その1:お金持ちと貧乏人の差は何なのか?:不況対策!個人でも有効な方法



>>当サイトの管理人は、こんなモノを買ってます(管理人のamazon購入履歴)


2010年12月 8日


その1:お金持ちと貧乏人の差は何なのか?


はじめに:
当サイトは、出来るだけ分かり易くをモットーに書いているため、基本的に文が冗長になっております。 しかし、その分、最後まで読まれた方には、それ相応の"気付き"もあると思いますので、しっかり読まれることをお勧めします^^



本文を読む前に、できれば応援クリックにご協力下さいm(__)m ⇒ 人気ブログランキング


まず最初に、あなたに、お金にまつわる一つの真実を知っておいて欲しいと思います。

それは、、、
この世界では、世界のほんの1%の人が世界の96%の富を握っている
と言う事実です。


つまり、ほとんどの人が"貧乏人"で、残りわずかな人だけが"お金持ち"の世界なのです。

これを聞いて、あなたは「なんて理不尽な世界なんだ・・・」とか、「お金持ちは搾取するだけして許せん!けしからん!」・・・なんて思うかもしれません。しかし、幾ら泣き事を言っても、この世界は何も変わりません。(それが資本主義というものです)

それに、お金持ちの人は最初からお金持ちだった訳でもなく、お金持ちになったそれなりの理由があるのです。


例えば、【お金持ちがお金持ちになった理由】には下記のようなものが挙げられます。

  • 多くの人々に安くて質の良い品物を提供した
  • 公共に役立つサービスを提供している
  • 一般の人にはないような才能を発揮して、活躍している(スポーツや投資など)

中には親の七光りでお金持ちなんて人もいるでしょうが、少なくともお金持ちには、何かしらの事業活動等を通し、財やサービスを提供した対価として多くのお金を手に入れているわけです。

以上が、お金持ちがお金持ちたる理由です。


それでは、ここで、あなたに一つ質問です。
あなたは、"お金持ちと貧乏人との差を生みだす違い"が何処にあるのか分かりますか?


お金持ちと貧乏人との差を生みだす"違い"

これを考えるにあたって大事な事は、、、
現在お金持ちの人も、最初からお金持ちだった訳では無いという事です。


例えば、パナソニックの故・松下幸之助さんは、父親が破産したために自転車屋での丁稚奉公に出され、そこからビジネスをスタートしています。マイクロソフトのビル・ゲイツも、元々それほど資金力があったわけでもなく、高校生時代に友人とたった2人での小さな会社からビジネスをスタートをさせています。

このように、有名な成功者でも、元々は、それほどお金持ちとは言えないところからスタートしているわけです。他にも現代の成功者を調べれば、元々貧乏人だった所から大金持ちになっている成功ストーリーが嫌がおうにでも目につくでしょう。むしろ、最初からお金持ちだった人なんて、ほんの一握りに過ぎないのです。


このように、貧乏人とお金持ちを分けるのは、元々の環境要因や運が決定的な要因を果たす訳ではありません。また、決して彼らが、特別に知能指数が高かった訳でもないのです。

ここで、先の質問の答えを言いますと、お金持ちと貧乏人との差を生みだす"違い"は、
お金持ち(成功者)のマインドを持っているかどうか?
たったそれだけです。それ以外にはありません。


この成功者のマインドの詳細については、次記事で詳しく述べますが、ここでの注意点として、特に、貧乏人は、自身が成功できない理由を、自分以外の物(自身の環境や運、学歴、才能など)のせいにする傾向があると言う事に気を付けて下さい。

これらは成功者マインドとは対をなす貧乏人マインドと言いますが、もし、あなたがこういう貧乏人マインドを持っているのでしたら、今のままでは、絶対、お金持ちになれません。どんな事業でも、失敗するのが目に見えています。

成功者になりたいなら、お金持ちになりたいなら、「全ての結果は全て自分の責任である」という自己責任を持つことが大切です。


自己責任を持つことの大切さ

さらっと言っていますが、、、「全ての結果において自己責任を持つ」という考え方を持つことは、あらゆるビジネスを成功させる上で、最も重要な根っこの部分にあたります。
※自身に成功者の潜在意識を根付かせるためにもとっても重要です!

なぜなら、全ての責任を自分が負えば、言い訳をすることが許されなくなります。自分以外の他のものに責任転嫁が出来ないため、仮に、失敗した場合、その失敗の原因を真剣に追及する以外の選択肢がなくなります。これが、失敗は成功の素となる所以です。

逆に、貧乏人の多くは、自己責任を負おうとしないので、延々失敗のループを繰り返しています。その癖に、原因を真剣に追及もせずに、必死に失敗の責任転嫁の先を探し求めます。「自分は悪くないのだけど、誰かがヘマをしたり、タイミングが合わなかったりで、運が悪い」と嘆いているのです。これが、同じ失敗を繰り返す所以です。


なんとなく、今までのあなたの経験で思い当たる節はありませんか?


まずは、全て成功するのも成功できないのも、「その責任は全ては自分にある!」と思う事こそが、ビジネスで成功するとともに、お金持ちになるための心得であると気付いて下さい^^
※当然ですが、このサイトにあるノウハウを試すも辞めるのも、全てあなたの自己責任と心得て下さい


教訓1:全ての結果において自己責任を持つ


次回は、「その2:成功者のマインド」についてお話したいと思います。

【余談】

「全ての結果において自己責任を持つ」と言う事に対して、先日、興味深い記事を見つけました。
この年、自己最多勝利(14勝)をマークした阪神の久保投手ですが、
彼は見事なまでに自己責任を持つことをの重要性を理解し、素晴らしい成績を収めています。

「周りに迷惑をかけない"自己中"」と自己分析する阪神・久保康友投手

この記事は、結果に対して自分が責任を持ては、冷静に結果の分析を行う事ができ、周りの誰かに結果の責任を擦り付けることもありません。したがって、余計な感情的なシコリが残らず自身の感情の整理が付き易いという、その見本のような事例ですね。


ちなみに、「自己責任を持つ」ということは、自分自身が行った結果に対して自分を許す、"自己容認"をするということでもあります。

この自己容認の程度が低い(失敗に対し自分自身を許すことができない)と、失敗に対しての恐怖心が強まり、責任回避の傾向が強くなります。

一方、自己容認の程度が大きい(失敗に対し自分自身を許せる)と、「失敗しても次は頑張ろう!」というプラス思考になり、自分に都合が悪い結果であっても結果を素直に受け止め、より経験から多くの事を学ぶ事が出来るようになります。


どちらが良いかというのは、一目瞭然ですね^^

ここでは、「全ての結果において自己責任を持つ」と言う事は、同時に、「自分自身が行った結果に対して自分を許す」ことでもあると覚えておいて下さい。


【補足】

ちなみに、完璧主義は、自意識向上・自己スキルの向上のためには無くてはならない思考ですが、常に100%の結果を求めるようになると、今度は、自分が出した結果に対して自分を許すこと(自己容認)ができなくなります。

その結果、100%完璧に出来るようになるまで行動しようとしなくなり、経験や練習が不足し、なかなか自身のスキル向上に繋がらないという悪循環に陥ることもあります。


ユダヤの法則(78対22の法則)によると、どんなに完璧に達成したと思っても、人間は最大で78%しか達成できません。100%の達成は現実的にありえないのです。

そして、残りの22%は、次回の改善点・課題と捉え、経験・練習を繰り返しましょう。経験・練習を繰り返すことで、残りの22%についても、さらに、その78%が改善され、全体的に徐々に100%に近付いて行きます。

ベストを尽くす考え方は大事ですが、最初から完璧を求めずに取り組む事が、上達の近道です。完璧を求めなければ、気楽に最初の一歩を踏み出すことが出来ますよ!

次記事:その2:成功者のマインドについて

↓この記事が「良かった!」と思った方はクリックお願いします♪


お金持ちになる思考法



5年保存冬眠米・無洗米の備蓄王

約5年間の長期保存が可能です。無洗米でもあるので、
災害時や飢饉時などの備蓄米として最適です。


国民1人・1年当たりの米の消費量は約60kgです。
1年分くらいは備蓄しておいてください。


長期保存可能 備蓄米 備蓄王 20kg(5kg×4) 無洗米 国産米使用 複数原料米 震災 災害 備蓄 用に!

KATADYN(カタダイン) 携帯浄水器
Pocket Micro Filter ポケットマイクロフィルター
KATADYN(カタダイン) 携帯浄水器 Pocket Micro Filter ポケットマイクロフィルター 海外正規品・並行輸入

主食のお米を確保した後は、水の確保が重要です。

カタダイン・ポケットフィルターはフィルター寿命50000リットルと、他の浄水器と比べ、段違いの性能を誇ります。


人が一日に必要な飲料水は、2.3リットルなので、大家族でも、 カタダインさえあれば、多くの水需要をカバーできます。


ちなみに、アメリカ合衆国連邦緊急事態管理庁が推奨する緊急時の水の備蓄量は3日分で、 基本的に1人につき1日1ガロン(約3.8リットル)と定められています。 つまり、3日分なので1人につき約12リットルです


移動時や携帯用には「Vestergaard(ベスターガード) 」もオススメ。また、水の携行ボトルなら、「Platypus(プラティパス) 」もおすすめ。


KATADYN(カタダイン) 携帯浄水器 Pocket Micro Filter ポケットマイクロフィルター 海外正規品・並行輸入

昔塩
1人10kg(700g×14袋)程度
昔塩 5号(せんごう塩+にがり添加) 700g×14袋 0316233

お米と水の次は、”塩”です。砂糖が無くても生きていけますが、塩は生命維持に関わります!


塩分が摂取できなくなると、人はめまいやふらつきを覚え、脱力感、筋肉異常、けいれん、精神障害など様々な朔影響を及ぼします。


日本の食用塩の需要は一人年間で約10kgです。
それくらいの備蓄は必須です。

なお、昔塩は、香川県坂出市で作られているこういう特殊形状の塩です。
昔ながらの平釜で煮詰めた手作りの塩で、管理人も神棚用に毎日使っています^^; 
長期保管しても固まりにくいのも特徴です。

昔塩 5号(せんごう塩+にがり添加) 700g×14袋

※結局は、日本人がいつも神棚に祀る「お米・水・塩」の3つを確保することが、人間が生きる上で重要な訳です^^




記事に関する免責事項

当サイトの記事は、管理人の研究・調査等に基づいて作成してはおりますが、管理人の推測・予測に基づいた内容や考察中の部分も多分に含んでおり、記事内容が間違っている場合も多々あります。従いまして、記事の正確性については一切保証致しません。

当サイトの内容をどう解釈されるかは、全て読者様自身にお任せ致しますが、記事内容を、過度に信頼しすぎないようにお願い致します。万が一読者様が不利益を被ったとしても、当方は一切責任を負う事はできませんので、ご容赦願います。

管理人について

管理人:天一(旧名:えふ。)
管理人は、不況時代突入を先読みし、一早く会社を退社し脱サラ。

その後、他に先駆けネットビジネスに参入。現在は、ネットのベンチャー会社を立ち上げ、日々ビジネスに邁進しております。

管理人への連絡はこちら

絶対読むべき本
▼聖書は読むべきです▼


▼聖書教理を正しく知る本▼


あなたを小食に導く本
▼食生活を劇的に変えた本▼


▼長寿の幸せが感じられます▼


▼科学的に食を分析してます▼


▼砂糖を摂るのをやめよう▼


▼断食をやってみよう▼


▼驚きの咀嚼の効果を知ろう▼


三大欲を自制しよう
▼接して漏らさずで有名▼


▼自慰行為を聖書学的に知る


▼ホルモンの力をしろう▼


▼性欲を抑える第六の秘儀▼


▼睡眠時間を減らそう▼


預言関係の本
▼聖書預言の本▼


▼聖徳太子の未来記▼


▼月蔵経の預言▼


神仏儒の古典を読もう!
▼十七条憲法(大成経版)▼


▼日本の歴史『古事記』▼


▼日本の歴史『日本書紀』▼



▼仏教の基本『法華経』▼


▼初学入徳の門『大学・中庸』▼


▼孔子の教え『論語』▼


▼五経の筆頭『易経』▼


管理人のオススメ!
▼聖書は読むべきです▼


記事の著作権について

当サイトの記事の著作権は、全て当方にあります。記事の引用・転載は、当サイトの引用元が分かるようにリンクをして頂ければ、基本的に許可します。ただし、「NAVERまとめ」等のキュレーションサイトへの引用・転載は不可とします。(勝手に記事をパクられて困っています)

最後に、引用・転載するにあたっても、引用元へのリスペクトを欠いた行為が見受けられる場合は、引用・転載の許可を取り消す場合がありますので、宜しくお願いします。

姉妹サイト(放射能汚染から身を守る!食の安全データベース)でも活動中です^^

サイトマップ