危機が近い?日本版NSC法から裏読みする:不況対策!個人でも有効な方法



>>当サイトの管理人は、こんなモノを買ってます(管理人のamazon購入履歴)


2013年11月28日


危機が近い?日本版NSC法から裏読みする

12月も近づき、今日は山間部では雪も降っているようです。


さて、オカルト的に昨今の政治経済の方を見ていこうと思いますが、、、
一昨日、昨日で、「特定秘密保護法案」「日本版NSC設置法案」が成立しました。

その国会審議など、成立の経緯を一通り見て管理人が感じるのは、
妙に、安倍政権は、その成立を急いでいたように思えてならないのです。


十分な審議が為されないままに、国民の8割が反対している法案を、
今、このタイミングで、わざわざ、政府主導で成立させたのは何故なのでしょうか?

これは、とても不可解な事であり、
その裏に隠された目的を注意深く読みとる必要があるように思います。


さらに、ニュースによると、日本版NSCが発足するのは、
早くも、来週の12月4日からの発足なのだそうです。
(ちなみに、どうでも良い事ですが、12/4は、2011/3/11から数えて、ちょうど1000日目です)


日本版NSC法が成立 12月4日に発足 外交・安保で迅速な意思決定

法律の成立も迅速でしたが、NSCの発足も、これまた迅速です。
まるで、NSCが、すぐさま必要だといわんばかりのスピード成立&発足です。。。


NSCとは何なのか?

ところで、そもそも、NSCって何なのでしょうか?
NSCをよくご存知で無い方のために、下記に簡単に概要を紹介しておきます。


日本版NSCとは?Weblio辞書を一部抜粋)

日本における設置が検討されている「国家安全保障会議」(NSC)の通称。
第一次安倍内閣および第二次安倍内閣において設置に向けた取り組みが推進されている。

(中略)

NSCは、国家の安全保障を統括的に管理するための専門機関ということができる。
国防、安全保障などについて専任スタッフが分析し、
為政者に適切に助言を与えると共に、各省庁間の連携を手助けする役割などを担う。

日本の従来の機関としては、1986年に設置された「安全保障会議」が、位置づけ上NSCに近い。

安全保障会議は国防に関する方針の決定や、安全保障に関する審議などを
行う場として機能するが、議長や議員は非常勤となっており、
緊急時に招集される審議会といった性格が強い。


まぁ、ハッキリ言えば、日本版NSCとは、
これまであった「内閣の安全保障会議」の強化バージョンといった意味合いが強いです。


▼アメリカの国家安全保障会議(NSC)


内閣の安全保障会議自体が、緊急時に召集される審議会だったのですが、
これは、「9大臣会合」という多くの国務大臣が集まって審議されていました。

9大臣会合」は、9人の大臣の集合が必要で、審議に時間がかかりました。

さらに、正式な政策決定は、その「9大臣会合」の審議を受けた後に開かれる
閣議(閣僚全員が出席)で決定して、初めて効力を持つというステップでした。

したがって、緊急時の迅速な政策決定ができないという欠点も併せ持っていたようです。


しかし、新たに新設された日本版NSCでは、「9大臣会合」はそのまま据え置きし、
さらに、その上に、総理・官房長官・外相・防衛大臣による「4大臣会合」が創設されます。
(さらに、「緊急事態大臣会合」も、新たに設置されます)

これによって、今まで「9大臣会合」で審議に時間がかかっていたものが、
「4大臣会合」や「緊急事態会合」で機動性を増すようにした、、、と言うのが政府の説明です。


参考:国家安全保障会議設置準備室のPDF


全体的に見て、NSCは、緊急事態が起きた事を想定した対策機関
・・・という色合いが非常に濃いものです。


こう言う事を勘案すると、、、


政府は、まるで近いうちに、動乱が有ることを予期した上で、
緊急時に政府に必要な「特定秘密保護法案」「日本版NSC設置法案」を強引にまとめた


・・・とは見てとれないでしょうか。


緊急時の想定イメージ

では、その動乱とは何なのでしょうか?


実は、「さきほどのPDF」に、その緊急時のイメージが幾つか書いてあります。
それは、下記の3件です。


  • ①領海侵入・不法上陸事案
  • ②放射能物質テロ事案
  • ③大量避難民事案

①は、恐らく、尖閣諸島の対中国を想定してのイメージだと思いますし、
②、③は、朝鮮戦争が起きた時の事を、想定してのイメージのように思います。

なお、この①~③は、あくまで表向きの想定イメージだと思われます。

上記の中には、日本の大地震などは記載されては居ませんが、
緊急事態の中には、そういった事も、当然、含まれているはずです。


まぁ、実際、どういった事が起こるか分かりませんが、、、
政府も、近いうちに緊急事態が起こる事を想定している事はほぼ確実です。


聖書で預言されている周辺諸国との対立について

前述の通り、NSC法案での危機対応の想定イメージにもありましたが、
NSC法案は、周辺諸国との対立をも想定した法案の一つだと言えます。

また、昨今は、日本の民間内でも、韓国への嫌韓とかヘイトスピーチとかが広まっていますし、
中国・韓国も、日本への対立感情を隠そうとしなくなってるのが分かります。


今まで、表だって現れてこなかった民族対立が、不自然なほど急に湧きあがっているのを見ると、
管理人自身は、聖書の「ルカの福音書」の記述を思いださずにはいられません。


「ルカの福音書」には、終末の前兆として、下記の通り書いています。


ルカによる福音書 第21章

そこで彼らはたずねた、
「先生、では、いつそんなことが起るのでしょうか。
またそんなことが起るような場合には、どんな前兆がありますか」。

イエスが言われた、
「あなたがたは、惑わされないように気をつけなさい。
多くの者がわたしの名を名のって現れ、
自分がそれだとか、時が近づいたとか、言うであろう。彼らについて行くな。
戦争と騒乱とのうわさを聞くときにも、おじ恐れるな。
こうしたことはまず起らねばならないが、終りはずぐにはこない
」。

それから彼らに言われた、
「民は民に、国は国に敵対して立ち上がるであろう。
また大地震があり、あちこちに疫病やききんが起り、
いろいろ恐ろしいことや天からの物すごい前兆があるであろう。

しかし、これらのあらゆる出来事のある前に、人々はあなたがたに手をかけて迫害をし、 会堂や獄に引き渡し、わたしの名のゆえに王や総督の前にひっぱって行くであろう。


上記の通り、終末に近くなると、「民は民に、国は国に敵対して立ち上がる
・・・という状態になりますが、まさに、今の時代に近いように思えます。
(そして、その後に地震や疫病やききんが起こると書かれています)

しかし、聖書の記述通りなら、"それら全てが起こる前"に、
人々はあなたがたに手をかけて迫害をし、、、」の状態になるとも書いてあります。


この迫害の状態が、今まで良く分からなかったのですが、、、最近、ようやく分かりました。

今国会で成立した「特定秘密保護法案」は、表向きは、"情報提供を制限する法案"ですが、
その背後では、容易に言論統制、逮捕、投獄が出来るようになる法案です。


参考:80%が反対する中、秘密保護法案が強行採決で衆院委通過

したがって、今後、憲法9条の改正論議なども出てくると思われますが、
戦争反対をする人や現政治に批判的な人々は、迫害を受ける時代になると思います。

また、そのように考えると、、、
日本に大地震が来るとすれば、それら迫害を経験した後になる、、、のかもしれません。

・・・

・・・


ちなみに、下記は、管理人が定点観測してるドイツDAX株価指数の月足チャートですが、
これを見る限り、12月~1月頃に転機を迎える可能性大という見方です。

▼真冬の被災も想定しておきましょう(-7度対応寝袋)

↓この記事が「良かった!」と思った方はクリックお願いします♪


雑記(日記的なもの)



5年保存冬眠米・無洗米
平成26年産 三重産 減農薬こしひかり
【冬眠米・無洗米】輝(かがやき) 平成26年産・三重産減農薬こしひかり 無洗米5kg×6個【備蓄米・5年長期保存】

当サイトではこれまで「備蓄王 」を推薦していましたが、産地や値段を考慮し、三重産減農薬こしひかりをオススメします。 (放射能検査済み


5年保存が効く無洗米なのは、「備蓄王」と同じですが、
お値段が、備蓄王に比べて約44%も安いです。


国民1人・1年当たりの米の消費量は約60kgです。
1年分くらいは備蓄しておいてください。


【冬眠米・無洗米】輝(かがやき)平成26年産・三重産減農薬こしひかり 無洗米5kg×6個【備蓄米・5年長期保存】

KATADYN(カタダイン) 携帯浄水器
Pocket Micro Filter ポケットマイクロフィルター
KATADYN(カタダイン) 携帯浄水器 Pocket Micro Filter ポケットマイクロフィルター 海外正規品・並行輸入

主食のお米を確保した後は、水の確保が重要です。

カタダイン・ポケットフィルターはフィルター寿命50000リットルと、他の浄水器と比べ、段違いの性能を誇ります。


人が一日に必要な飲料水は、2.3リットルなので、大家族でも、 カタダインさえあれば、多くの水需要をカバーできます。


ちなみに、アメリカ合衆国連邦緊急事態管理庁が推奨する緊急時の水の備蓄量は3日分で、 基本的に1人につき1日1ガロン(約3.8リットル)と定められています。 つまり、3日分なので1人につき約12リットルです


移動時や携帯用には「Vestergaard(ベスターガード) 」もオススメ。また、水の携行ボトルなら、「Platypus(プラティパス) 」もおすすめ。


KATADYN(カタダイン) 携帯浄水器 Pocket Micro Filter ポケットマイクロフィルター 海外正規品・並行輸入

昔塩
1人10kg(700g×14袋)程度
昔塩 5号(せんごう塩+にがり添加) 700g×14袋 0316233

お米と水の次は、”塩”です。砂糖が無くても生きていけますが、塩は生命維持に関わります!


塩分が摂取できなくなると、人はめまいやふらつきを覚え、脱力感、筋肉異常、けいれん、精神障害など様々な朔影響を及ぼします。


日本の食用塩の需要は一人年間で約10kgです。
それくらいの備蓄は必須です。

なお、昔塩は、香川県坂出市で作られているこういう特殊形状の塩です。
昔ながらの平釜で煮詰めた手作りの塩で、管理人も神棚用に毎日使っています^^; 
長期保管しても固まりにくいのも特徴です。

昔塩 5号(せんごう塩+にがり添加) 700g×14袋

※結局は、日本人がいつも神棚に祀る「お米・水・塩」の3つを確保することが、人間が生きる上で重要な訳です^^




記事に関する免責事項

当サイトの記事は、管理人の研究・調査等に基づいて作成してはおりますが、管理人の推測・予測に基づいた内容や考察中の部分も多分に含んでおり、記事内容が間違っている場合も多々あります。従いまして、記事の正確性については一切保証致しません。

当サイトの内容をどう解釈されるかは、全て読者様自身にお任せ致しますが、記事内容を、過度に信頼しすぎないようにお願い致します。万が一読者様が不利益を被ったとしても、当方は一切責任を負う事はできませんので、ご容赦願います。

管理人について

管理人:えふ。
管理人は、不況時代突入を先読みし、一早く会社を退社し脱サラ。

その後、他に先駆けネットビジネスに参入。現在は、ネットのベンチャー会社を立ち上げ、日々ビジネスに邁進しております。

管理人への連絡はこちら

このカテゴリの記事一覧
絶対読むべき本
▼聖書は読むべきです▼


▼聖書教理を正しく知る本▼


あなたを小食に導く本
▼食生活を劇的に変えた本▼


▼長寿の幸せが感じられます▼


▼科学的に食を分析してます▼


▼砂糖を摂るのをやめよう▼


▼断食をやってみよう▼


▼驚きの咀嚼の効果を知ろう▼


三大欲を自制しよう
▼接して漏らさずで有名▼


▼自慰行為を聖書学的に知る


▼ホルモンの力をしろう▼


▼性欲を抑える第六の秘儀▼


▼睡眠時間を減らそう▼


預言関係の本
▼聖書預言の本▼


▼聖徳太子の未来記▼


▼月蔵経の預言▼


神仏儒の古典を読もう!
▼十七条憲法(大成経版)▼


▼日本の歴史『古事記』▼


▼日本の歴史『日本書紀』▼



▼仏教の基本『法華経』▼


▼初学入徳の門『大学・中庸』▼


▼孔子の教え『論語』▼


▼五経の筆頭『易経』▼


管理人のオススメ!
▼聖書は読むべきです▼


記事の著作権について

当サイトの記事の著作権は、全て当方にあります。記事の引用・転載は、当サイトの引用元が分かるようにリンクをして頂ければ、基本的に許可します。ただし、「NAVERまとめ」等のキュレーションサイトへの引用・転載は不可とします。(勝手に記事をパクられて困っています)

最後に、引用・転載するにあたっても、引用元へのリスペクトを欠いた行為が見受けられる場合は、引用・転載の許可を取り消す場合がありますので、宜しくお願いします。

姉妹サイト(放射能汚染から身を守る!食の安全データベース)でも活動中です^^

サイトマップ