救いの細道編③ 予備知識としての・・・ガイアの法則:不況対策!個人でも有効な方法



>>当サイトの管理人は、こんなモノを買ってます(管理人のamazon購入履歴)


2012年4月19日


救いの細道編③ 予備知識としての・・・ガイアの法則

※この日記は、あくまでも管理人の妄想ですので、そのつもりで読んで下さい


2012年6~7月・・・

管理人は、この時期が、日本と世界にとっての大きな歴史的な節目になると考えています。


それには、色々理由があるのですが、、、
まず理由の一つにノストラダムスの預言があります。


『百詩編』第10巻72

1999年第7番目の月
天から地に落とされし驚愕の大王
アンゴルモアの大王を甦らさんと
その前後にマルスは平和を盾に支配に乗り出す

1999年第7の月に、天空にグランドクロスが現れましたが、、、

下記の日記でも触れたように、、、
この天空に現れたグランドクロスは、全人類が十字架に架けられた事を意味します。


参考:ノストラダムスの預言の本当の意味(後編)


そして、その1999年第7の月から数えて、13年目が、2012年になるのです。。。

ゲマトリアで「13」という数の意味を紐解くと、次の通りです。


13:敵対や反逆の数字、サタン、サタン的な事柄、愛された(またその一方で)憎まれた

特に最後の意味が重要なんですが、、、

まさに、13は、最初は神に愛された、惰天使ルシファー(サタン)が、
最後は、神によって、地上に叩き落とされるほどまでに、憎まれた事を意味します。


▼惰天使ルシファー(元・熾天使ルシフェル)

これを1999年第7の月から数えて、13年目である2012年に当てはめて考えると、
2012年の最初(前半)は神に愛されたが、最後(後半)は神に憎まれた、、、となります。

そう言う意味で、管理人は、この2012年6~7月は大きな節目になると予測しています。


そして、もう一つ、大きな理由があります。

それは、「天の徴(しるし)」の存在です。


聖書の創世記には、こう書いてあります。


(創世記1章14~)

神はまた言われた、

「天のおおぞらに光があって昼と夜とを分け、
しるしのため、季節のため、日のため、年のためになり、
天のおおぞらにあって地を照らす光となれ」。

そのようになった。


天空に「太陽や月」を置かれた目的の一つに、
しっかりと"徴(しるし)のため"であると書かれています。


そう言う意味で、徴を現す歴史的な事柄が、今年2012年5月に起ります。



①金環日食(2012年5月21日)

こちらは、2012年5月21日に金環日食を日本で見ることができます。
しかも金環日食帯の中心線が、ほぼ伊勢神宮や富士山、東京などの面を通過していきます。


(画像はアストロアーツ「金環日食2012」より


こんな日本列島を通過するような状況になるのは、
日本の歴史上でも非常に稀なことなのです。


上記の通り、2012年5月21日に日本中で金環日食を見ることができます。
しかも金環日食帯の中心線が、ほぼ伊勢神宮や富士山、東京などの面を通過していきます。

世間は只の天体現象にしか思ってないかもしれませんが・・・
管理人は、これこそが、"天の徴"であると考えています。


この2012年の後半の直前に現れる金環食、、、
このタイミングで現れる天の徴は、決して偶然ではありません。

なお、2012年5月21日から数えて、33日目が2012年6月22日です。
(※33はキリストの亡くなった歳を示す聖数です)

管理人は、その辺りから、大きく時代が激変するのではないか???・・・と予測しています。
(ちょうどその辺が、当方の推測する、ローマ法皇の暗殺予測時期とも被ってきます)


それ以外にも、この2012年6月~7月は大きな節目です。


  • ①6月21日が日本の通常国会の会期末
  • ②7月1日が、EUや日本が、イラン産原油を100%輸入停止する期日
  • ③アメリカが、イランの輸入削減をしなかった国に、制裁を科すのが6月28日
  • ④アメリカのツイスト・オペの終了時期が6月末
  • ⑤欧州連合(EU)が域内の銀行に求めている資本増強が6月末が期限
  • ⑥日本国内の原発は、再稼働しない限り、国内全原発が完全停止する(5月6日)

何とも不思議ですが、、、
世界全体が、2012年6~7月辺りを目標に、動き出している気がしませんか?

そして、こうして見ますと、イランが原油輸出をストップされ、
已む無く戦争に動きだしそうな時期も、まさにこの時期だと思えませんか?

(※同時に、戦争が起きれば、原油供給を遮断され、
 日本経済が完全停止するであろう時期も、まさに、この時期です)


以上のことから、、、
2012年6~7月は、非常に要注意の時期で、世界的な転機になる可能性大と考えます。


日本での逃れの地を考える上での「ガイアの法則」

まぁ、そういう事で、非常に時代の転機が差し迫っているのですが・・・
日本においても、この先、色々な災害面でも要注意の時期に差し掛かります。

特に、昨今危惧されるように、福島4号機の事故などは、
東日本に居住する事が、現実的に不可能になる可能性がありますので、注意が必要です。


そういう意味で、"逃れの地"を考えておくべきだと思うのですが・・・
一つ指針として参考にしたいのが、【ガイアの法則】です。


ガイアの法則とは?

ガイアの法則は、地球の文明と勃興と退廃の
時間と地理的なサイクルを現したもの・・・と言っても良いと思います。

過去、地球上では多くの文明が興っては衰退し、、、を繰り返していますが、
そこにサイクルがあると言う事は、一部の人しか知りません。

その法則の事を、『ガイアの法則』と言います。


これについては、下記の本に詳しく載っています。




そのガイアの法則の概要を述べると次の通り。


まず、地球は下記のように、地軸が23.4度傾いています。
そして、その地軸自体も、コマ運動のように、回転運動をしています。

この回転運動のことを、「歳差運動」と言います。

この歳差運動は、約2万5770年で1周します。


それで、ここからが大事なポイントですが、、、

ガイアの法則では、この歳差運動の16分の1のリズムで、
地球上の主要な文明の勃興するリズムがあることを述べています。

すなわち、約2万5770年/16 ≒ 1611年 周期  ・・・となります。
角度にして、360/16=22.5度 ・・・です。


この1611年周期ごとに、人類の歴史と文明の変遷を辿ってみて下さい。
すると、下記のような法則が現れる訳です。


【画像はガイアの法則の予言より】


文明は、805.5年ごとに東西で入れ替わり、805.5年×2=1611年周期になっています。
そして、文明の勃興位置は、22.5度(360度/16)ずつ移動しています。


要するに、次世代の文明の中心地は、日本の東経135度に移る、、、という法則です。
そして、この東経135度線の付近にいる人々は、色々な恩恵がある事を示しています。

現在世界が、アングロサクソン文明が支配し、東経0度付近のロンドンで勃興した、
ロスチャイルドが権勢を誇っているのも、このガイアの法則が適用された結果・・・
だとも言える訳です。

そしてまた、現在、香川真司(神戸市出身)や山本 太郎(宝塚市出身)が活躍しているのも、
東経135度線の恩恵に預かった結果だと言えるのかもしれません。


・・・以上が、簡単な説明ではありますが、ガイアの法則の概要です。


管理人は、常々『避難するならば、京都以西にした方が良い』と言って居るのですが、
このガイアの法則を当てはめて考えていることが理由の一つです。

終末の世界に置いて、次の世の中心地に移る・・・と言うのも、一つ大事な考え方だと思います。


取りあえず、このガイアの法則は、
この終末世界における予備知識の一つとして、知っておいて下さい。


なお、管理人が、避難するならば京都以西にした方が良いと述べるのは、
このガイアの法則だけで、述べている訳ではありません。

日本に仕組まれた様々な国仕掛けからも、京都以西であれば、
天の助けが得られるのではないだろうか?という事が解けてしまうのです。
(その辺は、ガイアの法則でも、語られて無い部分です)


また、なぜ、京都以東ではダメなのか?という理由もガイアの法則では示されていませんが、
国仕掛けの観点で解くと、なぜ、京都以東が避難に適さないのかが解けます。

まぁ、その辺については、今後、当サイトで解説する予定です。


補足:ガイアの法則には、やや修正が必要ではないか?

最後に、一つガイアの法則に関する補足を述べておきます。

あくまで推測なのですが、、、
ガイアの法則は、厳密に言えば、若干修正する必要があると思います。


と言いますのも・・・

地球は、現在の一年365日になったのは、紀元前8世紀頃であり、
それまでは、一年360日だったことが分かっています。

参考:宇宙創世① 衝突する宇宙 ~ 一年360日だった原始地球 ~


なお、聖書の列王記20章のヒゼキヤ王(前715-前687)の時に、こう言う記述もあります。

イザヤは言った。
「これがあなたへの主からのしるしです。主は約束されたことを成就されます。
影が十度進むか、十度戻るかです。」

ヒゼキヤは答えた。
「影が十度伸びるのは容易なことです。
むしろ、影が十度あとに戻るようにしてください。」

預言者イザヤが主に祈ると、主はアハズの日時計におりた日時計の影を十度あとに戻された。


影を戻す=地球の回転に異変が生じていると言う事です。
聖書には、こうした過去の地球の異変も、さりげなく書かれています。


この記述も、この紀元前8世紀において地球の公転周期が360日⇒365日に変わり、
地球の自転軸と歳差運動周期も、若干ずれた?と推測できる資料の一つです。


以上のことから、ガイアの法則の本来の値は、
下記の通りだったのではないかと、管理人は推測しています。


<紀元前8世紀以前のガイアの法則の周期>

  • 地球の自転軸の傾き=22.5度 (現在は23.4度)
  • 歳差運動周期=2万6208年周期 (現在は約2万5770年)
  • 1/16リズム周期=2万6208年/16=1638年 (819年×2サイクル)

こう考えると、いかがでしょうか?

実は、このように修正してやると、、、
ピッタリ、マヤ暦の819日暦と整合性が取れてしまうのです。


そして、その819日暦を6分割したものが、当サイトで再三再四述べている、
日本の136.5年周期だったりするのです。


参考:マヤ暦の819年周期と日本の136.5年周期

千賀さんは、「ガイアの法則」と述べていますが、
ガイアの法則は、実はマヤ暦819日暦の同じものかもしれませんよ?


↓この記事が「良かった!」と思った方はクリックお願いします♪


管理人の勝手なコラム



5年保存冬眠米・無洗米
平成26年産 三重産 減農薬こしひかり
【冬眠米・無洗米】輝(かがやき) 平成26年産・三重産減農薬こしひかり 無洗米5kg×6個【備蓄米・5年長期保存】

当サイトではこれまで「備蓄王 」を推薦していましたが、産地や値段を考慮し、三重産減農薬こしひかりをオススメします。 (放射能検査済み


5年保存が効く無洗米なのは、「備蓄王」と同じですが、
お値段が、備蓄王に比べて約44%も安いです。


国民1人・1年当たりの米の消費量は約60kgです。
1年分くらいは備蓄しておいてください。


【冬眠米・無洗米】輝(かがやき)平成26年産・三重産減農薬こしひかり 無洗米5kg×6個【備蓄米・5年長期保存】

KATADYN(カタダイン) 携帯浄水器
Pocket Micro Filter ポケットマイクロフィルター
KATADYN(カタダイン) 携帯浄水器 Pocket Micro Filter ポケットマイクロフィルター 海外正規品・並行輸入

主食のお米を確保した後は、水の確保が重要です。

カタダイン・ポケットフィルターはフィルター寿命50000リットルと、他の浄水器と比べ、段違いの性能を誇ります。


人が一日に必要な飲料水は、2.3リットルなので、大家族でも、 カタダインさえあれば、多くの水需要をカバーできます。


ちなみに、アメリカ合衆国連邦緊急事態管理庁が推奨する緊急時の水の備蓄量は3日分で、 基本的に1人につき1日1ガロン(約3.8リットル)と定められています。 つまり、3日分なので1人につき約12リットルです


移動時や携帯用には「Vestergaard(ベスターガード) 」もオススメ。また、水の携行ボトルなら、「Platypus(プラティパス) 」もおすすめ。


KATADYN(カタダイン) 携帯浄水器 Pocket Micro Filter ポケットマイクロフィルター 海外正規品・並行輸入

昔塩
1人10kg(700g×14袋)程度
昔塩 5号(せんごう塩+にがり添加) 700g×14袋 0316233

お米と水の次は、”塩”です。砂糖が無くても生きていけますが、塩は生命維持に関わります!


塩分が摂取できなくなると、人はめまいやふらつきを覚え、脱力感、筋肉異常、けいれん、精神障害など様々な朔影響を及ぼします。


日本の食用塩の需要は一人年間で約10kgです。
それくらいの備蓄は必須です。

なお、昔塩は、香川県坂出市で作られているこういう特殊形状の塩です。
昔ながらの平釜で煮詰めた手作りの塩で、管理人も神棚用に毎日使っています^^; 
長期保管しても固まりにくいのも特徴です。

昔塩 5号(せんごう塩+にがり添加) 700g×14袋

※結局は、日本人がいつも神棚に祀る「お米・水・塩」の3つを確保することが、人間が生きる上で重要な訳です^^




記事に関する免責事項

当サイトの記事は、管理人の研究・調査等に基づいて作成してはおりますが、管理人の推測・予測に基づいた内容や考察中の部分も多分に含んでおり、記事内容が間違っている場合も多々あります。従いまして、記事の正確性については一切保証致しません。

当サイトの内容をどう解釈されるかは、全て読者様自身にお任せ致しますが、記事内容を、過度に信頼しすぎないようにお願い致します。万が一読者様が不利益を被ったとしても、当方は一切責任を負う事はできませんので、ご容赦願います。

管理人について

管理人:えふ。
管理人は、不況時代突入を先読みし、一早く会社を退社し脱サラ。

その後、他に先駆けネットビジネスに参入。現在は、ネットのベンチャー会社を立ち上げ、日々ビジネスに邁進しております。

管理人への連絡はこちら

このカテゴリの記事一覧
絶対読むべき本
▼聖書は読むべきです▼


▼聖書教理を正しく知る本▼


あなたを小食に導く本
▼食生活を劇的に変えた本▼


▼長寿の幸せが感じられます▼


▼科学的に食を分析してます▼


▼砂糖を摂るのをやめよう▼


▼断食をやってみよう▼


▼驚きの咀嚼の効果を知ろう▼


三大欲を自制しよう
▼接して漏らさずで有名▼


▼自慰行為を聖書学的に知る


▼ホルモンの力をしろう▼


▼性欲を抑える第六の秘儀▼


▼睡眠時間を減らそう▼


預言関係の本
▼聖書預言の本▼


▼聖徳太子の未来記▼


▼月蔵経の預言▼


神仏儒の古典を読もう!
▼十七条憲法(大成経版)▼


▼日本の歴史『古事記』▼


▼日本の歴史『日本書紀』▼



▼仏教の基本『法華経』▼


▼初学入徳の門『大学・中庸』▼


▼孔子の教え『論語』▼


▼五経の筆頭『易経』▼


管理人のオススメ!
▼聖書は読むべきです▼


記事の著作権について

当サイトの記事の著作権は、全て当方にあります。記事の引用・転載は、当サイトの引用元が分かるようにリンクをして頂ければ、基本的に許可します。ただし、「NAVERまとめ」等のキュレーションサイトへの引用・転載は不可とします。(勝手に記事をパクられて困っています)

最後に、引用・転載するにあたっても、引用元へのリスペクトを欠いた行為が見受けられる場合は、引用・転載の許可を取り消す場合がありますので、宜しくお願いします。

姉妹サイト(放射能汚染から身を守る!食の安全データベース)でも活動中です^^

サイトマップ