震災時の装備面(衣服)について:不況対策!個人でも有効な方法



>>当サイトの管理人は、こんなモノを買ってます(管理人のamazon購入履歴)


2011年3月22日


震災時の装備面(衣服)について

衣類については、避難先で寒さを防ぐなどの効果のあるものを選ぶだけでなく、
震災直後には色々な作業に従事したりする事も考慮した衣服を用意して下さい。


下記に、防災用の衣服の必需品リストを示します。


本文を読む前に、できれば応援クリックにご協力下さいm(__)m ⇒ 人気ブログランキング


  • 靴:トレッキングシューズ(震災の瓦礫の中でも歩けるような靴)
  • 靴下:通気性の良い長い靴下、トレッキングソックス
  • 服1:作業着やつなぎ服(ただし、綿製品は細菌が繊維の中に入り易いので避けること!)
  • 服2:防寒用のセーター、フード付きパーカー
  • 防寒対策:エマージェンシーブランケット
  • 帽子:ブー二ーハット(ジャングルハット・ブッシュハットでも可)
  • 雨具:レインコート、防水ナイロンポンチョなど(雨具は被爆対策も兼ねています)
  • その他:軍手とゴム手袋

では、次に、上記で分かりにくい部分を補足していきます。



まず、トレッキングシューズは
足首を固定できるやや踵の高さがやや高いタイプを選ぶと良いでしょう。

踵が高いと、やや運動性が落ちるのですが、
悪路では踵が低いと、不意に足首を挫いたりして、
捻挫や負傷などを起こしやすくなります。

トレッキングシューズなら、足首が固定でき、ソール部分の
グリップ性能にも優れるので、防災用としてもうってつけです。

トレッキングシューズのメーカーは色々ありますが、
GTホーキンスのシューズが一番良いと思います。

GTホーキンスでは、トレッキングソックスも一緒に販売されてます。
なので、靴下も靴と合わせるとよいと思います。



作業着はニッカッポッカのような作業着でも良いですし、
左記のような上下一体のツナギ服でも構いません。

震災時は、瓦礫や廃材の除去などの作業を行う必要性も考えて、
なるべく繊維の耐久性が高い服を選ぶのが良いです。

震災時は衛生面も悪いため、不意に負傷すると、
そこから感染症の原因となる雑菌が入り込む場合もあります。

したがって、なるべく肌を露出しないような服装が向いています。



フード付きパーカーとしては、ゴアテックスかそれに準ずる素材性能をもったECWCSパーカー(拡張式寒冷地被服システムパーカー)が良いでしょう。

ECWCSパーカーは、スキー・スノーボード用パーカーの原型
(マウンテンパーカー)になったパーカーであり、様々な気候に対応できます。防寒対策としてもかなり優秀です。

また、作業時にかいた汗も中でムレずに外に逃がすことができるので、作業用のジャケットとしても向いています。



エマージェンシーシートは、折りたたみしているときは
ほとんど嵩張らない割に、その保温力は
毛布3枚分にも匹敵するほどの保温用シートです。

アルミフィルムのシートは広げると、210×130cmの幅になり、
すっぽりと体を覆ってくれます。

服だけで防寒対策がままならない場合は、
これを使えば一気にぽかぽかになります。

嵩張りませんし、家族分揃えておくと、良いと思います。



このブーニーハットは元々軍用に使われていたもので、
夏の強い日差しから身を守り、雨の日の防水用にも重宝します。

さらに、蒸し暑い時は帽子を水に濡らして被れば、
水の気化熱で一定時間、頭部を涼しい環境に保てます。

生地が凄くしっかりしていて耐久性が高い上に、
軽くて折りたためるので、持ち運びもコンパクト。

ブーニーハットは、ブッシュハット・ジャングルハットとも
呼ばれますが、どれもほとんど同じです。



左記のナイロンポンチョは軍用のものを再現したものです。

軍用のナイロンポンチョは、透湿防水型になっていて、
雨の日でも雨は中に通さず、汗だけ外に逃がすという優れモノです。

また、このナイロンポンチョは広げると150cm×106cmの大きさになり、樹木などにひっかけて、簡易テントとしても使う事が出来るのです。

雨具としてだけでなく、テントやシートとしても使える便利なアイテムです。



その他の軍手やゴム手袋については、市販の製品でokです。
これらは、手の負傷を防いだり、薬品や汚染から身を守ります。


では、続いて、食糧や衣服以外に必要な用品について解説したいと思いますが、
こちらもまた長くなってしまうので、また別記事で解説したいと思います^^;


>>震災時のその他の必需品について


↓この記事が「良かった!」と思った方はクリックお願いします♪


サバイバル対策



5年保存冬眠米・無洗米
平成26年産 三重産 減農薬こしひかり
【冬眠米・無洗米】輝(かがやき) 平成26年産・三重産減農薬こしひかり 無洗米5kg×6個【備蓄米・5年長期保存】

当サイトではこれまで「備蓄王 」を推薦していましたが、産地や値段を考慮し、三重産減農薬こしひかりをオススメします。 (放射能検査済み


5年保存が効く無洗米なのは、「備蓄王」と同じですが、
お値段が、備蓄王に比べて約44%も安いです。


国民1人・1年当たりの米の消費量は約60kgです。
1年分くらいは備蓄しておいてください。


【冬眠米・無洗米】輝(かがやき)平成26年産・三重産減農薬こしひかり 無洗米5kg×6個【備蓄米・5年長期保存】

KATADYN(カタダイン) 携帯浄水器
Pocket Micro Filter ポケットマイクロフィルター
KATADYN(カタダイン) 携帯浄水器 Pocket Micro Filter ポケットマイクロフィルター 海外正規品・並行輸入

主食のお米を確保した後は、水の確保が重要です。

カタダイン・ポケットフィルターはフィルター寿命50000リットルと、他の浄水器と比べ、段違いの性能を誇ります。


人が一日に必要な飲料水は、2.3リットルなので、大家族でも、 カタダインさえあれば、多くの水需要をカバーできます。


ちなみに、アメリカ合衆国連邦緊急事態管理庁が推奨する緊急時の水の備蓄量は3日分で、 基本的に1人につき1日1ガロン(約3.8リットル)と定められています。 つまり、3日分なので1人につき約12リットルです


移動時や携帯用には「Vestergaard(ベスターガード) 」もオススメ。また、水の携行ボトルなら、「Platypus(プラティパス) 」もおすすめ。


KATADYN(カタダイン) 携帯浄水器 Pocket Micro Filter ポケットマイクロフィルター 海外正規品・並行輸入

昔塩
1人10kg(700g×14袋)程度
昔塩 5号(せんごう塩+にがり添加) 700g×14袋 0316233

お米と水の次は、”塩”です。砂糖が無くても生きていけますが、塩は生命維持に関わります!


塩分が摂取できなくなると、人はめまいやふらつきを覚え、脱力感、筋肉異常、けいれん、精神障害など様々な朔影響を及ぼします。


日本の食用塩の需要は一人年間で約10kgです。
それくらいの備蓄は必須です。

なお、昔塩は、香川県坂出市で作られているこういう特殊形状の塩です。
昔ながらの平釜で煮詰めた手作りの塩で、管理人も神棚用に毎日使っています^^; 
長期保管しても固まりにくいのも特徴です。

昔塩 5号(せんごう塩+にがり添加) 700g×14袋

※結局は、日本人がいつも神棚に祀る「お米・水・塩」の3つを確保することが、人間が生きる上で重要な訳です^^




記事に関する免責事項

当サイトの記事は、管理人の研究・調査等に基づいて作成してはおりますが、管理人の推測・予測に基づいた内容や考察中の部分も多分に含んでおり、記事内容が間違っている場合も多々あります。従いまして、記事の正確性については一切保証致しません。

当サイトの内容をどう解釈されるかは、全て読者様自身にお任せ致しますが、記事内容を、過度に信頼しすぎないようにお願い致します。万が一読者様が不利益を被ったとしても、当方は一切責任を負う事はできませんので、ご容赦願います。

管理人について

管理人:えふ。
管理人は、不況時代突入を先読みし、一早く会社を退社し脱サラ。

その後、他に先駆けネットビジネスに参入。現在は、ネットのベンチャー会社を立ち上げ、日々ビジネスに邁進しております。

管理人への連絡はこちら

このカテゴリの記事一覧
絶対読むべき本
▼聖書は読むべきです▼


▼聖書教理を正しく知る本▼


あなたを小食に導く本
▼食生活を劇的に変えた本▼


▼長寿の幸せが感じられます▼


▼科学的に食を分析してます▼


▼砂糖を摂るのをやめよう▼


▼断食をやってみよう▼


▼驚きの咀嚼の効果を知ろう▼


三大欲を自制しよう
▼接して漏らさずで有名▼


▼自慰行為を聖書学的に知る


▼ホルモンの力をしろう▼


▼性欲を抑える第六の秘儀▼


▼睡眠時間を減らそう▼


預言関係の本
▼聖書預言の本▼


▼聖徳太子の未来記▼


▼月蔵経の預言▼


神仏儒の古典を読もう!
▼十七条憲法(大成経版)▼


▼日本の歴史『古事記』▼


▼日本の歴史『日本書紀』▼



▼仏教の基本『法華経』▼


▼初学入徳の門『大学・中庸』▼


▼孔子の教え『論語』▼


▼五経の筆頭『易経』▼


管理人のオススメ!
▼聖書は読むべきです▼


記事の著作権について

当サイトの記事の著作権は、全て当方にあります。記事の引用・転載は、当サイトの引用元が分かるようにリンクをして頂ければ、基本的に許可します。ただし、「NAVERまとめ」等のキュレーションサイトへの引用・転載は不可とします。(勝手に記事をパクられて困っています)

最後に、引用・転載するにあたっても、引用元へのリスペクトを欠いた行為が見受けられる場合は、引用・転載の許可を取り消す場合がありますので、宜しくお願いします。

姉妹サイト(放射能汚染から身を守る!食の安全データベース)でも活動中です^^

サイトマップ