迫りくる猫の国③~鬼を使役する九州の根子岳~:不況対策!個人でも有効な方法



>>当サイトの管理人は、こんなモノを買ってます(管理人のamazon購入履歴)


2014年8月10日


迫りくる猫の国③~鬼を使役する九州の根子岳~

当記事は、あくまで管理人の妄想に過ぎませんので悪しからず


当サイトでは、最近、猫(根子)について、色々考察していますが、、、
ためしに、『猫』が含まれることわざを見て見て下さい^^;


生物の「猫」を含む ことわざ
猫のことわざ・故事成語

まぁ、見れば分かるのですが・・・
ほとんど(一つも?)良い意味で「猫」が使われてい無い事が分かります。



なぜ、諺では、これほどまでに、猫は悪役なのか?という疑問が湧きますが、、、

もしかすると、「猫に鰹節」、「猫が肥えれば鰹節がやせる
・・・などの諺に、そのヒントを見出せるかもしれません。


▼鰹節(カビ付けされた「本枯節」)

※猫に鰹節・・・猫に鰹節の番をさせることは、過ちを起こしやすくて危険である
※猫が肥えれば鰹節がやせる・・・片方によいと片方に悪いということ



本文を読む前に、応援クリックにご協力下さいm(__)m ⇒ 人気ブログランキング


猫が肥えれば鰹節がやせる

以前、当サイトで、伊勢神宮の千木は、牛の角の象徴だと言いましたが、
屋根の上には、もう一つ重要なシンボルとして、横木の鰹木が存在します。


まぁ、現代人は既にその意味も忘れかけてしまっているんですが・・・
古代から、鰹節は、干し飯(ほしいい)に優る最高の備蓄食(兵糧食)と言われてきました。

記紀の雄略天皇条には、鰹木を上げた建築を見て、雄略天皇が怒って滅ぼした・・・
などという記述がありますが、、、、

これは「兵糧食を蓄えたのを、天皇への謀反の意あり」と天皇が見なしたからと思われます。


参考:実践サバイバルのすすめ―ひと目でわかる図解


このように、鰹節は、最高の備蓄食(兵糧食)の意味があり、
それを掲げた神社の鰹木には、神に最高の食材を納めた意味もあったのではないでしょうか。


しかし、ここで問題があるんです。
「猫が肥えれば鰹節がやせる」と言うように、猫と鰹は相反する存在です。

猫にとっては鰹節は大好物で、鰹節を猫の前に置けば、すぐ食べられてしまいます。


象徴的に考えれば、、、
猫(根子)が肥える時、鰹木(国の祭祀?)も痩せる
・・・と言う事を暗示しているように思うのです。


なお、似たような諺で『傾城は猫』『猫はおやまの生まれ変わり』等があります。
これらの諺にも、国が傾く(痩せる)の意味があります。

これらは、以前、「メス雉が鳴く時、日本は滅ぶ?」でも言及しましたが、
「牝鶏晨す(ひんけいあしたす)」「雌鳥歌えば家滅ぶ」に通じる教えかも知れません。

猫でも、、、特に女性の猫には、気を付けるべきかも知れませんね。


参考:安倍ちゃん新ブログ『SHINE!すべての女性が、輝く日本へ』



まぁ、一先ず、女性の猫の話は置いといて、、、
神道的に考えた"猫が肥える"の意味をもっと探って見ましょう。


例えば、お札の中で、猫を象徴に頂く中国が、経済成長していく(肥える)につれ、、、
どんどん靖国神社への参拝の批判が強まっているのも、無関係ではない気がします。


ただ、それ以外にも、猫が肥えていく様子を、如実に示している伝説があります。

それが・・・
九州の阿蘇山の猫子岳の伝説だったりします。。。


▼阿蘇山の外輪山の根子岳(古くは猫岳とも呼ばれている)


と言う事で、以下に、
九州の根子岳(猫岳)にまつわるエピソードについて紹介していきましょう^^


九州の根子岳(猫岳)の伝説①

根子岳の伝説は、下記の動画をご覧ください。

注目すべきは、この根子岳は、どんどん肥えて(高くなって)いるのですが、
その肥えるために、「鬼」を使役している点です。


<根子岳のギザギザ頭>

高岳、中岳、烏帽子岳、杵島岳そして末っ子の根子岳は
誰が一番早く高くなれるか競っていた。

結果、根子岳が長男の高岳さえも追い抜いて一番高くなった。

しかし、それは鬼たちに阿蘇の国で自由に暴れさせる代わりに、
竹田から土を運んで自分の頭に積ませたからだった。

これを知った阿蘇大明神は激怒し、根子岳の頭をピシャリピシャリと何度も叩いた。
そのおかげで根子岳の頭はギザキザになってしまった。


前回から、猫は根子(根の国の住民)の暗喩で、
「根の国」は、悪霊邪鬼のいるところ・・・と管理人は述べて来ましたが、

上記の動画のように、根子岳は鬼を使役している点において、
根子と鬼は、非常に関係が深いようです。


それを考えると、「猫が肥えれば鰹節がやせる」ということわざは、
猫が肥える時、悪鬼が暴れ回り、国の道が廃れる・・・と言う事なのかも知れません。


ちなみに、この根子岳(猫岳)にはもう一つ伝説があるのですが・・・
まぁ、こちらについては、また、おいおい触れます^^;


根子と鬼、、、そして考霊天皇

「猫(根子)が肥える時、悪鬼が暴れ回り、国の道が廃れる」
これが意識されたのか分かりませんが、古くから、阿蘇山は、重要な祭祀の場でした。


隋書倭国伝にも、こういう記述があります。
(下記は、聖徳太子が送った遣隋使を迎えた「隋」に残る記述です)


阿蘇山、其石無故火起接天者、俗以為異、因行祷祭。
有如意寶珠、其色青、大如鶏卵、夜則有光、云魚眼精也。


<日本語訳>
阿蘇山があり、そこの石は故無く火柱を昇らせ天に接し、
俗人はこれを異となし、因って祭祀を執り行う。
如意宝珠があり、その色は青く、鶏卵のような大きさで、
夜には光り、魚の眼の精霊だという。

参考:『隋書』倭国伝より引用


それで、この阿蘇山の中でも最も重要な祭祀場が、、、
「根子岳(猫岳)の伝説」でも出てきた阿蘇大名神と呼ばれる阿蘇神社です。


この阿蘇神社は、阿蘇山の北側の阿蘇市にあり、
高岳・中岳や根子岳を見渡せる場所に在ります。


この阿蘇神社の祭祀は、隋書倭国伝の時代よりさらに古い時代に始まっており、
第7代天皇の考霊天皇の時代(孝霊天皇9年6月)にまで、遡ることが出来ます。

社伝によると、考霊天皇の勅命で阿蘇神社の祭祀が始められています。
それほど、古代において、重要視されていた神社だったのが分かるエピソードですね。

▼阿蘇大明神(阿蘇神社)

第7代天皇の孝霊天皇9年6月の勅命により創建、肥後国一の宮、旧官幣大社。

阿蘇の開拓祖、健磐龍命(たけいわたつのみこと)を主神として、
合計十二神をまつる由緒ある神社で、末社は全国500社を超える。
※健磐龍命は、神武天皇の子の神八井耳命(カムヤイミミノミコト)の御子

まぁ、ここまでは、別に不自然な点はないのですが、、、問題はここからです。



実は、、、古代の天皇で、根子の名が付く天皇がいます。
しかも、根子の名前の付く天皇は、第7代の考霊天皇から見られるのです。

※考霊天皇から、それまでの天皇名の「日子」に根子が加えられ、「根子日子」に変わっている


第7代 考霊天皇
(記)大倭根子日子賦斗邇命/(紀)大日本根子彦太瓊尊 (おおやまとねこひこふとにのみこと)

阿蘇大明神(阿蘇神社)を勅命で祀ったのは考霊天皇です。
そして、その天皇の名前には、『根子』があるのです。。。


何か、これは、妙な符合だとは思えないでしょうか?


▼根子岳(猫岳)


しかも、それだけではありません。

奇しくも、(記紀の神代を除けば)
日本に「鬼」伝説が現れ始めたのも、この第7代・考霊天皇の時代からです。

(考霊皇子の彦五十狭芹彦命(吉備津彦命)と稚武彦命の兄弟が桃太郎のモデル)


鬼を使役する根子岳の伝説とともに、
妙に、この考霊天皇の時代から、根子が深く関わってきているのです。。。


いったい、考霊天皇の時代に何があったのでしょうか?


・・・

・・・


徐福の物部氏集団と鬼

一つ言えるのは、、、
どうも、この当時、第7代考霊天皇の時代は、渡来人が多く渡って来ていたようです。

孝霊天皇の御代は、中国の時代で言えば、秦の始皇帝の時代だったと考えられます。

▼秦の始皇帝 政


そして、その秦の始皇帝を騙して、日本に降り立ったのが、徐福の一団です。

(管理人は、ここで、なんとなく、干支のエピソードを思いだしてしまうんですが、
中国が猫の国なら、徐福集団は、干支のネズミかな?とも思えて来ます)

▼徐福像(新宮市徐福公園内)

富士宮古代文献』や、李氏朝鮮の文献『海東諸国記』には、
徐福が考霊天皇の御代に日本に着いたと書かれています。


それで、第7代考霊天皇の時代辺りから、「鬼」が現れる事を考えると、
もしかすると、彼ら徐福の一団が「鬼」なのでしょうか?


この質問には、管理人はイエスともノーとも判断がつきませんが・・・

彼らが、製鉄技術を持ち武器を製造し、神道祭祀をつかさどり、
後の物部氏として勢力を誇った事を考えると、、、

ある意味、"鬼に近い存在"だった・・・ように思います。


なぜなら、物部氏の「物」は、「もののけ(物の怪)」にも通じるからです。


<注釈>

鬼の漢字が使われ出したのは、奈良時代辺りからでと言われています。
それまでは、魔物や怨霊の類を、「もの(物)」や「しこ(醜)」と呼んでいます。
今昔物語集にも、鬼を「もの」と読ませている事例があります。

ただし、鬼は「おに(鬼)」のほか「かみ(神)」と読ませている事例もあります。
(『九鬼文書』(くかみもんじょ))


このように、「鬼」と「もの(物)」は深い関係があります。

さらに、物部氏中の物部氏である海部氏は、牛を屠る神事も行っています。
牛鬼伝説などは、徳島県海部郡牟岐町の海部氏の神事が由来すると思われます。

▼牛鬼(徳島県海部郡牟岐町を昔、牛鬼村と言った)


ですので、物部氏の牛を屠るという神事も、
千木の由来に関係しているようにも思うのです。



以上のように、徐福の一団(物部氏)と、鬼は何かしら関係があるのかも知れません。

取りあえず、今回は、記事が長くなったので、
少し中途半端ですが、一旦ここで止めたいと思います^^;
続きはまた今度。。。


前回の記事で、マヤ暦819年周期(13×7×9=819)における、
「地下世界の神の数=9」を取り上げましたが、根子を調べると、
やたらと9の数字が関わっている事に気づきます。

まず、根子岳があるのは、州です。

また、諺にも「猫に生あり」(猫にはつ命がある)というのがあります。

(この諺は、日本だけでなく、米国でも同じことを言うらしく、
「魔女はその猫の体を度使うことを許される」と言うのが由来のようです。
参考サイト

さらに、『鬼文書』(くかみもんじょ)にも、九が入っています。
(九鬼の名前には、根の神「こんじん」が関わっています)


頭竜も9ですし、やっぱり、何か9には、ありますね。。。



⇒続き:迫りくる猫の国④~日向三代と神武天皇との間に隠された「根」~


↓この記事が「良かった!」と思った方はクリックお願いします♪


迫りくる猫の国



5年保存冬眠米・無洗米
平成26年産 三重産 減農薬こしひかり
【冬眠米・無洗米】輝(かがやき) 平成26年産・三重産減農薬こしひかり 無洗米5kg×6個【備蓄米・5年長期保存】

当サイトではこれまで「備蓄王 」を推薦していましたが、産地や値段を考慮し、三重産減農薬こしひかりをオススメします。 (放射能検査済み


5年保存が効く無洗米なのは、「備蓄王」と同じですが、
お値段が、備蓄王に比べて約44%も安いです。


国民1人・1年当たりの米の消費量は約60kgです。
1年分くらいは備蓄しておいてください。


【冬眠米・無洗米】輝(かがやき)平成26年産・三重産減農薬こしひかり 無洗米5kg×6個【備蓄米・5年長期保存】

KATADYN(カタダイン) 携帯浄水器
Pocket Micro Filter ポケットマイクロフィルター
KATADYN(カタダイン) 携帯浄水器 Pocket Micro Filter ポケットマイクロフィルター 海外正規品・並行輸入

主食のお米を確保した後は、水の確保が重要です。

カタダイン・ポケットフィルターはフィルター寿命50000リットルと、他の浄水器と比べ、段違いの性能を誇ります。


人が一日に必要な飲料水は、2.3リットルなので、大家族でも、 カタダインさえあれば、多くの水需要をカバーできます。


ちなみに、アメリカ合衆国連邦緊急事態管理庁が推奨する緊急時の水の備蓄量は3日分で、 基本的に1人につき1日1ガロン(約3.8リットル)と定められています。 つまり、3日分なので1人につき約12リットルです


移動時や携帯用には「Vestergaard(ベスターガード) 」もオススメ。また、水の携行ボトルなら、「Platypus(プラティパス) 」もおすすめ。


KATADYN(カタダイン) 携帯浄水器 Pocket Micro Filter ポケットマイクロフィルター 海外正規品・並行輸入

昔塩
1人10kg(700g×14袋)程度
昔塩 5号(せんごう塩+にがり添加) 700g×14袋 0316233

お米と水の次は、”塩”です。砂糖が無くても生きていけますが、塩は生命維持に関わります!


塩分が摂取できなくなると、人はめまいやふらつきを覚え、脱力感、筋肉異常、けいれん、精神障害など様々な朔影響を及ぼします。


日本の食用塩の需要は一人年間で約10kgです。
それくらいの備蓄は必須です。

なお、昔塩は、香川県坂出市で作られているこういう特殊形状の塩です。
昔ながらの平釜で煮詰めた手作りの塩で、管理人も神棚用に毎日使っています^^; 
長期保管しても固まりにくいのも特徴です。

昔塩 5号(せんごう塩+にがり添加) 700g×14袋

※結局は、日本人がいつも神棚に祀る「お米・水・塩」の3つを確保することが、人間が生きる上で重要な訳です^^




記事に関する免責事項

当サイトの記事は、管理人の研究・調査等に基づいて作成してはおりますが、管理人の推測・予測に基づいた内容や考察中の部分も多分に含んでおり、記事内容が間違っている場合も多々あります。従いまして、記事の正確性については一切保証致しません。

当サイトの内容をどう解釈されるかは、全て読者様自身にお任せ致しますが、記事内容を、過度に信頼しすぎないようにお願い致します。万が一読者様が不利益を被ったとしても、当方は一切責任を負う事はできませんので、ご容赦願います。

管理人について

管理人:えふ。
管理人は、不況時代突入を先読みし、一早く会社を退社し脱サラ。

その後、他に先駆けネットビジネスに参入。現在は、ネットのベンチャー会社を立ち上げ、日々ビジネスに邁進しております。

管理人への連絡はこちら

絶対読むべき本
▼聖書は読むべきです▼


▼聖書教理を正しく知る本▼


あなたを小食に導く本
▼食生活を劇的に変えた本▼


▼長寿の幸せが感じられます▼


▼科学的に食を分析してます▼


▼砂糖を摂るのをやめよう▼


▼断食をやってみよう▼


▼驚きの咀嚼の効果を知ろう▼


三大欲を自制しよう
▼接して漏らさずで有名▼


▼自慰行為を聖書学的に知る


▼ホルモンの力をしろう▼


▼性欲を抑える第六の秘儀▼


▼睡眠時間を減らそう▼


預言関係の本
▼聖書預言の本▼


▼聖徳太子の未来記▼


▼月蔵経の預言▼


神仏儒の古典を読もう!
▼十七条憲法(大成経版)▼


▼日本の歴史『古事記』▼


▼日本の歴史『日本書紀』▼



▼仏教の基本『法華経』▼


▼初学入徳の門『大学・中庸』▼


▼孔子の教え『論語』▼


▼五経の筆頭『易経』▼


管理人のオススメ!
▼聖書は読むべきです▼


記事の著作権について

当サイトの記事の著作権は、全て当方にあります。記事の引用・転載は、当サイトの引用元が分かるようにリンクをして頂ければ、基本的に許可します。ただし、「NAVERまとめ」等のキュレーションサイトへの引用・転載は不可とします。(勝手に記事をパクられて困っています)

最後に、引用・転載するにあたっても、引用元へのリスペクトを欠いた行為が見受けられる場合は、引用・転載の許可を取り消す場合がありますので、宜しくお願いします。

姉妹サイト(放射能汚染から身を守る!食の安全データベース)でも活動中です^^

サイトマップ