雉も鳴かずば撃たれまいに① ~日本人が背負った宿命~:不況対策!個人でも有効な方法



>>当サイトの管理人は、こんなモノを買ってます(管理人のamazon購入履歴)


2014年1月14日


雉も鳴かずば撃たれまいに① ~日本人が背負った宿命~

当記事は、あくまで管理人の妄想に過ぎませんので悪しからず


過去3回の記事で、日本の「終焉」を迎えるに当たり、、、
日本は雉⇒鳳に変化する!と言う事を述べて来ました。



今回は、前回述べた通り、「雉も鳴かずば撃たれまいに・・・」に隠された意味を探ります。
このストーリーを知らない方は、事前に下記動画で内容を確認しておいて下さい。


▼雉も鳴かずば・・・の物語(石川県版)

(※このストーリーは2パターンあり、石川県版(信州版)と大阪府版があります)



「雉も鳴かずば撃たれまいに」

ですが、管理人個人的に、この話を解くのは、かなり難儀しています。


それは何故かと言うと、この「雉も鳴かずば」のエピソードは、
時間と場所を超えて、少なくとも三重の仕掛けがあるからなんです。

それゆえ、何処の部分から説明してよいやら、、、管理人も凄く悩んでいます。


実は、二度三度、記事を書いたり、書きなおしたりを繰り返しているんですが、
今回に限っては、管理人も、なかなかうまく説明が出来ません。

なので、、、もう、(諦めて)結論から言います。


▼日本の国鳥である雉



管理人が考えるに、、、
雉も鳴かずば」のエピソードのモチーフは、、、


・・・


・・・


・・・


ずばり、「キリストの磔刑」です!



ただし、それだけじゃありません。


日本では、たった二人、聖帝と呼ばれる人物がいます。
それが「①仁徳天皇」および「②聖徳太子」なのですが・・・

上記の二人も、「雉も鳴かずば」のエピソードと関係しているようです。


さらに、もう一つ大事なことを言っておくと・・・
近い将来、キリストの磔刑をスケールアップした「日本の磔刑」が行われるであろう

・・・というのが、色々と古代史やオカルトを研究してきた管理人が下す結論です。


歴史は同じことをスケールアップしながら繰り返す

まぁ、あまり、宗教史に興味が無い方、、、
特に聖書を読んだ事が無い方には、ピンとこないでしょうが・・・

近い将来、行われようとしているのは、自分の見立てでは、
キリストの磔刑」をもう一段スケールアップした「日本の国の磔刑」です。
(これを神道で言えば、「天照大神の岩戸隠れ」です)


と言うのも、歴史は、大きく見ればサイクルで成り立っています。
同じような現象が、過去⇒現在⇒未来へと、スケールアップして行われます。

「キリストの磔刑」も同様で、それと似たようなことが過去と未来とで行われます。
(中心から見れば、それぞれの事象は、同じように見えますが)


要するに、歴史サイクルは、同じような事象を何度も繰り返しながら、
徐々に大きくスケールアップしていってるのです。(それが、神様が施した仕組みのようです)


下記に挙げる各事象は、個々の出来事の内容は完全には一致しませんが、
過去において起こった出来事が、未来にも同じく再現される、、、という事例です。


  • ①イサクの奉献・・・・・・・・・家族レベル
  • ②モーゼ・荒野の奇跡・・・部族レベル
  • ③キリストの磔刑・・・・・・・・地域レベル
  • ④'日本の終焉(天照大神の岩戸隠れ)・・・・・・国家レベル ←今ここ
    (④世界の終焉・・・・・・・・・・世界レベル)
  • ⑤最後の審判・・・・・・・・・・地球レベル

最初、家族レベルに始まり、部族レベル地域レベルと、
徐々に、そのレベルは拡大していきます。

そして、現在は、④国家レベルの直前まで来ています。
これらは全て一本の糸で繋がっています。


そして、日本という国の終焉は、
今後、世界で行われる終焉の予兆と言っても良いかもしれません。


イスラエル時代から考えますと、これは三千年に一度の大建て替えです。
その衝撃は、かなり大きなものになると思った方が良いと思います。


ただし、ここを乗り越えれば、新しい時代の再生が始まり、、、
また、サイクルの始まりに戻っていくことになるでしょう。

今の時代が、まさに大きな時代の鍵を握ります。


まぁ、この考えに納得される方もされない方も居るかもしれませんが、、、
実は、日本という国の名前自体も、キリストの磔刑を暗示しています。


日本の漢字を分解すると・・・
日本= 日 + 大(※手足を広げた人体を表す) + 十 」に分解できます。

これは、太陽神が十字架に磔り付けられた様子を示してます。


▼富本銭(富本七星銭)

※日本最古の硬貨「富本銭」の本は、本=大+十になっています
富本銭の鋳造開始は683年で、朱鳥元年(686年)の3年前です


そして、不思議なことに、日本という名前をつけたのも、、、
キリストとの類似が指摘されている聖徳太子なのです。


隋書に書かれた天児(あまがつ)の意味

聖徳太子の時代に、太子は隋に遣隋使を派遣しています。
隋書倭国伝に「日出処天子」と書かれていますが、それが日本の国号の起源です。


<隋書倭国伝>
日出処天子至書日没処天子無恙云々
(日出処の天子、書を没する処の天子に致す。つつがなきや)

さらに、その随書には、面白い記述があります。


<隋書倭国伝>
開皇二十年、倭王姓阿毎、字多利思比孤、號阿輩雞彌、遣使詣闕。

(現代語訳)
開皇二十年(600年)、倭王、姓は阿毎(あめ)、字は多利思比孤(たりしひこ)、
号は阿輩雞彌、遣使を王宮に詣でさせる。


上記の号の部分が問題で、、、かなり分かり難いのですが、
唐の時代に張楚金によって書かれた翰苑(かんえん)に、その注釈が載っています。


<翰苑卷卅/蕃夷部 倭國>

阿輩雞弥、自表天兒之稱。
(中略)
其王姓阿毎、國号爲阿輩雞、華言天兒也

(現代語訳)
阿輩雞弥は、自ら天兒の稱(呼び名)を表す。
その王姓はあめ、国は号して阿輩雞(弥)となす。中国で言う天兒である。


ここで出てくる天兒って何でしょう?
日本語の現代文字に直すと、天児です。

実は、辞書で調べると、、、下記のように書いてあります。


あまがつ【天児】

尼児とも書く。平安時代に神事の祓除に用いられた人形(ひとがた)。
転じて子どものお守として,3歳ころまで身につけさせた。

子にふりかかる災難をこの人形に負わせ,子を守ると信じられていた。
人形には金箔で鶴亀などの紋をつけた白小袖を着せた。


天児(あまがつ)とは、要するに身代わり人形のことです。
(天児(あまがつ)は、後の雛人形の原型であると言って良いです)


天児(あまがつ)

上記は、単純な絵なので、分かり難いかも知れませんが、
実物を見たい方は、こちらでご覧ください。



▼飛騨地方に伝わる猿ぼぼ (※これも一種の天児です。赤いのは・・・?)


ちなみに、この天児(あまがつ)は、現代の皇室でも使われています。


皇子誕生式 (ご懐妊からご命名まで)」によると、
悠仁さまの誕生の際に、この天児が使用されています。

平成18年9月6日午後、天皇陛下より贈られた桐箱入の御守り刀を
侍従が秋篠宮邸へお運びし、殿下がご覧になった後、
宮邸の職員が愛育病院の悠仁さまの枕元にお届けした。

賜剣の儀式とは別に、皇后陛下からは、
枕元に置く天児(あまがつ)の人形と犬張り子などのお守りを贈られた。


さて、ここで、もう一度、随書の記述に戻ります。

すなわち、中国の随書や翰苑(かんえん)に書かれた
阿輩雞弥は、自ら天兒の呼び名を表す」という言葉や
国は号して阿輩雞(弥)となす。中国で言う天兒である」という言葉は、、、


日本の国が、「身代わり人形の国である」と言っているに等しいわけです。

分かりますか。この重大性が。



・・・さて、ここで問題です。

今までの世界の歴史上で、全人類の罪を贖うために身代わり人形になった人がいます。
それは誰でしょうか?


・・・

・・・

・・・

もうお分かりですよね。
それは、十字架の上で、磔刑になったイエス・キリスト以外にないのですよ。。。


歴史の1サイクル前では、イエス・キリストが天児となって、全人類を罪から救いました。

そして、世界の終末においては、それが国単位にスケールアップして、
「身代わり人形の国である日本」が、天児となる日が近づきつつあります。


だから、管理人は、近い将来、キリストの磔刑をスケールアップした
日本の磔刑」が行われると述べているのです。



【余談】

この天児(あまがつ)ですが、実は、エジプトのアンク十字そのものです。

▼アンク十字(エジプト十字)は天児と同じ
▼イッティ・ビッティ・アンク・ペンダント●「生命の鍵」の名でも広く知られるエジプトのアンク十字のペンダントです。アンクは生命の象徴として、そしてまた不死や不滅の象徴などとしても知られ、イシスとオシリスの神秘的な関係を象徴しているとも伝えられています。


ヒエログリフの3子音文字に、アンクがありますが、
このアンクには「生命」 の意味があります。

また同時に、アンクは地平線の上に太陽が昇るシンボルでもあるそうです。

エジプトにおいては、アンクの力を信じる者は、
一度だけ生き返ることができると信じられています。

ですので、日本は一度死んでも、きっと再び復活するはずだ!と述べておきます。


日本が背負った宿命 ~日本=キリストとして考えてみる~

さて、かなり遠回りして解説していますが、
冒頭で述べた、「雉も鳴かずば撃たれまいに・・・」の謎解きをします。

ただ、記事の都合上、全部は説明できないので、
今回は、キリストの磔刑との関係のみに限って説明させて頂きます。
(聖徳太子や仁徳天皇と「雉も鳴かずば・・・」の関係は、次回以降に)



まず、不思議に思いませんか?

ここのところ、急に、日本に対して、周辺国のバッシングが厳しくなりました。
挙句に、韓国は、立て続けに日本沖でわざとタンカーの座礁を繰り返してもいますよね。


【これは酷い】対馬沖でまた韓国籍タンカーが衝突事故!!
⇒ わざと衝突している可能性が浮上!!!その理由があまりに酷すぎる...

中国にしても、一方的に反日デモを繰り返し、日本のご都合お構いなしに、
「全て日本が悪い」のオンパレードです。

日本政府も、これまでほとんど対抗措置らしい措置もしてない状態です。
やり返す事がないので、まぁ、フラストレーションは溜まる一方だと思います。


ですが、これも、「キリストの磔刑」の時のモデルを考えればすぐ解けるんです。


  • 日本・・・キリスト
  • 周辺国(韓国・中国、その他)・・・キリストを揶揄する人々
  • アメリカ・・・ピラト(?)

こういう感じの相似形になっているのではないかと、管理人は感じています。


キリストは、「右の頬を打たれたら左の頬を差し出せ」という思想ですので、
それは一方的に、やられるはずです。それは磔刑で死ぬまで続くでしょう。

特に、日本の終焉に近づくほど、激しいバッシングを受けると思います。


そして、最終的に、日本は「咎(とが)無くて死す」という状況になり、
その日本の死を見て、中国や韓国は、歓喜する状態になるでしょう。


▼いろは歌にも「咎(とが)無くて死す」が隠されている


実は、このことは、聖書の相似形もさることながら、、、
聖徳太子の預言書『未来記』にも預言されていることです。


聖徳太子秘文『未来記』の最終14章より】

日域末世中彼三悪魔流布 雖見聞不禁断者六天魔王得便 異国蒙古為歓喜
牛馬如人言語 魚鱠生羽飛虚空 岩石現眼口 夜半見日輪 北方出月輪

<読み下し文>

日本が末世の時、かの三悪魔が世の中に知れ渡る

(※三悪魔とは一遍に類する踊念仏、日蓮に類するS価学会、親鸞に類する葬式仏教を指す)
(※上記のうち日蓮によって、日本が決定的に滅ぶと書かれています)

その三悪魔の教えを、見ても聞いても決してしてはいけない。
もし、それが守れないならば、第六天魔王が日本に降り立ち、
異国の蒙古は大変喜ぶ。

牛馬は人のように言葉を話し、魚のなますが羽を生やして空を飛び、
岩石には、目と口が出現し、真夜中に太陽が現れ、月が北の方角から出るだろう


上記の第六天魔王とは、地震で日本を八つ裂きにする悪魔です。
「その第六天魔王が日本に降り立ち、日本が自滅する姿を見て蒙古が喜ぶ」
、、、と聖徳太子の未来記には書かれているのです。


では、もう一度、聖書に戻って対比してみて下さい。
下記の状況を想像しながら、「マタイによる福音書 第27章」を読んでみて下さい。

※はしょらずに、全文ちゃんと読んで下さい


マタイによる福音書 第27章(CHAPTER 27)

  • キリスト・・・日本
  • キリストを揶揄する人々・・・周辺国(韓国・中国、その他)
  • ピラト・・・アメリカ(?)

さしづめ、キリストを嘲笑したり、つばを吐きかけたりしている人々が、
今の韓国や中国の人々だと思うと、今の日本の状況が分かりませんか?

だから、今、散々、日本に対して激しい嫌がらせを繰り返しているわけですね。


そして、最終的には、日本(キリスト)は磔刑で亡くなる訳ですが、、、
磔刑での死を望んで、それを見ていた韓国・中国(キリストを揶揄する人々)は喜ぶ

・・・という、「聖書」と「未来記」が同時に成就するような状況になります。


ただし、キリストは3日後に蘇っていますので、
きっと日本も、(3日後とは言いませんが)いつか復活するはずだと管理人は思うのです。
(ただし、古い日本は、捨て去られる可能性がありますが)


日本が背負った宿命 ~雉も鳴かずば撃たれまいに・・・~

さて、冒頭で、「雉も鳴かずば撃たれまいに・・・」に隠された意味を解説する、
・・・と言っておきながら、ここまで、まったく、その意味を解説しておりません^^;


ですが、ここまでで、その意味を、おおかた説明し終えているのです。


分かりますか?


雉も鳴かずば撃たれまいに・・・
そのことわざが示唆している、大元の部分は下記にあります。


ピラトは言った、「それではキリストといわれるイエスは、どうしたらよいか」。
彼らはいっせいに「十字架につけよ」と言った。

しかし、ピラトは言った、「あの人は、いったい、どんな悪事をしたのか」。
すると彼らはいっそう激しく叫んで、「十字架につけよ」と言った。

ピラトは手のつけようがなく、かえって暴動になりそうなのを見て、
水を取り、群衆の前で手を洗って言った、
「この人の血について、わたしには責任がない。おまえたちが自分で始末をするがよい」。

すると、民衆全体が答えて言った、
「その血の責任は、われわれとわれわれの子孫の上にかかってもよい」。

そこで、ピラトはバラバをゆるしてやり、
イエスをむち打ったのち、十字架につけるために引きわたした。


日本は、古代から多くの渡来人が入ってきている国です。
当時のユダヤ人も、はるばる、エルサレムから、この日本に入ってきています。


日ユ同祖論の観点で見れば、、、
一つ前の歴史のサイクルで、「神の子」を葬ったのは、我々の先祖です。

そして、その責任は、「われわれの子孫の上にかかってもよい」と書かれているのです。


「日ユ同祖論」に基づいて、さらに「聖書預言は、100%成就する」という視点で見れば、
日本が終末においての受難は、、、まさに聖書のこの一文に因ることが分かります。

神を殺したツケは、、、同様に自らに跳ね返ってくると言う訳です。


まさに、「口は災いの元
ことわざで言えば、、、「雉も鳴かずば撃たれまいに・・・」なのです。

また、天から下された雉(雉子)討って、逆に帰り討ちにされるのを、
神道風に言えば、「返し矢恐るべし・・・」などと言ったり言わなかったり。。。


・・・まぁ、記事が長くなったので、今回は、ココまでとしますが、、、
「雉も鳴かずば撃たれまいに」に隠された意味は、これだけじゃないんです。


  • どうして雉が、日本の国鳥なのか?
  • 羽根ラインの作成目的はなんなのか?
  • なぜ、石川県と大阪府に「雉も鳴かずば」の故事があるのか?
  • 少女の名前、"お菊"に隠されている意味
  • 「3本足のカラス」ならぬ、「3本足の雉」
  • 「仁徳天皇」と「聖徳太子」に雉も鳴かずばが暗示されている理由

・・・今回述べたのは、聖書との符号だけであって、まだ述べてないことは、多々あります。
ですので、引き続き、この謎解きは続けたいと思います。



⇒続き:雉も鳴かずば撃たれまいに② ~仁徳天皇と女鳥王(めどりのみこ)~


日本は、こういう宿命を背負った国なんですが、、、

同時にイザヤ書の預言などを見ると、もしかすると、
今後、神の奇跡を目の当たりにして、神の奇跡を世界に述べ伝える、、、
そんな役目を背負っている可能性もあるかもしれません。


↓この記事が「良かった!」と思った方はクリックお願いします♪


人の本来の神性を呼び覚ます



5年保存冬眠米・無洗米
平成26年産 三重産 減農薬こしひかり
【冬眠米・無洗米】輝(かがやき) 平成26年産・三重産減農薬こしひかり 無洗米5kg×6個【備蓄米・5年長期保存】

当サイトではこれまで「備蓄王 」を推薦していましたが、産地や値段を考慮し、三重産減農薬こしひかりをオススメします。 (放射能検査済み


5年保存が効く無洗米なのは、「備蓄王」と同じですが、
お値段が、備蓄王に比べて約44%も安いです。


国民1人・1年当たりの米の消費量は約60kgです。
1年分くらいは備蓄しておいてください。


【冬眠米・無洗米】輝(かがやき)平成26年産・三重産減農薬こしひかり 無洗米5kg×6個【備蓄米・5年長期保存】

KATADYN(カタダイン) 携帯浄水器
Pocket Micro Filter ポケットマイクロフィルター
KATADYN(カタダイン) 携帯浄水器 Pocket Micro Filter ポケットマイクロフィルター 海外正規品・並行輸入

主食のお米を確保した後は、水の確保が重要です。

カタダイン・ポケットフィルターはフィルター寿命50000リットルと、他の浄水器と比べ、段違いの性能を誇ります。


人が一日に必要な飲料水は、2.3リットルなので、大家族でも、 カタダインさえあれば、多くの水需要をカバーできます。


ちなみに、アメリカ合衆国連邦緊急事態管理庁が推奨する緊急時の水の備蓄量は3日分で、 基本的に1人につき1日1ガロン(約3.8リットル)と定められています。 つまり、3日分なので1人につき約12リットルです


移動時や携帯用には「Vestergaard(ベスターガード) 」もオススメ。また、水の携行ボトルなら、「Platypus(プラティパス) 」もおすすめ。


KATADYN(カタダイン) 携帯浄水器 Pocket Micro Filter ポケットマイクロフィルター 海外正規品・並行輸入

昔塩
1人10kg(700g×14袋)程度
昔塩 5号(せんごう塩+にがり添加) 700g×14袋 0316233

お米と水の次は、”塩”です。砂糖が無くても生きていけますが、塩は生命維持に関わります!


塩分が摂取できなくなると、人はめまいやふらつきを覚え、脱力感、筋肉異常、けいれん、精神障害など様々な朔影響を及ぼします。


日本の食用塩の需要は一人年間で約10kgです。
それくらいの備蓄は必須です。

なお、昔塩は、香川県坂出市で作られているこういう特殊形状の塩です。
昔ながらの平釜で煮詰めた手作りの塩で、管理人も神棚用に毎日使っています^^; 
長期保管しても固まりにくいのも特徴です。

昔塩 5号(せんごう塩+にがり添加) 700g×14袋

※結局は、日本人がいつも神棚に祀る「お米・水・塩」の3つを確保することが、人間が生きる上で重要な訳です^^




記事に関する免責事項

当サイトの記事は、管理人の研究・調査等に基づいて作成してはおりますが、管理人の推測・予測に基づいた内容や考察中の部分も多分に含んでおり、記事内容が間違っている場合も多々あります。従いまして、記事の正確性については一切保証致しません。

当サイトの内容をどう解釈されるかは、全て読者様自身にお任せ致しますが、記事内容を、過度に信頼しすぎないようにお願い致します。万が一読者様が不利益を被ったとしても、当方は一切責任を負う事はできませんので、ご容赦願います。

管理人について

管理人:えふ。
管理人は、不況時代突入を先読みし、一早く会社を退社し脱サラ。

その後、他に先駆けネットビジネスに参入。現在は、ネットのベンチャー会社を立ち上げ、日々ビジネスに邁進しております。

管理人への連絡はこちら

このカテゴリの記事一覧
絶対読むべき本
▼聖書は読むべきです▼


▼聖書教理を正しく知る本▼


あなたを小食に導く本
▼食生活を劇的に変えた本▼


▼長寿の幸せが感じられます▼


▼科学的に食を分析してます▼


▼砂糖を摂るのをやめよう▼


▼断食をやってみよう▼


▼驚きの咀嚼の効果を知ろう▼


三大欲を自制しよう
▼接して漏らさずで有名▼


▼自慰行為を聖書学的に知る


▼ホルモンの力をしろう▼


▼性欲を抑える第六の秘儀▼


▼睡眠時間を減らそう▼


預言関係の本
▼聖書預言の本▼


▼聖徳太子の未来記▼


▼月蔵経の預言▼


神仏儒の古典を読もう!
▼十七条憲法(大成経版)▼


▼日本の歴史『古事記』▼


▼日本の歴史『日本書紀』▼



▼仏教の基本『法華経』▼


▼初学入徳の門『大学・中庸』▼


▼孔子の教え『論語』▼


▼五経の筆頭『易経』▼


管理人のオススメ!
▼聖書は読むべきです▼


記事の著作権について

当サイトの記事の著作権は、全て当方にあります。記事の引用・転載は、当サイトの引用元が分かるようにリンクをして頂ければ、基本的に許可します。ただし、「NAVERまとめ」等のキュレーションサイトへの引用・転載は不可とします。(勝手に記事をパクられて困っています)

最後に、引用・転載するにあたっても、引用元へのリスペクトを欠いた行為が見受けられる場合は、引用・転載の許可を取り消す場合がありますので、宜しくお願いします。

姉妹サイト(放射能汚染から身を守る!食の安全データベース)でも活動中です^^

サイトマップ