続・千と千尋の神隠しの謎④~笹と生みの苦しみ~:不況対策!個人でも有効な方法



>>当サイトの管理人は、こんなモノを買ってます(管理人のamazon購入履歴)


2014年7月12日


続・千と千尋の神隠しの謎④~笹と生みの苦しみ~

当記事は、あくまで管理人の妄想に過ぎませんので悪しからず


前回、『続・千と千尋の神隠しの謎③~笹が暗示する日付?~』では、
千と千尋の神隠しで出てくる"掲示板の謎の文字"、、、について色々考察して見ました。

【以下、当記事で表示する「千と千尋の神隠し」の画像は、
全て「千と千尋の神隠し」 (c) 2001 二馬力・GNDDTMに帰属します】

その上で、さらに謎のの文字の意味は7月20日の暗示か?とも書きました。


7月20日と言えば、、、海の日ですが・・・
管理人的には、この「海の日」は謎の多い祝日だなぁ・・・と考えています。

この海の日の制定に関し、一般的な事柄について詳しい事を解説したサイトは、、、
現・金沢市町の山野之義氏のブログで、詳しく解説されているので、そちらを見て下さい。


ただ、、、古代史的、オカルト的に、海の日を、産みの日として捉えてみると・・・
ちょっと面白い記述に出くわします。。。


本文を読む前に、応援クリックにご協力下さいm(__)m ⇒ 人気ブログランキング



神功皇后の神産みと糸

その場面とは、神功皇后による神産み(応神天皇の出産)の場面です。
どう書いてあるか、ちょっと記紀を見てみましょう。


<『古事記』の神功皇后の段>

ところが新羅討伐が終らないうちに、(神功皇后の)御腹の中の御子が生まれそうになった。

そこで、御腹の御子が目的を遂げるまで生まれることがないようにと祈り、
石を取って、裳(も)の腰に巻き着け、新羅から筑紫国に帰ってから御子が生まれた。

※裳(も)は腰ベルトのような女性の着物の一部

それで、その御子生みたまへる地を宇美と名付けた。
また、その裳(も)に巻き付けていた石は、筑紫国の伊斗(いと)の村にある。

伊斗村=筑前国怡土郡(今の福岡県糸島市)、宇美=現在の福岡県糟屋郡宇美町

▼宇美八幡宮(神功皇后が応神天皇を産んだ地)

また、筑紫の末羅県の玉嶋の里に着いて、その河辺で食事をした時、四月上旬だったので、 その河中の礒に座り、裳(も)の糸を抜き取り、飯粒を餌にして、その河の年魚(鮎)を釣った。

その河の名を小河と謂ふ。また、その礒の名を勝門比賣(カチドヒメ)と謂う。

かれ、四月の上旬に、女たちが、裳の糸を抜いて、
飯粒を餌にして、年魚(鮎)を釣ることが、今に至るまで絶えないのである。


<『日本書紀』の神功皇后の摂政前紀>

皇后、新羅より還りたまふ。

十二月の戊戌(つちのえいぬ)の朔日辛亥(十四日)に、誉田天皇を筑紫に生まれたまふ。 故、時の人、その産みの処を号して宇シ彌(←さんずいに彌)と曰ふ。

※誉田天皇=応神天皇


まぁ、上記をみれば、一目瞭然ですが・・・宇美=産みなのは明らかです。
さらに、その出産に、が大きく関わっているのが理解できます。


そして、神功皇后(息長帯比売命)が産んだのは、、、
"神に応える"の意味を持つ、応神天皇(=誉田天皇)です。
※なお、この誉田(品陀)の名には、ホムラ(火)が意識されている可能性が高い

ですので、この部分は、神産みが意識されている事は間違いありません。


ですが、この事と、『千と千尋の神隠し』の掲示板とは何か関係あるのでしょうか?


神産みの時には、、、男性が居ない?

過去記事に置いて触れたように、、、


謎の掲示板の伍六七 ― 散のうち、伍六七は合計数18であり、
この18(=6+6+6)は一本のの流れを示していると思われます。


そして、「前回の記事」では、管理人は、の文字については、
別離の象徴』であるとも言いました。(七夕の"織姫と牽牛の別離"とも言いました)


そして、別離(糸が切れた・縁が切れた)の後、どうなるかと言うと・・・
の文字で、一本の糸がほどけて、バラバラになる様子を示していると思われます。

八は通常、8という結びの神を示しますが、それが散になっているという事は、
神(髪)がほどけて、乱れる様子をも示しているのではないでしょうか。


なお、掲示板をカレンダー的に見立てるとすれば・・・
千(とリン)の位置は、8月13日、14日の盂蘭盆に該当します。

何らかの鎮魂儀礼が意識されている、、、のかもしれませんね。


まぁ、と言う事で、全ては「笹」で暗示される、
男女の別離から始まっている訳ですね。。。



そうした"別離"の視点で考慮すると、神功皇后(息長帯比売命)が"御子"を産んだ時も、
夫の第14代仲哀天皇は、既に(神のたたりで)亡くなっていて居ないのですよね。。。


それ以外にも、記紀では女性の出産に伴い、男性と別離するシーンが多いです。
(海神の娘の豊玉姫と山幸彦の話も、夫が妻の出産を覗いて、別離の原因になりました)

基本的に、妻(女性)の出産を、夫(男子)が見ることはタブーとされています。

日本書記の最後もなぜか、持統天皇というが意識された女性天皇で、
夫である天武天皇は、既に無くなっていて、この世にはいませんでした。
(皇太子(文武天皇)に天皇の位を譲位したところで、日本書記は終わっています)



ですので、、、の文字が神産みの産みの苦しみを示すならば、、、
消えた片方の竹冠は、強いて言うなら、男性側(牽牛)を象徴しているのではないでしょうか。


この事を、『千と千尋の神隠し』の視点で言い表すならば・・・
男性であるハクは(銭婆の形代によって)傷つき、瀕死の重傷を負っています。

そして、これ以降は、ハクは(最後のシーン直前までは)千尋と別離状態となっています。

ちなみに、「ハクと千尋」だけでなく、湯婆婆と坊も別離状態となっています。

千 ハク!ハク、ハクーっ! おじさん、ハク息してない!
釜爺 まだしとるがな。......魔法の傷は油断できんが。

つまり、ここで、竹冠の片方(男性側)が失われている訳です。



それで、上記でハクが傷ついてボロボロになっているのを見て、ハクを助けるため、
千は、原鉄道を経由して、銭婆の居る沼の底駅に行く事を決意した訳です。


そして、最後のシーンで、千尋は、下記のように、
新しいで紡いだ髪留めで、髪をククリ直している訳ですね。


千 おばあちゃん、やっぱり帰る。
......だって......こうしてる間にも、ハクが死んじゃうかもしれない。
お父さんやお母さんが食べられちゃうかもしれない......。
銭婆 さぁ、できたよ。髪留めにお使い。
千 わぁ......きれい。
銭婆 お守り。みんなで紡いだ糸を編み込んであるからね。
千 ありがとう。
銭婆 いい時に来たね。お客さんだよ、出ておくれ。
千 はい。ああっ......!ハク!
ハク、会いたかった......ケガは?もう大丈夫なの?よかったぁ......
銭婆 ふふふ、グッドタイミングね。
千 おばあちゃん、ハク生きてた!
銭婆 白竜、あなたのしたことはもう咎めません。

以前述べた通り、髪をククリ直すと言うのは、神との和解を示しています。
そして、ククリ直すには、どうしても、括り合わせる材料=糸が必要なのです。


日本書記で、イザナギとイザナミの男女の仲を取り持っていたのも菊理姫(ククリヒメ)です。
ククリ直す事は、男女の縁を復縁させる意味もある訳ですね。。。

▼白山中居神社の斎殿の祭神のボード(菊理姫の仲直り神でもある)


だからこそ、最後のシーンでは、、、

千が、"みんなで紡いだを編み込んだ髪留め"でククリ直したところで、
ちょうど、ハクが復活して、生きかえっている訳です。。。


これで、ようやく、片方の竹冠が失われた笹も、復活した・・・という訳なんですね^^


まぁ、記紀などとの整合で考えると、不思議なものですが・・・
記紀において、新しい神産みの際には、そこに男性が居ないことが多いです。

記紀については前述のとおりですし、
キリスト教でも、キリストが生まれる際に、そこに男性はいません。
マリアは""によって処女懐胎をしています。


そう考えると、、、の漢字だけ捉えても、実に奥が深いなと思いますね。


単なる「髪留め」・・・ではない!

ところで、最後の髪をククリ直すシーンが出たので、ついでにお話ししますけど・・・
あなたは、『千と千尋の神隠し』で、髪留めの変化に気づいていますか?


よーくご覧ください。


この「古い髪留め」から「新しい髪留め」に変わった際、、、
実は、髪留めの色も変更されているんですね。

まぁ、普通の人なら、、、何にも気にも留めない所なんでしょうけど・・・
管理人は、この色の変更に気付いた時、ちょっとゾクッと来ました。。。


「なんで、敢えてこの色から、この色に変わるんだ?」と思いましたし、
この仕掛け人は、やっぱりとんでもない人物なのだろう・・・と改めて思いました。


「なぜ、髪留めの色が、元の色から変わっているのでしょうか?」
そして、「新しい髪留めの色は、なぜ紫色なのでしょうか?」

・・・その辺を良く考えてみて下さい。


PS.
二千円札の裏面にも、似たような思想が隠されているかもしれません。。。

▼666の要である二千円札の裏面
(光源氏、冷泉院、紫式部に暗示される「三人寄れば文殊の知恵」)



⇒続き:続・千と千尋の神隠しの謎⑤~アプサント=服の色に隠されている思想~


↓この記事が「良かった!」と思った方はクリックお願いします♪


千と千尋の神隠しの謎



5年保存冬眠米・無洗米
平成26年産 三重産 減農薬こしひかり
【冬眠米・無洗米】輝(かがやき) 平成26年産・三重産減農薬こしひかり 無洗米5kg×6個【備蓄米・5年長期保存】

当サイトではこれまで「備蓄王 」を推薦していましたが、産地や値段を考慮し、三重産減農薬こしひかりをオススメします。 (放射能検査済み


5年保存が効く無洗米なのは、「備蓄王」と同じですが、
お値段が、備蓄王に比べて約44%も安いです。


国民1人・1年当たりの米の消費量は約60kgです。
1年分くらいは備蓄しておいてください。


【冬眠米・無洗米】輝(かがやき)平成26年産・三重産減農薬こしひかり 無洗米5kg×6個【備蓄米・5年長期保存】

KATADYN(カタダイン) 携帯浄水器
Pocket Micro Filter ポケットマイクロフィルター
KATADYN(カタダイン) 携帯浄水器 Pocket Micro Filter ポケットマイクロフィルター 海外正規品・並行輸入

主食のお米を確保した後は、水の確保が重要です。

カタダイン・ポケットフィルターはフィルター寿命50000リットルと、他の浄水器と比べ、段違いの性能を誇ります。


人が一日に必要な飲料水は、2.3リットルなので、大家族でも、 カタダインさえあれば、多くの水需要をカバーできます。


ちなみに、アメリカ合衆国連邦緊急事態管理庁が推奨する緊急時の水の備蓄量は3日分で、 基本的に1人につき1日1ガロン(約3.8リットル)と定められています。 つまり、3日分なので1人につき約12リットルです


移動時や携帯用には「Vestergaard(ベスターガード) 」もオススメ。また、水の携行ボトルなら、「Platypus(プラティパス) 」もおすすめ。


KATADYN(カタダイン) 携帯浄水器 Pocket Micro Filter ポケットマイクロフィルター 海外正規品・並行輸入

昔塩
1人10kg(700g×14袋)程度
昔塩 5号(せんごう塩+にがり添加) 700g×14袋 0316233

お米と水の次は、”塩”です。砂糖が無くても生きていけますが、塩は生命維持に関わります!


塩分が摂取できなくなると、人はめまいやふらつきを覚え、脱力感、筋肉異常、けいれん、精神障害など様々な朔影響を及ぼします。


日本の食用塩の需要は一人年間で約10kgです。
それくらいの備蓄は必須です。

なお、昔塩は、香川県坂出市で作られているこういう特殊形状の塩です。
昔ながらの平釜で煮詰めた手作りの塩で、管理人も神棚用に毎日使っています^^; 
長期保管しても固まりにくいのも特徴です。

昔塩 5号(せんごう塩+にがり添加) 700g×14袋

※結局は、日本人がいつも神棚に祀る「お米・水・塩」の3つを確保することが、人間が生きる上で重要な訳です^^




記事に関する免責事項

当サイトの記事は、管理人の研究・調査等に基づいて作成してはおりますが、管理人の推測・予測に基づいた内容や考察中の部分も多分に含んでおり、記事内容が間違っている場合も多々あります。従いまして、記事の正確性については一切保証致しません。

当サイトの内容をどう解釈されるかは、全て読者様自身にお任せ致しますが、記事内容を、過度に信頼しすぎないようにお願い致します。万が一読者様が不利益を被ったとしても、当方は一切責任を負う事はできませんので、ご容赦願います。

管理人について

管理人:えふ。
管理人は、不況時代突入を先読みし、一早く会社を退社し脱サラ。

その後、他に先駆けネットビジネスに参入。現在は、ネットのベンチャー会社を立ち上げ、日々ビジネスに邁進しております。

管理人への連絡はこちら

このカテゴリの記事一覧
絶対読むべき本
▼聖書は読むべきです▼


▼聖書教理を正しく知る本▼


あなたを小食に導く本
▼食生活を劇的に変えた本▼


▼長寿の幸せが感じられます▼


▼科学的に食を分析してます▼


▼砂糖を摂るのをやめよう▼


▼断食をやってみよう▼


▼驚きの咀嚼の効果を知ろう▼


三大欲を自制しよう
▼接して漏らさずで有名▼


▼自慰行為を聖書学的に知る


▼ホルモンの力をしろう▼


▼性欲を抑える第六の秘儀▼


▼睡眠時間を減らそう▼


預言関係の本
▼聖書預言の本▼


▼聖徳太子の未来記▼


▼月蔵経の預言▼


神仏儒の古典を読もう!
▼十七条憲法(大成経版)▼


▼日本の歴史『古事記』▼


▼日本の歴史『日本書紀』▼



▼仏教の基本『法華経』▼


▼初学入徳の門『大学・中庸』▼


▼孔子の教え『論語』▼


▼五経の筆頭『易経』▼


管理人のオススメ!
▼聖書は読むべきです▼


記事の著作権について

当サイトの記事の著作権は、全て当方にあります。記事の引用・転載は、当サイトの引用元が分かるようにリンクをして頂ければ、基本的に許可します。ただし、「NAVERまとめ」等のキュレーションサイトへの引用・転載は不可とします。(勝手に記事をパクられて困っています)

最後に、引用・転載するにあたっても、引用元へのリスペクトを欠いた行為が見受けられる場合は、引用・転載の許可を取り消す場合がありますので、宜しくお願いします。

姉妹サイト(放射能汚染から身を守る!食の安全データベース)でも活動中です^^

サイトマップ