書8章」は、そういう悪い時代の到来が預言されているように思われます。
そんな時代には、「知恵ある人」は皆、口をつぐむのです。

その結果、社会からは「知恵」が語られなくなります。



憲法9条問題で揺れ動く地域

ここで、【正義や真実を叫ぶと殺される社会】というのを、想像して見て下さい。
そういった極端な社会は、一体、どういう状況だと考えられますか?


そう言えば、昨年、石破防衛庁長官は、ちょっと怖い発言をしていましたね。


自民党の石破幹事長が、「戦争に行かない人は、死刑にする」と発言(東京新聞)

そう。。。
管理人が思うに、正義や真実を叫んで弾圧される社会と言えば、、、
その最たるものは、戦時中の監視社会です。


日本国民の多くは、マスコミの誘導に引っかかって、
中国は尖閣諸島の領有問題だけでなく、沖縄をも狙っている

・・・と考えている人がほとんどです。

かく言う管理人も、少し前までそう考えてたんですが(苦笑
(※後述する「憲法前文」に、「日本は、平和を愛する諸国民の公正と信義に信頼する」
・・・と書かれており、他国への信頼を基本とすべきなのです)


しかし、実際は、「沖縄の領有権も中国にある」と叫んでいるのは、
一部の無知な中国一般庶民や、少数の軍人だけで、
中国共産党の首脳が、表だって沖縄の領有まで叫んでいる訳ではありません。


「中国紙が沖縄の領有権を示唆」はミスリード

一番怖いのは、こうした誤ったマスコミ報道などに扇動・感化されて、
日本が、どんどん軍国主義的な方向に進んでしまわないか?と言う事です。

もし、このまま進んでしまうと、きっと中国と対峙するために、
憲法9条改正」や「徴兵制」の議論も取り沙汰されます。


その際には、「憲法9条の改正反対!」や「徴兵制の反対!」といった
人としての正義を叫ぶ人も多く出てくると思います。

考えてみて下さい。
その場合、最も「戦争反対!」と叫ぶ地域・人々は、何処でしょうか?


そう、、、それは、対中国の戦争で、主戦場とされかねず、
かつ、前回の大戦でも、最も被害を被っている、沖縄県民なのです。


過去に、沖縄県民は、第二次世界大戦で、アメリカによって、
4人に1人が死んだと言われるほど、過酷な被害を受けています。


▼降伏を促すビラを手に降参する沖縄の地元住民


前回の第二次世界大戦で、沖縄県は、大きな被害を受けたのに、、、
今度は対中国で、またもや同じような島民虐殺が繰り返されるのか?
俺たちの島は、また、本土の連中の都合の良いように使われるのか?

・・・まともな沖縄県民なら、きっと、そう思うのではないでしょうか。


だから、仮に、「憲法9条」が改正され、「徴兵制」が強制されるような事があれば、
沖縄は、こんな日本を見捨てて、独立独歩の道をも模索し始めると思います。

その時こそ、守礼門が印刷された二千円札が消える時、、、
すなわち、「知恵」が消え去る時なのです。


特に、「憲法9条」は、我々日本人の先祖が、第二次世界大戦を経て勝ちえた、
二度と戦争を起こさない、また、為政者に勝手に戦争を起こさせないための、
いわば、"自分たちを守るための知恵の結晶"なのです。

だからこそ、「憲法9条」の改正に賛成するような日本になれば、、、

そうした、「知恵」の詰まった二千円札は見られなくなり、
人々の目からも消え去ることになります。

(だから、管理人は、今のうちに二千円札を確保しておいて下さい、と言うのです)


ゲマトリア的に考えても、「」は救いの数、救世主の数です。

日本国憲法を「平和憲法」と呼ぶのは、憲法前文憲法第9条の存在に由来します。

憲法第9条は、「戦争の放棄」、「戦力の不保持」、「交戦権の否認」の
3つの規範的要素から構成されていますが、、、

この「憲法第9条」を、自ら否定するのは、平和を愛する日本の自滅に等しいのです。

<日本国憲法前文 前文>

日本国民は、正当に選挙された国会における代表者を通じて行動し、
われらとわれらの子孫のために、諸国民との協和による成果と、
わが国全土にわたって自由のもたらす恵沢を確保し、
政府の行為によって再び戦争の惨禍が起ることのないやうにすることを決意し、
ここに主権が国民に存することを宣言し、この憲法を確定する。

そもそも国政は、国民の厳粛な信託によるものであって、その権威は国民に由来し、
その権力は国民の代表者がこれを行使し、その福利は国民がこれを享受する。

これは人類普遍の原理であり、この憲法は、かかる原理に基づくものである。
われらは、これに反する一切の憲法、法令及び詔勅を排除する。

日本国民は、恒久の平和を念願し、人間相互の関係を支配する崇高な
理想を深く自覚するのであって、平和を愛する諸国民の公正と信義に信頼して、
われらの安全と生存を保持しようと決意した。

われらは、平和を維持し、専制と隷従、圧迫と偏狭を地上から
永遠に除去しようと努めている国際社会において、名誉ある地位を占めたいと思ふ。

われらは、全世界の国民が、ひとしく恐怖と欠乏から免れ、
平和のうちに生存する権利を有することを確認する。

われらは、いづれの国家も、自国のことのみに専念して
他国を無視してはならないのであって、
政治道徳の法則は、普遍的なものであり、この法則に従ふことは、
自国の主権を維持し、他国と対等関係に立たうとする各国の責務であると信ずる。

日本国民は、国家の名誉にかけ、
全力をあげてこの崇高な理想と目的を達成することを誓ふ。




こうして考えると、、、

なぜ、二千円札の表面に守礼門なのか?
なぜ、二千円札の裏面に三人寄れば文殊の知恵が示されているのか?

・・・理解出来るような気がしませんか。


▼表側は沖縄の守礼門

▼裏面は光源氏、冷泉院、紫式部による"三人寄れば文殊の知恵"


今回は、ほとんど二千円札の表面だけの話になっちゃいましたね^^;
次回は、裏面の"三人寄れば文殊の知恵"についても、もう少し詳しく解説します。


余談:山梨県の雪によるぶどうの被害について

先日から、山梨県で、大量の降雪による雪害が出ています。

突如、大量に降り積もったこの山梨の大雪。
記録によると、平年比で11100%、さらに50年振りの大豪雪みたいです。



何から何まで、記録づくめの大雪なのですが、
特に、この大量の降雪で、山梨の特産品である葡萄は、壊滅的な被害です。


ハウス倒壊続発「今季絶望」 ブドウの被害深刻、立ち尽くす農家


それで、なぜ、「特に、山梨だけで、こう言う雪害が起きたのか?」と言うのを、
聖書学的見地から、考えてみますと、、、少し思い当たる部分があります。


下記は「アモス書5章」からの引用です。



<アモス書5章>

彼らは町の門で訴えを公平に扱う者を憎み真実を語る者を嫌う。

お前たちは弱い者を踏みつけ彼らから穀物の貢納を取り立てるゆえ
切り石の家を建ててもそこに住むことはできない。
見事なぶどう畑を作ってもその酒を飲むことはできない。

お前たちの咎がどれほど多いか
その罪がどれほど重いか、わたしは知っている。
お前たちは正しい者に敵対し、賄賂を取り町の門で貧しい者の訴えを退けている。

それゆえ、知恵ある者はこの時代に沈黙する。まことに、これは悪い時代だ。


善を求めよ、悪を求めるな
お前たちが生きることができるために。
そうすれば、お前たちが言うように
万軍の神なる主は お前たちと共にいてくださるだろう。

悪を憎み、善を愛せよ また、町の門で正義を貫け。
あるいは、万軍の神なる主がヨセフの残りの者を
憐れんでくださることもあろう。

それゆえ、万軍の神なる主はこう言われる。
どの広場にも嘆きが起こりどの通りにも泣き声があがる。
悲しむために農夫が嘆くために泣き男が呼ばれる。

どのぶどう畑にも嘆きが起こる。
わたしがお前たちの中を通るからだと主は言われる。


正直、管理人にも、上記の「アモス書5章」は、終末預言かどうかは判断が難しいです。

しかし、今回、山梨の葡萄畑で、被害を大きいのを見ると、
もしかして・・・とも思ってしまいます。


    見事なぶどう畑を作ってもその酒を飲むことはできない。

    どのぶどう畑にも嘆きが起こる。
    わたしがお前たちの中を通るからだと主は言われる。


仮に、そうだとすると、今回の山梨の雪害の原因は、
お前たちは弱い者を踏みつけ、彼らから穀物の貢納を取り立てるゆえ
・・・と言う事になります。

ご存知の通り、消費税がもうすぐ10%にUPされる上、
2月22日~25日までは、TPPの最終の議論が始まります。


そして、もし、この状態が続くようなら・・・
続いて、「知恵ある者はこの時代に沈黙する」という状況になるのかもしれません。


お前たちの咎がどれほど多いか
その罪がどれほど重いか、わたしは知っている。
お前たちは正しい者に敵対し、賄賂を取り町の門で貧しい者の訴えを退けている。

それゆえ、知恵ある者はこの時代に沈黙する。まことに、これは悪い時代だ。


もしかすると、今回の雪害は、神による警告・・・かもしれません。


↓この記事が「良かった!」と思った方はクリックお願いします♪


人の本来の神性を呼び覚ます



5年保存冬眠米・無洗米
平成26年産 三重産 減農薬こしひかり
【冬眠米・無洗米】輝(かがやき) 平成26年産・三重産減農薬こしひかり 無洗米5kg×6個【備蓄米・5年長期保存】

当サイトではこれまで「備蓄王 」を推薦していましたが、産地や値段を考慮し、三重産減農薬こしひかりをオススメします。 (放射能検査済み


5年保存が効く無洗米なのは、「備蓄王」と同じですが、
お値段が、備蓄王に比べて約44%も安いです。


国民1人・1年当たりの米の消費量は約60kgです。
1年分くらいは備蓄しておいてください。


【冬眠米・無洗米】輝(かがやき)平成26年産・三重産減農薬こしひかり 無洗米5kg×6個【備蓄米・5年長期保存】

KATADYN(カタダイン) 携帯浄水器
Pocket Micro Filter ポケットマイクロフィルター
KATADYN(カタダイン) 携帯浄水器 Pocket Micro Filter ポケットマイクロフィルター 海外正規品・並行輸入

主食のお米を確保した後は、水の確保が重要です。

カタダイン・ポケットフィルターはフィルター寿命50000リットルと、他の浄水器と比べ、段違いの性能を誇ります。


人が一日に必要な飲料水は、2.3リットルなので、大家族でも、 カタダインさえあれば、多くの水需要をカバーできます。


ちなみに、アメリカ合衆国連邦緊急事態管理庁が推奨する緊急時の水の備蓄量は3日分で、 基本的に1人につき1日1ガロン(約3.8リットル)と定められています。 つまり、3日分なので1人につき約12リットルです


移動時や携帯用には「Vestergaard(ベスターガード) 」もオススメ。また、水の携行ボトルなら、「Platypus(プラティパス) 」もおすすめ。


KATADYN(カタダイン) 携帯浄水器 Pocket Micro Filter ポケットマイクロフィルター 海外正規品・並行輸入

昔塩
1人10kg(700g×14袋)程度
昔塩 5号(せんごう塩+にがり添加) 700g×14袋 0316233

お米と水の次は、”塩”です。砂糖が無くても生きていけますが、塩は生命維持に関わります!


塩分が摂取できなくなると、人はめまいやふらつきを覚え、脱力感、筋肉異常、けいれん、精神障害など様々な朔影響を及ぼします。


日本の食用塩の需要は一人年間で約10kgです。
それくらいの備蓄は必須です。

なお、昔塩は、香川県坂出市で作られているこういう特殊形状の塩です。
昔ながらの平釜で煮詰めた手作りの塩で、管理人も神棚用に毎日使っています^^; 
長期保管しても固まりにくいのも特徴です。

昔塩 5号(せんごう塩+にがり添加) 700g×14袋

※結局は、日本人がいつも神棚に祀る「お米・水・塩」の3つを確保することが、人間が生きる上で重要な訳です^^




記事に関する免責事項

当サイトの記事は、管理人の研究・調査等に基づいて作成してはおりますが、管理人の推測・予測に基づいた内容や考察中の部分も多分に含んでおり、記事内容が間違っている場合も多々あります。従いまして、記事の正確性については一切保証致しません。

当サイトの内容をどう解釈されるかは、全て読者様自身にお任せ致しますが、記事内容を、過度に信頼しすぎないようにお願い致します。万が一読者様が不利益を被ったとしても、当方は一切責任を負う事はできませんので、ご容赦願います。

管理人について

管理人:えふ。
管理人は、不況時代突入を先読みし、一早く会社を退社し脱サラ。

その後、他に先駆けネットビジネスに参入。現在は、ネットのベンチャー会社を立ち上げ、日々ビジネスに邁進しております。

管理人への連絡はこちら

このカテゴリの記事一覧
絶対読むべき本
▼聖書は読むべきです▼


▼聖書教理を正しく知る本▼


あなたを小食に導く本
▼食生活を劇的に変えた本▼


▼長寿の幸せが感じられます▼


▼科学的に食を分析してます▼


▼砂糖を摂るのをやめよう▼


▼断食をやってみよう▼


▼驚きの咀嚼の効果を知ろう▼


三大欲を自制しよう
▼接して漏らさずで有名▼


▼自慰行為を聖書学的に知る


▼ホルモンの力をしろう▼


▼性欲を抑える第六の秘儀▼


▼睡眠時間を減らそう▼


預言関係の本
▼聖書預言の本▼


▼聖徳太子の未来記▼


▼月蔵経の預言▼


神仏儒の古典を読もう!
▼十七条憲法(大成経版)▼


▼日本の歴史『古事記』▼


▼日本の歴史『日本書紀』▼



▼仏教の基本『法華経』▼


▼初学入徳の門『大学・中庸』▼


▼孔子の教え『論語』▼


▼五経の筆頭『易経』▼


管理人のオススメ!
▼聖書は読むべきです▼


記事の著作権について

当サイトの記事の著作権は、全て当方にあります。記事の引用・転載は、当サイトの引用元が分かるようにリンクをして頂ければ、基本的に許可します。ただし、「NAVERまとめ」等のキュレーションサイトへの引用・転載は不可とします。(勝手に記事をパクられて困っています)

最後に、引用・転載するにあたっても、引用元へのリスペクトを欠いた行為が見受けられる場合は、引用・転載の許可を取り消す場合がありますので、宜しくお願いします。

姉妹サイト(放射能汚染から身を守る!食の安全データベース)でも活動中です^^

サイトマップ