西式甲田療法とサーチュイン遺伝子:不況対策!個人でも有効な方法



>>当サイトの管理人は、こんなモノを買ってます(管理人のamazon購入履歴)


2011年7月 5日


西式甲田療法とサーチュイン遺伝子

最近、2011年6月12日(日)のNHKスペシャルで放映されていたらしいのですが、
人体にはサーチュイン遺伝子なるものが存在するそうです。

このサーチュイン遺伝子というのは「老化を遅らせ、寿命を延ばす遺伝子」なのだそうです。

さらに、「傷ついた遺伝子を修復する働き」や
糖尿病予防のためのインシュリンの受け渡しをスムーズにする働き」も持っているのだとか。

なんだか、このサーチュイン遺伝子を活用すれば、
放射線で傷ついた遺伝子も修復できそな可能性も感じますよね^^



本文を読む前に、できれば応援クリックにご協力下さいm(__)m ⇒ 人気ブログランキング


ただ、残念ながら私は、この番組を見逃してしまいました。(と言うか普段全くTV見ません)
なので、番組の概要は、他サイト様に書かれていましたので、引用して紹介させて頂きます。


※7/9追記:ユーストリームで動画がアップされていました。
管理人も先ほど見ましたが、これは見ておいて損はありません。見逃した人はご覧下さい。

▼NHKスペシャル・あなたの寿命は延ばせる ~発見!長寿遺伝子~▼

▼時間が無い方のために、以下は番組の概要の抜粋です▼

散歩好きの絵描き:NHKスペシャル
長寿の元サーチュイン遺伝子は食事制限かレスベラトロールで活性化する。
より引用


NHKスペシャルでの長寿達成法は意外に簡単だった。

40代~60代の被験者4人での実証実験では、30パーセント減らした食事を
3~7週間続けただけ
で、長寿を担っているサーチュイン遺伝子が目覚めて働き始めた。

飽食の現代人のサーチュイン遺伝子は殆ど休眠中で、その結果、老化が進行する。


しかし、飢餓状態になると目覚め、
細胞中のミトコンドリアを活性化させてエネルギー効率を高める

更に、活性酸素の放出を抑え、免疫力低下、動脈硬化、高血糖、惚け、骨粗鬆症、脱毛白髪等の老化症状を防ぎ改善して、美肌と持久力と抗癌作用を高める。

100歳以上の元気な老人の調査では、
いずれも若い頃から小食でサーチュイン遺伝子の働きが活発だった。

これは人類渇望の夢の遺伝子であった。


腹八分は健康長寿のもと」は本当だったようだ。
番組では米国の大学で20年ほど飼われている猿集団の比較実験が紹介された。

人間での70歳相当の猿二頭での比較では、
飽食の猿は毛が抜けシワがより見るからに老いていた。

対して食事30%減の猿は毛ツヤは良く、肌も張りがあって元気で若々しかった。
脳の断層写真でも萎縮はなく、記憶力も良く、持久力も優れていた。


このサーチュイン遺伝子を目ざめさせるには、上記の記述の通り、
食事量(摂取カロリー)を70パーセント程度に抑えるのが有効だそうです。


ですが、この70%程度の食事量って、、、ほとんど西式甲田療法と同じですよね(笑

なので、西式甲田療法をすれば、自然と
このサーチュイン遺伝子を目覚めさせる効果があるのではないでしょうか?


先ほどのサイトでは、サーチュイン遺伝子を目覚めさせたことで、
脱毛白髪等の老化症状を防ぎ改善・・・」と書かれていましたが、
実際に、下記の甲田光雄先生のお写真を見て下さい。

Google画像検索[甲田光雄先生]

確か、甲田先生は、1924年生まれで御年80歳を超えておられます。
それにも関わらず、画像の通り、髪が黒々しているんです。

こうして提唱者自らが、その通りに健康体でいらっしゃる所をみると、
如何に西式甲田療法が理にかなった方法なのかが分かります。


書籍の中では、そうしたサーチュイン遺伝子の記載は一切ありませんが、
サーチュイン遺伝子が明らかになる前から、経験上、
人体に最適な生き方を自然と会得されてきたんだな~と痛感しました。



管理人は、西式甲田療法を始めて、まだ3週間半ですが、
サーチュイン遺伝子が目覚めさせるには、3~7週間ほどかかるようです。

ですので、今後も西式甲田療法を続けていって、
自分自身に何か変化があれば、また報告させて頂こうと思います^^


レスベラトロールのサプリメントについて

なお、西式甲田療法での減食が難しそうだと感じる方には、、、
別の方法として、NHKスペシャルでは、レスベラトロールという薬品を使い、
サーチュイン遺伝子を活性化する方法が紹介されていました。


レスベラトロールを投与した動物実験では、抗癌作用や抗炎症効果が見られただけでなく、
放射線障害の抑止作用なども見られたそうで、かなり有効な成分と言えそうです。

米国では、既にレスベラトロールのサプリメントは販売され、大ヒットらしいですが、
日本では、「日本レスベラトロール株式会社」の方で、
「ハイブリッドレスベラT」というサプリメント(下記)が販売されているようです。


原発事故直後から話題になりました
最近よく見るレスベラトロール
ベンチャー企業が製品化しました

↓この記事が「良かった!」と思った方はクリックお願いします♪


西式甲田療法



5年保存冬眠米・無洗米
平成26年産 三重産 減農薬こしひかり
【冬眠米・無洗米】輝(かがやき) 平成26年産・三重産減農薬こしひかり 無洗米5kg×6個【備蓄米・5年長期保存】

当サイトではこれまで「備蓄王 」を推薦していましたが、産地や値段を考慮し、三重産減農薬こしひかりをオススメします。 (放射能検査済み


5年保存が効く無洗米なのは、「備蓄王」と同じですが、
お値段が、備蓄王に比べて約44%も安いです。


国民1人・1年当たりの米の消費量は約60kgです。
1年分くらいは備蓄しておいてください。


【冬眠米・無洗米】輝(かがやき)平成26年産・三重産減農薬こしひかり 無洗米5kg×6個【備蓄米・5年長期保存】

KATADYN(カタダイン) 携帯浄水器
Pocket Micro Filter ポケットマイクロフィルター
KATADYN(カタダイン) 携帯浄水器 Pocket Micro Filter ポケットマイクロフィルター 海外正規品・並行輸入

主食のお米を確保した後は、水の確保が重要です。

カタダイン・ポケットフィルターはフィルター寿命50000リットルと、他の浄水器と比べ、段違いの性能を誇ります。


人が一日に必要な飲料水は、2.3リットルなので、大家族でも、 カタダインさえあれば、多くの水需要をカバーできます。


ちなみに、アメリカ合衆国連邦緊急事態管理庁が推奨する緊急時の水の備蓄量は3日分で、 基本的に1人につき1日1ガロン(約3.8リットル)と定められています。 つまり、3日分なので1人につき約12リットルです


移動時や携帯用には「Vestergaard(ベスターガード) 」もオススメ。また、水の携行ボトルなら、「Platypus(プラティパス) 」もおすすめ。


KATADYN(カタダイン) 携帯浄水器 Pocket Micro Filter ポケットマイクロフィルター 海外正規品・並行輸入

昔塩
1人10kg(700g×14袋)程度
昔塩 5号(せんごう塩+にがり添加) 700g×14袋 0316233

お米と水の次は、”塩”です。砂糖が無くても生きていけますが、塩は生命維持に関わります!


塩分が摂取できなくなると、人はめまいやふらつきを覚え、脱力感、筋肉異常、けいれん、精神障害など様々な朔影響を及ぼします。


日本の食用塩の需要は一人年間で約10kgです。
それくらいの備蓄は必須です。

なお、昔塩は、香川県坂出市で作られているこういう特殊形状の塩です。
昔ながらの平釜で煮詰めた手作りの塩で、管理人も神棚用に毎日使っています^^; 
長期保管しても固まりにくいのも特徴です。

昔塩 5号(せんごう塩+にがり添加) 700g×14袋

※結局は、日本人がいつも神棚に祀る「お米・水・塩」の3つを確保することが、人間が生きる上で重要な訳です^^




記事に関する免責事項

当サイトの記事は、管理人の研究・調査等に基づいて作成してはおりますが、管理人の推測・予測に基づいた内容や考察中の部分も多分に含んでおり、記事内容が間違っている場合も多々あります。従いまして、記事の正確性については一切保証致しません。

当サイトの内容をどう解釈されるかは、全て読者様自身にお任せ致しますが、記事内容を、過度に信頼しすぎないようにお願い致します。万が一読者様が不利益を被ったとしても、当方は一切責任を負う事はできませんので、ご容赦願います。

管理人について

管理人:えふ。
管理人は、不況時代突入を先読みし、一早く会社を退社し脱サラ。

その後、他に先駆けネットビジネスに参入。現在は、ネットのベンチャー会社を立ち上げ、日々ビジネスに邁進しております。

管理人への連絡はこちら

絶対読むべき本
▼聖書は読むべきです▼


▼聖書教理を正しく知る本▼


あなたを小食に導く本
▼食生活を劇的に変えた本▼


▼長寿の幸せが感じられます▼


▼科学的に食を分析してます▼


▼砂糖を摂るのをやめよう▼


▼断食をやってみよう▼


▼驚きの咀嚼の効果を知ろう▼


三大欲を自制しよう
▼接して漏らさずで有名▼


▼自慰行為を聖書学的に知る


▼ホルモンの力をしろう▼


▼性欲を抑える第六の秘儀▼


▼睡眠時間を減らそう▼


預言関係の本
▼聖書預言の本▼


▼聖徳太子の未来記▼


▼月蔵経の預言▼


神仏儒の古典を読もう!
▼十七条憲法(大成経版)▼


▼日本の歴史『古事記』▼


▼日本の歴史『日本書紀』▼



▼仏教の基本『法華経』▼


▼初学入徳の門『大学・中庸』▼


▼孔子の教え『論語』▼


▼五経の筆頭『易経』▼


管理人のオススメ!
▼聖書は読むべきです▼


記事の著作権について

当サイトの記事の著作権は、全て当方にあります。記事の引用・転載は、当サイトの引用元が分かるようにリンクをして頂ければ、基本的に許可します。ただし、「NAVERまとめ」等のキュレーションサイトへの引用・転載は不可とします。(勝手に記事をパクられて困っています)

最後に、引用・転載するにあたっても、引用元へのリスペクトを欠いた行為が見受けられる場合は、引用・転載の許可を取り消す場合がありますので、宜しくお願いします。

姉妹サイト(放射能汚染から身を守る!食の安全データベース)でも活動中です^^

サイトマップ