宇宙創世⑥ 聖書の中で見るノアの大洪水:不況対策!個人でも有効な方法



>>当サイトの管理人は、こんなモノを買ってます(管理人のamazon購入履歴)


2011年9月12日


宇宙創世⑥ 聖書の中で見るノアの大洪水

※ここで述べる事は、現代の一般的な宇宙史観の立場に立った見方ではありません。
公に認められた理論ではありませんので、その点をご考慮の上でご覧下さい。


今まで、5回に渡って、宇宙発見史などを述べてきました。
今回も、その続きを書こうと思いますが、今回は、少し宇宙創世から離れます^^;

その代わりと言っては何ですが、、、、聖書の中でノアの大洪水を見ていきましょう^^


キリスト教徒でない方も、見れば目からウロコになると思いますし、
既存の一般常識が、完全に崩壊することになると思いますので、まずはご一読下さい。


宇宙創世① 衝突する宇宙

宇宙創世② ティティウスボーデの法則と新惑星の発見

宇宙創世③ 冥王星と惑星X(ニビル)

宇宙創世④ 最新宇宙科学『リトルリン理論』と消えた惑星「フェイトン」

宇宙創世⑤ ノアの大洪水と謎の太陽系第11番惑星『ヤハウェ』



なお、基本的に、宇宙創世のシリーズで述べている事柄は、
飛鳥昭雄氏の「プラズマ宇宙論&太陽系超先端情報」に基づいています。

詳しく知りたい方は、上記の書籍をご覧下さい。
※この本は一読されることをオススメします。きっと今までの常識がひっくり返ります




今回は、宇宙と離れるのもあって、ちょっと、思いつく事だらだら書きます^^;



本文を読む前に、できれば応援クリックにご協力下さいm(__)m ⇒ 人気ブログランキング


ノアの大洪水前までは、人間の寿命は1000歳だった!

聖書の中の創世記には、地球が誕生する時の出来事や、
ノアの大洪水のことも詳しく記されています。

創世記が書いてあるWEBサイト


しかし、残念ながら、キリスト教徒以外の方で、
人類の祖アダムとノアとの関係を詳しく知っている方は少ないように思います。

そこで、まずは、ノアの系譜を見ていきましょう^^


下記は、アダムから数えた代々の系譜です。

表には、彼らの生きた満年齢と、
アダムが産まれた年を、アダム暦0年とした場合の暦も示しています。



これを見ると分かるのですが・・・
ノアは、アダムから数えて、"10代目の子孫"に当たります。


また、驚くことに、一部を除き、アダムからノアまでの系譜は、
ほとんど年齢900歳超えの人間ばかりです。

なので、今の寿命からは、とても考えつかないものになっています。


そして、ノアの大洪水は、アダム暦で言うと、1656年の時に起りました。
※1656年はカッバーラで、合計18=6+6+6となりますが偶然ですかねぇ?

ちなみに、西暦で言えば、ノアの大洪水は紀元前2344年に起ったと推定されています。
(つまり、アダムが産まれたのは、ピッタリ紀元前4000年と推定できます)


しかし、表をご覧になると分かるように、ノアの大洪水をターニングポイントとして、
以降、彼らの寿命は、最大120歳へと寿命が激減して行くのです。。。


高寿命と巨大化の謎 ~恐竜はなぜ巨大だったのか~

人間の最大寿命が約1000歳!


現代のアカデミズムでは、こういった人間の寿命はとても受け入れ難いでしょう。
ただし、管理人は、ここにその明確な理由を見出すことが出来ます。


なぜ、古代人は、それほどまでに長生きができたのか?

それは、下記の3つの理由によります。


①古代人では、現代人のようなDNAの損傷がほとんど見られなかったこと。

②昔の地球は小さく、自転速度・公転速度が今よりも早かった。
回転半径が小さいため、今より地球の重力が小さく、全ての生物は巨大化が可能だったこと。

③聖書の創世記では、昔、地球の空には"天蓋(てんがい)"と呼ばれる
水蒸気層があったことが記されています。

そして、この天蓋があったことで、有害な宇宙線を防ぐことが出来たとともに、
酸素濃度が、現代よりも相当濃い環境の中で生活が出来たこと。


まぁ、①は当然の理由ですが、
②と③は、昔の地球と今の地球が同じモノだと考えていては、導き出せない理由です。

特に、②の影響は大きく、恐竜が巨大化できたのは、
まさに重力の影響が薄かったから、、、と考える事が出来るのです。


ウルトラサイズの恐竜を支えるためには、重力の要素が必要不可欠です。

恐竜が巨大化出来たのは、まさに地球の重力が小さかったという理由が大きいのです。
(現代と比べ、重力が約2/3程度とかなり小さかったと考えられています)


これで、なぜ、地球に恐竜と言う巨大生物が
地球に生息する事が出来たのか?が分かりますよね^^


また、③の酸素濃度と天蓋の影響も見逃せません。

古代においては、太陽などから降りかかる有害な放射線や宇宙線などを、
天蓋がブロックしてくれていたのです。

なので、細胞の癌化を防ぐことが出来、長寿命化が可能だったのです。
さらに、酸素濃度が濃いことで、細胞の成長速度も相当高かったと推測できます。
(これも、生物の巨大化に関わって来ている要因だと思います)


以上が、ノアの大洪水前に見られる、「生物の高寿命と巨大化の謎」の種明かしです。


ちなみに、恐竜が死滅したのは、ノアの大洪水が直接の原因ではありますが・・・

ノアの大洪水に伴い、地球の重力が変化したことに、
身の丈が大き過ぎる恐竜は対応できなかったのではないかと考えられます。

※実際どのようにして、重力が変化したのかは、次回の記事で説明します


※事実、昨今のシミュレーション結果からは、現在の地球の重力の元では、
恐竜は立つことさえもできないことが、明らかになっています

これが、現代において巨大な生物が見られなくなった原因です。
したがって、現代は古代に比べて、小柄な動物しか生きられない重力場になっているのです。


巨人とネフィリム

ちなみに、前述のように考えますと、古代においては、恐竜だけではなく、
人間も巨大になっていた・・・というのは容易に想像がつきますよね?^^

ですので、前回、ノアの箱舟の写真を載せましたが・・・

ノアの箱舟がなぜこんなに大きいのか?という疑問は、
古代の人間の巨人サイズの大きさに合わせていたため、船が大きいのです。

また、そう考えると、ピラミッド建造の謎も解けるのではないでしょうか?

人が何人も集まって、コロの上に石を乗せて引いていた・・・
なんていうのは、現代人サイズでの考えです。

昔の人は巨人で、しかも重力の影響が小さかったのですから、
ある程度の巨石を運ぶのも、今よりもラクラク出来たのです^^

また、それと同時に、もしかすると、聖書で言うところの、
巨人族『ネフィリム』や『恐竜』の力も借りていた・・・のかもしれません。


このように、聖書の創世記は全て正しい!とすると、
今までと違った歴史認識を得ることが出来るのです。

なので、管理人は創造論が正しく、進化論は間違いだ!と常々言っている訳です^^;


以上の通り、古代人は現代人以上に巨人だったのですが、、、
「でも、その肝心の証拠がないじゃないか!」と思われる方も居るかもしれません。

しかし、その肝心な証拠が、現代のアカデミーでは、
ほとんど封殺されているか、無視されてしまっているのです・・・


実は、地球各地で、巨大化した古代人の化石であったり、、、
聖書に描かれた、巨人族ネフィリムの化石も発見されています。

※アメリカのテキサス州パラクシー河流域では、よく巨人の化石が発掘されます。



ネフィリム参考





なので、証拠が無い訳ではなく、
それを発表すると、既存のアカデミズムが崩壊しますので、
そのために発表が差し控えられている、封殺されているといった方が正しいのです。

まぁ、これも権力者による洗脳の一種と言っても良いだろうと思います。


なお、ネフィリムが現代に見られないのも、恐竜と同様に、
ノアの大洪水と地球の重力場について来れなかったことが原因だと思います。

ノアの大洪水も、聖書の創世記の見地から見ると、
当時の地球環境や、社会の激変の状況が分かります。

なので、キリスト教徒でなくとも、
聖書は、買ってでも、一度読むべきだと私は思います^^




聖書から見るノアの大洪水はここまでです。
次回は、また、惑星ヤハウェのその後を見ていきます^^


・・・ちなみに、このノアの洪水は、パンゲアから各大陸の分裂の原因にもなっています。

そして、それは、今後近い将来に起こり得る
大きな地殻変動の布石になりそうなのですが・・・それはまた別のお話。


続き:宇宙創世⑦ ノアの大洪水と地球膨張論

↓この記事が「良かった!」と思った方はクリックお願いします♪


管理人の勝手なコラム



5年保存冬眠米・無洗米
平成26年産 三重産 減農薬こしひかり
【冬眠米・無洗米】輝(かがやき) 平成26年産・三重産減農薬こしひかり 無洗米5kg×6個【備蓄米・5年長期保存】

当サイトではこれまで「備蓄王 」を推薦していましたが、産地や値段を考慮し、三重産減農薬こしひかりをオススメします。 (放射能検査済み


5年保存が効く無洗米なのは、「備蓄王」と同じですが、
お値段が、備蓄王に比べて約44%も安いです。


国民1人・1年当たりの米の消費量は約60kgです。
1年分くらいは備蓄しておいてください。


【冬眠米・無洗米】輝(かがやき)平成26年産・三重産減農薬こしひかり 無洗米5kg×6個【備蓄米・5年長期保存】

KATADYN(カタダイン) 携帯浄水器
Pocket Micro Filter ポケットマイクロフィルター
KATADYN(カタダイン) 携帯浄水器 Pocket Micro Filter ポケットマイクロフィルター 海外正規品・並行輸入

主食のお米を確保した後は、水の確保が重要です。

カタダイン・ポケットフィルターはフィルター寿命50000リットルと、他の浄水器と比べ、段違いの性能を誇ります。


人が一日に必要な飲料水は、2.3リットルなので、大家族でも、 カタダインさえあれば、多くの水需要をカバーできます。


ちなみに、アメリカ合衆国連邦緊急事態管理庁が推奨する緊急時の水の備蓄量は3日分で、 基本的に1人につき1日1ガロン(約3.8リットル)と定められています。 つまり、3日分なので1人につき約12リットルです


移動時や携帯用には「Vestergaard(ベスターガード) 」もオススメ。また、水の携行ボトルなら、「Platypus(プラティパス) 」もおすすめ。


KATADYN(カタダイン) 携帯浄水器 Pocket Micro Filter ポケットマイクロフィルター 海外正規品・並行輸入

昔塩
1人10kg(700g×14袋)程度
昔塩 5号(せんごう塩+にがり添加) 700g×14袋 0316233

お米と水の次は、”塩”です。砂糖が無くても生きていけますが、塩は生命維持に関わります!


塩分が摂取できなくなると、人はめまいやふらつきを覚え、脱力感、筋肉異常、けいれん、精神障害など様々な朔影響を及ぼします。


日本の食用塩の需要は一人年間で約10kgです。
それくらいの備蓄は必須です。

なお、昔塩は、香川県坂出市で作られているこういう特殊形状の塩です。
昔ながらの平釜で煮詰めた手作りの塩で、管理人も神棚用に毎日使っています^^; 
長期保管しても固まりにくいのも特徴です。

昔塩 5号(せんごう塩+にがり添加) 700g×14袋

※結局は、日本人がいつも神棚に祀る「お米・水・塩」の3つを確保することが、人間が生きる上で重要な訳です^^




記事に関する免責事項

当サイトの記事は、管理人の研究・調査等に基づいて作成してはおりますが、管理人の推測・予測に基づいた内容や考察中の部分も多分に含んでおり、記事内容が間違っている場合も多々あります。従いまして、記事の正確性については一切保証致しません。

当サイトの内容をどう解釈されるかは、全て読者様自身にお任せ致しますが、記事内容を、過度に信頼しすぎないようにお願い致します。万が一読者様が不利益を被ったとしても、当方は一切責任を負う事はできませんので、ご容赦願います。

管理人について

管理人:えふ。
管理人は、不況時代突入を先読みし、一早く会社を退社し脱サラ。

その後、他に先駆けネットビジネスに参入。現在は、ネットのベンチャー会社を立ち上げ、日々ビジネスに邁進しております。

管理人への連絡はこちら

このカテゴリの記事一覧
絶対読むべき本
▼聖書は読むべきです▼


▼聖書教理を正しく知る本▼


あなたを小食に導く本
▼食生活を劇的に変えた本▼


▼長寿の幸せが感じられます▼


▼科学的に食を分析してます▼


▼砂糖を摂るのをやめよう▼


▼断食をやってみよう▼


▼驚きの咀嚼の効果を知ろう▼


三大欲を自制しよう
▼接して漏らさずで有名▼


▼自慰行為を聖書学的に知る


▼ホルモンの力をしろう▼


▼性欲を抑える第六の秘儀▼


▼睡眠時間を減らそう▼


預言関係の本
▼聖書預言の本▼


▼聖徳太子の未来記▼


▼月蔵経の預言▼


神仏儒の古典を読もう!
▼十七条憲法(大成経版)▼


▼日本の歴史『古事記』▼


▼日本の歴史『日本書紀』▼



▼仏教の基本『法華経』▼


▼初学入徳の門『大学・中庸』▼


▼孔子の教え『論語』▼


▼五経の筆頭『易経』▼


管理人のオススメ!
▼聖書は読むべきです▼


記事の著作権について

当サイトの記事の著作権は、全て当方にあります。記事の引用・転載は、当サイトの引用元が分かるようにリンクをして頂ければ、基本的に許可します。ただし、「NAVERまとめ」等のキュレーションサイトへの引用・転載は不可とします。(勝手に記事をパクられて困っています)

最後に、引用・転載するにあたっても、引用元へのリスペクトを欠いた行為が見受けられる場合は、引用・転載の許可を取り消す場合がありますので、宜しくお願いします。

姉妹サイト(放射能汚染から身を守る!食の安全データベース)でも活動中です^^

サイトマップ