カッバーラの3×3とマヤの終日:不況対策!個人でも有効な方法



>>当サイトの管理人は、こんなモノを買ってます(管理人のamazon購入履歴)


2012年11月 5日


カッバーラの3×3とマヤの終日

管理人は、本日、多少お酒が入っているので、適当に書きます。
まぁ、妄想話・与太話・・・として聞いて下さい(笑


管理人自身、別にカバリストでも何でもありませんが、
古代史を解くためには、どうしても、隠れた象徴を見出す必要があり、
カッバーラ的な事柄を、鋭意勉強しているところです。

さて、そのカッバーラでも、基本となるのが"生命の樹"です。

上記に見える通り、生命の樹は3柱構造です。
""と言うのが非常に大事な訳ですね。

そして、その3柱構造の中でも、3つの三角形があるのが目につきます。


  • 至高世界・・・ケテル・コクマー・ビナー
  • 中高世界・・・ケセド・ケブラー・ティファレト
  • 下層世界・・・ネツァク・ホド・イエソド

各三角形には、それぞれ3つのセフィロトが内蔵されています。
そういう意味で、カッバーラの構造的には、3×3が基本的な構造になります。


伊勢参詣曼荼羅に見る、本当の伊勢神宮

さて、うって変わって、こちらは一昔前の伊勢神宮の絵です。
17世紀の江戸時代に描かれた伊勢参詣曼荼羅(三井文庫蔵)です。

左側が皇大神宮(内宮)で、右側が豊受大神宮(外宮)です。


それで、良く見ると分かるんですが、今の伊勢神宮と昔の伊勢神宮では、
社殿の配置がまるっきり違っているのが分かります。

江戸時代においては、今のような単独で一つの社殿という形式ではなく、
3つの社殿が並列して並んでいた事が分かります。

ちなみに、もっと古い最古の伊勢神宮の絵がありますが、
南北朝時代の14世紀に描かれた、伊勢両宮曼荼羅(正暦寺)でも、
やっぱり内宮・外宮ともに、3社殿が描かれています。

(もっとも、こちらの配置は、並列ではなく、中央が奥に描かれていますが)

このように、古くから伊勢神宮の社殿の基本構成は3つ単位であった事が分かります。


しかしながら、カッバーラの基本は、3×3です。
今のままでは、外宮・内宮のみであり、3×3には対応しません。


これについては、以前、「正しいお伊勢参りの仕方」でも述べたんですが、、、

江戸時代に発見された、「先代旧事本紀 大成経 」という書物には、
"伊雑宮が本来の伊勢神宮の内宮である"という事が書かれています。


すなわち、伊雑宮が日神を祀る社であり、内宮は星神を祀る社、
外宮が月神を祀る社である、としっかり書かれているのです。


したがって、本来の伊勢神宮は以下の3社構造になります。


  • 伊勢神宮・外宮
  • 伊勢神宮・内宮
  • 伊勢神宮・別宮伊雑宮

今はあまり注目されてない伊雑宮ですが、そのうち注目される事になるでしょう。
そして、伊勢神宮の社殿も3つ並び立つ構造になるのではないかと思います。


伊勢神宮の他にも、3つ並び立つ?

なお、ここからは、大いに管理人の妄想も入りますが・・・

このように、伊勢神宮が3つある訳で、陰陽道的には、表があれば裏もあります。
だとすれば、伊勢神宮の他にも注目されるべき場所があるのではないか?と管理人は考えてます。

このサイトでは、ちょこちょこ紹介していますが、
伊勢神宮以外で、3つ並び立つ社としては、それは京都にあります。


  • 上賀茂神社
  • 下賀茂神社
  • 河合神社

伊勢神宮が表の神道のTOPだとすれば、裏の神道のTOPは賀茂神社です。
陰陽だけを考えるならば、陽=伊勢神宮 陰=賀茂神社 です。

したがって、ゆくゆくはこちらも、3つ並び立つ構造になると思います。

・・・

・・・

しかし・・・

管理人は、まだ、それだけではまだ足りないように思います。
なぜなら、カッバーラの基本構造は、3×3構造だからです。

ならば、あと3つ何処か重要な神社があるのではなかろうかと考えています。

そのように考え、オリオン座の三つ星のうち二つを、伊勢・京都に当てはめるならば、、、
残りのもう一つは、位置的に丹後方面の元伊勢・籠神社が該当します。

しかし、残念ながら、籠神社には、3社が見当たりません。。。


・・・他に何処かあるのだろうか?
そう考えたのですが、籠神社付近には、そういうものが見当たりません。

それで、籠神社の方が有名過ぎて、すぐには分からなかったのですが、
もう少し離れた場所に、それらしきものがあります。


場所は、京都の大江山(京都福知山市大江町)です。
ここに、元伊勢の三社があります。


・皇大神社(元伊勢内宮)
・豊受大神社(元伊勢外宮)
・天岩戸神社

参考:元伊勢三社

これが、もしかして、カッバーラでの3×3の残りの3つじゃないのか?
・・・と管理人は、このように考えています。(あくまで推測です)



伊勢神宮-賀茂神社-元伊勢の3×3構造※あくまで推測です

  • 伊勢神宮・伊雑宮・・・河合神社・・・・・天岩戸神社
  • 伊勢神宮・内宮・・・・下賀茂神社・・・・皇大神社
  • 伊勢神宮・外宮・・・・上賀茂神社・・・・豊受大神社

冬至の太陽ラインとマヤ暦

ちなみに、このように思う根拠として、【冬至の日】の太陽ラインがあります。
実は、冬至の日には、太陽の登る方向に、伊勢-京都-大江山まで一直線上に並びます。


これも、伊勢神宮と京都、大江山が繋がりがあると言う事の一つの証拠です。
冬至の太陽ラインが、一直線に並ぶ場所に、神道の重要スポットがあり、
それぞれが3社構造になっているのは、決して、偶然ではないように思います。


明治 - 大正 - 昭和 - 平成

日と月が治め、大いに正す。
日が和に召され、一八十(岩戸)成る。


石川倉二氏のサイトによると、 元号には、こういう暗喩が込められている・・・
とも言われてるみたいですが、

伊勢と大江山とを結ぶ冬至の太陽ラインの両端に、
天の岩戸があるというのも、また奇妙なもんだと、管理人は思います。



冬至(とうじ)は、12月22日ごろ。

マヤ暦の最終日は、2012年12月21日~23日

そして、今上天皇の誕生日は12月23日。


この符号は・・・いったい何なんでしょうね。


最近、管理人は、常々思うのですが、マヤ暦の最終日の日付は、
ある意味、日本人のために用意されてたものなのではないかと思うようになってます。

マヤ人と日本人に全く関係無いと思われるかもしれませんが、
日本の136.5年周期は、まさにマヤ暦のそれです。



ちなみに、沖縄石垣島地方には、マユンガナシという祭儀がありますが、
この祭儀の事を、マヤと呼んでいたりもします。
参考:伊原間の伝統行事 「 マユンガナシ 」

なので、日本人とマヤ人は、決して無関係では無いのかも知れません。


まぁ、マヤ暦の終日に何が起こるか分かりませんが、俯瞰して見ると、
太古から受け継がれてきている凄い仕組みがあるようにも思えます。

もしかすると、この辺りから、
日本を起点に世界が大きく動く(ジャパンショックがある?)のかもしれません。
まぁ、何があるか分かりませんが、しっかり今の時代を見極めていきましょう。


※なお、巷には、マヤ暦の終わりに人類が滅亡すると思っている方も多いようですが、
そんな事は、聖書預言にも書いてあり得ませんので、ご安心ください(笑

ただ、この日を境に、色々と変動が始まる可能性はあるかもしれないので、
今からしっかり準備しておくことをお勧めします。

↓この記事が「良かった!」と思った方はクリックお願いします♪


管理人の勝手なコラム



5年保存冬眠米・無洗米
平成26年産 三重産 減農薬こしひかり
【冬眠米・無洗米】輝(かがやき) 平成26年産・三重産減農薬こしひかり 無洗米5kg×6個【備蓄米・5年長期保存】

当サイトではこれまで「備蓄王 」を推薦していましたが、産地や値段を考慮し、三重産減農薬こしひかりをオススメします。 (放射能検査済み


5年保存が効く無洗米なのは、「備蓄王」と同じですが、
お値段が、備蓄王に比べて約44%も安いです。


国民1人・1年当たりの米の消費量は約60kgです。
1年分くらいは備蓄しておいてください。


【冬眠米・無洗米】輝(かがやき)平成26年産・三重産減農薬こしひかり 無洗米5kg×6個【備蓄米・5年長期保存】

KATADYN(カタダイン) 携帯浄水器
Pocket Micro Filter ポケットマイクロフィルター
KATADYN(カタダイン) 携帯浄水器 Pocket Micro Filter ポケットマイクロフィルター 海外正規品・並行輸入

主食のお米を確保した後は、水の確保が重要です。

カタダイン・ポケットフィルターはフィルター寿命50000リットルと、他の浄水器と比べ、段違いの性能を誇ります。


人が一日に必要な飲料水は、2.3リットルなので、大家族でも、 カタダインさえあれば、多くの水需要をカバーできます。


ちなみに、アメリカ合衆国連邦緊急事態管理庁が推奨する緊急時の水の備蓄量は3日分で、 基本的に1人につき1日1ガロン(約3.8リットル)と定められています。 つまり、3日分なので1人につき約12リットルです


移動時や携帯用には「Vestergaard(ベスターガード) 」もオススメ。また、水の携行ボトルなら、「Platypus(プラティパス) 」もおすすめ。


KATADYN(カタダイン) 携帯浄水器 Pocket Micro Filter ポケットマイクロフィルター 海外正規品・並行輸入

昔塩
1人10kg(700g×14袋)程度
昔塩 5号(せんごう塩+にがり添加) 700g×14袋 0316233

お米と水の次は、”塩”です。砂糖が無くても生きていけますが、塩は生命維持に関わります!


塩分が摂取できなくなると、人はめまいやふらつきを覚え、脱力感、筋肉異常、けいれん、精神障害など様々な朔影響を及ぼします。


日本の食用塩の需要は一人年間で約10kgです。
それくらいの備蓄は必須です。

なお、昔塩は、香川県坂出市で作られているこういう特殊形状の塩です。
昔ながらの平釜で煮詰めた手作りの塩で、管理人も神棚用に毎日使っています^^; 
長期保管しても固まりにくいのも特徴です。

昔塩 5号(せんごう塩+にがり添加) 700g×14袋

※結局は、日本人がいつも神棚に祀る「お米・水・塩」の3つを確保することが、人間が生きる上で重要な訳です^^




記事に関する免責事項

当サイトの記事は、管理人の研究・調査等に基づいて作成してはおりますが、管理人の推測・予測に基づいた内容や考察中の部分も多分に含んでおり、記事内容が間違っている場合も多々あります。従いまして、記事の正確性については一切保証致しません。

当サイトの内容をどう解釈されるかは、全て読者様自身にお任せ致しますが、記事内容を、過度に信頼しすぎないようにお願い致します。万が一読者様が不利益を被ったとしても、当方は一切責任を負う事はできませんので、ご容赦願います。

管理人について

管理人:えふ。
管理人は、不況時代突入を先読みし、一早く会社を退社し脱サラ。

その後、他に先駆けネットビジネスに参入。現在は、ネットのベンチャー会社を立ち上げ、日々ビジネスに邁進しております。

管理人への連絡はこちら

このカテゴリの記事一覧
絶対読むべき本
▼聖書は読むべきです▼


▼聖書教理を正しく知る本▼


あなたを小食に導く本
▼食生活を劇的に変えた本▼


▼長寿の幸せが感じられます▼


▼科学的に食を分析してます▼


▼砂糖を摂るのをやめよう▼


▼断食をやってみよう▼


▼驚きの咀嚼の効果を知ろう▼


三大欲を自制しよう
▼接して漏らさずで有名▼


▼自慰行為を聖書学的に知る


▼ホルモンの力をしろう▼


▼性欲を抑える第六の秘儀▼


▼睡眠時間を減らそう▼


預言関係の本
▼聖書預言の本▼


▼聖徳太子の未来記▼


▼月蔵経の預言▼


神仏儒の古典を読もう!
▼十七条憲法(大成経版)▼


▼日本の歴史『古事記』▼


▼日本の歴史『日本書紀』▼



▼仏教の基本『法華経』▼


▼初学入徳の門『大学・中庸』▼


▼孔子の教え『論語』▼


▼五経の筆頭『易経』▼


管理人のオススメ!
▼聖書は読むべきです▼


記事の著作権について

当サイトの記事の著作権は、全て当方にあります。記事の引用・転載は、当サイトの引用元が分かるようにリンクをして頂ければ、基本的に許可します。ただし、「NAVERまとめ」等のキュレーションサイトへの引用・転載は不可とします。(勝手に記事をパクられて困っています)

最後に、引用・転載するにあたっても、引用元へのリスペクトを欠いた行為が見受けられる場合は、引用・転載の許可を取り消す場合がありますので、宜しくお願いします。

姉妹サイト(放射能汚染から身を守る!食の安全データベース)でも活動中です^^

サイトマップ