眠りから覚める猫④~四天王寺の配置図から解く「猫之門」~:不況対策!個人でも有効な方法



>>当サイトの管理人は、こんなモノを買ってます(管理人のamazon購入履歴)


2016年6月 2日


眠りから覚める猫④~四天王寺の配置図から解く「猫之門」~

さて、、、
前回、前々回と、四天王寺の「猫之門」の謎について述べて来ました。

▼猫之門の蟇股に施された彫刻


今回は、前回申し上げたように、、、
「猫之門の配置」から、「猫」に課された性格を読み解きます。
(そして、聖徳太子の命日(2月22日)の謎にも迫ります)

前回までの記事は、下記をご覧ください。


「猫之門」と「寅之門」

では、早速、四天王寺の境内地図から、猫之門の位置を確認して見ましょう。

印が、西の石の鳥居で、
そこからずっと東に行った先に、「猫之門」があります。


【画像は四天王寺公式HPより】

猫之門は聖徳太子の命日(毎月22日)に開く居以外は開かずの門で、
塀の内側の太子殿に行くには、「猫之門」のすぐ南の「寅之門」から入る必要があります。

こちらの「寅之門」には、下記のようにが彫られています。

▼虎之門

▼虎之門の蟇股に施された彫刻

【上記二つの画像は車椅子で地元の名所旧跡めぐりより】


まぁ、見て頂ければ分かる通り、
「猫之門」も「寅之門」にも蛙股に彫刻があり、彫刻の仕様も似ています。

ですので、猫と寅、、、これらは、"一対で考えるモノ"なのですね^^


ですが、これだけでは、謎は解けません。
なぜ、猫と寅が一対なのだ?・・・と思いませんか。


まぁ、思えば、猫と虎(寅)は、非常に見た目だけは似ています^^;
(同じネコ科の動物ではあります)


しかし、「猫は虎の心を知らず」という諺があるように、
たとえ、外見は似ていても、猫には虎の心が分かりません。

だから、「猫之門」と「寅之門」とでは、外見上は同じ門であっても、
その彫刻に施された意味合い(精神性)は、丸っきり違う!のです。


だから、、、この四天王寺の「猫之門」と「寅之門」。。。




これらは一対のように造られてはいますが、、、
"わざわざ『似て非なる物』を示すために"造られている!

・・・と我々は理解した方が良さそうです。

(なぜ、似て非なるものを示す必要があるのか?という事については、またおいおい)


寅の性質を考える

先ほどの諺で、「猫は虎の心を知らず」というのがありましたが、
これは、小人物(猫)には、大人物(寅)の考えは理解できないと言う意味です。

つまり、この例えでは、寅>猫だと言っている訳ですね。


なぜ、猫より寅の方が重視されるのか?
それは、日本の古代から連綿と続く、暦の考え方にも関わっています。

これは、「迫りくる猫の国⑨~虎の頭はなぜ動く?~」とも関連しますが、、、
基本的に、寅月は、日本の旧暦正月に該当します。


つまり、「寅=おめでたい正月の象徴」でもあるのです。
(神武天皇の東征が始まったのも、甲寅年から始まりました)

だから、日本にとって、寅は縁起物なのです。


寅の縁起をかついだ「張り子の虎」の人形がありますが、
寅が頭だけ動くのは、五行で言えば、生命が胎動する木気の始まりであり、
新しい生命の誕生をも表しているのです。
(参考:「迫りくる猫の国⑨~虎の頭はなぜ動く?~



猫の性質を考える

寅が縁起物であるという事は、良く分かりました。
では、猫についてはどうでしょうか?


管理人は、下記で猫の性質についても言及していますね。
(参考:迫りくる猫の国③~鬼を使役する九州の根子岳~

実は、猫には、ほとんど良い諺がありません。
・・・というか良い意味で使われている諺が一つも見当たりません


特に象徴的な言葉が、「猫が肥えれば鰹節が痩せる」という諺で、、、

鰹節は、干し飯(ほしいい)に優る最高の備蓄食(兵糧食)ではありますが、
猫にとって、鰹節は大好物です。

したがって、猫が好き勝手に鰹節(国の備蓄)を食べて肥えていくと、
結果的に、神に納める食糧庫の食糧も尽きたり、国民も飢えて苦しくなります。

▼伊勢神宮内宮の屋根に乗った鰹木(牛の角と一緒に屋根に乗っている)

結果的に、国力はどんどん痩せ衰えていきます。


と言うように、結論として言える事は、、、
猫が好き勝手振る舞うのは、とても宜しくない!

・・・と言う事になるのですね^^;


とは言っても、、、
上記で述べた事柄は、あくまで諺だけで捉えた管理人の推論です。


現在は、空前の猫ブーム。。。


勝手な推論で「こんなに、かわいい猫が、悪者にされてたまるか!」
・・・なんて思う、猫好きの方も多数いらっしゃると思います^^;

そこで、次に、誰しもが理解できるように、
四天王寺の「猫之門」の配置に隠された意味を解いていきます。


四天王寺の「午王尊(ごおうそん)」

下記は、四天王寺の案内図で、太子殿の周辺をズームアップしたものです。

ご覧のように、25.猫の門と26.寅の門という表示があるのが分かりますね。


しかしながら、、、
上記の図の中には、実はもう一つ、、、決して見逃してはならない建物があります。

それは、こちら。。。
午王尊(ごおうそん)です。


午王尊(ごおうそん)は、お寺に似つかわしくない建築物で、
スサノオ(牛頭天皇)を祀ったものではないか?と思われます。(詳細は不明)

この中には、牛の像が何体か置かれているのが見えます。


この午王尊(ごおうそん)の正式名称は石神堂といいます。

<石神堂(いしがみどう)>
推古元年(五九三)創建。
四天王寺草創時、建築資材である石や材木を運搬した牛が、
伽藍が完成するや否や化して石となったと伝えられ、
堂内床下には牛王尊の巨石が安置されている。

後世、牛は草を食むことから、転じて、
「子供の顔にできる"くさ"をとってくる」との信仰を生み、
病気平癒を祈る人々によって、牛の絵馬が数多く奉納されている。

南無 大聖午王尊

(今は新しい建物にはなってますが)伝承を信じる限りでは、
どうも、石神堂(午王尊)は、四天王寺の伽藍完成直後に創建されていたようです。

牛王尊の巨石が床下に安置されていると言う事から、
恐らく、創建当初から、午王尊の場所は変わってないはずです。

だから、結果的に、午王尊と伽藍の配置は、創建当初から変わっていないと思います。
そう考えて、この伽藍中心と午王尊の関係を見ると、、、


やはりと言ってはなんですが、
石神堂(午王尊)は、中心伽藍からピッタリ東北の鬼門に位置しているのですね。

だから、元々は、午王尊は鬼門封じのために、祀られていたのでしょう。


もう一つの鬼門

ですが、話はこれだけでは終わらないのです。。。
この「午王尊」を、先ほどの「猫之門」「寅之門」と位置関係を対比させて見て下さい。

すると、、、何が見えてくるか?


もう、上記の図で、ハッキリ分かりますよね。。。
実は、この太子殿の周辺の建物の上でも、もう一つの鬼門が意識されているのです。

そして、大事な事に、、、
猫之門がちょうど鬼門に該当し、そこ配備されているのが「猫」なのです。

ですので、猫には、ただならぬ意味が隠されていると理解する事ができるのです。


思えば、猫は「根子」とも書き、根には、艮(うしとら)が含まれます。
まさに、猫(根子)は鬼門を象徴する動物と言って良い動物です。


ただ、、、
まだコレだけでは、猫の本当の性質は見えてこないかも知れません。

そこで、、、

次回は、四天王寺という仏教の寺らしく、
仏教の象徴図、、、涅槃図を使って、猫に秘された本質に迫ります!


管理人は、どちらかと言うと、仏教は苦手なので・・・
ちょっと読み解きには時間掛かるかもしれないので、ご容赦を^^;

↓この記事が「良かった!」と思った方はクリックお願いします♪


眠りから覚める猫



5年保存冬眠米・無洗米
平成26年産 三重産 減農薬こしひかり
【冬眠米・無洗米】輝(かがやき) 平成26年産・三重産減農薬こしひかり 無洗米5kg×6個【備蓄米・5年長期保存】

当サイトではこれまで「備蓄王 」を推薦していましたが、産地や値段を考慮し、三重産減農薬こしひかりをオススメします。 (放射能検査済み


5年保存が効く無洗米なのは、「備蓄王」と同じですが、
お値段が、備蓄王に比べて約44%も安いです。


国民1人・1年当たりの米の消費量は約60kgです。
1年分くらいは備蓄しておいてください。


【冬眠米・無洗米】輝(かがやき)平成26年産・三重産減農薬こしひかり 無洗米5kg×6個【備蓄米・5年長期保存】

KATADYN(カタダイン) 携帯浄水器
Pocket Micro Filter ポケットマイクロフィルター
KATADYN(カタダイン) 携帯浄水器 Pocket Micro Filter ポケットマイクロフィルター 海外正規品・並行輸入

主食のお米を確保した後は、水の確保が重要です。

カタダイン・ポケットフィルターはフィルター寿命50000リットルと、他の浄水器と比べ、段違いの性能を誇ります。


人が一日に必要な飲料水は、2.3リットルなので、大家族でも、 カタダインさえあれば、多くの水需要をカバーできます。


ちなみに、アメリカ合衆国連邦緊急事態管理庁が推奨する緊急時の水の備蓄量は3日分で、 基本的に1人につき1日1ガロン(約3.8リットル)と定められています。 つまり、3日分なので1人につき約12リットルです


移動時や携帯用には「Vestergaard(ベスターガード) 」もオススメ。また、水の携行ボトルなら、「Platypus(プラティパス) 」もおすすめ。


KATADYN(カタダイン) 携帯浄水器 Pocket Micro Filter ポケットマイクロフィルター 海外正規品・並行輸入

昔塩
1人10kg(700g×14袋)程度
昔塩 5号(せんごう塩+にがり添加) 700g×14袋 0316233

お米と水の次は、”塩”です。砂糖が無くても生きていけますが、塩は生命維持に関わります!


塩分が摂取できなくなると、人はめまいやふらつきを覚え、脱力感、筋肉異常、けいれん、精神障害など様々な朔影響を及ぼします。


日本の食用塩の需要は一人年間で約10kgです。
それくらいの備蓄は必須です。

なお、昔塩は、香川県坂出市で作られているこういう特殊形状の塩です。
昔ながらの平釜で煮詰めた手作りの塩で、管理人も神棚用に毎日使っています^^; 
長期保管しても固まりにくいのも特徴です。

昔塩 5号(せんごう塩+にがり添加) 700g×14袋

※結局は、日本人がいつも神棚に祀る「お米・水・塩」の3つを確保することが、人間が生きる上で重要な訳です^^




記事に関する免責事項

当サイトの記事は、管理人の研究・調査等に基づいて作成してはおりますが、管理人の推測・予測に基づいた内容や考察中の部分も多分に含んでおり、記事内容が間違っている場合も多々あります。従いまして、記事の正確性については一切保証致しません。

当サイトの内容をどう解釈されるかは、全て読者様自身にお任せ致しますが、記事内容を、過度に信頼しすぎないようにお願い致します。万が一読者様が不利益を被ったとしても、当方は一切責任を負う事はできませんので、ご容赦願います。

管理人について

管理人:えふ。
管理人は、不況時代突入を先読みし、一早く会社を退社し脱サラ。

その後、他に先駆けネットビジネスに参入。現在は、ネットのベンチャー会社を立ち上げ、日々ビジネスに邁進しております。

管理人への連絡はこちら

絶対読むべき本
▼聖書は読むべきです▼


▼聖書教理を正しく知る本▼


あなたを小食に導く本
▼食生活を劇的に変えた本▼


▼長寿の幸せが感じられます▼


▼科学的に食を分析してます▼


▼砂糖を摂るのをやめよう▼


▼断食をやってみよう▼


▼驚きの咀嚼の効果を知ろう▼


三大欲を自制しよう
▼接して漏らさずで有名▼


▼自慰行為を聖書学的に知る


▼ホルモンの力をしろう▼


▼性欲を抑える第六の秘儀▼


▼睡眠時間を減らそう▼


預言関係の本
▼聖書預言の本▼


▼聖徳太子の未来記▼


▼月蔵経の預言▼


神仏儒の古典を読もう!
▼十七条憲法(大成経版)▼


▼日本の歴史『古事記』▼


▼日本の歴史『日本書紀』▼



▼仏教の基本『法華経』▼


▼初学入徳の門『大学・中庸』▼


▼孔子の教え『論語』▼


▼五経の筆頭『易経』▼


管理人のオススメ!
▼聖書は読むべきです▼


記事の著作権について

当サイトの記事の著作権は、全て当方にあります。記事の引用・転載は、当サイトの引用元が分かるようにリンクをして頂ければ、基本的に許可します。ただし、「NAVERまとめ」等のキュレーションサイトへの引用・転載は不可とします。(勝手に記事をパクられて困っています)

最後に、引用・転載するにあたっても、引用元へのリスペクトを欠いた行為が見受けられる場合は、引用・転載の許可を取り消す場合がありますので、宜しくお願いします。

姉妹サイト(放射能汚染から身を守る!食の安全データベース)でも活動中です^^

サイトマップ