今後、大暴騰するかもしれない英国株FTSE:不況対策!個人でも有効な方法



>>当サイトの管理人は、こんなモノを買ってます(管理人のamazon購入履歴)


2016年10月31日


今後、大暴騰するかもしれない英国株FTSE

先日、「ドイツ株(DAX指数)に見る暴落の予兆?」という記事を書いておきながら、
意見を180度変えるようで、申し訳ないんですが・・・

先日以来DAXをを見ると、先週、若干、直近の高値を更新し、
10800台を付け、管理人が想定していたMAXの高値を更新してしまいました。

そのため、これはDAXの暴落パターンは可能性が低くなったと判断しました。


それで、週末、色々と分析をしていたのですが・・・
現在、ブレグジット(イギリスのEU離脱)問題で揺れる英国株FTSEを見ていて、
ふと気付いた事があり、それで、方針を改めました。

下記が、英国株の長期チャートです。

コレを見ると分かるんですが、英国株は、これまで1997年から2016年現在まで、
約19年間も、ずーっと3400-7000までのレンジ相場でした。

ところが、ココに来て、ブレクジット問題に伴う、英中央銀行(BOE)の利下げから、
過去最高値を更新し、長期三角保ち合いから、上放たれしつつあるようです。
(エリオット波動的には、今後、3波の上昇局面に向かいつつあるように見えます)

通常、保ち合いからは抜けだした方向に、一気に進む可能性が高いです。
(しかも、19年間もパワーを貯め続けている相場ならなおさらです)
したがって、どうも、英国株は今後、暴騰する可能性の方が高そうだと判断しました。

まぁ、そう言う事を考えると、同じ欧州のドイツ株DAXも、
来年3月まで、金融緩和は継続される方針なので、連れ高のように
三尊崩れで、株価の高値を再び伺う可能性の方が高いのではないかと判断しました。

・・・と言う事で、先日の記事を判断を変更し、
今後、株価は、暴騰へと向かいつつある、、、と変更したいと思います。


金利が低く抑えられた、自国通貨安の国は株高になる

こちらも、先週色々と読んで、管理人が参考にさせて頂いた記事なのですが・・・
大和証券のアナリストの方が、通貨安と株式市場の関係を調べてレポートにまとめています。



これによると、自国通貨安=株高になるとは一概に言えないようで、、、
これまで、自国通貨安=株高になるのは、日本とスイスと米国のみ!だったそうです。

そして、その3カ国を除いた、世界のあらゆる国は、
上記とは逆で、自国通貨安=株安になるというパターンだったのです。


ところが、、、どうも近年、そのパターンが崩れてきたようで、、、
低金利政策をとっているユーロ圏も、新たに、その自国通貨安=株高という
そういうパターンに移行しつつあるらしい
のです。 (米国は、逆に自国通貨安=株高から、自国通貨安=株安のパターンに移行しつつある)


詳しい理由については、先のレポートを読んで頂くとして、、、
とにかく、今後、利下げをして、自国通貨安をする国は、株価暴騰する可能性があります。

まぁ、ユーロ圏は、ドイツ銀行問題等と絡んで、テーパリング(金融緩和縮小)の議論が 出ているので、株価は伸び悩むかもしれませんが・・・

それに比べ、今年8月に「2009年以来の利下げ」を行った英国は、
今後、どうも利下げの方針を進めつつあるようにも思えます。

こう言う所からも、どうも英国株は今後、暴騰するかもしれません。


一方、金利の利上げがネックとなり、株価が暴落すると思われる国もあります。
それは、、、中国です。

アメリカの金利増大で中国株は暴落する?

まぁ、こちらは私も勉強中なので、詳しくは説明しきれないので、
下記の記事を見て頂くと良いのですが・・・

銅価格急落で懸念される、中国バブルの崩壊

ドル金利が上昇すると、中国元との金利差が縮まり、
輸入銅の調達コストが大きくなるため、銅価格の下落が引き起こされるらしいです。

そしてさらに、そこに来て、銅価格が下落した場合、一気に中国企業の破綻リスクが増えるようですが、中国の業者によると、今年後半、銅価格が下落すると見込まれているようです。

銅価格は7-12月に下落へ-中国の銅取引大手、西安邁科金属

このように銅価格が下落すると、その影響で、中国株は一気に下落傾向になるでしょう。

世界の銅需要の約40%を占めるのが中国なので、
中国の銅需要が減ると、銅価格は、一気に下落します。

▼国別の銅消費量
【画像はJOGMEC Virtual金属資源情報センター ニュース&レポートより】

管理人は、先日の記事より、銅価格の急落を懸念していますが、
どうも、この銅価格の下落の影響をもろに受けるのは中国だ、、、と言うのが予測です。

▼銅価格(三角保ち合いでe波まで完了している可能性あり)

場合によっては、中国株はさらに低迷するかもしれませんね。
(中国に銅を依存し、精鉱行が多いオーストラリア株も下落する可能性大)


▼上海A50株

と言う事で、金利の動向によって、世界各国で、株式の暴騰や暴落を招く、、、
・・・というような、強弱まちまちのパターンになるようです。

不安定な世の中になりそうですが、上手く切り抜けたいものですね^^;

↓この記事が「良かった!」と思った方はクリックお願いします♪


管理人の相場観



5年保存冬眠米・無洗米
平成26年産 三重産 減農薬こしひかり
【冬眠米・無洗米】輝(かがやき) 平成26年産・三重産減農薬こしひかり 無洗米5kg×6個【備蓄米・5年長期保存】

当サイトではこれまで「備蓄王 」を推薦していましたが、産地や値段を考慮し、三重産減農薬こしひかりをオススメします。 (放射能検査済み


5年保存が効く無洗米なのは、「備蓄王」と同じですが、
お値段が、備蓄王に比べて約44%も安いです。


国民1人・1年当たりの米の消費量は約60kgです。
1年分くらいは備蓄しておいてください。


【冬眠米・無洗米】輝(かがやき)平成26年産・三重産減農薬こしひかり 無洗米5kg×6個【備蓄米・5年長期保存】

KATADYN(カタダイン) 携帯浄水器
Pocket Micro Filter ポケットマイクロフィルター
KATADYN(カタダイン) 携帯浄水器 Pocket Micro Filter ポケットマイクロフィルター 海外正規品・並行輸入

主食のお米を確保した後は、水の確保が重要です。

カタダイン・ポケットフィルターはフィルター寿命50000リットルと、他の浄水器と比べ、段違いの性能を誇ります。


人が一日に必要な飲料水は、2.3リットルなので、大家族でも、 カタダインさえあれば、多くの水需要をカバーできます。


ちなみに、アメリカ合衆国連邦緊急事態管理庁が推奨する緊急時の水の備蓄量は3日分で、 基本的に1人につき1日1ガロン(約3.8リットル)と定められています。 つまり、3日分なので1人につき約12リットルです


移動時や携帯用には「Vestergaard(ベスターガード) 」もオススメ。また、水の携行ボトルなら、「Platypus(プラティパス) 」もおすすめ。


KATADYN(カタダイン) 携帯浄水器 Pocket Micro Filter ポケットマイクロフィルター 海外正規品・並行輸入

昔塩
1人10kg(700g×14袋)程度
昔塩 5号(せんごう塩+にがり添加) 700g×14袋 0316233

お米と水の次は、”塩”です。砂糖が無くても生きていけますが、塩は生命維持に関わります!


塩分が摂取できなくなると、人はめまいやふらつきを覚え、脱力感、筋肉異常、けいれん、精神障害など様々な朔影響を及ぼします。


日本の食用塩の需要は一人年間で約10kgです。
それくらいの備蓄は必須です。

なお、昔塩は、香川県坂出市で作られているこういう特殊形状の塩です。
昔ながらの平釜で煮詰めた手作りの塩で、管理人も神棚用に毎日使っています^^; 
長期保管しても固まりにくいのも特徴です。

昔塩 5号(せんごう塩+にがり添加) 700g×14袋

※結局は、日本人がいつも神棚に祀る「お米・水・塩」の3つを確保することが、人間が生きる上で重要な訳です^^




記事に関する免責事項

当サイトの記事は、管理人の研究・調査等に基づいて作成してはおりますが、管理人の推測・予測に基づいた内容や考察中の部分も多分に含んでおり、記事内容が間違っている場合も多々あります。従いまして、記事の正確性については一切保証致しません。

当サイトの内容をどう解釈されるかは、全て読者様自身にお任せ致しますが、記事内容を、過度に信頼しすぎないようにお願い致します。万が一読者様が不利益を被ったとしても、当方は一切責任を負う事はできませんので、ご容赦願います。

管理人について

管理人:えふ。
管理人は、不況時代突入を先読みし、一早く会社を退社し脱サラ。

その後、他に先駆けネットビジネスに参入。現在は、ネットのベンチャー会社を立ち上げ、日々ビジネスに邁進しております。

管理人への連絡はこちら

絶対読むべき本
▼聖書は読むべきです▼


▼聖書教理を正しく知る本▼


あなたを小食に導く本
▼食生活を劇的に変えた本▼


▼長寿の幸せが感じられます▼


▼科学的に食を分析してます▼


▼砂糖を摂るのをやめよう▼


▼断食をやってみよう▼


▼驚きの咀嚼の効果を知ろう▼


三大欲を自制しよう
▼接して漏らさずで有名▼


▼自慰行為を聖書学的に知る


▼ホルモンの力をしろう▼


▼性欲を抑える第六の秘儀▼


▼睡眠時間を減らそう▼


預言関係の本
▼聖書預言の本▼


▼聖徳太子の未来記▼


▼月蔵経の預言▼


神仏儒の古典を読もう!
▼十七条憲法(大成経版)▼


▼日本の歴史『古事記』▼


▼日本の歴史『日本書紀』▼



▼仏教の基本『法華経』▼


▼初学入徳の門『大学・中庸』▼


▼孔子の教え『論語』▼


▼五経の筆頭『易経』▼


管理人のオススメ!
▼聖書は読むべきです▼


記事の著作権について

当サイトの記事の著作権は、全て当方にあります。記事の引用・転載は、当サイトの引用元が分かるようにリンクをして頂ければ、基本的に許可します。ただし、「NAVERまとめ」等のキュレーションサイトへの引用・転載は不可とします。(勝手に記事をパクられて困っています)

最後に、引用・転載するにあたっても、引用元へのリスペクトを欠いた行為が見受けられる場合は、引用・転載の許可を取り消す場合がありますので、宜しくお願いします。

姉妹サイト(放射能汚染から身を守る!食の安全データベース)でも活動中です^^

サイトマップ