続・千と千尋の神隠しの謎⑤~アプサント=服の色に隠されている思想~:不況対策!個人でも有効な方法



>>当サイトの管理人は、こんなモノを買ってます(管理人のamazon購入履歴)


2014年7月15日


続・千と千尋の神隠しの謎⑤~アプサント=服の色に隠されている思想~

当記事は、あくまで管理人の妄想に過ぎませんので悪しからず


前回の記事では、千尋の髪留めの色の変化について少し言及しましたが・・・
ジブリのスタッフは、相当こだわって、色彩を選んでいます。

ある意味、色によっても、我々に、重要なメッセージを送っているのです。


【以下、当記事で表示する「千と千尋の神隠し」の画像は、
全て「千と千尋の神隠し」 (c) 2001 二馬力・GNDDTMに帰属します】

まぁ、上記の髪留めの色の変更の意味についての解説は、また今度しようと思いますが・・・


実は、上記の絵の中で、髪留めの色以外にも、、、
"思想が感じ取れる色"があるのを、あなたはお気づきでしょうか?



本文を読む前に、応援クリックにご協力下さいm(__)m ⇒ 人気ブログランキング



千尋の服に隠されている思想

その"思想が感じ取れる色"とは、、、服の色です。
下記の緑でもないし、黄緑でも無い、、、妙な中間色。


物語中では、この服は、かなり露出度が高く、物語の脇を添えている色彩です。
それだけに、この服の色は、単純に決められたものではないと思われます。


それで、この千尋の服の色合いに近い色を、一から探していくと・・・
実は、この色は、下記のアプサント(アブサン)といわれる色なんです。


そして、この色なんですが・・・元々は、お酒の色です。

フランス発祥のお酒のリキュールに、アプサント(アブサン)と言うのがあります。
その色なんです。


野球漫画で、水島新司の『あぶさん』というのがありますよね?
実は、このあぶさんも、上記のお酒、アプサント(アブサン)から名前を取られたものです。

【送料無料】あぶさん(77) [ 水島新司 ]

【送料無料】あぶさん(77) [ 水島新司 ]
価格:545円(税込、送料込)



日本の酒造メーカーでも、サントリーが、昔、「ヘルメス」という名前で、
1950年代か60年代に作っていたアブサンがあったようです。

だから、多分、宮崎駿監督の年代なら、アブサンの存在を知っているんじゃないかと思います。


そして、同時に、このアプサント(アブサン)なんですが・・・
実を言うと、原材料が【ニガヨモギ】を主原料に出来ているのです。

▼ニガヨモギ


そして、この【ニガヨモギ】を使ったお酒、アプサント(アブサン)なんですが・・・
知っている人は知っている、お酒飲みの方なら、一度は聞いたことがあるであろう、
悪名高き(?)伝説のお酒なんです。。。


と言うのも、このアプサント(アブサン)というお酒、、、
向精神作用が引き起こされるとして、製造禁止処分になった事があるのです。

ちなみに、現在は、成分を薄めた状態で、市販・飲酒は許可されており、
製造開始→製造禁止→(成分を抑えて)解禁、、、という流れを辿っているお酒です。


以下は、「Wikipedia アブサン」からの引用です。


<禁止前>

元々はスイスのヴェルト・トラ・ヴェルで作られていたニガヨモギを原料とした薬を
医師ピエール・オーディナーレが蒸留を応用し独自の処方を発案。

彼はその製法を1797年にアンリ・ルイ・ペルノーに売却。ペルノーが商品化した。
特に、19世紀フランスの芸術家たちによって愛飲され、作品の題材とされた。

しかし、安価なアルコールだったために多数の中毒者・犯罪者を出したことでも知られる。

アブサン中毒で身を滅ぼした有名人としては、
詩人ヴェルレーヌや画家トゥールーズ=ロートレック、ゴッホがいる。

ゴッホ、モネ、ボードレール、ヴェルレーヌ、ランボー、オスカー・ワイルドドガ、
ロートレック、ゴーギャン、ピカソ、モーパッサン、ヘミングウェイ・・・。
など、愛飲者多数。。。

<禁止>

ニガヨモギの香味成分であるツヨンにより幻覚などの向精神作用が引き起こされるとされ、
1898年にベルギーの植民地であったコンゴ自由国で禁止されたのに始まり、
20世紀初頭にはスイス・ドイツ・アメリカなどでアブサンの製造・流通・販売は禁止された。

現在ではツヨンが原因によるアブサン中毒は疑問視されている。


<解禁>

その後、1981年にWHOが、ツヨン残存許容量が10ppm以下
(ビター系リキュールは35ppm以下)なら承認するとしたため、製造が復活。

禁止国であったスイスでも2005年3月1日に正式に解禁された。


まぁ、上記のように、アプサント(アブサン)というお酒は、
非常に伝説的なお酒で、【ニガヨモギ】が、主原料の一つになっている訳です。



ニガダンゴ=ニガヨモギ

このように、千尋の服のアプサント(アブサン)色は、
明らかに、ニガヨモギが意識されていると思われます。


そして大事な事に、『千と千尋の神隠し』でも、
【ニガヨモギ】は、『ニガダンゴ』として象徴化されて現れています。

しかも、その役割はかなり大きく、、、
河の神から貰った『ニガダンゴ』は、劇中では3度も食べられています。


▼千尋が食べて・・

▼ハクも食べて・・・

▼顔ナシも食べてます


こんな感じで、ニガダンゴは超重要アイテムの一つになっています。


恐らく、千尋の服は、こうしたストーリーを考慮しての色です。
そう考えると、ニガダンゴ=ニガヨモギとして、考えるのがごく自然なんですね。


なお、聖書には、ニガヨモギが合計8箇所で出て来ますが・・・
正直言って、、、あまり良い象徴としては書かれていません。


<申命記/ 29章 17節>
今日、心変わりして、我々の神、主に背き、
これらの国々の神々のもとに行って仕えるような
男、女、家族、部族があなたたちの間にあってはならない。
あなたたちの中に、毒草や苦よもぎを生ずる根があってはならない。

<箴言/ 05章 04節>
だがやがて、苦よもぎよりも苦くなり 両刃の剣のように鋭くなる。

<エレミヤ書/ 09章 14節>
それゆえ、イスラエルの神、万軍の主は言われる。
「見よ、わたしはこの民に苦よもぎを食べさせ、毒の水を飲ませる。

<エレミヤ書/ 23章 15節>
それゆえ、万軍の主は預言者たちについてこう言われる。
見よ、わたしは彼らに苦よもぎを食べさせ毒の水を飲ませる。
エルサレムの預言者たちから汚れが国中に広がったからだ。

<アモス書/ 05章 07節>
裁きを苦よもぎに変え 正しいことを地に投げ捨てる者よ。


<アモス書/ 06章 12節>
馬が岩の上を駆けるだろうか 牛が海を耕すだろうか。
お前たちは裁きを毒草に 恵みの業の実を苦よもぎに変えた。

<ヨハネの黙示録/ 08章 11節>
この星の名は「苦よもぎ」といい、
水の三分の一が苦よもぎのように苦くなって、そのために多くの人が死んだ


ま、こんなアプサント(アブサン)ですが、
現在は、解禁されて、ネット通販でお酒として売られてもいます。

まぁ、正直、どんな味か、ちょっとだけ試飲したい気持ちがないでもないのですが、、、
アブサンで身を滅ぼした人も多いので、管理人は自重しておきます^^;
(そのため、紹介もしません)


と言う事で、『千と千尋の神隠し』では、
色彩も非常に思想が感じ取れる色になっている、、、というお話でした^^


PS.

色彩ついでに言いますが・・・
実は、『千と千尋の神隠し』では、劇中で登場する"月の形"にも、思想が見て取れます。

これには、どんな意味が込められているでしょうか?

そして、実は、これを解くことで、、、
ようやく『坊ネズミ』の存在理由がうっすら分かってきます。

千と千尋の神隠しマスコット(坊ネズミ)

千と千尋の神隠しマスコット(坊ネズミ)
価格:950円(税込、送料別)


坊ネズミは、なぜ、ネズミだったのか?(はえ鳥は何なのか?)
そして、なぜ千尋とともに、沼の底駅に行ったのか?

「髪留めの色」にしてもそうですが、、、
まだまだ、『千と千尋の神隠し』には、謎が隠されているようです。。。

ま、簡単に言えば、生みの苦しみがあるならば・・・ってことですね^^


あと、色の話題が出たので、ついでに言いますが、、、
髪留め以外に、もう一つ、色に関して、重要な謎が物語冒頭にあります。

それは何だと思いますか?
随分先になるかもしれませんが・・・答えはそのうち、当ブログで解説します^^;


⇒続き:続・千と千尋の神隠しの謎⑥~月に秘められた思想~


↓この記事が「良かった!」と思った方はクリックお願いします♪


千と千尋の神隠しの謎



5年保存冬眠米・無洗米
平成26年産 三重産 減農薬こしひかり
【冬眠米・無洗米】輝(かがやき) 平成26年産・三重産減農薬こしひかり 無洗米5kg×6個【備蓄米・5年長期保存】

当サイトではこれまで「備蓄王 」を推薦していましたが、産地や値段を考慮し、三重産減農薬こしひかりをオススメします。 (放射能検査済み


5年保存が効く無洗米なのは、「備蓄王」と同じですが、
お値段が、備蓄王に比べて約44%も安いです。


国民1人・1年当たりの米の消費量は約60kgです。
1年分くらいは備蓄しておいてください。


【冬眠米・無洗米】輝(かがやき)平成26年産・三重産減農薬こしひかり 無洗米5kg×6個【備蓄米・5年長期保存】

KATADYN(カタダイン) 携帯浄水器
Pocket Micro Filter ポケットマイクロフィルター
KATADYN(カタダイン) 携帯浄水器 Pocket Micro Filter ポケットマイクロフィルター 海外正規品・並行輸入

主食のお米を確保した後は、水の確保が重要です。

カタダイン・ポケットフィルターはフィルター寿命50000リットルと、他の浄水器と比べ、段違いの性能を誇ります。


人が一日に必要な飲料水は、2.3リットルなので、大家族でも、 カタダインさえあれば、多くの水需要をカバーできます。


ちなみに、アメリカ合衆国連邦緊急事態管理庁が推奨する緊急時の水の備蓄量は3日分で、 基本的に1人につき1日1ガロン(約3.8リットル)と定められています。 つまり、3日分なので1人につき約12リットルです


移動時や携帯用には「Vestergaard(ベスターガード) 」もオススメ。また、水の携行ボトルなら、「Platypus(プラティパス) 」もおすすめ。


KATADYN(カタダイン) 携帯浄水器 Pocket Micro Filter ポケットマイクロフィルター 海外正規品・並行輸入

昔塩
1人10kg(700g×14袋)程度
昔塩 5号(せんごう塩+にがり添加) 700g×14袋 0316233

お米と水の次は、”塩”です。砂糖が無くても生きていけますが、塩は生命維持に関わります!


塩分が摂取できなくなると、人はめまいやふらつきを覚え、脱力感、筋肉異常、けいれん、精神障害など様々な朔影響を及ぼします。


日本の食用塩の需要は一人年間で約10kgです。
それくらいの備蓄は必須です。

なお、昔塩は、香川県坂出市で作られているこういう特殊形状の塩です。
昔ながらの平釜で煮詰めた手作りの塩で、管理人も神棚用に毎日使っています^^; 
長期保管しても固まりにくいのも特徴です。

昔塩 5号(せんごう塩+にがり添加) 700g×14袋

※結局は、日本人がいつも神棚に祀る「お米・水・塩」の3つを確保することが、人間が生きる上で重要な訳です^^




記事に関する免責事項

当サイトの記事は、管理人の研究・調査等に基づいて作成してはおりますが、管理人の推測・予測に基づいた内容や考察中の部分も多分に含んでおり、記事内容が間違っている場合も多々あります。従いまして、記事の正確性については一切保証致しません。

当サイトの内容をどう解釈されるかは、全て読者様自身にお任せ致しますが、記事内容を、過度に信頼しすぎないようにお願い致します。万が一読者様が不利益を被ったとしても、当方は一切責任を負う事はできませんので、ご容赦願います。

管理人について

管理人:えふ。
管理人は、不況時代突入を先読みし、一早く会社を退社し脱サラ。

その後、他に先駆けネットビジネスに参入。現在は、ネットのベンチャー会社を立ち上げ、日々ビジネスに邁進しております。

管理人への連絡はこちら

このカテゴリの記事一覧
絶対読むべき本
▼聖書は読むべきです▼


▼聖書教理を正しく知る本▼


あなたを小食に導く本
▼食生活を劇的に変えた本▼


▼長寿の幸せが感じられます▼


▼科学的に食を分析してます▼


▼砂糖を摂るのをやめよう▼


▼断食をやってみよう▼


▼驚きの咀嚼の効果を知ろう▼


三大欲を自制しよう
▼接して漏らさずで有名▼


▼自慰行為を聖書学的に知る


▼ホルモンの力をしろう▼


▼性欲を抑える第六の秘儀▼


▼睡眠時間を減らそう▼


預言関係の本
▼聖書預言の本▼


▼聖徳太子の未来記▼


▼月蔵経の預言▼


神仏儒の古典を読もう!
▼十七条憲法(大成経版)▼


▼日本の歴史『古事記』▼


▼日本の歴史『日本書紀』▼



▼仏教の基本『法華経』▼


▼初学入徳の門『大学・中庸』▼


▼孔子の教え『論語』▼


▼五経の筆頭『易経』▼


管理人のオススメ!
▼聖書は読むべきです▼


記事の著作権について

当サイトの記事の著作権は、全て当方にあります。記事の引用・転載は、当サイトの引用元が分かるようにリンクをして頂ければ、基本的に許可します。ただし、「NAVERまとめ」等のキュレーションサイトへの引用・転載は不可とします。(勝手に記事をパクられて困っています)

最後に、引用・転載するにあたっても、引用元へのリスペクトを欠いた行為が見受けられる場合は、引用・転載の許可を取り消す場合がありますので、宜しくお願いします。

姉妹サイト(放射能汚染から身を守る!食の安全データベース)でも活動中です^^

サイトマップ