猫が鳴きました:不況対策!個人でも有効な方法



>>当サイトの管理人は、こんなモノを買ってます(管理人のamazon購入履歴)


2014年2月24日


猫が鳴きました

昨日は2.22でした。
これを、にゃーん、にゃーん、にゃーんで、猫が鳴くと言います。


平年は猫はこの日鳴かないのです。
しかし、今年、2014年に限って、鳴きました。

どう鳴いたか?というと、、、下記の事件を通して鳴きました。


「アンネの日記」の被害 300冊余りに

このアンネの日記の事件を、カッバーラを通して解きますと・・・


アンネ=ユダヤ人
日=太陽神
記=己の言葉(※言葉は聖書学的に言えば神です)
本=大+十字架

つまり、太陽神が磔にされた十字架で、槍を突きつけられて痛い痛い!
・・・と鳴いているのです。(神が殺される寸前です)

一方、猫が鳴くとは?


猫=根子=木+艮(うしとら)=木+丑寅の金神

このように、木に貼り付けられた、丑寅の金神が鳴く・・・と言う意味になります。
先ほどの、「アンネの日記」と同じです。

カッバーラ(言霊)を考慮しなければ、アンネの日記の事件の真の理解はできません。

(これを解けるのは、まだ、わずかの方かもしれませんが、
最近は神のピンチなので、かなり理解し易くなっているはずなのですが)


おむすびころりん

なお、この猫が鳴く・・・に関係するのが、「おむすびころりん」です。
これの詳しい話は、リンク先を見て下さい。


ここでの「おむすび」とは、「お結び=産霊(ムスビ)」の神を示します。

神道で言えば、神産霊(カミムスビ)神で、造化三神のうち、の第三神です。
(キリスト教的に言えば、第三神は「精霊」を示します)


つまり、おむすびころりんは、、、
間もなく、"結び"が、"落ちる(解ける)"と言う事を意味します。


結びとは何か?


それは、ヤマトタケルのストーリーにが象徴しています。
見事に、ヤマトタケルの遠征ルートは、伊吹山周辺で結び目になっているんです。


【画像は、くまがしって何だろう?より】


さらに言えば、、、
日本を象徴するヤマトタケルが死んだのは、伊吹山の神を怒らせた事が原因です。


特に、ヤマトタケルは"雹"で瀕死の重傷を負っていますので、
火山弾・火花・岩石の噴出には、要注意です。


まぁ、こう言うと、伊吹山で火山?と思われる方が多いでしょうね。
ですが、、、実際に、可能性として、本当にあり得るんです。


近江国風土記逸文にある"一夜で大きくなった山"

以下は、「近江国風土記逸文 竹生島」のストーリーです。

(風土記逸文 近江の国 竹生島)

昔、伊吹山に多多美彦(たたみひこ)命(夷服岳(いぶきのたけ)神)、
久恵(くえ)の峰に姉の比佐志姫(ひさしひめ)命、浅井の岡に姪の浅井姫命がいた。

あるとき夷服岳と浅井の岡が背くらべをし、浅井の岡が一夜のうちに高くなったので、
夷服岳神が立腹し浅井姫を切り殺してしまった。

そのとき浅井姫の頭が琵琶湖にころがり落ちて島となったのが、竹生島だという。


管理人が思うに、、、
恐らく、この「浅井姫の頭が琵琶湖にころがり落ちて島となった」と言うのが、
おむすびころりん」の話の元ネタだと思います。


なぜなら、「おむすびころりん」にも、木の下(木ノ本)や、
穴(吾名邑伝承の米原市顔戸?草津市穴村町?)等のキーワードがあるからです。


▼滋賀県米原市顔戸の吾名邑伝承の碑(+天の日矛の碑)


さらに、ストーリーによっては、鼠が用意した「大きい葛籠、小さい葛籠」で、
琵琶湖の最北の葛籠尾崎も暗示されている場合があります。
実際に、過去に葛籠尾崎は、琵琶湖に大規模な地盤沈下をしています

あと、注目したいのが、「おむすびころりん」の話は、
肝心のおむすびが、「焼きオムスビ」なのです。


だからこそ、管理人は、敢えて伊吹山周辺での火山に注意と言います。
(もちろん、地震にも要注意なのです)


琵琶湖周辺は、既に、串田氏の予測レポートでも、
要注意地域として出ています。

ですので、今後、特に、この伊吹山周辺の方は、要注意と言えます。


「玉姫と伊吹の三郎の話

さらに、この近辺では、滋賀県の旧・木ノ本町千田(現長浜市)には、
「玉姫と伊吹の三郎伝説」が残っています。

下記が、その伝説の残る石作・玉作神社です。


▼石作玉作神社(木之本町千田793)

▼伊吹山から実際に飛んできた岩石(火山弾)


▼石作玉作神社の神紋(666に見える)


この「玉姫と伊吹の三郎伝説」では、
伊吹山の山の岩石を、石作りの症めがけて投げつけられています。

伊吹山から、約12kmも離れたところまで飛んできているので、
火山のパワーとは凄まじい物があります。


「瓢箪なまず」の大津絵は何を示すのか?

最後に、下記の画像を紹介します。
俗に、「瓢箪なまず」と呼ばれているもので、17世紀に流行った絵です。


【日本民芸館蔵】


一見すれば、「なぜ、猿が、瓢箪で、なまずの頭を押さえつけているのか?
・・・これ、意味分からない方が多いのではないでしょうか?


なまずは、問答無用で、地震の象徴なのですが、、、
問題は、その瓢箪と猿なのです。


あなたは、これが何を示しているか分かりますか?


まず、猿は、豊臣秀吉を示しています。

そして、瓢箪は、この豊臣秀吉のシンボルマークなのです。
下記は、シンボルの千成り瓢箪です。



そして、下記が、長浜市の市章です。
瓢箪が、さざ波の中に浮かんでいます。

これではまるで、「ひょっこりひょうたん島」です。


「瓢箪なまず」の絵は、まさに、伊吹山の麓の長浜市で地震を抑えつけている、、、
そんな意味合いを、含んでいるのです。
(また、恐ろしい事に、長浜市が琵琶湖にずり落ちる可能性をも示唆してます。
実際に、過去には村ごと水没した事例が多々あります。)




ですが、もちろん、これは長浜市だけの問題ではないのです。

なぜなら、神道の大祓祝詞では、伊吹山の神が怒って、
その神の息吹によって、汚れ(ケガレ)を琵琶湖の対岸の草津方面や、
宇治(佐久奈度)方面、さらには、瀬戸内海(徳島辺り)まで、水でスッキリ押し流す。

・・・という意味合いを持った祝詞が詠まれているからです。


▼宇治にある天ケ瀬ダム(琵琶湖の水がどっと押し寄せれば、、、)


ですので、一度、伊吹山の神を怒らせると、その影響は、かなり広範囲にまで広がり、
ヤマトタケルのように、日本は致命傷を受けるでしょう。



近江とは、、、
近=「しんにょう+※斧で琵琶湖割るぞ、、、という暗示です
江=「さんずい+工は、七夕の織り姫の術具で桛(かせ)を示す。」
 ※長浜市-米原市間で七夕の「天の川」があるのは、偶然ではない。

<マタイによる福音書3章10節>
斧(おの)がすでに木の根もとに置かれている。
だから、良い実を結ばない木はことごとく切られて、火の中に投げ込まれるのだ。


天が正す地震

前回の長浜市で起きた天正地震(1586年)は、「天が正した地震」という意味です。
あれから既に、約430年が経過しています。


「おむすびころんりん」の話では、強欲のお爺さんが、その報いを受けました。

国内では、福島の被災者の事が既に忘れられ、
アベノミクスにつられて、自分だけが儲かれば良いという風潮になっています。

株に投資するくらいなら、なぜ、その一部だけでも、被災者を応援しないのか?
天の神様なら、きっとそう思うのではないでしょうか。

あまり、時間が残されてません。
今からでも、"悟り"を開くように努力して下さい。


フジテレビの新年の地獄絵図が、上記の伊吹山周辺の異変のを
暗示していることに気付いてない人が多すぎて困ります。


悟りの本当の意味は、"差取り"なのです。

平成の年号の真の意味も、「差を取って、平ら(平等)に成す」と言う意味です。
お金にも、1万円札で、平等院鳳凰堂が描かれているではありませんか。

今からでも、福島の被災者の方に、多少なりとも寄付などしてあげて下さい。
それが出来れば、あるいは、あなたにも救いが訪れるかもしれません。

PS.
地元行政や東電が全く保障しないため、地震発生4年目の2014年2月になって、 ようやく初の支援物資支給が出来たと述べていた地域が有りました。(福島県川内村)


▼福島県の支援先

「有り得ないことが平然と行われています」
※上記の福岡さんは、一人でかなりの人数をフォローされており、応援してあげて下さい

ご協力のお願い|未来の福島こども基金


↓この記事が「良かった!」と思った方はクリックお願いします♪


人の本来の神性を呼び覚ます



5年保存冬眠米・無洗米
平成26年産 三重産 減農薬こしひかり
【冬眠米・無洗米】輝(かがやき) 平成26年産・三重産減農薬こしひかり 無洗米5kg×6個【備蓄米・5年長期保存】

当サイトではこれまで「備蓄王 」を推薦していましたが、産地や値段を考慮し、三重産減農薬こしひかりをオススメします。 (放射能検査済み


5年保存が効く無洗米なのは、「備蓄王」と同じですが、
お値段が、備蓄王に比べて約44%も安いです。


国民1人・1年当たりの米の消費量は約60kgです。
1年分くらいは備蓄しておいてください。


【冬眠米・無洗米】輝(かがやき)平成26年産・三重産減農薬こしひかり 無洗米5kg×6個【備蓄米・5年長期保存】

KATADYN(カタダイン) 携帯浄水器
Pocket Micro Filter ポケットマイクロフィルター
KATADYN(カタダイン) 携帯浄水器 Pocket Micro Filter ポケットマイクロフィルター 海外正規品・並行輸入

主食のお米を確保した後は、水の確保が重要です。

カタダイン・ポケットフィルターはフィルター寿命50000リットルと、他の浄水器と比べ、段違いの性能を誇ります。


人が一日に必要な飲料水は、2.3リットルなので、大家族でも、 カタダインさえあれば、多くの水需要をカバーできます。


ちなみに、アメリカ合衆国連邦緊急事態管理庁が推奨する緊急時の水の備蓄量は3日分で、 基本的に1人につき1日1ガロン(約3.8リットル)と定められています。 つまり、3日分なので1人につき約12リットルです


移動時や携帯用には「Vestergaard(ベスターガード) 」もオススメ。また、水の携行ボトルなら、「Platypus(プラティパス) 」もおすすめ。


KATADYN(カタダイン) 携帯浄水器 Pocket Micro Filter ポケットマイクロフィルター 海外正規品・並行輸入

昔塩
1人10kg(700g×14袋)程度
昔塩 5号(せんごう塩+にがり添加) 700g×14袋 0316233

お米と水の次は、”塩”です。砂糖が無くても生きていけますが、塩は生命維持に関わります!


塩分が摂取できなくなると、人はめまいやふらつきを覚え、脱力感、筋肉異常、けいれん、精神障害など様々な朔影響を及ぼします。


日本の食用塩の需要は一人年間で約10kgです。
それくらいの備蓄は必須です。

なお、昔塩は、香川県坂出市で作られているこういう特殊形状の塩です。
昔ながらの平釜で煮詰めた手作りの塩で、管理人も神棚用に毎日使っています^^; 
長期保管しても固まりにくいのも特徴です。

昔塩 5号(せんごう塩+にがり添加) 700g×14袋

※結局は、日本人がいつも神棚に祀る「お米・水・塩」の3つを確保することが、人間が生きる上で重要な訳です^^




記事に関する免責事項

当サイトの記事は、管理人の研究・調査等に基づいて作成してはおりますが、管理人の推測・予測に基づいた内容や考察中の部分も多分に含んでおり、記事内容が間違っている場合も多々あります。従いまして、記事の正確性については一切保証致しません。

当サイトの内容をどう解釈されるかは、全て読者様自身にお任せ致しますが、記事内容を、過度に信頼しすぎないようにお願い致します。万が一読者様が不利益を被ったとしても、当方は一切責任を負う事はできませんので、ご容赦願います。

管理人について

管理人:えふ。
管理人は、不況時代突入を先読みし、一早く会社を退社し脱サラ。

その後、他に先駆けネットビジネスに参入。現在は、ネットのベンチャー会社を立ち上げ、日々ビジネスに邁進しております。

管理人への連絡はこちら

このカテゴリの記事一覧
絶対読むべき本
▼聖書は読むべきです▼


▼聖書教理を正しく知る本▼


あなたを小食に導く本
▼食生活を劇的に変えた本▼


▼長寿の幸せが感じられます▼


▼科学的に食を分析してます▼


▼砂糖を摂るのをやめよう▼


▼断食をやってみよう▼


▼驚きの咀嚼の効果を知ろう▼


三大欲を自制しよう
▼接して漏らさずで有名▼


▼自慰行為を聖書学的に知る


▼ホルモンの力をしろう▼


▼性欲を抑える第六の秘儀▼


▼睡眠時間を減らそう▼


預言関係の本
▼聖書預言の本▼


▼聖徳太子の未来記▼


▼月蔵経の預言▼


神仏儒の古典を読もう!
▼十七条憲法(大成経版)▼


▼日本の歴史『古事記』▼


▼日本の歴史『日本書紀』▼



▼仏教の基本『法華経』▼


▼初学入徳の門『大学・中庸』▼


▼孔子の教え『論語』▼


▼五経の筆頭『易経』▼


管理人のオススメ!
▼聖書は読むべきです▼


記事の著作権について

当サイトの記事の著作権は、全て当方にあります。記事の引用・転載は、当サイトの引用元が分かるようにリンクをして頂ければ、基本的に許可します。ただし、「NAVERまとめ」等のキュレーションサイトへの引用・転載は不可とします。(勝手に記事をパクられて困っています)

最後に、引用・転載するにあたっても、引用元へのリスペクトを欠いた行為が見受けられる場合は、引用・転載の許可を取り消す場合がありますので、宜しくお願いします。

姉妹サイト(放射能汚染から身を守る!食の安全データベース)でも活動中です^^

サイトマップ