日本人の思考の欠点:不況対策!個人でも有効な方法



>>当サイトの管理人は、こんなモノを買ってます(管理人のamazon購入履歴)


2011年11月29日


日本人の思考の欠点

徒然なるままに・・・管理人の想いを書いてみます。

管理人自身、今はさほどでは無いんですが・・・
少し前まで、「お金持ちの思考を究めたい!」という想いがありまして・・・^^;

FXやらCFD投資にはまってた時期があり、思考について色々本を読み研究もしました。
(当サイトでも、その一端を、こちらで載せています)


そんなこんなで、思考の研究をしていきますと・・・
お金持ちになるために必要な思考というのが見えてきます。

それが、『プラス思考』と言うモノです。



本文を読む前に、できれば応援クリックにご協力下さいm(__)m ⇒ 人気ブログランキング


皆さん、ご存知の通り、思考には2種類あります。

それが、『プラス思考』 と 『マイナス思考

ちなみに、管理人の場合は、自分で言うのも何ですが・・・
元々は『マイナス思考』が強いタイプかもしれません(苦笑


ただ、一つ言っておくと、プラス、マイナスのどちらに偏り過ぎてもダメで、、、
『プラス思考』の極地は、ただの楽観的なバカになります。

プラス思考が酷いと、現実が見えない、楽観的に見るためリスク管理がおざなりになる。
などなど、色々と不都合が出るので、必ずしもプラス思考が良いとは限りません。


逆に、『マイナス思考』の場合、現実のあらゆるリスクを考慮するため、
慎重に物事を運ぶようになります。

しかし、スピードが重視される場面などでは、どうしてもマイナス思考では、一歩遅れる。

また、事業が波に乗っている成長期にも、
マイナス思考は慎重に構えて、チャンスを逃すと言う事が、往々にしてあるようです。


このように、、『プラス思考』 と 『マイナス思考』には、それぞれ一長一短があります。

※まぁ、金持ちになるためには、中道より、ややプラス思考が、
継続的に力を発揮できるという点で向いているようです。


そして、面白いことに、このプラス思考とマイナス思考は、、、
脳のある部分の仕組みによって、解明できます。

また、その脳の仕組みは、日本の経済が、
現在、苦境に立たされているのと、あながち、無関係では無いんです。。。


日本人の脳の仕組み

実は、驚くかもしれませんが・・・
マイナス思考が世界一強い人種が、何を隠そう、日本人です。

日本人にマイナス思考が多いことは、脳生理学の研究で既に裏付けられています。


実は、マイナス思考に陥り易いかどうかは、
【セロトニン】という 脳内物質の分泌量で決まります。

セロトニンの分泌量が多いと、不安や恐心怖が弱められ、
それだけストレスに対抗できるようになります。


・・・ところが、人によってはセロトニンの分泌量を低く抑えるための、
セロトニントランスポーター遺伝子S型(S遺伝子)と呼ばれる遺伝子を持っています。

言いかえると、S遺伝子を持つ人は、元々、マイナス思考に陥り易い人とも言えるでしょう。


そして、驚く事に、そのS遺伝子を持つ割合が、世界で最も高いのが、、、
我々日本人なんです。。。。


<世界29カ国50135人のS遺伝子の保有率の調査結果>

出典:http://www.biz-hacks.com/column/rudy05_22.html

  • 南アフリカ・・・27.79%
  • ドイツ・・・43.03%
  • イギリス・・・43.98%
  • アメリカ・・・44.53%
  • スペイン・・・46.75%
  • 台湾・・・70.57%
  • シンガポール・・・71.24%
  • 中国・・・75.2%
  • 韓国・・・79.45%
  • 日本・・・80.25%

上記を見ると、アフリカや欧米はS遺伝子を持つ人が少なく、
東アジアはS遺伝子を持つ人が多いのが分かります。

その中でも、特に日本人はS遺伝子を持っている人種だと言えます。
実に、10人中8人までが、S遺伝子を持っているのです。


つまり、本質的に、日本人はマイナス思考なんです。。。


そして、それと反対に、欧米人にはプラス思考が多いのが分かります。

この調査結果を鑑みて、今度は、現実の世界に当てはめて考えてみましょう。


プラス思考の社会とマイナス思考の社会

戦後、日本は一気に飛躍しました。
戦勝国であった、アメリカさえも驚くほどの大躍進。

一気に、世界第二位の経済大国にのし上がります。


この出来事を、思考的に考えるならば、
日本は、戦争で、これ以上にないくらいドン底まで落ちました。

全て財産も何もかも戦争で失い、あるのはもう開き直りの心だけです。


そう。。。

こういうトコトンどん底まで落ちていった、大逆境の時こそ、
実は、マイナス思考の人間が、最も力強く能力を発揮する場なんです。


マイナス思考の人間が開きおなるとどうなるか?

もう、後が無い・・・という気持ちになり、
これまでに以上に、凄まじい能力を発揮するのです。

だからこそ、戦後ここまで日本は躍進して来れたのだと思います。

(ちなみに、管理人自身も、ついでに自己分析すると、
同じく後が無い・・・という場面で成功しているように思います^^;)

・・・

・・・

・・・

しかし、残念ながら、マイナス思考の欠点の一つとして、
成長期にあって、貪欲に利益を上げるたり、事業拡大することに向いていません。

したがって、色々な方面へ展開したり、新技術を開発するよりも、
自分の安全が確立されたフィールド内で戦おうとする傾向にあります。


なので、日本は、内需の経済であったり、
海外の既に成功されたパターンを踏襲したりすることなどで、発展する事になります。

まぁ、要するに、新しいビジネス展開を開くと言う事は、あまりしない人種なのですね。


だから、新しい製品は日本からは生まれない。
逆に、既存の成功された商品を改良する・・・というパターンを日本人は好むのです。


一方、日本人が、こうした閉じこもりがちなビジネスを展開しているころ、
欧米人は、何をしているでしょうか?

欧米人は、元々がプラス思考です。

したがって、例え失敗したとしても、
どんどんその失敗を糧に、新しいモノ新しいモノを追求します。

そうやって、アメリカ人は、新製品をどんどん開発します。
そして、市場に、新製品を送り出していくわけです。

GoogleやSkype、Facebook、i‐phoneなどなど、、、
元々、欧米人は新規製品を作り出し易い土壌や思考を備えているのです。


欧米には、「失敗しても良い・・・」という思考やそれに基づいた社会基盤があります。
だからこそ、新製品が生まれる易いのです。


逆に、日本人は、「失敗したら、減俸だ!」などのように、
常に、失敗しないことを求められます。

このような環境下で、失敗がつきものとなる新製品など、開発出来るでしょうか?
要するに、日本人は、こうしたチャレンジ精神が奪われている社会環境にあるのです。


あなたは両者の社会に、こういう違いがあることにお気づきでしたでしょうか?


そして、いつしか、先行していた日本の技術は、アメリカの企業に追いつかれ、

いつのまにか、日本は、独自で何も生み出すことが出来ない、、、
国内で成功した分野でしか生きられない、、、

そんなガラパゴス化した社会に、日本は陥る羽目になってしまったのです。。。


マイナス思考が生み出す、社会的弊害

マイナス思考に極端に陥った日本社会。
この思考は、国の根本の部分を、徐々に犯していくことになります。


それが一番目に見えるのが、行政であり国家官僚です。

彼らは、東日本大震災の対応でも見られるように、責任を取ろうとしません。


それは何故でしょうか?

実は、これには日本の行政システムとも大きく関わっているのです。


日本の行政の場合、『失敗すれば出世に響くシステム』です。
逆に言えば、失敗しないことが、エリートコースを進む条件になるのです。

こうなると、そこで働く人の思考はどうなるでしょうか?


元々マイナス思考の人間が多いにも関わらず、その中でも、さらに、
「失敗したらどうしよう・・・」「失敗の責任は取りたくない!」・・・という人が出世します。

要するに、日本の官僚のエリートは、、、
失敗したくない、失敗の責任は取りたくないマイナス思考の人間の塊』なのです。


そんな国家官僚がはびこる日本が、この日本を動かしています。
あなたは、こんな状態で、国家として正常に機能すると思いますか?

ハッキリ言って、無理です。
彼らに出来るのは責任逃れと、今の状態を少しでも延命する事しか出来ないのです。


よく、海外などでは、日本人の技術者は一流で、
政治家や官僚は三流、マスコミに至っては四流以下とまで言われます。

こう言われる理由は、まさに、先ほど言ったような理由からです。


まぁ、要するに、底辺を彷徨っている人間の方が、
実は優秀と言う事が日本では非常に多いのです。(小出先生も、そんな感じでしたよね)

中国や韓国は、そのことを十分に理解しています。
だからこそ、彼らは、現場の一流の技術者を引き抜く訳です。

そして、日本には、責任をとれない、失敗したくないといった、、、
出来の宜しく無いTOPの人間だけが残る羽目になり、国家が衰亡していくのです。


日本が外交で勝てない理由

ま、時代が経るに従い、こういう「失敗したくない体質」は、官僚以外にも、
政治家、財界、マスメディア、大学、司法界などに伝播しています。

そして、日本の社会全体にも、それが蔓延してしまっています。


例えば、親は子供に、「○○○しちゃダメでしょ!」とよく言います。

すると、子供は、親に叱られたくない(失敗したくない)という想いになり、
新しいことに挑戦するのが怖くなり、自分のフィールドを狭める要因になってしまうのです。


この子供の事例のように、日本では、
失敗したくないという思考を子供の頃から、身に叩きこまれる社会です。

そんな社会で育った人間が社会人になった時、
どうして、世界で活躍するような人材になれるでしょうか?


日本の政治家が、外交で負け続ける理由も、ズバリここにあります。

これが、今の日本の社会の欠点であり、日本人の本質的な思考の欠点なのです。


ちなみに、日本人で成功する投資家は少ない理由もこれが原因です。

自己容認(自分で犯した間違いを自分で許す)が出来ないと投資では勝てません。
このトレーニングが難しいからこそ、私は、安易には投資は人には勧めません。


こういう日本人ですから、一旦、どん底に落ちない限りは、目覚めませんし、
結局、自分で自己修正することも出来ません。

外部が止めるか、どん底まで行きつくところまで行くしか、
マイナス思考の日本人では出来ないのです。。。


だからこそ、管理人は言いますが、、、
福島の惨劇を受けても、未だ原発を止めることすら出来ない日本人ですから・・・

このままなら必ず、再び、重大な原発事故は繰り返される!
・・・と述べておきます。
(※今度は福井?それとも、玄海?どちらにせよ、あともう一発で日本は完全に終了です)


まぁ、でも、前述したように、ドン底までいけば、日本人は嫌がおうにも目覚めますし、
そういう状況下では、物凄く立ち直りも早いのが、日本人の特徴でもあります。

したがって、日本人の思考の癖からも、世界がドン底になって、最も早く立ち直るのは、
この日本(新しい国?)であると、管理人は予測しておきます。


(まぁ、ただ、今回のサイクルは、色々絡んでいるので大変そうですけどね・・・)

以上、つれづれなるままに、管理人の思いのたけを書いてみました。


▼下記は、管理人が6年前に見て以来、今なお実践してる数少ないマインド本です。
人生を変える一番シンプルな方法―世界のリーダーたちが実践するセドナメソッド


↓この記事が「良かった!」と思った方はクリックお願いします♪


雑記(日記的なもの)



5年保存冬眠米・無洗米
平成26年産 三重産 減農薬こしひかり
【冬眠米・無洗米】輝(かがやき) 平成26年産・三重産減農薬こしひかり 無洗米5kg×6個【備蓄米・5年長期保存】

当サイトではこれまで「備蓄王 」を推薦していましたが、産地や値段を考慮し、三重産減農薬こしひかりをオススメします。 (放射能検査済み


5年保存が効く無洗米なのは、「備蓄王」と同じですが、
お値段が、備蓄王に比べて約44%も安いです。


国民1人・1年当たりの米の消費量は約60kgです。
1年分くらいは備蓄しておいてください。


【冬眠米・無洗米】輝(かがやき)平成26年産・三重産減農薬こしひかり 無洗米5kg×6個【備蓄米・5年長期保存】

KATADYN(カタダイン) 携帯浄水器
Pocket Micro Filter ポケットマイクロフィルター
KATADYN(カタダイン) 携帯浄水器 Pocket Micro Filter ポケットマイクロフィルター 海外正規品・並行輸入

主食のお米を確保した後は、水の確保が重要です。

カタダイン・ポケットフィルターはフィルター寿命50000リットルと、他の浄水器と比べ、段違いの性能を誇ります。


人が一日に必要な飲料水は、2.3リットルなので、大家族でも、 カタダインさえあれば、多くの水需要をカバーできます。


ちなみに、アメリカ合衆国連邦緊急事態管理庁が推奨する緊急時の水の備蓄量は3日分で、 基本的に1人につき1日1ガロン(約3.8リットル)と定められています。 つまり、3日分なので1人につき約12リットルです


移動時や携帯用には「Vestergaard(ベスターガード) 」もオススメ。また、水の携行ボトルなら、「Platypus(プラティパス) 」もおすすめ。


KATADYN(カタダイン) 携帯浄水器 Pocket Micro Filter ポケットマイクロフィルター 海外正規品・並行輸入

昔塩
1人10kg(700g×14袋)程度
昔塩 5号(せんごう塩+にがり添加) 700g×14袋 0316233

お米と水の次は、”塩”です。砂糖が無くても生きていけますが、塩は生命維持に関わります!


塩分が摂取できなくなると、人はめまいやふらつきを覚え、脱力感、筋肉異常、けいれん、精神障害など様々な朔影響を及ぼします。


日本の食用塩の需要は一人年間で約10kgです。
それくらいの備蓄は必須です。

なお、昔塩は、香川県坂出市で作られているこういう特殊形状の塩です。
昔ながらの平釜で煮詰めた手作りの塩で、管理人も神棚用に毎日使っています^^; 
長期保管しても固まりにくいのも特徴です。

昔塩 5号(せんごう塩+にがり添加) 700g×14袋

※結局は、日本人がいつも神棚に祀る「お米・水・塩」の3つを確保することが、人間が生きる上で重要な訳です^^




記事に関する免責事項

当サイトの記事は、管理人の研究・調査等に基づいて作成してはおりますが、管理人の推測・予測に基づいた内容や考察中の部分も多分に含んでおり、記事内容が間違っている場合も多々あります。従いまして、記事の正確性については一切保証致しません。

当サイトの内容をどう解釈されるかは、全て読者様自身にお任せ致しますが、記事内容を、過度に信頼しすぎないようにお願い致します。万が一読者様が不利益を被ったとしても、当方は一切責任を負う事はできませんので、ご容赦願います。

管理人について

管理人:えふ。
管理人は、不況時代突入を先読みし、一早く会社を退社し脱サラ。

その後、他に先駆けネットビジネスに参入。現在は、ネットのベンチャー会社を立ち上げ、日々ビジネスに邁進しております。

管理人への連絡はこちら

このカテゴリの記事一覧
絶対読むべき本
▼聖書は読むべきです▼


▼聖書教理を正しく知る本▼


あなたを小食に導く本
▼食生活を劇的に変えた本▼


▼長寿の幸せが感じられます▼


▼科学的に食を分析してます▼


▼砂糖を摂るのをやめよう▼


▼断食をやってみよう▼


▼驚きの咀嚼の効果を知ろう▼


三大欲を自制しよう
▼接して漏らさずで有名▼


▼自慰行為を聖書学的に知る


▼ホルモンの力をしろう▼


▼性欲を抑える第六の秘儀▼


▼睡眠時間を減らそう▼


預言関係の本
▼聖書預言の本▼


▼聖徳太子の未来記▼


▼月蔵経の預言▼


神仏儒の古典を読もう!
▼十七条憲法(大成経版)▼


▼日本の歴史『古事記』▼


▼日本の歴史『日本書紀』▼



▼仏教の基本『法華経』▼


▼初学入徳の門『大学・中庸』▼


▼孔子の教え『論語』▼


▼五経の筆頭『易経』▼


管理人のオススメ!
▼聖書は読むべきです▼


記事の著作権について

当サイトの記事の著作権は、全て当方にあります。記事の引用・転載は、当サイトの引用元が分かるようにリンクをして頂ければ、基本的に許可します。ただし、「NAVERまとめ」等のキュレーションサイトへの引用・転載は不可とします。(勝手に記事をパクられて困っています)

最後に、引用・転載するにあたっても、引用元へのリスペクトを欠いた行為が見受けられる場合は、引用・転載の許可を取り消す場合がありますので、宜しくお願いします。

姉妹サイト(放射能汚染から身を守る!食の安全データベース)でも活動中です^^

サイトマップ