美味しんぼの問題に思う事:不況対策!個人でも有効な方法



>>当サイトの管理人は、こんなモノを買ってます(管理人のamazon購入履歴)


2014年5月14日


美味しんぼの問題に思う事

美味しんぼの中で、福島で起こっている事は風評被害ではなく実害だとする旨の内容で、
政府・環境省・福島県・大阪府・双葉町などが、次々と抗議をしています。

この放射能の被害の問題を考える際に、管理人が思ったのは、、、
チェルノブイリの時ついた「一つの嘘」が、今の日本を苦しめていると言う事です。



本文を読む前に、できれば応援クリックにご協力下さいm(__)m ⇒ 人気ブログランキング


チェルノブイリで一人の日本人がついた嘘

チェルノブイリ原発事故の後、1990年4月、IAEAが発足させた
原発事故をめぐる国際諮問委員会(IAC)の委員長に重松逸造(故人)が就任します。

その後、19991年からの国際原子力機関(IAEA)の現地調査がありましたが、
この調査団を率いたのが、放影研の初代理事長だった重松逸造でした。
重松は、長瀧重信山下俊一らとともに、現地調査をしています。


そして、その結果、重松は、チェルノブイリで(あれだけの被害を出しておきながら)
「現地では放射能の害は成人には見られず、むしろ放射線ストレスの方が深刻だった」
と重松は総括している訳です。

(だから、チェルノブイリでは放射能で死んだ人はほとんど居ない事になっている)


ちなみに、重松は、イタイイタイ病の問題でも、境庁の委託で
原因を調査するものの、イタイイタイ病の発症過程を解明するに至っていません。
(その間に、認定患者百五十人のうち、既に百三十四人が激痛の中で死亡)

これまであらゆる公害問題で、全て企業利益になる方向に誘導した人物でとされます。
まぁ、これ以上は詳しくは言いませんので、詳しくは、下記をご覧ください。

参考:「30年目のグレーゾーン環境汚染この国のかたち」


それで、問題は、福島県立医科大学の副学長に、重松と同じ流れを汲む
山下俊一氏が就任し、福島県放射線健康リスク管理アドバイザーに就任している事実です。


管理人は、山下俊一氏の発言などを見ると、見事に重松逸造氏と同じだなと思っています。

3月20日の福島で行われた住民への初めての説明会で、山下氏は
「放射線の影響は、にこにこ笑ってる人には来ないが、くよくよしてる人に来る」
・・・と述べてます。

これは、 「放射能の害は成人には見られず、むしろ放射線ストレスの方が深刻だった」
・・・とする、チェルノブイリの被害と、同様の見解です。


恐らく、彼らは、今さら「放射能の被害は実害である
などとは、口が裂けても言わない、、、いや、言えないのではないかと思います。

なぜなら、福島の放射能の被害が実害ならば、チェルノブイリの嘘までが曝け出され、
今まで冒してきた事が明らかとなり、過去の非道を糾弾される立場になるからです。


彼らはその糾弾を非常に畏れており、
だからこそ、必要以上に反対の考えを持つ人を叩いているのです。

美味しんぼの問題でも、国・環境省・福島県・大阪府・双葉町と、次々と抗議をしてますが、
たった一つのマンガに対し、これほど強く拒否反応を示すのは、ハッキリ言って異常です。



福島の放射能問題は、それだけ企業や政府、自治体が触れてほしくない問題だったのでしょう。


経済優先の考え方が、隣人の死を招く・・・

前述のように考えると、福島の放射能災害の根っこにあるのは、
チェルノブイリで放射能被害は無い!」とした一人の日本人の嘘が発端です。

そして、その嘘が、延々と今の日本をも苦しめる元凶になってしまっていると感じます。


ただし、私自身、彼らを糾弾するつもりは毛頭ありません。
なぜなら、誰も嘘をついたことの無い人間なんていませんし、
そうした嘘が、今の日本社会では蔓延し、まかり通ってしまっているからです。


例えば・・・下記のような構造が、日本には、厳然として存在しています。


国会議員に選ばれる政治家の多くは、大企業の関係者か、そのロビイストです。

彼ら政治家は、政治献金を貰った見返りに、その企業の利益を優先する法律を策定します。 (消費税も税率UPしたにも関わらず、企業減税がされてましたね!)

そしてさらに、企業は「研究費」と称して学者にお金を出し、
お金に目がくらんだ学者は、企業にとって都合の良いデータををばらまきます。

そして、その嘘をマスコミがそのデータを大々的に報じて世論を形成し、
結果、一番弱い大衆が、もっとも迫害されていく。


まぁ、こういう縮図が出来あがってしまっています。
福島の放射能問題は、それが一番、顕著になった事例であるに過ぎません。

こういうお金にに魅入られた社会の末路は、
"一部の強者が、多くの屍の上に立つ"、、、言わば、弱肉強食の獣の世界です。

だから、お金のとりこになる人は、とりこに成っていくと思いますし、
そうではない人は、まったく別のものに価値を見出す時代になると思います。


学者(教師)が最も厳しい裁きを受ける

「お金」に目がくらむと、本当の真実を見る目が曇ります。
御用学者は、企業によって都合の良い科学データだけ集め、それを科学的な成果だとします。

その結果、「放射能と健康被害には、関連性があるとは認められない」とされてしまいます。


一部のお金に欲のくらんだ学者の知見が、他の多くの人の苦しみや死を招く、、、
そんなに人を不幸にする「科学」なら要らないと管理人は思うんですがね。


そういう意味でも、先ほど挙げた人の中でも、特に「学者」と呼ばれる方の責任は重いのです。
学者の嘘が信じられ、教科書・実績となり、そこから嘘が無限に広がる事もあるからです。

ちなみに、聖書にも、学者(教師)が、最も厳しい裁きを受けると書いてます。
それくらい、学者の責任は重いのです。


<ヤコブの手紙3章 1節>
わたしの兄弟たち、あなたがたのうち多くの人が教師になってはなりません。
わたしたち教師がほかの人たちより厳しい裁きを受けることになると、
あなたがたは知っています。
<マタイの福音書18章6節>
わたしを信ずるこれらの小さい者のひとりをつまずかせる者は、
大きなひきうすを首にかけられて海の深みに沈められる方が、その人の益になる。

風評被害は、ハッキリ言って経済的利益、「お金」を優先した考え方です。
その風評被害とする恩恵を、最も受けているのが「東電」でしょう。

彼らにとっては、放射能被害が無く、全て風評被害ということにして、
住民に賠償をする被害範囲が、小さければ小さいほど、企業利益になるのですから。


また、政府にとっても、全て風評被害ということにすれば、その分支出が減ります。
福島県も、住民に逃げられると財政が成り立たないので、住民に避難されると困ります。


ちなみに、原発事故当時、住民避難させか迷った管総理に、福島県の佐藤雄平知事が、
100キロ圏内の住民を避難させるとパニックになる。20キロ圏内にさせて欲しい
と範囲を狭めてしまったと、「板垣英憲(いたがきえいけん)情報局」に書かれてます。

結局は、政府も自治体も、企業も学者も、、、全て経済優先の考え方が主流です。
経済よりも、人命を優先しようという考えは、ほとんどそこは見られません。

まぁ、これが利益優先の資本主義の馴れの果て、、、なのではないでしょうか。


それに対し、井戸川氏の言葉は、企業利益には反するのでしょうが、
まさに、人命優先の考え方であると管理人は思います。


戦国時代の武田信玄の言葉として、『甲陽軍鑑』品第三十九に、
『人は城、人は石垣、人は堀、情けは見方、あだは敵』と言う言葉があります。

信頼できる「人」は「城」にも匹敵する、、、という意味ですが、
お金の力でコロコロ意見を変える人の言葉と、人命優先でお金になびかない人の言葉。

どちらの言葉が、胸に突き刺さるでしょうか?


ちなみに、現在自民党は「死亡消費税」を導入を検討しています。
人の死までをも、お金に変える制度、、、恥ずかしくないんでしょうか。。。
(この税制が出来れば、ますますお政府は国民を守らなくなる事は道理です。
集団的自衛権も、併せて考慮すると、かなり怖い事になりそうです)

それで、美味しんぼの問題で、再び、大きく注目された福島ですが、、、

この問題をつぶさに見ると、「経済優先で考える人 or 人命優先で考える人
同じ日本の中でも、きっぱり意見が二分されつつあるのが、見て取れます。

これは平和の日が終わり、分裂の時が、近づいてきた予兆なのかもしれません。


ルカによる福音書12章

あなたがたは、わたしが地上に平和をもたらすために来たと思うのか。
そうではない。言っておくが、むしろ分裂だ。

今から後、一つの家に五人いるならば、三人は二人と、
二人は三人と対立して分かれるからである。

父は子と、子は父と、母は娘と、娘は母と、
しゅうとめは嫁と、嫁はしゅうとめと、対立して分かれる。」



「美味しんぼ」の議論を糧にして

ところで、少し話は変わるんですが、、、
「美味しんぼ」で示された事が本当ならば、かなり深刻な問題です。

でも、その情報を知って何も変わらなければ、「美味しんぼ」の意義は無くなります。
ですので、国民は、それを知ってどうするか?を真剣に考えるべきだと思います。


今現在、政府の方針で、続々と避難地域から福島県に帰還命令が出ているようですが、
管理人は、果たしてそれで良いのか正直疑問ではあります。

中には、移住したくてもお金の問題などで、移住出来ない人もいるでしょうし、
逆に、年配者等、故郷で暮らしたいという方も居るでしょうし、
クオリティ・オブ・ライフの考えも、あってしかるべきかと思っています。


そういった事を、ひっくるめて、「美味しんぼ」の問題を契機に、
今一度、福島に対しての支援をお願いしたいと思いますm()m

下記から、直接、住民に支援ができますので、どうか支援してあげて下さい。


▼福島県の支援先

「福島の現実ー福岡百子の声」「有り得ないことが平然と行われています」
※福岡さんは、一人で大人数をフォローされていますので、応援してあげて下さい

ご協力のお願い|未来の福島こども基金

佐渡保養「へっついの家」を助けてくんなしょ!!


PS.
食べて応援は、「中間の業者」を肥えさせるに過ぎません。
福島への応援を考えるなら、直接、福島の被災者にしてあげるべきだと思います。

↓この記事が「良かった!」と思った方はクリックお願いします♪


雑記(日記的なもの)



5年保存冬眠米・無洗米
平成26年産 三重産 減農薬こしひかり
【冬眠米・無洗米】輝(かがやき) 平成26年産・三重産減農薬こしひかり 無洗米5kg×6個【備蓄米・5年長期保存】

当サイトではこれまで「備蓄王 」を推薦していましたが、産地や値段を考慮し、三重産減農薬こしひかりをオススメします。 (放射能検査済み


5年保存が効く無洗米なのは、「備蓄王」と同じですが、
お値段が、備蓄王に比べて約44%も安いです。


国民1人・1年当たりの米の消費量は約60kgです。
1年分くらいは備蓄しておいてください。


【冬眠米・無洗米】輝(かがやき)平成26年産・三重産減農薬こしひかり 無洗米5kg×6個【備蓄米・5年長期保存】

KATADYN(カタダイン) 携帯浄水器
Pocket Micro Filter ポケットマイクロフィルター
KATADYN(カタダイン) 携帯浄水器 Pocket Micro Filter ポケットマイクロフィルター 海外正規品・並行輸入

主食のお米を確保した後は、水の確保が重要です。

カタダイン・ポケットフィルターはフィルター寿命50000リットルと、他の浄水器と比べ、段違いの性能を誇ります。


人が一日に必要な飲料水は、2.3リットルなので、大家族でも、 カタダインさえあれば、多くの水需要をカバーできます。


ちなみに、アメリカ合衆国連邦緊急事態管理庁が推奨する緊急時の水の備蓄量は3日分で、 基本的に1人につき1日1ガロン(約3.8リットル)と定められています。 つまり、3日分なので1人につき約12リットルです


移動時や携帯用には「Vestergaard(ベスターガード) 」もオススメ。また、水の携行ボトルなら、「Platypus(プラティパス) 」もおすすめ。


KATADYN(カタダイン) 携帯浄水器 Pocket Micro Filter ポケットマイクロフィルター 海外正規品・並行輸入

昔塩
1人10kg(700g×14袋)程度
昔塩 5号(せんごう塩+にがり添加) 700g×14袋 0316233

お米と水の次は、”塩”です。砂糖が無くても生きていけますが、塩は生命維持に関わります!


塩分が摂取できなくなると、人はめまいやふらつきを覚え、脱力感、筋肉異常、けいれん、精神障害など様々な朔影響を及ぼします。


日本の食用塩の需要は一人年間で約10kgです。
それくらいの備蓄は必須です。

なお、昔塩は、香川県坂出市で作られているこういう特殊形状の塩です。
昔ながらの平釜で煮詰めた手作りの塩で、管理人も神棚用に毎日使っています^^; 
長期保管しても固まりにくいのも特徴です。

昔塩 5号(せんごう塩+にがり添加) 700g×14袋

※結局は、日本人がいつも神棚に祀る「お米・水・塩」の3つを確保することが、人間が生きる上で重要な訳です^^




記事に関する免責事項

当サイトの記事は、管理人の研究・調査等に基づいて作成してはおりますが、管理人の推測・予測に基づいた内容や考察中の部分も多分に含んでおり、記事内容が間違っている場合も多々あります。従いまして、記事の正確性については一切保証致しません。

当サイトの内容をどう解釈されるかは、全て読者様自身にお任せ致しますが、記事内容を、過度に信頼しすぎないようにお願い致します。万が一読者様が不利益を被ったとしても、当方は一切責任を負う事はできませんので、ご容赦願います。

管理人について

管理人:えふ。
管理人は、不況時代突入を先読みし、一早く会社を退社し脱サラ。

その後、他に先駆けネットビジネスに参入。現在は、ネットのベンチャー会社を立ち上げ、日々ビジネスに邁進しております。

管理人への連絡はこちら

このカテゴリの記事一覧
絶対読むべき本
▼聖書は読むべきです▼


▼聖書教理を正しく知る本▼


あなたを小食に導く本
▼食生活を劇的に変えた本▼


▼長寿の幸せが感じられます▼


▼科学的に食を分析してます▼


▼砂糖を摂るのをやめよう▼


▼断食をやってみよう▼


▼驚きの咀嚼の効果を知ろう▼


三大欲を自制しよう
▼接して漏らさずで有名▼


▼自慰行為を聖書学的に知る


▼ホルモンの力をしろう▼


▼性欲を抑える第六の秘儀▼


▼睡眠時間を減らそう▼


預言関係の本
▼聖書預言の本▼


▼聖徳太子の未来記▼


▼月蔵経の預言▼


神仏儒の古典を読もう!
▼十七条憲法(大成経版)▼


▼日本の歴史『古事記』▼


▼日本の歴史『日本書紀』▼



▼仏教の基本『法華経』▼


▼初学入徳の門『大学・中庸』▼


▼孔子の教え『論語』▼


▼五経の筆頭『易経』▼


管理人のオススメ!
▼聖書は読むべきです▼


記事の著作権について

当サイトの記事の著作権は、全て当方にあります。記事の引用・転載は、当サイトの引用元が分かるようにリンクをして頂ければ、基本的に許可します。ただし、「NAVERまとめ」等のキュレーションサイトへの引用・転載は不可とします。(勝手に記事をパクられて困っています)

最後に、引用・転載するにあたっても、引用元へのリスペクトを欠いた行為が見受けられる場合は、引用・転載の許可を取り消す場合がありますので、宜しくお願いします。

姉妹サイト(放射能汚染から身を守る!食の安全データベース)でも活動中です^^

サイトマップ