ラピュタ編⑦~契約の聖櫃と日本のレイライン~:不況対策!個人でも有効な方法



>>当サイトの管理人は、こんなモノを買ってます(管理人のamazon購入履歴)


2011年10月26日


ラピュタ編⑦~契約の聖櫃と日本のレイライン~

このラピュタ編は、今回が最終回です。
さて、前回は、酒船石が示す「天円地方人角」の図形についてお話ししました^^

今回は、引き続き、その図形の謎を追って見たいと思います。


まず、前回も述べましたが、天円地法人角の図形・・・

この図形は、トイレのマークと同じような形で、
ある意味、人体を象っていると言っても良い図形です。




↑実は、この図形が、実は、非常に重要な要素になっているのです。



本文を読む前に、できれば応援クリックにご協力下さいm(__)m ⇒ 人気ブログランキング


天円地方人角と契約の聖櫃(アーク)

シリーズの一番最初の記事で、私は下記のように書きました。


この本来のピラミッドの構造なんですが、本来の構造は、下記に示す通りです。

● ←真実を見通す目
▲ ←ピラミッド
■ ←土台

ピラミッドは、土台となる四角形(祭壇)の上に築かれ、
ピラミッドの上には、さらに、丸型の真実の目があります。


実は、この●▲■の『天円地方人角』の図形には、
上記のような意味合いが、隠されても居る訳です。


そして、上記で示した図形が、何を示すかと言いますと・・・
実は、ユダヤの至宝"契約の聖櫃(アーク)"を示すとも言われているのです!


上記の契約の聖櫃はレプリカですが、構造としては、、、
まず、土台の部分に中空になった箱があります。(これがの部分です)

さらに、その上には、贖い(あがない)の座と呼ばれる蓋があります。


蓋には、智天使ケルビムが一対あり、そのケルビムが向かい合わせで、
羽根を広げて、お互いの羽根を突き合わせるような格好になっています。

羽根を突き合わせて出来た空間が、の部分に該当します。


そして、最後に、ケルビムが羽根を突き合わせて出来た三角形から、
絶対神の左目―真実を見通す目(の部分)が覗いているという構造なのです。


こういう意味での、下記のような構造になっている訳です。

● ←真実を見通す目
▲ ←ピラミッド
■ ←土台

つまり、天円地方人角という構造は、実は、契約のアークの構造と同一なのです。


ちなみに、日本の国技である相撲も、この構造です。
土俵■、蛇の目●、屋根▲ で構成されています。

これが、相撲が、神事と言われる所以です。

ちなみに、屋根の上には、千木(ちぎ)がありますね。
これも、何処か天使が羽根を広げているように見えますね^^

そう。これも元のモデルは、 契約のアークの上にある
智天使ケルビムの羽根がデザインされているのです。


日本の文化とユダヤの至宝である、契約のアークは、
実は、非常につながりが深いのです。。。

そして、一説には、この契約の聖櫃・・・
伊勢神宮に眠っているという噂もあるのです!


レイラインから見えてくる図形は何だ?

さぁ!では上記の考えを踏まえて・・・
酒船石のある明日香村から、東方向を見て見て下さい。



最初の律令国家の都市であった、飛鳥京から、伊勢神宮⇒利島と続きますね。

さらに、東方向と言えば、太陽が昇る方向ではありませんか!


こう考えると、
飛鳥京⇒伊勢神宮⇒利島⇒太陽 の順です。

飛鳥京、もしくは、伊勢神宮を土台の■と捉え、
利島は、三角形の島ですから、▲です。

さらに、東から昇る太陽を●に見立てれば・・・



あらびっくり、天円地法人角の出来上がりです!


これこそが、秦氏が作り出そうとしていた図形だったのではないか?
管理人はそう考えます^^


まさに、計算されつくした感じがしますが、、、、

最後の●の部分ですが、ここでは一先ず太陽と述べましたが・・・
アメリカの一ドル札を良く見て見て下さい。



有名な「真実の目(ピラミッド・アイ)」ですが、
三角形の頂点のキャップストーンとして描かれています。


そして、このキャップストーンは、神の目である●を示し、空中を浮遊している訳です。

まさに、この日本列島で例えるならば、
利島の三角形ピラミッドの頂点には、空中浮遊する物体があるかもしれない!


管理人は、思わず、そう考えずにはいられません。

そして、それはもしかすると、、、
あの伝説の空飛ぶ島・・・「天空の城ラピュタ」だったりするかもしれません^^


上記の画像でも、宮崎監督は、ピラミッドの上に、円形の●を描いています。
何処か、今まで述べた話と共通するような気がしませんか?


<ラピュタは日本近海にあった? 了>


【余談】

本当は、まだ、この続きがあるのですが・・・
まだ、これを語るのは、時期尚早なので、ここで終了とします^^;

ですが、もしかしたら、今後、レイラインの延長線上、、、
伊勢神宮から利島を臨む三重県の近海で、何か異変があるかもしれません。

もし、そんな出来事があれば、それは何かしらのサインなのかもしれません。

↓この記事が「良かった!」と思った方はクリックお願いします♪


管理人の勝手なコラム



5年保存冬眠米・無洗米
平成26年産 三重産 減農薬こしひかり
【冬眠米・無洗米】輝(かがやき) 平成26年産・三重産減農薬こしひかり 無洗米5kg×6個【備蓄米・5年長期保存】

当サイトではこれまで「備蓄王 」を推薦していましたが、産地や値段を考慮し、三重産減農薬こしひかりをオススメします。 (放射能検査済み


5年保存が効く無洗米なのは、「備蓄王」と同じですが、
お値段が、備蓄王に比べて約44%も安いです。


国民1人・1年当たりの米の消費量は約60kgです。
1年分くらいは備蓄しておいてください。


【冬眠米・無洗米】輝(かがやき)平成26年産・三重産減農薬こしひかり 無洗米5kg×6個【備蓄米・5年長期保存】

KATADYN(カタダイン) 携帯浄水器
Pocket Micro Filter ポケットマイクロフィルター
KATADYN(カタダイン) 携帯浄水器 Pocket Micro Filter ポケットマイクロフィルター 海外正規品・並行輸入

主食のお米を確保した後は、水の確保が重要です。

カタダイン・ポケットフィルターはフィルター寿命50000リットルと、他の浄水器と比べ、段違いの性能を誇ります。


人が一日に必要な飲料水は、2.3リットルなので、大家族でも、 カタダインさえあれば、多くの水需要をカバーできます。


ちなみに、アメリカ合衆国連邦緊急事態管理庁が推奨する緊急時の水の備蓄量は3日分で、 基本的に1人につき1日1ガロン(約3.8リットル)と定められています。 つまり、3日分なので1人につき約12リットルです


移動時や携帯用には「Vestergaard(ベスターガード) 」もオススメ。また、水の携行ボトルなら、「Platypus(プラティパス) 」もおすすめ。


KATADYN(カタダイン) 携帯浄水器 Pocket Micro Filter ポケットマイクロフィルター 海外正規品・並行輸入

昔塩
1人10kg(700g×14袋)程度
昔塩 5号(せんごう塩+にがり添加) 700g×14袋 0316233

お米と水の次は、”塩”です。砂糖が無くても生きていけますが、塩は生命維持に関わります!


塩分が摂取できなくなると、人はめまいやふらつきを覚え、脱力感、筋肉異常、けいれん、精神障害など様々な朔影響を及ぼします。


日本の食用塩の需要は一人年間で約10kgです。
それくらいの備蓄は必須です。

なお、昔塩は、香川県坂出市で作られているこういう特殊形状の塩です。
昔ながらの平釜で煮詰めた手作りの塩で、管理人も神棚用に毎日使っています^^; 
長期保管しても固まりにくいのも特徴です。

昔塩 5号(せんごう塩+にがり添加) 700g×14袋

※結局は、日本人がいつも神棚に祀る「お米・水・塩」の3つを確保することが、人間が生きる上で重要な訳です^^




記事に関する免責事項

当サイトの記事は、管理人の研究・調査等に基づいて作成してはおりますが、管理人の推測・予測に基づいた内容や考察中の部分も多分に含んでおり、記事内容が間違っている場合も多々あります。従いまして、記事の正確性については一切保証致しません。

当サイトの内容をどう解釈されるかは、全て読者様自身にお任せ致しますが、記事内容を、過度に信頼しすぎないようにお願い致します。万が一読者様が不利益を被ったとしても、当方は一切責任を負う事はできませんので、ご容赦願います。

管理人について

管理人:えふ。
管理人は、不況時代突入を先読みし、一早く会社を退社し脱サラ。

その後、他に先駆けネットビジネスに参入。現在は、ネットのベンチャー会社を立ち上げ、日々ビジネスに邁進しております。

管理人への連絡はこちら

このカテゴリの記事一覧
絶対読むべき本
▼聖書は読むべきです▼


▼聖書教理を正しく知る本▼


あなたを小食に導く本
▼食生活を劇的に変えた本▼


▼長寿の幸せが感じられます▼


▼科学的に食を分析してます▼


▼砂糖を摂るのをやめよう▼


▼断食をやってみよう▼


▼驚きの咀嚼の効果を知ろう▼


三大欲を自制しよう
▼接して漏らさずで有名▼


▼自慰行為を聖書学的に知る


▼ホルモンの力をしろう▼


▼性欲を抑える第六の秘儀▼


▼睡眠時間を減らそう▼


預言関係の本
▼聖書預言の本▼


▼聖徳太子の未来記▼


▼月蔵経の預言▼


神仏儒の古典を読もう!
▼十七条憲法(大成経版)▼


▼日本の歴史『古事記』▼


▼日本の歴史『日本書紀』▼



▼仏教の基本『法華経』▼


▼初学入徳の門『大学・中庸』▼


▼孔子の教え『論語』▼


▼五経の筆頭『易経』▼


管理人のオススメ!
▼聖書は読むべきです▼


記事の著作権について

当サイトの記事の著作権は、全て当方にあります。記事の引用・転載は、当サイトの引用元が分かるようにリンクをして頂ければ、基本的に許可します。ただし、「NAVERまとめ」等のキュレーションサイトへの引用・転載は不可とします。(勝手に記事をパクられて困っています)

最後に、引用・転載するにあたっても、引用元へのリスペクトを欠いた行為が見受けられる場合は、引用・転載の許可を取り消す場合がありますので、宜しくお願いします。

姉妹サイト(放射能汚染から身を守る!食の安全データベース)でも活動中です^^

サイトマップ