続・千と千尋の神隠しの謎③~笹が暗示する日付?~:不況対策!個人でも有効な方法



>>当サイトの管理人は、こんなモノを買ってます(管理人のamazon購入履歴)


2014年7月 6日


続・千と千尋の神隠しの謎③~笹が暗示する日付?~

当記事は、あくまで管理人の妄想に過ぎませんので悪しからず


2014年の7月7日(=七夕)もうすぐですね。。。

管理人は、自分で言うのも何ですが、今書いている『千と千尋の謎解き』だけではなく、、、
七夕の謎』や『七夕と笹の由来』のシリーズなど、七夕に尋常ならぬ関心を持ってます。


まぁ、当サイトは、昔からこんなですから・・・
下記の掲示板を見た時にも、管理人は、直観的に気づきました^^;

【以下、当記事で表示する「千と千尋の神隠し」の画像は、
全て「千と千尋の神隠し」 (c) 2001 二馬力・GNDDTMに帰属します】

あぁ、、七の竹冠の謎の漢字、、、の正体は、、、笹(ササ)だな・・・と。


しかし前回も言った通り、、、
笹という漢字にしても、何やら、色々欠けている部分が多過ぎます!


いったい、これは何を意味しているのか・・・?


今回は、この笹に隠された思想と、、、
この漢字に潜んでいる"ある日付"について明らかにしたいと思います。


本文を読む前に、応援クリックにご協力下さいm(__)m ⇒ 人気ブログランキング



『笹』の漢字に潜んでいる思想

七夕には、五色の短冊に願いを込めて・・・笹に結びつける。


日本の人々は、七夕の笹を一般的な習俗と見がちですが・・・
中国の七夕では、笹は一切出て来ません。

したがって、笹と七夕の繋がりは、日本独自の風習です。


この辺の詳しい事は、
七夕と笹の関係②~衣通姫と允恭天皇に隠された朝妻のキーワード~
七夕と笹の由来③~五色の短冊と浦島太郎の真相~』にも書いてます。

なお、上記記事で、今回の記事に関わる要点だけを、かいつまんで言うと、、、


五色の短冊は、『五行』を示しています。
古代に遡ると、五色の短冊、、、ではなく、『五色の糸』になります。

また、記紀においては、小竹とかとか書いて、佐佐(ササ)と読ませています。

これまでの説明で、『千と千尋の神隠し』にも『五行や糸』が深く関わっていました。
しかし、なぜ、『五色の短冊(五色の糸)』を『笹』に掛けるのかは謎のままです。


しかも、この『笹』という漢字、、、
実は、これも中国では見られない漢字で、笹は、日本オリジナルの漢字(国字)です。

字統』で「」を調べると、下記のように書いてます。



<『字統の笹の項目より>


国字
笹と訓する字に篠があり、また小竹・小竹葉・細葉のようにもしるす。

[古事記]に「天の香山の小竹葉(ささば)を手草に結ひて」とみえ、
[万葉集]二・一三三「小竹(ささ)の葉はみ山もさやに乱(さや)げども」
という人麻呂歌は、サ行音の連続による寂寥感を強調する。

笹は篠・小竹の意の国字であるが、どうしてこの字形をとったのか明らかでない。

管理人が調べる限りでは、笹は、江戸時代に入ってから
見られるようになった比較的新しい漢字のようです。

一般的に広く使われ始めるようになったのは、明治時代以降の事だと思われます。


それだけに、千と千尋の神隠しのの文字は、
日本にのみ、大いに関係があるという事を、暗示しています。。。


片方のみの竹冠は、別離の象徴

しかし、冒頭で言った通り、この笹の文字には、色々欠けている部分が多過ぎます!
普通に考えれば、下記の赤い部分が欠落しています。。。


管理人が思うに、、、、
これは、わざと文字を削ることで、何かを伝えているのではないでしょうか?


そう思った時、まず、考えるべきは、竹冠ですね。
本来ならば、一対であるべきはずなんですが、、、片方だけが、失われています。


これは、何を示しているかと言うと・・・
本来一対の物が片方失われるということですから・・・別離の象徴です。

笹が七夕をも象徴していると考えると、これは、織姫と牽牛の別離でしょう。



ただし、管理人は、以前に、千と千尋の神隠しの前半ストーリーを、
イザナギの黄泉の国からの逃走をモチーフにしている!と述べましたが・・・

その際も、イザナギはイザナミに対して、(菊理姫の仲立ちで)絶縁宣言をしています。
これも、別離を示している訳ですね。


そう言う意味で、織姫と牽牛の別離に限らず、イザナギ・イザナミの別離でもあります。
またさらに言えば、広く一般の男女の別離を意味している、、、かもしれません。

※なお、これは、単なる男女の別離ではなく、もっと深い意味があるかもしれません。
千と千尋で「イモリの黒焼(=精力材)」が出てきた理由とも関連してくるかもしれません


ちなみに、"笹(小竹)と男女の別離"とを、端的に表している和歌として、
先ほども触れた通り、万葉集「巻2 133」の柿本人麻呂の和歌があります。


小竹(さ)の葉は み山もやに乱(や)げども
我は妹思ふ 別れ来ぬれば

笹の葉は 山路に満ちて、さやさやと風に鳴っているが、
私の心は一途に妻を想う。今や別れて来たので。


ちなみに、この笹の葉がこすれる、さやさや・・・という風の音は、
神のおとなひ(訪ひ)=訪れ(音連れ)をも意味する音です。

神は、風と共にやってきます。

しかしながら、人麻呂の和歌で『乱げ=さやげ』と書いているので、
神の風は、何時も良いものとは限らず、時に人の世に"乱れ"を運んでくるものもあります。


マタイによる福音書/ 10章 34節
「わたしが来たのは地上に平和をもたらすためだ、と思ってはならない。
平和ではなく、剣をもたらすために来たのだ。

ちょっと作品は違いますが・・・
風立ちぬ いざ生きめやも(風が起きた。生きねばならない)」も、
神風の到来が、裏で意識されていたりするかもしれませんね。

※風立ちぬは、関東大震災の描写に始まり、戦争に向かいつつある日本が描かれています


笹の世の意味と、廿の意味

ちょっと、話がそれてしまいましたね^^;

と言う事で、片方のみの竹冠は、男女の別離を象徴していると思われますが、
では、残りのの部分は一体何を示しているのでしょうか???


管理人は、これについては、、、日付を暗示している可能性があると思っています。

すなわち、『字統』で「」の漢字を調べると、それが良く分かります。


<『字統の世の項目より>


分かれた木の枝に芽が出ている形。金文は止字形の上の縦三画に肥点を加えており、
木の枝の新芽の出ている形。それによって新しい時期・世代を表すものであろう。

三十の表記法である卅(そう)とは、字形に明らかに区別があり、木の象をとる。
[説文]に「三十年を一世と為す。卅(そう)に従ひて、これを曳長す。
亦(また)其の声を取るなり」とするが、卅の形によるものではなく、声も異なる。

[逸周書、本展解]に、「本、萬物を生ずるを世と曰ふ」とあるのがよく、
むしろ生と近い字である。新生による世代の改まりを、世または葉という。
[詩、商頌、長発]に「昔、中葉に在り」とみえる。

上記を見る限り、どうやら、世には、三十という意味もあるようです。

だとするならば、廿の部分は、何を表しているかと言うと・・・
答えは、廿=二十なのです。


管理人は、下記の掲示板を見ていると、、、
なんだか、カレンダーっぽいなぁ・・・っと直観的に思ってしまいました。


そのように考えると・・・の文字の意味は7月20日の暗示でしょうか?


『千と千尋の神隠し』の公開日は、奇しくも2001年7月20日で、その日は海の日でしたが、、、
これは、もしかすると、「生みの苦しみ」を表現しているのかもしれません。

ちはやふる 18巻より>

【画像は井の中の蛙、博学を目指す。より引用】


まぁ、これは単なる妄想に過ぎませんので悪しからず。


2014年7月20日以降は、宇治に注目か?

ちなみに、言っておくと、二千円札の発行日も2000年7月19日と海の日の前日です。
(祝日には紙幣発行ができないために、海の日の前日になっている?)

▼表側は沖縄の守礼門

二千円札の裏は宇治と関係の深い源氏物語が描かれ、
旧暦八月十五夜(2014年は9月8日)の鈴虫の宴が描かれています。


また、日本の歴史で天武天皇の朱鳥の暦は、7月20日にスタートしています。
そして、朱鳥は、9月9日の天武天皇の死去で、わずか1ヶ月半でその終焉を迎えました。


図表でまとめるとこんな感じでしょうか。


まぁ、色々とまとめきれてない部分が多いのですが・・・
7/20は、『千と千尋の神隠し』以外にも、色々と、気になる日です。。


ちなみに、奇しくも、今年2014年、焉の鳥まで動き始めています。
宇治の平等院鳳凰堂の朱鳥は、五行の色に染められ、皆の前でお披露目されています。


2014年07月04日 平等院:「5色の鳳凰」復元 平安の輝き再現

京都府宇治市の世界遺産・平等院は4日、鳳凰(ほうおう)堂創建(1053年)時の
鳳凰像(国宝)の復元模型を報道関係者に公開した。
平成大修理に伴い鳳凰像を初めて本格的に科学調査し、その結果を基に平安時代の姿を再現した。

模型は実物の7分の2で高さ約30センチの青銅製。
鳳凰は想像上の鳥で、中国の古文書に毛は5色との記述がある。

東京文化財研究所分析科学研究室の早川泰弘室長が
昨年、創建当時の鳳凰像を蛍光X線分析調査し、羽と主体部(頭、胸、脚など)で
銅の含有率が異なることが判明。

主体部は鋳造、羽は鍛造だったことから模型もメッキの色合いを変えた。
また、頭部に32カ所の毛穴を確認し、赤、青、白、黒、黄の糸を巻いた銅線で毛を表現した。


もしかすると、今まさに、鳳凰は飛び立たんとしているのかもしれません。

鳳凰飛び立った先は何処か?それは、、、桐の木にとまると言われています。
(硬貨で言えば桐は500円です。最も大きい硬貨の500円は、ピンキリのキリなのです)



生きねば・・・ですね。。。



⇒続き:続・千と千尋の神隠しの謎④~笹と生みの苦しみ~


↓この記事が「良かった!」と思った方はクリックお願いします♪


千と千尋の神隠しの謎



5年保存冬眠米・無洗米
平成26年産 三重産 減農薬こしひかり
【冬眠米・無洗米】輝(かがやき) 平成26年産・三重産減農薬こしひかり 無洗米5kg×6個【備蓄米・5年長期保存】

当サイトではこれまで「備蓄王 」を推薦していましたが、産地や値段を考慮し、三重産減農薬こしひかりをオススメします。 (放射能検査済み


5年保存が効く無洗米なのは、「備蓄王」と同じですが、
お値段が、備蓄王に比べて約44%も安いです。


国民1人・1年当たりの米の消費量は約60kgです。
1年分くらいは備蓄しておいてください。


【冬眠米・無洗米】輝(かがやき)平成26年産・三重産減農薬こしひかり 無洗米5kg×6個【備蓄米・5年長期保存】

KATADYN(カタダイン) 携帯浄水器
Pocket Micro Filter ポケットマイクロフィルター
KATADYN(カタダイン) 携帯浄水器 Pocket Micro Filter ポケットマイクロフィルター 海外正規品・並行輸入

主食のお米を確保した後は、水の確保が重要です。

カタダイン・ポケットフィルターはフィルター寿命50000リットルと、他の浄水器と比べ、段違いの性能を誇ります。


人が一日に必要な飲料水は、2.3リットルなので、大家族でも、 カタダインさえあれば、多くの水需要をカバーできます。


ちなみに、アメリカ合衆国連邦緊急事態管理庁が推奨する緊急時の水の備蓄量は3日分で、 基本的に1人につき1日1ガロン(約3.8リットル)と定められています。 つまり、3日分なので1人につき約12リットルです


移動時や携帯用には「Vestergaard(ベスターガード) 」もオススメ。また、水の携行ボトルなら、「Platypus(プラティパス) 」もおすすめ。


KATADYN(カタダイン) 携帯浄水器 Pocket Micro Filter ポケットマイクロフィルター 海外正規品・並行輸入

昔塩
1人10kg(700g×14袋)程度
昔塩 5号(せんごう塩+にがり添加) 700g×14袋 0316233

お米と水の次は、”塩”です。砂糖が無くても生きていけますが、塩は生命維持に関わります!


塩分が摂取できなくなると、人はめまいやふらつきを覚え、脱力感、筋肉異常、けいれん、精神障害など様々な朔影響を及ぼします。


日本の食用塩の需要は一人年間で約10kgです。
それくらいの備蓄は必須です。

なお、昔塩は、香川県坂出市で作られているこういう特殊形状の塩です。
昔ながらの平釜で煮詰めた手作りの塩で、管理人も神棚用に毎日使っています^^; 
長期保管しても固まりにくいのも特徴です。

昔塩 5号(せんごう塩+にがり添加) 700g×14袋

※結局は、日本人がいつも神棚に祀る「お米・水・塩」の3つを確保することが、人間が生きる上で重要な訳です^^




記事に関する免責事項

当サイトの記事は、管理人の研究・調査等に基づいて作成してはおりますが、管理人の推測・予測に基づいた内容や考察中の部分も多分に含んでおり、記事内容が間違っている場合も多々あります。従いまして、記事の正確性については一切保証致しません。

当サイトの内容をどう解釈されるかは、全て読者様自身にお任せ致しますが、記事内容を、過度に信頼しすぎないようにお願い致します。万が一読者様が不利益を被ったとしても、当方は一切責任を負う事はできませんので、ご容赦願います。

管理人について

管理人:えふ。
管理人は、不況時代突入を先読みし、一早く会社を退社し脱サラ。

その後、他に先駆けネットビジネスに参入。現在は、ネットのベンチャー会社を立ち上げ、日々ビジネスに邁進しております。

管理人への連絡はこちら

このカテゴリの記事一覧
絶対読むべき本
▼聖書は読むべきです▼


▼聖書教理を正しく知る本▼


あなたを小食に導く本
▼食生活を劇的に変えた本▼


▼長寿の幸せが感じられます▼


▼科学的に食を分析してます▼


▼砂糖を摂るのをやめよう▼


▼断食をやってみよう▼


▼驚きの咀嚼の効果を知ろう▼


三大欲を自制しよう
▼接して漏らさずで有名▼


▼自慰行為を聖書学的に知る


▼ホルモンの力をしろう▼


▼性欲を抑える第六の秘儀▼


▼睡眠時間を減らそう▼


預言関係の本
▼聖書預言の本▼


▼聖徳太子の未来記▼


▼月蔵経の預言▼


神仏儒の古典を読もう!
▼十七条憲法(大成経版)▼


▼日本の歴史『古事記』▼


▼日本の歴史『日本書紀』▼



▼仏教の基本『法華経』▼


▼初学入徳の門『大学・中庸』▼


▼孔子の教え『論語』▼


▼五経の筆頭『易経』▼


管理人のオススメ!
▼聖書は読むべきです▼


記事の著作権について

当サイトの記事の著作権は、全て当方にあります。記事の引用・転載は、当サイトの引用元が分かるようにリンクをして頂ければ、基本的に許可します。ただし、「NAVERまとめ」等のキュレーションサイトへの引用・転載は不可とします。(勝手に記事をパクられて困っています)

最後に、引用・転載するにあたっても、引用元へのリスペクトを欠いた行為が見受けられる場合は、引用・転載の許可を取り消す場合がありますので、宜しくお願いします。

姉妹サイト(放射能汚染から身を守る!食の安全データベース)でも活動中です^^

サイトマップ