迫りくる猫の国⑨~神武東征年の甲寅の謎・虎の頭はなぜ動く?~:不況対策!個人でも有効な方法



>>当サイトの管理人は、こんなモノを買ってます(管理人のamazon購入履歴)


2014年11月 7日


迫りくる猫の国⑨~神武東征年の甲寅の謎・虎の頭はなぜ動く?~

当記事は、あくまで管理人の妄想に過ぎませんので悪しからず


現在管理人が謎解きしている、『根子(猫)』についての謎解きですが、、、

神武天皇の東征時における『平方』や、古代天皇の名前に付けられた『根子』、
さらに相撲と陰陽五行の関係、そして、現代との絡みについて色々述べて来ました。


日本書紀などを見ると、神武東征以前の「地の時代」に始まり、
現代までの「人の時代」を経て、それから「五行の時代」、「天の時代」へと、、、

そういう時代の流れ(神による人類計画?)が存在しているように思います。


▼日本の歴史には、「地⇒人⇒天」の流れが存在するらしい


神武天皇の平方根の謎』を読み解くと、現代は、「人の時代の末期」から、
「五行の時代」へと突入している段階に該当し、まさに、終わりの直前です。

そのような「終わり」の時代において、管理人は、
何か「終わり」を探る鍵が、「始まり」に隠されているのではないか?・・・と思うのです。


そう言う意味で、日本の始まり、神武東征の始まりを詳しく調べると、
この日付は、起源前667年10月5日(西暦0年から、-666年と66日でした。

まさに、6の羅列です。


これが関係してるのか分かりませんが、、、
神武東征時において、神武天皇に道を示した塩土老翁(しおつちのおじ)は、
国の事を、六合(くに)という言葉で言い表していました。


<『日本書紀』 巻第三 神武天皇 神日本磐余彦天皇>

余(わたし)が思うに、その地は必ず大業をひろめ天下を治めるに良い土地である。
思うに、六合(くに)の中心であろう。

(中略)

もろもろの皇子は応えて言った。「その通りです。我らもそう思います。
速やかに実行しましょう」と言った。この年、太歳甲寅

その年の冬、十月の丁巳(ひのとみ)の朔 辛酉(かのととりの日=5日)に、
天皇は自らもろもろの皇子や舟軍を率いて、東征を開始した。


もしかすると、これも、6の羅列を意識した言葉だったのかもしれません。
※そういや千と千尋の神隠しの中でも、釜爺がしきりに6番目の駅だぞ・・・と言ってましたね


しかし、この6の羅列以外にも、この日柄には、大きな謎が隠されていると思います。
それが、、、神武東征年に記された太歳甲寅という年号です!


甲寅の年 十月の丁巳(ひのとみ)の朔 辛酉(かのととり)=起源前667年10月5日

今回は、この太歳甲寅に隠された謎について考察します。
今回の記事を見れば、なぜ、神武天皇が彦火火出見(ひこほほでみ)なのか、分かるかも?



本文を読む前に、できれば応援クリックにご協力下さいm(__)m ⇒ 人気ブログランキング


辛酉(かのととり)の意味

管理人は、最初、神武東征年月日を調べた時に、
新暦での日付が、起源前667年10月5日(西暦0年から、-666年と66日)と言う事に、
凄く驚いてしまったのですが、、、

それ以外にも、古代の日本書紀編纂者は、十干十二支を非常に重視したと思うのです。


甲寅の年 十月の丁巳(ひのとみ)の朔 辛酉(かのととり)=起源前667年10月5日

例えば、辛酉(かのととり)の日を選んだのは、陰陽五行も絡んでいると思われます。
辛(金の弟=陰の金)酉(金の弟=陰の金

つまり、辛酉の日は、陰の金が二つ重なった、極陰と言って良いです。
極陰の後は、陽に転ずるので、物事の新たなスタートの時期として相応しいのではないでしょうか。
辛酉革命の概念も、こういう所から来ています)

※金気が重なると、人心が冷え込むと言われている


辛酉は、神武天皇の東征だけではなく、神武天皇が橿原で即位した時も辛酉の年でしたし、
神武天皇の弓に停まったのも、金鵄(きんし:金の鳶)という、金精の酉でした。


ですので、古代の日本書紀編纂者は、かなり十干十二支の日付を選んでいると思われるのです。


神武東征の日付に関しては、分かりました。
では、今度は、神武東征年の干支である甲寅(きのえとら)に関してはどうでしょうか?


太歳甲寅(きのえとら)に隠された意味

実は、この甲寅(きのえとら)も非常に意味がある年なんです。
甲(木の兄=陽の木)寅(木の兄=陽の木

こちらは、陽の木が重なった年になっています。


この陽の木の重なりが、何を表しているかを、陰陽五行で解いてみましょう。
陰陽五行では、下記のような『①五行相生』『②五行相剋』の関係がありますが・・・


『①五行相生』・・・順送りに相手を生み出して行く、陽の関係。

  • 木生火・・・木は燃えて火を生む。
  • 火生土・・・物が燃えればあとには灰が残り、灰は土に還る。
  • 土生金・・・鉱物・金属の多くは土の中にあり、土を掘ることで金属を得る。
  • 金生水・・・金属の表面には凝結により水が生じる。
  • 水生木・・・木は水によって養われ、水がなければ木は枯れてしまう。
『②五行相剋』・・・相手を打ち滅ぼして行く、陰の関係。

  • 木剋土・・・木は根を地中に張り土を締め付け、養分を吸い取り土地を痩せさせる。
  • 土剋水・・・土は水を濁す。また、土は水を吸い取り、水を土塁等でせき止める。
  • 水剋火・・・水は火を消し止める。
  • 火剋金・・・火は金属を熔かす。
  • 金剋木・・・金属製の斧や鋸は木を傷つけ、切り倒す。

『①五行相生』、『②五行相剋』ともに、始まりは、『木』から始まっているんですね。
そして、木火土金水(もくかどごんすい)の中で、生命を持っているのは木だけなのです。

したがって、木は、生命活動の始まりを示すと言っても良いでしょう。


木は、季節で言えば、草木の芽生える春です。そこから、生命活動が胎動していくのです。
(だから、「胎動する、振動する」という意味も、木気には含まれます)


また、方角で言えば、陽光の当たる東が、木に該当します。
神武東征で、なぜ、東に向かったか?と言えば、、、これは陰陽五行の木に関わっていているからです。


ちなみに、天武天皇の年齢研究さんによると、天武天皇の壬申の乱の際も、
不自然に「東に向かった」という記述があることが指摘されてます。

【日本書紀 天武天皇(上)】

六月辛酉朔壬午、詔~朕今發路。將入東。
「(壬申年)六月辛酉朔壬午(6月21日)、
詔して曰く、『~朕(われ)、今發(いで)路(た)たん』とのたまう。
甲申(24日)にに入らんとす。」

※壬申の乱も辛酉が重視されてます

丑寅(北東)と根

そして、大事な事として、、、木気の始まりの位置を見て下さい。
木気の始まりの位置は、丑月と寅月の境から始まります。

方角で言えば、これは丑寅(北東)の方角であり、俗に鬼門と呼ばれます。

丑寅の鬼門を季節で示せば、、、
大晦日12/31から正月にかけての間の時期が、丑寅なのです。

つまり、日本人が正月を祝うのは、丑寅の鬼門を無事に過ぎて、
正月(寅の月)の木気の始まりという、生命活動の開始点でもあるからなのです。

神武東征の甲寅(きのえとら)の寅の干支は、まさに正月を意識した年号です。
(それが、起源前-666年+66日の年だったのは、まさしく暦の妙なんですが・・・)


そして、もう一つ言いますと、、、丑寅は艮(ごん)とも言います。

木の生命活動の開始点においての、艮(ごん)は、、、
すなわち、『根』なのです。


これを陰陽五行で説明すると、、、、

寅月の前にある、丑月の旧暦12月13日から、大晦日までは寒中の土用です。
(土用は、各季節の境目に18日間設定されてます)

丑月は、水の属性で、陰陽五行の五行相生の関係でいくと、水生木(水は木を生じる)です。
寒中の土用なので、要するに湿度(泥)から、木(生命)が誕生するのです。

植物は、湿った土に、根を張って、、、そこから芽吹きを迎えます。
(植物だけでなく、最初の人間のアダムも、聖書によると、土から作られています)

こう言う所からも、丑寅にあるのは、『木の根』なのです。

このように、陰陽五行で、解いていけば、
なぜ、神武天皇が、『179万2470余年』という平方が暗示される年代を示したのか?
(参考:東日本大震災と神武天皇の『179万2470余年』の謎

これが分かるような気がしませんか?


虎の頭が動く理由とは?

ところで、ここで皆さんに、一つ、面白い人形を示します。
↓コレです。



虎の張り子なんですけどね。。。

この虎の人形、面白いのです。
なぜか、首の所にばねが仕込まれ、虎の頭だけが動くようになっているのです。


【画像は楽天市場の販売元より】


あなたは、この虎の張り子人形、、、なぜ、頭だけ動くかご存知ですか?


実は、これも、陰陽五行で解けるのです。
先ほど、"「胎動する、振動する」という意味も、木気には含まれる"と書きました。

虎の頭が振動するというのは、、、
すなわち、"寅月の最初での生命の胎動"を表しているのです。

だから、虎の張り子は、頭だけが動くのです。
※生命胎動に振動が大事という事は、地震も、何かしら意味があるのかも・・・?


虎の張り子以外にも、雷(カミナリ)も、振動が関係しているものです。

雷と書いて、"あずま"と読ませることがあるのですが、あずま=東です。
雷は、ゴロゴロと大気を振動させる事から木気とされ、
木の方角である"あずま=東"と呼ばれたのだと思います。

まぁ、このように虎の張り子は、陰陽五行を駆使した造形物(呪具)なんですが、
この歴史は、実は、とても古く、、、平安時代には既に、使われていたのです。

実際、そういった新たな生命の胎動に、
虎の頭が、使われていた形跡が、紫式部日記 に記載されてあります。


紫式部日記 第一章の一六 御湯殿の儀式より>

宮は、殿抱きたてまつりたまひて、御佩刀、
小少将の君、虎の頭、宮の内侍とりて御先に参る。

(宮は殿が抱き、
刀をささげて先行するのは小少将の君、
虎の頭をささげて持っていくのは宮の内侍である)


宮の誕生に際して、「虎の頭を捧げて持っていく・・・」と記述されており、
虎の頭を使った呪術が、相当古くからあった事が分かる、貴重な資料です。

今では、日本人は、ほとんど忘れてしまいましたが、
こういう小さな遊び心を持った小物にも、様々な意味が隠されている訳ですね^^;


そして、もう一つ大事なことに、、、
古代より、猫(根子)は虎の仲間だと信じられてきました。

猫(根子)が虎(寅)を暗示するならば、、、
天皇の古代名の倭根子天皇などは、、、
復活再生を意識した言葉であったのかもしれません・・・???


彦火火出見(ひこほほでみ)という名前

今回の記事の最後に、神武天皇の彦火火出見(ひこほほでみ)という別名について考えてみます。


まず、神武東征の年号である甲寅(きのえとら)は、両方とも、陽の木です。


ここで、考えて頂きたいのですが・・・
古代において、火起こしをする時に、人々はどうしていたでしょうか?


簡単に思いつくのは、、、今も、アフリカの部族などがやっていますが、
木と木を擦り合わせて、火を付ける方法ではないでしょうか?


【画像は、木の棒を擦り合わせて火を起こすサバイバル技術より】


つまり、神武東征の年号である甲寅(きのえとら)は、
陽の木が、二つ重なっている、、、まさしく、火起こしをしているようなものです。

木という生命の誕生は、逆に言えば、火が点き始める兆しでもある訳ですね。
新たに生まれた木は、徐々に燃やされながら、次の火の状態に移っていくのです。


実際、中国の古文書『淮南子』には、こう書いてます。


<『淮南子』より>

水は申に生じ、子に盛んに、辰に死す。三辰は皆水なり。
火は寅に生じ、午に盛んに、戌に死す。三辰は皆火なり。
木は亥に生じ、卯に盛んに、未に死す。三辰は皆木なり。
金は巳に生じ、酉に盛んに、丑に死す。三辰は皆金なり。


上記の通り、火の発生点は、寅から生じるのです。
それを考えると、神武天皇の彦火火出見(ひこほほでみ)は、
木に火を付けることを念頭に置いた名前なのではないでしょうか?


そして、神武天皇によって作られた日本は、方位学で考えると、「木の国」です。

木が重要視されたのは、日本の地理的な面もあるかもしれませんね。


ちなみに、不思議なことに、彦火火出見(ひこほほでみ)は一人ではなく、
火遠理命(ほおりのみこと)=山幸彦(やまさちひこ)にも、同じ名前があります。

二人の共通点は、、、
二人とも、塩土老翁(しおつちのおじ)に道を示されている事です。


ですので、今後、日本の将来で、あなたが非常に絶望するようなことがあって、
道に迷ったならば、塩土老翁に聞いてみると良いのかもしれませんね。。。


<お終い>



・・・と言うことで、『猫(根子)』シリーズの話は
(スピンオフの話はするかも知れませんが)これにて、一旦、終了とさせて頂きますm()m

今後は、類似シリーズとして、、、どこまで出来るか分からないんですが、
ジブリの猫(猫の恩返し)について、謎解きしようかどうしようか迷ってます^^;


続き(?)⇒迫りくる猫の国 番外編1:~日本人が猫好きになった隠れた理由とは?~


PS.今回の記事については、下記の吉野裕子氏の
カミナリさまはなぜヘソをねらうのか 」を大いに参考にさせて頂きましたm()m
管理人だけのアイデアでは、『根』について、ここまで理解出来ていません。
(吉野氏の慧眼に感服する次第です)


↓この記事が「良かった!」と思った方はクリックお願いします♪


迫りくる猫の国



5年保存冬眠米・無洗米
平成26年産 三重産 減農薬こしひかり
【冬眠米・無洗米】輝(かがやき) 平成26年産・三重産減農薬こしひかり 無洗米5kg×6個【備蓄米・5年長期保存】

当サイトではこれまで「備蓄王 」を推薦していましたが、産地や値段を考慮し、三重産減農薬こしひかりをオススメします。 (放射能検査済み


5年保存が効く無洗米なのは、「備蓄王」と同じですが、
お値段が、備蓄王に比べて約44%も安いです。


国民1人・1年当たりの米の消費量は約60kgです。
1年分くらいは備蓄しておいてください。


【冬眠米・無洗米】輝(かがやき)平成26年産・三重産減農薬こしひかり 無洗米5kg×6個【備蓄米・5年長期保存】

KATADYN(カタダイン) 携帯浄水器
Pocket Micro Filter ポケットマイクロフィルター
KATADYN(カタダイン) 携帯浄水器 Pocket Micro Filter ポケットマイクロフィルター 海外正規品・並行輸入

主食のお米を確保した後は、水の確保が重要です。

カタダイン・ポケットフィルターはフィルター寿命50000リットルと、他の浄水器と比べ、段違いの性能を誇ります。


人が一日に必要な飲料水は、2.3リットルなので、大家族でも、 カタダインさえあれば、多くの水需要をカバーできます。


ちなみに、アメリカ合衆国連邦緊急事態管理庁が推奨する緊急時の水の備蓄量は3日分で、 基本的に1人につき1日1ガロン(約3.8リットル)と定められています。 つまり、3日分なので1人につき約12リットルです


移動時や携帯用には「Vestergaard(ベスターガード) 」もオススメ。また、水の携行ボトルなら、「Platypus(プラティパス) 」もおすすめ。


KATADYN(カタダイン) 携帯浄水器 Pocket Micro Filter ポケットマイクロフィルター 海外正規品・並行輸入

昔塩
1人10kg(700g×14袋)程度
昔塩 5号(せんごう塩+にがり添加) 700g×14袋 0316233

お米と水の次は、”塩”です。砂糖が無くても生きていけますが、塩は生命維持に関わります!


塩分が摂取できなくなると、人はめまいやふらつきを覚え、脱力感、筋肉異常、けいれん、精神障害など様々な朔影響を及ぼします。


日本の食用塩の需要は一人年間で約10kgです。
それくらいの備蓄は必須です。

なお、昔塩は、香川県坂出市で作られているこういう特殊形状の塩です。
昔ながらの平釜で煮詰めた手作りの塩で、管理人も神棚用に毎日使っています^^; 
長期保管しても固まりにくいのも特徴です。

昔塩 5号(せんごう塩+にがり添加) 700g×14袋

※結局は、日本人がいつも神棚に祀る「お米・水・塩」の3つを確保することが、人間が生きる上で重要な訳です^^




記事に関する免責事項

当サイトの記事は、管理人の研究・調査等に基づいて作成してはおりますが、管理人の推測・予測に基づいた内容や考察中の部分も多分に含んでおり、記事内容が間違っている場合も多々あります。従いまして、記事の正確性については一切保証致しません。

当サイトの内容をどう解釈されるかは、全て読者様自身にお任せ致しますが、記事内容を、過度に信頼しすぎないようにお願い致します。万が一読者様が不利益を被ったとしても、当方は一切責任を負う事はできませんので、ご容赦願います。

管理人について

管理人:えふ。
管理人は、不況時代突入を先読みし、一早く会社を退社し脱サラ。

その後、他に先駆けネットビジネスに参入。現在は、ネットのベンチャー会社を立ち上げ、日々ビジネスに邁進しております。

管理人への連絡はこちら

絶対読むべき本
▼聖書は読むべきです▼


▼聖書教理を正しく知る本▼


あなたを小食に導く本
▼食生活を劇的に変えた本▼


▼長寿の幸せが感じられます▼


▼科学的に食を分析してます▼


▼砂糖を摂るのをやめよう▼


▼断食をやってみよう▼


▼驚きの咀嚼の効果を知ろう▼


三大欲を自制しよう
▼接して漏らさずで有名▼


▼自慰行為を聖書学的に知る


▼ホルモンの力をしろう▼


▼性欲を抑える第六の秘儀▼


▼睡眠時間を減らそう▼


預言関係の本
▼聖書預言の本▼


▼聖徳太子の未来記▼


▼月蔵経の預言▼


神仏儒の古典を読もう!
▼十七条憲法(大成経版)▼


▼日本の歴史『古事記』▼


▼日本の歴史『日本書紀』▼



▼仏教の基本『法華経』▼


▼初学入徳の門『大学・中庸』▼


▼孔子の教え『論語』▼


▼五経の筆頭『易経』▼


管理人のオススメ!
▼聖書は読むべきです▼


記事の著作権について

当サイトの記事の著作権は、全て当方にあります。記事の引用・転載は、当サイトの引用元が分かるようにリンクをして頂ければ、基本的に許可します。ただし、「NAVERまとめ」等のキュレーションサイトへの引用・転載は不可とします。(勝手に記事をパクられて困っています)

最後に、引用・転載するにあたっても、引用元へのリスペクトを欠いた行為が見受けられる場合は、引用・転載の許可を取り消す場合がありますので、宜しくお願いします。

姉妹サイト(放射能汚染から身を守る!食の安全データベース)でも活動中です^^

サイトマップ