原油先物のCFD取引を始めました:不況対策!個人でも有効な方法



>>当サイトの管理人は、こんなモノを買ってます(管理人のamazon購入履歴)


2012年1月11日


原油先物のCFD取引を始めました

(※下記は、ポジショントークも含んでいるので、ご注意下さいませ)

管理人自身、今までやったことない原油先物のCFD取引にチャレンジしようと思います^^;


先日のサウジアラビアの動乱の記事も踏まえて、
効果的に自己防衛をするならば、どうすれば良いか?を、暫く考えてたんですが・・・

一応、その結論が、原油先物な訳で・・・
まぁ、取りあえず、やってやれ!という意気込みで、今日から参戦しています^^;


ただし、原油先物のチャートは、管理人も以前から、ちょこちょこ見ています。


▼2012.1/11時点のWTI原油先物の超長期チャート

▼2012.1/11時点のWTI原油先物の長期チャート

▼2012.1/11時点のWTI原油先物の日足チャート

WTI原油は、2008年のリーマンショックで大幅な暴落をしたんですが、
それ以降、原油価格は、徐々に値上がりしています。

そして、現在はリーマンショックの時の高値と安値を挟んで、
三角保ち合いの状態になっているように見受けられます。


普通、教科書的なテクニカルで言うならば・・・

まず、三角保ち合いの三角形が交差する点までに、
上放たれか、下放たれのどちらかに、大きく動く事になります。

それがどうも、2012年内には、起こりそうな気配ではあります。


値幅に関しては、通常は、三角保ち合いの底辺の値幅、、、

この場合は、リーマンショックの値幅分くらいは、
三角形の頂点から上下どちらかの方向に動くのではないかと思います。


こう考えるて、仮に、今後、原油が高騰(上放たれ)するならば・・・
おおよそ、250ドルくらいまで、値上がりする可能性も孕んでいます。

短期的には、下押しする可能性も大きいとは思いますが、
長期的に見れば、今後、大きく値上がりする可能性は高いかもしれません。



本文を読む前に、できれば応援クリックにご協力下さいm(__)m ⇒ 人気ブログランキング


ファンダメンタル的に見る中東情勢

一方、ファンダメンタル的に見ますと、
現在イランの"ホルムズ海峡封鎖"の話が問題になっています。


もし実施されれば、サウジアラビアを含む、湾岸協力会議(GCC)の6カ国は、
原油輸出が困難になり、原油の供給量が減る可能性があります。

(地図の緑枠の国が、湾岸協力会議の6ヶ国です)

全世界のおおよそ3割の原油が、ホルムズ海峡を通るといわれているので、
原油が3割減れば、重要と供給の問題で、その分、価格は高騰するでしょう。


サウジなどGCCにとっての脅威は、このようなイランの海上封鎖のほか、
イスラエルの戦争リスクと、隣国バーレーンでも起きている、アラブの民主化問題です。

それらが、どうも2012年中に、大きな火ダネになってきそうな気配があります。


取りあえず、管理人は、先々を考えて、今後、原油先物の買いを実施していく予定です。
また、値上がりしていけば、徐々に、買い増すつもりでも居ます。
(ただ、国内の不安もあるので、何か異変が起きたらすぐ撤退しますが)


アメリカの腹の裏?

なお、アメリカの戦略的に考えるならば・・・

イランが海上封鎖を実施してくれた方が、大手を振ってイランを攻撃出来るので、
その方が、アメリカにとって都合が良いのではないか?・・・と管理人は考えます。

表では、海上封鎖をさせないとか言っていますが、
アメリカは裏で何考えてるか分かりません。


嫌らしいことに、アメリカは最終的に自国だけは助かる・・・という戦略を描いています。


その証拠に、アメリカは、アラスカに全く掘られていない
手つかずの良質油田を数多く隠し持っていると言われています。

(リンゼイ・ウィリアムズ情報とかに、よく、この隠し油田の存在は囁かれていました)

隠し油田は、まさに、この時のために、隠し持っていたと考えるならば、
合理的に説明が付くのではないでしょうか。


そして、そのアメリカの原油を高く売るためには、
中東の原油が、使えなくなってくれる方が都合が良いはずです。

まぁ、戦争かなんかで油田施設を破壊するとともに、核汚染などされれば、
中東の原油が使えず、アメリカは、まさに一人勝ちの状態です。


まぁ、ここで述べたのは、あくまで管理人の妄想にしか過ぎませんが・・・

もし、こうした事柄が、アメリカの世界戦略に据えられているならば、、、
おのずと、原油価格がこれからどうなるのか、分かるのではないでしょうか。


まぁ、もし、自分も石油の先物取引をしたい!と思う方が居ましたら、下記をどうぞ。
手数料無料で原油のCFD取引が出来ますので、初心者さんにもオススメかも?


DMM.com証券

>>CFD取引は初めてでも簡単な4銘柄


※なお、ここで書いているのはあくまでも妄想ですし、ポジショントークです。
投資は全て自己責任ですので、当方は一切、責任を負いませんのでご了承ください。

↓この記事が「良かった!」と思った方はクリックお願いします♪


個人資産のインフレ対策



5年保存冬眠米・無洗米
平成26年産 三重産 減農薬こしひかり
【冬眠米・無洗米】輝(かがやき) 平成26年産・三重産減農薬こしひかり 無洗米5kg×6個【備蓄米・5年長期保存】

当サイトではこれまで「備蓄王 」を推薦していましたが、産地や値段を考慮し、三重産減農薬こしひかりをオススメします。 (放射能検査済み


5年保存が効く無洗米なのは、「備蓄王」と同じですが、
お値段が、備蓄王に比べて約44%も安いです。


国民1人・1年当たりの米の消費量は約60kgです。
1年分くらいは備蓄しておいてください。


【冬眠米・無洗米】輝(かがやき)平成26年産・三重産減農薬こしひかり 無洗米5kg×6個【備蓄米・5年長期保存】

KATADYN(カタダイン) 携帯浄水器
Pocket Micro Filter ポケットマイクロフィルター
KATADYN(カタダイン) 携帯浄水器 Pocket Micro Filter ポケットマイクロフィルター 海外正規品・並行輸入

主食のお米を確保した後は、水の確保が重要です。

カタダイン・ポケットフィルターはフィルター寿命50000リットルと、他の浄水器と比べ、段違いの性能を誇ります。


人が一日に必要な飲料水は、2.3リットルなので、大家族でも、 カタダインさえあれば、多くの水需要をカバーできます。


ちなみに、アメリカ合衆国連邦緊急事態管理庁が推奨する緊急時の水の備蓄量は3日分で、 基本的に1人につき1日1ガロン(約3.8リットル)と定められています。 つまり、3日分なので1人につき約12リットルです


移動時や携帯用には「Vestergaard(ベスターガード) 」もオススメ。また、水の携行ボトルなら、「Platypus(プラティパス) 」もおすすめ。


KATADYN(カタダイン) 携帯浄水器 Pocket Micro Filter ポケットマイクロフィルター 海外正規品・並行輸入

昔塩
1人10kg(700g×14袋)程度
昔塩 5号(せんごう塩+にがり添加) 700g×14袋 0316233

お米と水の次は、”塩”です。砂糖が無くても生きていけますが、塩は生命維持に関わります!


塩分が摂取できなくなると、人はめまいやふらつきを覚え、脱力感、筋肉異常、けいれん、精神障害など様々な朔影響を及ぼします。


日本の食用塩の需要は一人年間で約10kgです。
それくらいの備蓄は必須です。

なお、昔塩は、香川県坂出市で作られているこういう特殊形状の塩です。
昔ながらの平釜で煮詰めた手作りの塩で、管理人も神棚用に毎日使っています^^; 
長期保管しても固まりにくいのも特徴です。

昔塩 5号(せんごう塩+にがり添加) 700g×14袋

※結局は、日本人がいつも神棚に祀る「お米・水・塩」の3つを確保することが、人間が生きる上で重要な訳です^^




記事に関する免責事項

当サイトの記事は、管理人の研究・調査等に基づいて作成してはおりますが、管理人の推測・予測に基づいた内容や考察中の部分も多分に含んでおり、記事内容が間違っている場合も多々あります。従いまして、記事の正確性については一切保証致しません。

当サイトの内容をどう解釈されるかは、全て読者様自身にお任せ致しますが、記事内容を、過度に信頼しすぎないようにお願い致します。万が一読者様が不利益を被ったとしても、当方は一切責任を負う事はできませんので、ご容赦願います。

管理人について

管理人:えふ。
管理人は、不況時代突入を先読みし、一早く会社を退社し脱サラ。

その後、他に先駆けネットビジネスに参入。現在は、ネットのベンチャー会社を立ち上げ、日々ビジネスに邁進しております。

管理人への連絡はこちら

このカテゴリの記事一覧
絶対読むべき本
▼聖書は読むべきです▼


▼聖書教理を正しく知る本▼


あなたを小食に導く本
▼食生活を劇的に変えた本▼


▼長寿の幸せが感じられます▼


▼科学的に食を分析してます▼


▼砂糖を摂るのをやめよう▼


▼断食をやってみよう▼


▼驚きの咀嚼の効果を知ろう▼


三大欲を自制しよう
▼接して漏らさずで有名▼


▼自慰行為を聖書学的に知る


▼ホルモンの力をしろう▼


▼性欲を抑える第六の秘儀▼


▼睡眠時間を減らそう▼


預言関係の本
▼聖書預言の本▼


▼聖徳太子の未来記▼


▼月蔵経の預言▼


神仏儒の古典を読もう!
▼十七条憲法(大成経版)▼


▼日本の歴史『古事記』▼


▼日本の歴史『日本書紀』▼



▼仏教の基本『法華経』▼


▼初学入徳の門『大学・中庸』▼


▼孔子の教え『論語』▼


▼五経の筆頭『易経』▼


管理人のオススメ!
▼聖書は読むべきです▼


記事の著作権について

当サイトの記事の著作権は、全て当方にあります。記事の引用・転載は、当サイトの引用元が分かるようにリンクをして頂ければ、基本的に許可します。ただし、「NAVERまとめ」等のキュレーションサイトへの引用・転載は不可とします。(勝手に記事をパクられて困っています)

最後に、引用・転載するにあたっても、引用元へのリスペクトを欠いた行為が見受けられる場合は、引用・転載の許可を取り消す場合がありますので、宜しくお願いします。

姉妹サイト(放射能汚染から身を守る!食の安全データベース)でも活動中です^^

サイトマップ