個人資産300万円以上の方のインフレ対策:不況対策!個人でも有効な方法



>>当サイトの管理人は、こんなモノを買ってます(管理人のamazon購入履歴)


2010年12月21日


個人資産300万円以上の方のインフレ対策

ここでは、個人資産が300万円以上ある方(特に30代以上の方向け)のインフレ対策について解説します。

なお、個人資産が300万円未満の方や20代前半の方は、徹底的に自己投資に充てるべきです。そういった方々は「お金持ちになる思考法」を、お読みくださればと思いますm(__)m


ではまず、始めに、インフレ対策をお話する前に、、、、
あなたに理解しておいて頂きたいのが、インフレの定義です。

こんな小難しい議論から入るのは、今後インフレになるかという判断や、その対策を実施するかどうかは、資料を見て頂いたうえで全てあなた自身の判断で決定して頂きたいからです。

(当サイト管理人を含め)誰かに言われたから投資の決定をしたというの事ではなく、「投資の責任はすべて自己責任である」という事を、まずご理解下さい^^;



本文を読む前に、できれば応援クリックにご協力下さいm(__)m ⇒ 人気ブログランキング


インフレの定義

まず大事な考え方なのですが、、、、もし、あなたがインフレーションが単なる物価上昇という考え方をしているのでしたら、それは間違いです。

インフレが起こるのには、物価の価値が上がるという理由ももちろんありますが、
その一方で、貨幣の価値が下がるという場合もあるのです。(案外この事を見落としがちです)


つまり、インフレ=①物価の上昇,②貨幣価値の下落 この二つの側面があると言う事に注意して下さい。(※また、後日、「ハイパーインフレ対策」の記事で、お話しする予定ですが、インフレにも、良いインフレと悪いインフレがあることにも注意して下さい)


現在の物価の価値はどうなってるの?

では、まず、①の「物価の価値」について見て行きましょう。
一般的に、物価の価値は、CPI(消費者物価指数)とPPI(生産者物価指数)で判断します。日本では総務省が発表しています。

これらCPIとPPIが、インフレ率及び物価変動率の判断材料として用いられていますが、消費者にとって関わりの深い、CPIの方で現在の状況を見てみましょう。
(※下記のグラフ右下の[2]をクリックすると、時系列でのCPIの推移が分かり易いです)


CPIのグラフでは、基準年を100として、100以上なら物価上昇(インフレ)、100以下で物価下落(デフレ)という一つの判断にはなります。

上記グラフの[2]では、2000年頃からデフレ傾向が続いていましたが、2010年9月あたりを底に急反発しています。ただ、この記事を書いてる2010.12月段階では、まだCPIが100以下でデフレを完全に脱却はしておりません。

しかし、この9月からの反発を見ると、10数年来続いたデフレ基調から変化が起こりつつあるようにも見えます。(10年間続いたデフレなので、そろそろインフレ到来・・・という見方も出来ます)


現在の貨幣の価値はどうなってるの?

では、次に、②の貨幣価値が下落しているかどうかについて、調査していきます。

こちらについては、円インデックスのチャートを見てみましょう。
※円インデックスは、ドルだけでなく、ユーロ、オーストラリアドルなど、複数通貨ペアのレートを 合成して指数化し、円高・円安を総合的に判断しやすくしたものです。

上記の通り、円は、一方的に円高になっていますが、2010年末になって、その上昇速度は弱めつつあるように思います。

また、日本円の価値がは、他国の通貨に対して上がり続けており、上がり続けたものはいつか下がるのが道理ですから、このままこの円高基調が続くかは微妙です。


最後に、日銀のマネタリーベースを調査してみましょう。

マネタリーベースとは、日本銀行が金融機関に供給するお金の残高のことを言い、マネーサプライ(世の中に出回っているお金の供給量の総額)を推し量る目安になります。

通貨供給量の急上昇等が見受けられると、貨幣の大量増発によるハイパーインフレの兆候が捉えられるかもしれません。

日本銀行ののマネタリーベース平均残高より)


上記グラフで見ると、2010.12月現在で、2007年初頭を底として、日銀のマネタリーベースは上昇し、現在は横ばいかやや上昇基調です。グラフの上昇は、通貨供給量(マネーサプライ)が増えていることを指しますので、現在徐々にですが、市中にお金が多く出回ってきており、お金の価値はやや薄まりつつあると考えられます。(ただ、まだ常識的な範囲内です)



以上、CPIと円インデックス、それと付マネタリーベースも併せて見てきましたが、こうしてみると、CPIからは物価の下落(デフレ)は収まった感があり、円の通貨価値の上昇も上げどまったかのように見えます。2010.12月時点では、それぞれ、均衡状態と言えるでしょう。

今後、どうなるか分かりませんが、もし、CPIが100以上の水準を超えて来て、円安傾向になれば、インフレが到来したという一つの見方も出来ると思います。


ただ、その場合も、「良いインフレか悪いインフレなのか?」を十分に見極めることです。

なぜなら、インフレにも良いインフレと悪いインフレがあり、それぞれに応じて、対策は異なるからです。


一般的に、需要と供給がマッチしたインフレは良いインフレであり、物の供給が不足して経済混乱が伴うようなインフレは悪いインフレです。

良いインフレの場合は、個人資産をインフレによる目減りから守るため、積極的に投資するという判断もし易いです。一方、悪いインフレの場合は、特に、日本円以外のものに変えるとともに、資産を何処か安全な所に逃避させる必要も出てくるかもしれません。

良いインフレの場合と、最悪の場合のハイパーインフレに備える場合、双方の対策を区分して、考えなければいけないということを、念頭に置いて下さればと思います。


>>通常のインフレ対策
>>ハイパーインフレ対策を考える前に


【参考資料】

悪いインフレかどうかは、消費者物価(CPI)だけでなく、長期金利(下記)の増大も伴いますので、下記の長期金利チャートも逐一観察しておくと良いでしょう。


(※図をクリックすると最新の長期金利が見れます)

さしあたって、2006.11の高値を超えてくるなら、警戒を要します。

↓この記事が「良かった!」と思った方はクリックお願いします♪


個人資産のインフレ対策



5年保存冬眠米・無洗米
平成26年産 三重産 減農薬こしひかり
【冬眠米・無洗米】輝(かがやき) 平成26年産・三重産減農薬こしひかり 無洗米5kg×6個【備蓄米・5年長期保存】

当サイトではこれまで「備蓄王 」を推薦していましたが、産地や値段を考慮し、三重産減農薬こしひかりをオススメします。 (放射能検査済み


5年保存が効く無洗米なのは、「備蓄王」と同じですが、
お値段が、備蓄王に比べて約44%も安いです。


国民1人・1年当たりの米の消費量は約60kgです。
1年分くらいは備蓄しておいてください。


【冬眠米・無洗米】輝(かがやき)平成26年産・三重産減農薬こしひかり 無洗米5kg×6個【備蓄米・5年長期保存】

KATADYN(カタダイン) 携帯浄水器
Pocket Micro Filter ポケットマイクロフィルター
KATADYN(カタダイン) 携帯浄水器 Pocket Micro Filter ポケットマイクロフィルター 海外正規品・並行輸入

主食のお米を確保した後は、水の確保が重要です。

カタダイン・ポケットフィルターはフィルター寿命50000リットルと、他の浄水器と比べ、段違いの性能を誇ります。


人が一日に必要な飲料水は、2.3リットルなので、大家族でも、 カタダインさえあれば、多くの水需要をカバーできます。


ちなみに、アメリカ合衆国連邦緊急事態管理庁が推奨する緊急時の水の備蓄量は3日分で、 基本的に1人につき1日1ガロン(約3.8リットル)と定められています。 つまり、3日分なので1人につき約12リットルです


移動時や携帯用には「Vestergaard(ベスターガード) 」もオススメ。また、水の携行ボトルなら、「Platypus(プラティパス) 」もおすすめ。


KATADYN(カタダイン) 携帯浄水器 Pocket Micro Filter ポケットマイクロフィルター 海外正規品・並行輸入

昔塩
1人10kg(700g×14袋)程度
昔塩 5号(せんごう塩+にがり添加) 700g×14袋 0316233

お米と水の次は、”塩”です。砂糖が無くても生きていけますが、塩は生命維持に関わります!


塩分が摂取できなくなると、人はめまいやふらつきを覚え、脱力感、筋肉異常、けいれん、精神障害など様々な朔影響を及ぼします。


日本の食用塩の需要は一人年間で約10kgです。
それくらいの備蓄は必須です。

なお、昔塩は、香川県坂出市で作られているこういう特殊形状の塩です。
昔ながらの平釜で煮詰めた手作りの塩で、管理人も神棚用に毎日使っています^^; 
長期保管しても固まりにくいのも特徴です。

昔塩 5号(せんごう塩+にがり添加) 700g×14袋

※結局は、日本人がいつも神棚に祀る「お米・水・塩」の3つを確保することが、人間が生きる上で重要な訳です^^




記事に関する免責事項

当サイトの記事は、管理人の研究・調査等に基づいて作成してはおりますが、管理人の推測・予測に基づいた内容や考察中の部分も多分に含んでおり、記事内容が間違っている場合も多々あります。従いまして、記事の正確性については一切保証致しません。

当サイトの内容をどう解釈されるかは、全て読者様自身にお任せ致しますが、記事内容を、過度に信頼しすぎないようにお願い致します。万が一読者様が不利益を被ったとしても、当方は一切責任を負う事はできませんので、ご容赦願います。

管理人について

管理人:えふ。
管理人は、不況時代突入を先読みし、一早く会社を退社し脱サラ。

その後、他に先駆けネットビジネスに参入。現在は、ネットのベンチャー会社を立ち上げ、日々ビジネスに邁進しております。

管理人への連絡はこちら

このカテゴリの記事一覧
絶対読むべき本
▼聖書は読むべきです▼


▼聖書教理を正しく知る本▼


あなたを小食に導く本
▼食生活を劇的に変えた本▼


▼長寿の幸せが感じられます▼


▼科学的に食を分析してます▼


▼砂糖を摂るのをやめよう▼


▼断食をやってみよう▼


▼驚きの咀嚼の効果を知ろう▼


三大欲を自制しよう
▼接して漏らさずで有名▼


▼自慰行為を聖書学的に知る


▼ホルモンの力をしろう▼


▼性欲を抑える第六の秘儀▼


▼睡眠時間を減らそう▼


預言関係の本
▼聖書預言の本▼


▼聖徳太子の未来記▼


▼月蔵経の預言▼


神仏儒の古典を読もう!
▼十七条憲法(大成経版)▼


▼日本の歴史『古事記』▼


▼日本の歴史『日本書紀』▼



▼仏教の基本『法華経』▼


▼初学入徳の門『大学・中庸』▼


▼孔子の教え『論語』▼


▼五経の筆頭『易経』▼


管理人のオススメ!
▼聖書は読むべきです▼


記事の著作権について

当サイトの記事の著作権は、全て当方にあります。記事の引用・転載は、当サイトの引用元が分かるようにリンクをして頂ければ、基本的に許可します。ただし、「NAVERまとめ」等のキュレーションサイトへの引用・転載は不可とします。(勝手に記事をパクられて困っています)

最後に、引用・転載するにあたっても、引用元へのリスペクトを欠いた行為が見受けられる場合は、引用・転載の許可を取り消す場合がありますので、宜しくお願いします。

姉妹サイト(放射能汚染から身を守る!食の安全データベース)でも活動中です^^

サイトマップ