1246円 創健社 / 国内産青梅使用 梅エキス 国内産青梅使用 梅エキス(130g)【創健社】 ダイエット・健康 サプリメント 植物性エキス 梅肉 現品 創健社 国内産青梅使用 130g 梅エキス 1246円 創健社 / 国内産青梅使用 梅エキス 国内産青梅使用 梅エキス(130g)【創健社】 ダイエット・健康 サプリメント 植物性エキス 梅肉 現品 創健社 国内産青梅使用 130g 梅エキス 梅エキス(130g)【創健社】,梅エキス,国内産青梅使用,/cicerone2233295.html,/,1246円,on-linetrpgsite.sakura.ne.jp,ダイエット・健康 , サプリメント , 植物性エキス , 梅肉,国内産青梅使用,創健社 梅エキス(130g)【創健社】,梅エキス,国内産青梅使用,/cicerone2233295.html,/,1246円,on-linetrpgsite.sakura.ne.jp,ダイエット・健康 , サプリメント , 植物性エキス , 梅肉,国内産青梅使用,創健社

現品 創健社 国内産青梅使用 国産品 130g 梅エキス

創健社 / 国内産青梅使用 梅エキス 国内産青梅使用 梅エキス(130g)【創健社】

1246円

創健社 / 国内産青梅使用 梅エキス 国内産青梅使用 梅エキス(130g)【創健社】





お店TOP>健康食品・サプリメント>野菜・果実 サプリメント>梅肉>国内産青梅使用 梅エキス (130g)

【国内産青梅使用 梅エキスの商品詳細】
●国内産の青梅をじっくり煮詰めたエキスに、有機フラクトオリゴ糖をブレンドしています。
●酸っぱさがひかえめですので、酸味が苦手な方にもおいしくお召し上がりいただけます。
●使いやすいノズルタイプ容器ですのでお好きな量をお好きな形式でお召し上がりください。
●有機フラクトオリゴ糖はブラジル産有機さとうきびを原料とし、お腹に有用なビフィズス菌を増やす働きがあると言われています。
●国内産青梅を約15時間煮詰めたエキスを使用しています。(青梅33kg(約1650粒)で1kgの梅エキスができます。)

【召し上がり方】
★お召し上がり量
・栄養補助食品として、1日4~8gを目安にお召し上がりください。
★お召し上がり方
・そのままお召し上がりいただくか、水またはぬるま湯、ジュースなどと混ぜてお召し上がり下さい。

【品名・名称】
梅エキス加工食品

【国内産青梅使用 梅エキスの原材料】
有機フラクトオリゴ糖(有機さとうきび(ブラジル))、梅エキス(梅(国産))
【栄養成分】
100g当たり
エネルギー:303kcal、たんぱく質:1.6g、脂質:0g、炭水化物:76.0g、食塩相当量:0.03g
有機酸(クエン酸換算):10.8g
【保存方法】
直射日光・高温多湿を避け常温暗所保存

【注意事項】
・本品製造工場では、「卵」・「乳成分」・「小麦」・「落花生」・「えび」・「かに」を含む製品を製造しています。
・開封後は賞味期限にかかわらず、お早めにお召し上がり下さい。
・乳幼児の手の届かない所において下さい。
・梅エキスとオリゴ糖が分離することがあります。その場合は容器をよく振ってお使い下さい。
・農産物を原料にしていますのでロットによって色にバラつきが生じる場合がございますが品質上問題はありません。

【原産国】
日本

【ブランド】
創健社

【発売元、製造元、輸入元又は販売元】
創健社

リニューアルに伴い、パッケージ・内容等予告なく変更する場合がございます。予めご了承ください。

創健社
221-8741 横浜市神奈川区片倉2-37-11
0120-101702

広告文責:グループ株式会社
電話:050-5306-1825

[野菜・果実 サプリメント/ブランド:創健社/]

創健社 / 国内産青梅使用 梅エキス 国内産青梅使用 梅エキス(130g)【創健社】

電熱ベスト USB式給電 電熱ジャケット ヒーター4枚内蔵 3段階温度調整 電熱ウェア 防寒ベスト 防寒ウェア 作業着 保暖服 水洗い 防風 チョッキ 防寒着 男女兼用

第36回(2021)京都賞

特設ウェブサイト

第36回(2021)の受賞者

この連載では、これまでの京都賞受賞者へのインタビューを通して、記念講演会で語られた言葉をさらに掘り下げ、独自の哲学や思考プロセス、探求者の姿勢などに迫りたいと思います。

京都賞とは

Kyoto Prize since 1984

“人のため、世のために役立つことをなすことが、
人間として最高の行為である”

稲盛和夫(京セラ名誉会長/稲盛財団創立者)

「京都賞」は、科学や技術、思想・芸術の分野に大きく貢献した方々に贈られる日本発の国際賞です。「科学や文明の発展と人類の精神的深化のバランスをとりながら、未来の進歩に貢献したい」。稲盛和夫のそのような願いが込められています。3つの部門の受賞者には、メダルやディプロマのほか賞金1億円が贈られます。

ニュース